王はどのようにして古い男爵から土地を奪うことなく新しい男爵に土地を与えたのですか?

王はどのようにして古い男爵から土地を奪うことなく新しい男爵に土地を与えたのですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

封建制(主に中世のイギリス)が実際にどのように機能したのか興味があります。紙の上ではかなり簡単です。これが私の考えの軌跡であり、頭を包み込もうとしています。

私はちょうど新しい土地を征服し、自分自身を王と宣言しました。私は99人の忠実な男爵を持っているので、彼らの継続的な忠誠心と毎年40日間の兵役と引き換えに、土地を100の部分に分割し、(もちろん!)自分にとって最大の部分を維持しながら、それぞれ1つの邸宅を与えます。しかし、彼らは自分たちと戦いたくないので、マナーを小さなマナーに分割して騎士に渡すことにしました。たとえば、それぞれ3人の騎士を獲得したとすると、99 * 4 + 1 = 397マナー(99マナー、 4つの小さなものと私自身の大きな邸宅に分かれています)。これはすべて私にとってうまくいきます。なぜなら、私はまだ税金を徴収することができ、99 * 3 = 297人の騎士が99人ではなく、軍隊にいるからです。素晴らしいです!でも今は3人の息子ができて、土地も与えたいのですが、どうしたらいいですか?私は自分の邸宅を4つの部分に分けて、それぞれに1つの邸宅を与えることができると思いますが、そうすると自分で富を失うことになります。私は推測しますか?あるいは、息子たちに誰か他の人の邸宅を与えるべきですが、それは私にかなりがっかりした男爵を残し、それは良くないように聞こえます。イギリスは歴史を通してかなり多くの内戦を経験してきましたが、おそらくそれが理由ですか?それとも、私が国を分割した最初の100の邸宅は、実際には国のすべての土地ではなく、これまで誰も管理していなかった「未使用」の土地がありましたが、今では木の息子ができました彼らにその土地の一部を与えますか?

Domesdayの本には、9000の邸宅のようなものが記載されていると思います。少なくとも、今日のイギリスには、古い邸宅にほぼ対応する約10000のシャイアがあると思います。しかし、最初(1066年頃)にはいくつの邸宅がありましたか?ウィリアム征服王はヘイスティングズの戦いの直後に座り、彼の新しい国をそのように10000の邸宅に分割しましたか、それとも年月が経つにつれてそれらは1つずつ現れましたか?

質問を明確にするために、私が興味を持っているのは、何世紀にもわたって土地が分割され続けていることです。 どうやって 彼らは誰かのつま先を踏んだり、他の誰かから土地を盗んだりせずにそれをしましたか?


私は完全な答えを提供することはできませんが、いくつかの関連する事実、多くは私の歴史の学位から、またはその後法律を勉強したことからです。理論的には、絶対に土地を所有しているのは王だけであり、土地を持っていれば他の誰もが王の土地を所有していました。したがって、今日でも誰かが持つことができる土地所有権の最も完全なものは、「自由保有権」、つまり君主の家臣として保持されますが、家賃を払ったり、騎士の奉仕などを行う必要はありません(出典、ハルズベリーのイングランドの法則第5版) 、Vol 87 [2017 reissue]para。19)

したがって、中世には男爵が例えば反逆罪で処刑された(たとえば、反乱や内戦で負けた側を選んだ)彼の土地は王冠に戻り、王冠は忠誠の報酬として他の騎士や男爵にそれを与えるかもしれません(同じで勝った側を選んだ反乱または内戦)-シェイクスピアの「リチャード2世」の最後にある例を参照してください。新しい王ヘンリー4世が反乱に成功し、自分自身を新しい王にした後、さらに反乱を起こして、敗北した反乱軍が処刑され、土地を授与されました。彼に忠実であり続けた人々。

今日でもイギリスでは、土地を所有している人が遺言や親戚なしで土地を相続することなく死亡した場合、土地を所有またはリースしている有限会社が解散した場合、土地またはリースは以下に基づいて王領地に戻ります。そもそもそれは常に君主のものでした。これは「bonavacantia」と呼ばれます。これを管理するために、クロイドンの政府部門のあいまいな「ボナバカンティア部門」があります。 [警戒心の強い人から言われる前に、このウェブサイトで警察の情報源を引用する必要があります。グーグルでこれを簡単に確認できます。

王が99人の男爵に土地を与え、そのうちのいくつかが騎士の間で土地所有権を細分化するというあなたの例:これは実際に起こり、「サブインフュージョン」と呼ばれていました。ウィキペディアの記事があります]しかし、騎士が持ち株を細分化し始めると、キア法のセクションIに記載されているように、貴族がそれらのためにすべての家賃やサービスを引き出すことは法的にそして実際的に困難になりましたしたがって、身長のセクションIIは、さらなるサブインフュージョンを禁止しました。 (出典:Quia Emptores、エドワード1世の治世中に可決され、現在も施行されている最古の議会法の1つ。英国政府の立法ウェブサイトで、英語の翻訳と元の中世ラテン語で役立ちます:http:// www .legislation.gov.uk / aep / Edw1 / 18/1 / contents。私が言ったように、この法律はまだ施行されているので、サブインフュージョンを練習することは避けたほうがいいです!)

