日本で発見された2世紀の儀式用マスク

日本で発見された2世紀の儀式用マスク


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

A 文化イベントに使用されるマスクの断片 最近、西日本と中国の間が発見されました。櫻井市教育委員会によると、マスクは2世紀後半の大福遺跡で発掘されたという。

これらのデータはそれを作ります これまでに日本で見つかった最古のマスク。見つかった遺骨は、全体がマスクであったものの左側にのみ属します。松の木でできており、長さ23センチ、幅7ミリメートル、厚さ5ミリメートルで、顔料や着色料は含まれていません。

マスクの表面にはサイズの異なる2つの穴があり、最大のものは目に属し、最小のものは側面にあり、チェーンが挿入されて後で吊るされる領域に対応すると考えられます。

にあるマスクに似ています マキムク、わずか3 km北にあり、どちらも非常によく似ており、周王朝に属する古代中国のテキストによると、マスクに加えて槍と盾を保持する祓魔の儀式で、魔術師によって使用されることが判明しました手。

私は1988年8月27日にマドリードで生まれ、それ以来、例のない仕事を始めました。数字と文字の両方に魅了され、未知の世界を愛する私は、経済とジャーナリズムの将来の卒業生であり、人生とそれを形作った力を理解することに興味を持っています。私たちの過去を見て、私たちの未来とそのために…歴史を改善することができれば、すべてがより簡単で、より便利で、よりエキサイティングです。


ビデオ: 麒麟がくる 第34回 まとめ. 焼討ちの代償. 5分ダイジェスト. NHK