イギリスのほとんどの長子相続が適用されました。つまり、長男がすべての土地を手に入れ、他の人は世界で自分の財産を探さなければなりませんでした。 (ケントとノッティンガムを含むいくつかの町には、異なる慣習的な相続規則がありました-https://www.thefreedictionary.com/gavelkindまたはGoogleの「Gavelkind」を参照してください-子供たちの間の平等な分割;「Ultimogeniture」またはGoogleの「BoroughEnglishInheritance」に関するウィキペディアの記事を参照してください'-基本的に、長男ではなく末子が土地を相続します。)

したがって、18世紀でさえ、アメリカ植民地への移民のかなりの割合は、土地を相続せず、他の場所で自分の財産を作らなければならなかった地主の幼い息子でした。これは彼らの一部にとっては依然として悩みの種であったかもしれません:新しい米国での長子相続への反対は、その指導者が若い人の子孫であったか、子孫であったためであることが示唆されました(私はこれをどこで読んだか思い出せません)家族の土地を相続しなかったという事実に憤慨した息子たちは、イギリスに戻った。トーマス・ジェファーソンは、1777年にバージニアでそれを廃止する法案を提出しました。

長子相続は他のほとんどのヨーロッパ諸国では​​標準ではありませんでした。不公平に思えますが、利点がありました。生き残ったすべての息子の間で不動産や農場を細分化する必要がある場合、それらは小さくなりすぎて経済的に効率的でなく、実行可能でさえない可能性があります。また、アングロサクソンイングランドでは、王国は全体として継承される傾向がありました。ウェールズまたは中世初期のフランスでは、王国は生き残った息子の間で分割される可能性があり、小さな王国は独立を維持するのに十分なほど強くなく、しばしば互いに戦う可能性が低くなります。

「今日のイングランドには約10000のシャイアがあると思います」というあなたの声明-いいえ、「シャイア」は事実上郡と同じものであり、したがって「ヨークシャー郡」です。イギリスには50人未満です。 [出典-私は英語なので、これを知ってください]。荘園領主の数ははるかに多いです。ウィキペディアを参照してください。https://en.wikipedia.org/wiki/Lord_of_the_manor何人かはわかりませんが、考えているかもしれません。これは主に封建的な遺物のナンセンスであり、廃止されればいいのですが、ほとんどの人はそれらに気づいていません。しかし、古い封建邸宅の遺物として、1930年代まではコピーホールドの土地として知られていた土地から名目家賃を受け取る権利があり、予期せずポップアップして、今日でも人々の土地で発見された鉱物の権利を主張することができます。これは、地下の石油鉱床の所有権をめぐる法的な問題を引き起こし、近年、英国で石油鉱床を抽出するための「水圧破砕」技術の普及を部分的に阻害しています。


エドワード1世

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

エドワード1世、 名前で エドワードロングシャンクス、(1239年6月17日生まれ、ウェストミンスター、ミドルセックス、イングランド-1307年7月7日、バーフバイサンズ、カーライル、カンバーランド近郊で死亡)、ヘンリー3世の息子であり、1272年から1307年にイギリスの王であり、国民の意識が高まっている時期でした。 。彼は古い封建貴族に対して王冠と議会を強化しました。彼はウェールズを鎮圧し、その自治権を破壊し、スコットランドの征服を(失敗して)求めた。彼の治世は、行政の効率性と法改正で特に注目されています。彼は封建的階層の王冠を強化するために多くのことをした一連の法令を導入しました。彼の英国のコモンローの定義と改正により、彼は「英国のユスティニアヌス1世」の名前を獲得しました。


マグナカルタの英語テキスト

[前文]イングランド王、アイルランド卿、アキテーヌ公の恵みによるエドワードは、現在の手紙が届くすべての人に挨拶を送ります。私たちは、私たちの父である故イングランド王ヘンリー卿の偉大な憲章を、次の言葉でイングランドの自由について調べました。

ヘンリーは、イングランドの王、アイルランドの領主、ノルマンディー公とアキテーヌ公、そしてアンジュー伯爵の恩寵によって、彼の大司教、司教、修道院長、先輩、伯爵、男爵、保安官、リーブ、牧師、そして彼のすべての保安官と忠実な人々に挨拶を送ります現在の憲章を検査する男性。私たちが、神の促しで、そして私たちの魂と私たちの先祖と後継者の魂の健康のために、聖なる教会の栄光と私たちの領域の改善のために、自由にそして私たちの善から与えられ、与えられたことを知ってください大司教、司教、修道院長、先祖、伯爵、男爵、そして私たちのすべての領域は、私たちのイングランドの領域を永続的に保持するために以下に書かれています。

そもそも、私たちは神に与え、これによって私たち自身と私たちの相続人のための現在の憲章が、英国教会が自由であり、すべての権利と自由を完全に持つべきであることを確認します。私たちはさらに、私たち自身と私たちの相続人のために、私たちの領域のすべての自由人に、以下に書かれた自由を与え、私たちと私たちの相続人からの彼らと彼らの相続人を永久に保持します。

私たちの伯爵や男爵のいずれか、または軍務によって私たちから首長を保持している他の誰かが死んだ場合、そして彼の相続人が満年齢で救済の義務がある場合、相続人は古代の救済のために彼の相続を持っている必要があります、すなわち相続人または郡全体の伯爵の相続人£100、男爵の相続人または男爵の相続人は100マーク、騎士の相続人は騎士全体の料金で最大100シリング、そしてより少ない借金がある人は与える(騎士の)料金の古代の習慣によると、より少ない。

しかし、そのような人の相続人が未成年の場合、彼が相続人から敬意を払うまで、そしてそのような相続人が拘留された後、彼が年をとったとき、彼の主は彼と彼の土地を監護することはできませんつまり、21歳のとき、彼は安堵も罰金もなしに相続財産を持ち、未成年の間に騎士になった場合でも、前述の任期まで彼の土地は領主の管理下にとどまることになります。 。

未成年のそのような相続人の土地の管理人は、相続人の土地からの合理的な領収書と合理的な習慣と合理的なサービスを受け取るだけであり、これは人や物の破壊や浪費なしです。そして、私たちがそのような土地の管理を保安官または問題について私たちに答えるべき他の誰かに割り当て、そのような人が破壊または浪費を犯した場合、私たちは彼から補償を受け取り、土地は2つの法律に割り当てられます-私たちまたは私たちが土地の問題のためにそのような土地を割り当てた人に答えるその料金の価値があり、控えめな男性。そして、私たちがそのような土地の監護権を誰かに譲渡または売却し、その人が破壊または浪費を犯した場合、彼は監護権を失い、土地は同様に私たちに答えるその料金の2人の法的に価値のある慎重な男性に割り当てられます前述のように。

飼育員は、その土地(相続人)の管理下にある限り、同じ土地の問題からその土地に関連する家、公園、養魚池、池、製粉所などを維持することです。彼は相続人に回復し、相続人が満年齢になると、彼の土地はすべて、少なくとも彼がそれを受け取ったときと同じ状態で、すきや他のすべてのものを備蓄します。これらすべてのことは、私たちに関係する大司教、司教、修道院、修道院、教会、空いている事務所の管理下で観察されるべきです。ただし、そのような管理は販売されるべきではありません。

相続人は誹謗することなく結婚しなければなりません。

未亡人は、夫の死後、すぐに問題なく結婚部分と相続財産を手に入れることができます。また、持参金や結婚部分、または夫と彼女が保持していた相続財産に対して何も支払うこともありません。夫の死の日、夫の死後40日間、夫の主な住居にとどまり、その家が城でない限り、まだ割り当てられていない場合は、その間に持参金が割り当てられます。それが彼女が去る城であるならば、彼女が前述のことに従って彼女に持参金が割り当てられるまで彼女が適切に住むことができる適切な家がすぐに彼女に提供され、その間に彼女は彼女の合理的な必需品を持っていることになります(estoverium)共有プロパティから。モルゲンガブとして、彼女は夫の生涯の間に彼であったすべての土地の3番目の部分を割り当てられます。ただし、教会のドアでモルゲンガブが少なくなったときを除きます。未亡人は、夫なしで生活したい限り、結婚することを妨げられてはなりません。ただし、彼女が私たちを保持している場合は私たちの同意なしに、または彼女が保持している場合は主人の同意なしに結婚しないことを保証します。別。

債務者の既存のチャットテルが債務の支払いに十分であり、債務者が債務を支払う準備ができている限り、私たちも私たちの保安官も、土地を差し押さえたり、債務のために家賃を払ったりすることはありません。主たる債務者が債務を支払うことができ、主たる債務者が債務の返済を怠った場合、返済する手段がない場合、または返済できるにもかかわらず返済を拒否した場合、保証人は債務の返済を行い、必要に応じて、債務者に代わって以前に支払った債務が返済されるまで、債務者の土地と家賃を所有します。これらの保証人を尊重します。

ロンドンの街は、その古代の自由と習慣をすべて持つことになっています。さらに、他のすべての都市、自治区、村区、およびチンクエ港とすべての港の男爵がすべての自由と自由な慣習を持っていることを望み、認めます。

騎士の報酬やその他の無料の長屋のために、それが原因である以上のサービスを行うことに気を取られる人は誰もいません。

民事訴訟は、私たちの法廷に従うのではなく、特定の決まった場所で行われるべきです。

新規のdisseisinおよびmortd'ancestorの認識は、特定の郡および以下の方法を除いて行われるべきではありません。私たち、または私たちが領域外にいる場合、私たちの主任裁判官は、年に1回、各郡に裁判官を派遣します。これにより、郡の騎士と一緒に、郡内で前述の大きさをとることができます。上記のサイズを取るように割り当てられた前述の裁判官による郡の訪問は、彼らの訪問の裁判官によって他の場所で完了することになっており、(法律の)さまざまな条項の難しさのために彼らが完了することができないものはベンチの私たちの裁判官に紹介され、そこで完成します。

ダレインの提示の巡回裁判所は、常に私たちのベンチの裁判官の前に取られ、そこで完了する必要があります。

フリーマンは、犯罪の方法に従って小さな犯罪を保存し、その規模に応じて大規模な犯罪を行い、彼の十分性を保存し(salvo contenemento suo)、商人も同様に彼の商品を保存し、私たち以外の悪役も同じように収監され、彼が私たちの憐れみに陥った場合に彼の必要性(salvo waynagio)を保存し、前述の収監は正直で法の誓いを除いて課されるべきではありません-近所の立派な男性。伯爵と男爵は、彼らの仲間によって、そして彼らの犯罪の方法に従ってのみ、収監されるべきではありません。

町や自由人は、古くて正しいことをするべき人々を除いて、橋や銀行の仕事をするために差し押さえられるべきではありません。

私たちの祖父であるヘンリー2世の時代に、彼の時代の慣習と同じ場所で同じ条件で防衛していた人々を除いて、いかなる種類の銀行業務も維持されるべきではありません。

保安官、巡査、検死官、またはその他の執行吏は、私たちの王冠の嘆願を保持することはできません。

私たちからの一般料金を持っている人が死亡し、私たちの保安官または保安官が、死んだ男が私たちに負っている債務の召喚状を含む私たちの手紙の特許を示している場合、私たちの保安官または保安官は、法に値する男性の観点から、一般の料金で、上記の債務の価値で見つかった死んだ男は、残っている債務が私たちに支払われるまでそこから何も取り除かれず、残りは死んだ男の意志を解き放つための執行者、そしてそのような人から私たちに何も負っていない場合、すべてのチャットテルは死んだ男の(使用)に渡され、死んだ男の妻と子供たちに彼らの合理的な部分を節約します。

巡査または彼の廷吏は、売り手の希望によって休息を得るために、巡査または彼の廷吏がすぐにお金を提供しない限り、城が建てられた村にいない人からトウモロコシまたは他の動産を奪うことはできません。とうもろこしや動産を持っている人がそのような村にいる場合、巡査またはその執行吏は40日以内に購入代金を支払うことになっています。

騎士が正当な理由でそうすることを妨げられた場合、騎士が直接または他の正直な人の代理によってそのような警備を喜んで行う場合、巡査は騎士を差し押さえて城の警備員にお金を与えることはありません。そして、私たちがそのような騎士を軍隊に連れて行くか送る場合、彼は軍隊で奉仕した料金で私たちが軍隊にいる時間の長さに応じて(城の)警備をやめなければなりません。

私たちまたは他の誰かの保安官または廷吏は、彼が通常の支払いを行わない限り、つまり1日あたり10ペンスの2頭の馬車、および14ペンスの3頭の馬車の場合を除いて、誰かの馬またはカートを持って運送することはできません。 1日あたり。教会員、騎士、または他の女性(原文のまま)が所有する領域カートは、私たちの廷吏によって奪われることはありません。材木が属する彼の。

私たちは、重罪で有罪判決を受けた者の土地を1年と1日保存しません。その後、そのような土地は料金の領主に返還されます。

[23]テムズ川とメドウェイ、そしてイギリス全土のすべての魚堰(キデリ)は、海岸を除いて完全に解体されることになっている。

「praecipe」と呼ばれる令状は、自由な人が法廷を失う可能性があるような方法で、自由な長屋に関して誰にも発行されるべきではありません。

私たちの領域全体でワインの単一の測定値、エールの単一の測定値、トウモロコシの単一の測定値、つまりロンドンクォーター、および染められた布、ラセット、およびハーバージェクトの単一の幅があります。リスト内で2ヤードと言います。そして、それはメジャーの場合とウェイトの場合と同じでなければなりません。

今後、生命または会員の死因審問を求める者からの死因審問の令状は何も与えられませんが、そのような令状は自由に与えられ、否定されるべきではありません。

誰かが私たちから有料農場またはソケージまたはバージで保持し、騎士サービスによって他の人から土地を保持する場合、そのような有料ファームまたはソケージまたはバージで、私たちは相続人またはその土地を管理することはできません。他人の料金に関係します。また、この料金ファームがナイトサービスを負っていない限り、そのような料金ファーム、ソケージ、またはバージを管理することもできません。私たちは、ナイフや矢などを私たちに提供することによって私たちから保持されたいくつかの小さなserjeantyの口実で、騎士のサービスによって他から保持されている相続人または土地の管理をしてはなりません。

今後、執行吏は、信頼できる証人が出されることなく、単に彼の話し言葉だけで、彼の公法または宣誓に人を置くことはありません。

フリーマンは、彼の自由な所有権または自由または自由な慣習を奪われたり、投獄されたり、流布されたり、非合法化されたり、追放されたり、何らかの形で台無しにされたりしてはなりません。仲間または土地の法律によって。誰にも、遅延の権利や正義を売ったり否定したりすることはありません。

すべての商人は、以前に公的に禁止されていない限り、英国を出入りする際、および陸路と水路の両方でイングランドに滞在し、通過する際に、悪意のある厳格さなしに、安全かつ確実に売買する必要があります。古くて正しい慣習に従い、戦争の時間を節約し、もしそれらが私たちとの戦争の土地からのものであり、戦争の初めに私たちの土地で発見された場合、それらは彼らの体や商品に損傷を与えることなく取り付けられるべきです私たちまたは私たちの主任司法官によって、私たちと戦争中の土地でそのような時に見つけられた私たちの土地の商人がどのように扱われるかが確立されるまで、そして私たちの商人がそこで安全である場合、他の商人は私たちの土地で安全である。

ウォリングフォード、ブローニュ、ノッティンガム、ランカスター、または私たちの手にあり男爵である他の更生の名誉などの更生で誰かが死んだ場合、彼の相続人は他の救済を与えたり、私たちに他のサービスを提供したりすることはありません男爵がまだ男爵によって保持されていた場合、男爵に引き渡されることはなかったでしょう、そして私たちは男爵がそれらを保持したのと同じ方法でそのようなものを保持します、あるいはそのような男爵または更生のために、私たちは男爵を保持した男または私たちの他の場所で主任を保持した男を除いて、私たちの男性のいずれかの更生または更生。

今後、彼の土地の残余がその料金に関連する料金の主に正当なサービスを提供するのに十分でない限り、自由な人は彼の土地のこれ以上を誰にも与えたり売ったりすることはできません。

聖職推挙権または古代の在職期間または所有権をめぐってイングランド王の憲章を持っている修道院のすべての常連客は、彼らが持っているべきであり、上で宣言されているように、彼らが空いたときにそのような修道院の管理をしなければなりません。

その女性の夫の死を除いて、だれかの死を求める女性の訴えに誰も連れて行かれたり投獄されたりしてはならない。

郡裁判所は月ごとに開催されることはなく、以前はより長い期間が開催されていたので、将来的には開催されません。また、保安官や廷吏が年に2回だけ100回の保存を行うこともありません。当然のことであり慣習的な場所、すなわちイースターの後とミカエル祭の後、そして率直な誓約の見解は例外なくマイケルマス学期にとられるべきであり、すべての人が彼が持っていた自由を持っているか、ヘンリー2世の時代に私の祖父または彼がそれ以来獲得したものを持っていました。十人組の見解は、私たちの平和が保たれ、什分の一が以前のように完全に保たれるように、そして保安官が例外を求めず、保安官が持っていたものに満足し続けるように取られるべきです私たちの祖父であるヘンリー王の時代の見解をとることで。

また、宗教家に土地を譲り渡して、その家から土地を返還することも、宗教家に土地を受け入れることも許可されていません。それが保持するために受け取られた人に復元されます。今後誰かがそのような方法で彼の土地を宗教家に与え、同じことで有罪判決を受けた場合、贈り物は完全に破棄され、そのような土地はその料金の主に返還されます。

さらに、軍役代納金は、私たちの祖父であるH(enry)王の時代に使用されたものと見なされ、すべての自由と自由な慣習は、大司教、司教、修道院長、事前確率、テンプル騎士団、ホスピタラー、アールズ、男爵などに保存されます。他の人々は、以前と同じように、教会の人々と世俗の人々の両方です。

私たちが私たちに関係する限り、私たちの領域で保持することを許可したこれらすべての前述の習慣と自由は、彼ら自身に関してそれらに関係する限り、聖職者と平信徒の両方の私たちのすべての領域によって守られるべきです男性。森の自由に関する私たちの憲章に含まれているこれらの自由と他の自由のこの贈り物と付与のために、大司教、司教、大修道院長、先輩、伯爵、男爵、騎士、料金所持者、そして私たちのすべての領域は私たちに15番目の部分を与えました彼らのすべての可動商品の。さらに、私たちは私たちと私たちの相続人のために、私たちも私たちの相続人も、この憲章に含まれる自由が侵害されたり損傷を受けたりする可能性のあるものを求めないことを認めます。何もないとして開催されます。

これらの証人と一緒に:カンタベリーのスティーブン大司教、ロンドンのユースタス司教、バースのジョセリン司教、ウィンチェスターのピーター司教、リンカーンのヒュー司教、ソールズベリーのリチャード司教、ロチェスターのW.司教、ウースターのウィリアム司教、ジョンの司教イーリー、ヘレフォードのヒュー司教、チチェスターのラナルフ司教、エクセターのウィリアム司教、ベリーセントエドマンズの修道院長、セントオールバンズの修道院長、バトルの修道院長、セントオーガスティンズカンタベリーの修道院長、エベシャムの修道院長、ウェストミンスター、ピーターバラの修道院長、レディングの修道院長、アビンドンの修道院長、マルムズベリーの修道院長、ウィンチコムの修道院長、ハイド(ウィンチェスター)の修道院長、チェルシーの修道院長、シャーボーンの修道院長、セルンの修道院長、アボッツベリーの修道院長、ミルトン(アッバス)の修道院長、セルビーの修道院長、サイレンセスターの修道院長、正義のヒューバート・デ・バーグ、チェスターとリンカーンのH.伯爵、ソールズベリーのウィリアム伯爵、ウィリアム伯爵ワレンヌ、G。デクレアグロスター伯爵とハートフォード、ウィリアム・デダービーのフェラーズ伯爵、エセックスのウィリアム・ド・マンデビル伯爵、ノーフォークのヒュー・ビゴッド伯爵、ウィリアム・アール・オーマレ、ヘレフォードのハンフリー伯爵、チェスターのジョン・コンスタブル、ロバート・デ・ロス、ロバート・フィッツ・ウォルター、ロバート・ド・ヴューポン、ウィリアム・ブリューワー、リチャード・デ・モンフィケ、Peter fitz Herbert、WilliamdeAubigné、G。Gresley、F。deBraose、John of Monmouth、John fitz Alan、Hugh de Mortemer、William de Beauchamp、William de St John、Peter de Maulay、Brian de Lisle、Thomas ofモールトン、リチャード・デ・アルゲンタン、ジェフリー・デ・ネビル、ウィリアム・モーデュイ、ジョン・デ・バーロンなど。私たちの治世の9年目の2月11日にウェストミンスターで与えられました。

私たちは、これらの前述の贈り物と助成金を正しく歓迎するものとして保持し、私たち自身と私たちの相続人のためにそれらを認めて確認し、現在の条件(手紙)によってそれらを更新し、私たち自身と私たちの相続人のために前述の憲章が同じ憲章に含まれ、偶然にこれまで観察されていなかった記事を含め、そのすべての記事および各記事で永続的にしっかりと必然的に観察されます。私たちがこれらを私たちの特許証にした証言で。私たちの治世の25年目の10月12日にウェストミンスターで私たちの息子エドワードによって目撃されました。 (ジョンによるチャンス保証)ストウ。


グレイホークミュージング

かつてこれらはグレートキングダムの最も裕福な州でしたが、長年の戦争により経済の多くがボロボロになりました。過去5年間は、インフラストラクチャの再構築に忠実に費やされました。 [LGG]

壊れた大王国の領地は今や再会しましたが、2つの相互に敵対的な勢力になりました。 586 CYに、北州のHerzog Grenellは、北アエルディの大王国を制圧したと宣言しました。 Xavener Iを制圧し、彼の新しい首都であるKalstrandからAhlissaのイギリス(587年に設立)を統治します。両首脳はお互いを滅ぼそうとしているが、財政問題と内部の権力闘争により、彼らは軍隊とインフラの再建に力を注ぐことを余儀なくされている。 [LGG]

ヘビーコインで支払われたリターン
XavenerのAhlissaを統治する王は、新しいリエージュを殺害することでHouse Naelaxのいくつかの貴族が王位を獲得しようとしたとき、早い段階で混乱の脅威にさらされました。
. オーバーキングザベナーは無傷であり、暗殺未遂の直後に公に姿を現した。彼は驚くほど良いユーモアを持っていた。若いオーバーキングは、陰謀が行動する前に発見されたと言い、陰謀者の運命についての質問をそらした。その朝、新帝国の多くの重要なNaelax貴族が突然姿を消したことがすぐにわかりました。レイドリッチ王子の関与が疑われます。ハウスネラックスの生存者は、陰謀における無実と王冠への永遠の忠実さを誓ったオーバーキングへの忠誠を再確認する機会を与えられました。オーバーキングは後で問題が解決したと考えたと述べた。 [タブ]
ドラックス卿
586 CYの嫌われたオーバーキングとロークスの崩壊により、ドラックス卿はグレートキングダムとの関係を完全に断ち切りました。翌年、ダルメンのザベナー大王子がアーリッサ王国を組織したとき、ドラックスは帝国に加わるためのすべての訴えを拒否し、彼は彼のガラステスの仲間の多くに同じことをするように説得した。
[LGG]

王位に就いた最初の年に、リンヴェルドはアルモールの西半分を占領し、軍隊の指揮構造を再編成し、戦前のレベルに税金を引き下げました。後者は彼の領主の士気を高めるために多くのことをしましたが、引っ張ることは何もしませんでした貧困の苦いクラッチからのナイロン。 [LGG]

ナイロンの兵士と駐在員のアルモリアンがこれらの土地を奪還し始めた[&#8230]が、地元の人型生物とアンデッドによって第三国定住が大幅に遅れた。広大な土地はハープ川まで耕作されていないままであり、そのすべてがグローフェスト587CYでリンヴェルド1世によってナイロンの保護領として宣言されました。これは新しく形成されたアーリッサ王国を大いに怒らせた行為です。 [タブ]

外科的アプローチ
シャー王国は権力を強化し続けました。アエルディの海男爵は常に南洋の所有権に対するダクシャナーズの主張に異議を唱えてきました。実際、彼らは公式ではないにしても、その主張をめぐって島民と静かに戦争をしていました。彼らの船長は、私掠免許なしで一度も見に行くことはなく、海でダクシャナーに会った場合に私掠船に行く権利を与えました。戦争中、2隻の艦隊が交戦していました。どちらも完全に関与していなかったため、どちらも勝利を主張することはできませんでした。それぞれが他の追求に気を取られ、野蛮人の襲撃から海岸を守る男爵、ティルバ海峡の封鎖を島民が行ったが、どちらも真に相手をテストしていなかった。ブラザーフッドがソルナーの覇権の問題に取り組むことを決定したのは、戦争が終わるまではなかった。 Sea battles were wasteful affairs, they believed, and that the issue required a more…surgical…approach.
Count Hazendel
After long consideration and consultation, Count Hazendel (himself of a major noble house of the gray elves) declared in Growfest 589 CY that Sunndi had forevermore severed all ties with the Great Kingdom and its successor states and noble houses.
[LGG]

The independent cities and towns of the Solnor coast (Rel Astra, Ountsy, and Roland) have made no official response to Overking Xavener’s call for reunion, though unofficially, they discard any possibility of union with the empire. All of these cities have increased patrols along their borders, built new lookouts and fortifications, and expanded and improved their military forces. [TAB]

To see, asea .
The Sea Barons are very disturbed [by] events in the Great Kingdom of Northern Aerdy and are undoubtedly considering raids against shipbuilding facilities in Winetha and elsewhere.
[TAB]

Spindrift Sound itself is navigable, but shipping is menaced by the Scarlet Brotherhood and the activities of a few pirates based on the eastern Medegian coast. [LGG]

Elven vessels are sometimes seen to cross the Aerdi Sea in the direction of Lendore Isle, presumably shipping from secret ports cut beneath the Hestmark Cliffs. A number of elven warships also travel to or from the Lendore Isles as escorts for passenger craft. They will certainly intercept any seagoing craft that manages to bypass the barrier of magical mist that envelops these islands. Elven ships were also sighted farther east on the Solnor by Sea Barons' ships in the late 580s, perhaps exploring or trading with distant elf colonies. [LGG]

Olvenking Hazendel, the Defender
After long consideration and consultation, Count Hazendel (himself of a major noble house of the gray elves) declared in Growfest 589 CY that Sunndi had forevermore severed all ties with the Great Kingdom and its successor states and noble houses. Sunndi was made a kingdom of standing equal to Nyrond and Furyondy, a political act of no small importance. The few Aerdy-descended noble houses of Sunndi were ordered to rename themselves, and a Congress of Lords was appointed to advise Olvenking Hazendel the Defender. The lords were the rulers of the many human and nonhuman noble houses of the realm, and they met for the first time in Pitchfield in Growfest 590 CY. Each lord was made a count, master of one of the many small counties that now dot the realm. [LGG]

A lone long ship sailed into port.
In Marner, capital of Ratik, a lone long ship sailed into port in late 590 CY. The pale barbarians aboard the ship spoke a dialect of the Cold Tongue and claimed to be from a distant northeastern island called Fireland. They came with four other ships in search of help for an undisclosed problem facing their people their other long ships were sunk by sea monsters or Ice Barbarian raiders. The aged explorer Korund of Ratik can supply maps and some information to anyone wishing to return to Fireland with these barbarians, but he is too infirm to travel and is growing senile as well. Frost Barbarians believe “Firelanders” are descended from sailors from the Thillonrian Peninsula who settled there centuries ago the barbarians wish to establish contact with them. The glaciated land is called Fireland for its volcanoes, visible for many miles at night as red fountains in the sea.
[TAB]

The Sea Barons do not desire a permanent alliance with the Cities of the Solnor Compact, distrusting Drax's motives, but they feign friendship. The Sea Barons fear assassination or worse by the Scarlet Brotherhood, and treat with strangers in their lands harshly. Expeditions launched to the mysterious south in the last few years have returned with tales of fantastic wonders and riches. [LGG]

In 590 CY, Countess (now Princess) Karasin of Innspa finally declared her city for the Ahlissan empire—reportedly after being threatened with invasion and worse by Overking Xavener. [TAB]

[Some] inhabitants of this land immediately fled west across the Harp River when they were told they were part of the new empire. [TAB]

Some trade with Ahlissa through Hexpools, Kalstrand, and Nulhish began in 590 CC, though Sunndi and Ahlissan army units glare at each other across the Thelly and Grayflood Rivers. [TAB]

A lone caravel sailed into port.
The people of Hardby were surprised when a caravel flying the colours of Rel Astra limped into harbour. They had not seen its like since 586 CY. Needless to say, they were gushing with questions, and eager for news of the Oljatt and Solnor seas.

[The Solnor Pact] (Rel Astra, Ountsy, and Roland) have sought to break the iron grip the Scarlet Brotherhood has placed on trade with western lands by way of the Tilva Strait, but without success—until the astonishing appearance of a Rel Astran caravel at Hardby in 590 CY. The crewmen claimed to have sailed around Hepmonaland’s southern tip from the Oljatt Sea, battling their way through a blockade of Scarlet Brotherhood ships between the Olman Isles and the Tilbanot Peninsula and the Sea of Gearnat. They produced many strange spices, tools, jewels, clothes, and devices alleged to have been gained in trade with previously unknown kingdoms and peoples of this tropical land, which the Rel Astrans claimed was either a huge island or a very small continent. The ship’s left two months later for home but has not been heard from since. Despite the ship’s apparent loss, this new route is sure to be tried again by brave crews anytime soon. [TAB]

The Brotherhood responded by tightening their blockade along the coasts of Hepmonoland those foolish enough to endanger themselves on such a journey were welcome to try, but any who pass too close to areas the Brotherhood controlled would not live to brag of their exploits. If such voyages became commonplace, the Brotherhood would increase its blockade of the Olman Islands. [SB]


How did the king give land to new barons without taking it from the old ones? - 歴史

In 1215, King John of England was forced to sign the Magna Carta stating that the king was not above the law of the land and protecting the rights of the people. Today, the Magna Carta is considered one of the most important documents in the history of democracy.

John became king in 1199 when his brother, Richard the Lionheart, died without any children. John had a bad temper and could be very cruel. He was not liked by the English Barons.

John also had to deal with a lot of issues while he was king. He was constantly at war with France. To fight this war he placed heavy taxes on the Barons of England. He also angered the Pope and was excommunicated from the church.

By 1215, the barons of northern England had had enough of John's high taxes. They decided to rebel. Led by Baron Robert Fitzwalter, they marched on London calling themselves the "army of God". After taking London, John agreed to negotiate with them.

Signing the Magna Carta

King John met the barons on June 15, 1215 at Runnymede, a neutral site just west of London. Here the barons demanded that King John sign a document called the Magna Carta guaranteeing them certain rights. By signing the document, King John agreed to do his duty as King of England, upholding the law and running a fair government. In return, the barons agreed to stand down and surrender London.

It turns out that neither side had any intention of following the agreement. Not long after signing, King John attempted to nullify the agreement. He even had the Pope declare the document "illegal and unjust". At the same time, the barons didn't surrender London.

Soon the country of England was facing civil war. The barons, led by Robert Fitzwalter, were supported by French troops. For a year the barons fought King John in what is called the First Barons' War. However, King John died in 1216, putting a quick end to the war.

Details of the Magna Carta

  • Protection of church rights
  • Access to swift justice
  • No new taxes without the Barons' agreement
  • Limitations on feudal payments
  • Protection from illegal imprisonment
  • A council of 25 Barons who would insure that King John followed the laws

Although King John did not follow the agreement, the ideas put forth in the Magna Carta became lasting principles of liberty to the English. Three of the clauses are still in force as English law including the freedom of the English Church, the "ancient liberties" of the City of London, and the right to due process.

The ideas of the Magna Carta also influenced the constitutions and development of other countries. The American colonists used the rights guaranteed in the document as a reason to rebel and form their own country. Many of these rights are written into the United States Constitution and the Bill of Rights.


The Meaning of Magna Carta since 1215

Ralph V. Turner considers how and why Magna Carta became a beacon of liberty in Britain and, increasingly, in the United States.

Most students of English history know that King John’s barons forced him to grant Magna Carta, the great charter of liberties that placed the English king under the law. They know that this charter, agreed by John in 1215 at Runnymede meadow and confirmed in definitive form by Henry III in 1225, is a crucial document for England’s history, likely the best known of all documents surviving from medieval England. Its attempt to impose the law’s limitations on a ruler is summarised in Chapter 39:

No free man shall be taken or imprisoned, or dispossessed or outlawed or exiled or in any way ruined, nor will we go or send against him except by the lawful judgement of his peers or by the law of the land.

この記事を読み続けるには、オンラインアーカイブへのアクセスを購入する必要があります。

すでにアクセスを購入している場合、または印刷物とアーカイブの購読者である場合は、 ログインしました.


What is the Magna Carta?

It is crumbling, water-stained and written in Medieval Latin, but the Magna Carta has managed to remain relevant to the cause of human rights even today, 800 years after it was scrawled on parchment and affirmed with the sticky wax seal of the English king. England's "Great Charter" of 1215 was the first document to challenge the authority of the king, subjecting him to the rule of the law and protecting his people from feudal abuse.

Although most of the charter's ideas were revised or have since been repealed, the Magna Carta's fundamental tenets provided the outline for modern democracies. One of its clauses, still in the English law books, has been credited as the first definition of habeas corpus &ndash the universal right to due process.

Taking a cue from the document more than five centuries later, American revolutionaries incorporated many of the Magna Carta's basic ideas into another important piece of parchment &ndash the U.S. Constitution.

Robin Hood's King John reviled by all

Feudalism was the framework by which all landowning was governed in England during medieval times. It essentially granted the king control of all the land in his kingdom, which was worked by peasants and overseen by feudal barons. Everyone in the hierarchy had financial and social responsibilities to the rank above them, including the barons, who reported directly to the king.

Most of England's kings didn't exercise all of their feudal rights, such as the power to control who their tenants married. That wasn't the case, however, with King John, the ruler fictionalized as the bad guy in "Robin Hood." John's abuses of the feudal system were frequent and angered the barons, who were regularly extorted of their lands and profits.

Fed up, in 1215 the barons rebelled and pressured the king into signing the Magna Carta, a list of 63 clauses drawn up to limit John's power. It was the first time royal authority officially became subject to the law, instead of reigning above it.

Multiple copies of the parchment were inked and sealed in 1215, and read throughout the realm. In 2012, a copy of the Magna Carta created in 1297 was put into a high-tech encasement to protect it. The case was crafted from a single block of aluminum to minimize the number of joints or spots that could cause leaks. And in 2015, researchers with the Magna Carta Project, tasked with studying the history of the document ahead of the 800th anniversary, reported they had found an original copy of the Magna Carta in a scrapbook of sorts in Kent, England. The seventh surviving copy from the 13th century, the newfound Magna Carta brings the tally of the number of surviving versions from that century to 24, the researchers said.

Early colonists sailed over with their rights

Tucked inconspicuously near the middle of the Magna Carta is what historians consider one of the document's most enduring legacies. Habeas corpus, or the right to due process and a trial by jury, is a universal legal concept today, but didn't exist in the law books until the barons noted in the Magna Carta that:

"No free man shall be seized or imprisoned, or stripped of his rights or possessions, or outlawed or exiled … except by the lawful judgment of his equals or by the law of the land."

Though the statement wasn't a standout feature of the Magna Carta when it was first published, it was invoked over the centuries &ndash especially during tumultuous times &ndash to preserve civil liberties. The English Civil War crisis of the 17th-century was one such time, and it was also during this period that many Englishmen set off for the American colonies.

By the mid 18th-century, the New World colonies were populated by a group of first-generation new Americans highly educated in English law, such as Thomas Jefferson and John Adams. At the end of the Revolutionary War, when it was time to draft a constitution for the new United States of America, those men included the best of the English rights they'd been taught, adapted to the circumstances of the monarch-free land.

Still of great significance today, the Fifth Amendment of the U.S. Constitution reads almost identically to that statute, written 575 years earlier.

This article, adapted and updated, was originally part of a LiveScience series about People and Inventions that Changed the World.


Have Questions About the Taking of Property for Public Use? Ask a Lawyer

The law of eminent domain gives the government power to act in the public interest, but sometimes the government intrudes on property rights without offering compensation. In those cases, affected landowners may have the right to seek compensation and would benefit from working with an attorney.

If you have questions about the taking of property for public use, or need help with protecting your property rights, it's a good idea to speak with a local eminent domain lawyer in your area.


Searchable database of scanned images of Virginia land documents by which the Crown (1623 - 1774) and the Commonwealth (from 1779) transferred new land to individual ownership. Includes land patents issued prior to 1779 land grants issued by the Virginia Land Office after 1779 grants issued in the Northern Neck from 1692-1862 and original and recorded Northern Neck surveys (1786-1874).

Search this free database of records (some original and some transcribed) of federal land donated to the state for sale, with patents issued by the State of Missouri, including Township School Land, 1820 – 1900, Seminary and Saline Land, 1820 – 1825, Swamp Land, 1850 – 1945, and 500,000 Acre Grant, 1843 – 1951.


Memorable quotes

Reign of Chaos

  • "Can the formalities, Uther. I'm not king yet. It's good to see you."
  • "Gentlemen, meet Miss Jaina Proudmoore, special agent to the Kirin Tor, and one of the most talented sorceresses in the land."
  • "The plague was never meant to simply kill my people. It was meant to turn them. into the undead! Defend yourselves!"
  • "Then we should strike at their leader! I'll go to Stratholme and kill Mal'Ganis myself if I have to!"
  • "Nothing he can say will make me abandon my homeland, Jaina. I don't care if that madman has seen the future. Let's go."
  • "This entire city must be purged."
  • "Damn it, Uther! As your future king, I order you to purge this city!"
  • "Then I must consider this an act of treason."
  • "Lord Uther, by my right of succession and the sovereignty of my crown, I hereby relieve you of your command and suspend your paladins from service."
  • "I'll hunt you to the ends of the earth if I have to! Do you hear me? To the ends of the earth!"
  • "Uther had my troops recalled? Damn it! If my warriors abandon me, I'll never defeat Mal'Ganis. The ships must be burned before the men reach the shore!"
  • "I would gladly bear any curse to save my homeland."
  • "Damn the men! Nothing shall prevent me from having my revenge, old friend. Not even you."
  • "Now, I call out to the spirits of this place. I will give anything or pay any price, if only you will help me save my people."
  • "You waste your breath, Mal'Ganis. I heed only the voice of Frostmourne now."
  • "He tells me the time for my vengeance has come."
  • "You no longer need to sacrifice for your people. You no longer need to bear the weight of your crown. I've taken care of everything."
  • "This kingdom shall fall, and from the ashes shall arise a new order that will shake the very foundations of the world."
  • "I've damned everyone and everything I've ever loved in his name, and I still feel no remorse. No shame. No pity."
  • "We may never know, Uther. I intend to live forever."
  • "After all you've put me through, woman, the last thing I'll give you is the peace of death."
  • "Citizens of Silvermoon! I have given you ample opportunities to surrender, but you have stubbornly refused! Know that today, your entire race and your ancient heritage will end! Death itself has come to claim the high home of the elves!"
  • "Wizards of the Kirin Tor! I am Arthas, first of the Lich King's death knights! I demand that you open your gates and surrender to the might of the Scourge!"
  • "My master sees all, demon hunter. He knows that you've sought power your whole life. Now it lies within your grasp! Seize it, and your enemies will be undone."

The Frozen Throne

  • "Greetings, dreadlords. I should thank you for looking after my kingdom during my absence. However, I won't be requiring your services any longer."
  • "I have returned, lich, but you will now address me as King. This is, after all, my land. Now we must secure the kingdom by scouring the last remnants of humanity from it!"
  • "Take me back to the capital. I have a long journey ahead of me."
  • "You have been a loyal friend, Kel'Thuzad. I don't know what the future holds, or if I'll even return, but I want you to watch over this land. See to it that my legacy endures."
  • "Sorry we don't have time to chat, great wyrm. We've come to murder you and steal whatever artifacts you've been hoarding over the centuries."
  • "Muradin's dwarves? Doesn't anyone stay dead anymore?"
  • "I saw another vision of the Lich King. He has restored my powers! I know now what I must do. It's time to end the game. once and for all."
  • "Illidan has mocked the Scourge long enough! It's time we put the fear of death back in him."
  • "The Frozen Throne is mine, demon. Step aside. Leave this world and never return. If you do, I'll be waiting."

Arthas: Rise of the Lich King