サーフバードAM-383-歴史

サーフバードAM-383-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

サーフバード

(AM-383:dp。8901. 221'2〜、b。32'2〜;dr。10'9 "、s。
18 k。; cpl。 li7; NS。 1 3、2 40mm; NS。ウミスズメ)

Surlbird(AM-383)は、1944年2月15日にオハイオ州ロレーンのアメリカン造船会社によって起工されました。 1944年8月31日に発売されました。 F.W.チェンバーズ夫人が後援。 1944年11月25日、USNRのR.H.ネルソン中尉が指揮を執りました。

サールバードは11月26日、モントリオール、ケベック、ハリファックスを経由してボストンに向かう途中でロレーンを出発しました。彼女は1944年12月15日にボストンに到着し、掃海試験を実施しました。 1945年2月13日、船はシェイクダウン訓練を開始するためにバージニア州リトルクリークに到着しました。チャールストン海軍造船所で改造のために短期間過ごした後、彼女は西海岸に向けて航海しました。パナマ運河は4月27日に通過し、サーフバードは5月6日にサンディエゴに到着しました。 2日後、彼女とオオハシ(AM-387)はハワイに向けて出航しました。

サーフバードが真珠湾に到着し、5月26日にエニウェトク、グアム、ウリシを経由して沖縄レットに向けて出発しました。彼女は6月25日に慶良間空港に到着し、東シナ海の「スキャグウェイ」エリアの毎日の掃引を開始しました。掃海艇は9月5日に沖縄を出発し、揚子江の入口にある北サドル島に向かった。彼女は10月4日まで煙台海峡とその接近を掃討し、その後山東省煙台港の入り口を掃討しました。次は、韓国の仁川へのアプローチの2日間のスイープでした。その後、彼女は上海に向けて出発しました。揚子江は10月16日に流入し、月末までに32の鉱山を掃討しました。

Surlbirdは、修理のために11月17日に上海から佐世保に向けて出航しました。 1945年12月14日から31日まで、彼女は九州の橘湾の鉱山を掃討しました。彼女は佐世保から呉に移り、1946年2月20日から26日まで、マリアナ、マーシャル、ジョンストン島、真珠湾を経由して米国に向けて航海しました。掃海艇は4月14日にサンディエゴに到着し、1946年6月5日に廃止されました。

サーフバードは1952年3月12日にサンディエゴで再就役し、そこから12月まで操業しました。 12月1日、彼女は極東に向かう途中で海に目立った。掃海艇は1952年12月28日に日本の横須賀に接触し、1953年1月1日に出発しました。

鉱山部門(MinDiv)76のユニットと協力して、元山と韓国の興南区域の間で掃討および封鎖作戦を開始します。これらのパトロールは、佐世保での補充と維持の短い間隔によってのみ中断されました。 5月25日、SurlbirdはInchonに到着し、YongDoとChoDoの磁気音響掃引を行いました。彼女は6月6日に佐世保に戻り、3日後に米国に向けて出航しました。

サーフバードは7月3日にロングビーチに到着しました。 8月17日から10月28日までのマーレ島でのオーバーホールの後、彼女はロングビーチから地元の作戦を再開しました。船は1954年4月28日に再び極東を出発し、1954年11月24日に戻った。1955年2月、彼女の指定はAM383からMSF-383に変更された。彼女は翌年カリフォルニア海岸に沿って訓練し、1956年3月1日に第7艦隊との別のツアーに出航しました。サーフバードが8月9日に交代する予定だったとき、彼女とワックスウィング(MSO-389)は、南太平洋を通る13,000マイルのクルーズホームを開始しました。彼らはマニラ、P.I。に電話をしました。インドネシア共和国バリ島;ダーウィン、オーストラリア、ポートモレスビーニューギニア;とパゴパゴ、サモア。その後、1956年10月9日にロングビーチに戻る前に、彼らは真珠湾で急降下しました。

1957年1月22日、サーフバードは新しい母港である横須賀に向けて出航し、新しいキャリアを開始しました。彼女は2月12日に日本に到着し、アンペア(ADG-11)から消磁装置を受け取り始めました。 6月15日、彼女はMSF-383から消磁船ADG-38〜3に再指定されました。 1965年4月まで、サーフバードは佐世保から操業していました。しかし、彼女は日本、韓国、中華民国、フィリピン、南ベトナム共和国の連合国の海上サービスの船も消磁したため、彼女の作戦は西太平洋の大部分をカバーしていました。

Surlbirdは、1965年4月11日、ベトナムに向かう途中でスービック湾の外に立っていました。彼女はそこに到着すると、5月7日に佐世保に戻るまで「マーケットタイム」作戦のパトロール任務を割り当てられました。サーフバードは、1966年8月2日から22日までと1966年9月17日から10月7日まで南ベトナム沖で再び「マーケットタイム」パトロールと特別測距サービスを行いました。 1967年11月10日から14日。 1968年6月17日から7月20日。 3月8日から28日、8月16日から9月10日、1969年10月2日から26日、1970年1月4日から2月7日、7月21日から8月3日。

1970年8月5日、サーフバードは彼女が不活化されることになっていると通知されました。彼女は9月7日に日本を出発し、グアムとハワイに寄港した後、10月3日にワシントン州ブレマートンの不活化施設に到着しました。サーフバードは1970年12月18日に廃止され、太平洋予備艦隊に所属し、1976年2月まで残った。

サーフバードは、第二次世界大戦での従軍星章3つ、韓国での従軍星章2つ、ベトナムでの従軍星章8つを受け取りました。


サービス履歴[編集|ソースを編集]

第二次世界大戦、1944&#82111946 [編集|ソースを編集]

サーフバード 11月26日、モントリオール、ケベック、ハリファックスを経由してマサチューセッツ州ボストンに向かう途中でロレーンを出発しました。彼女は1944年12月15日にボストンに到着し、掃海試験を実施しました。 1945年2月13日、船はシェイクダウン訓練を開始するためにバージニア州リトルクリークに到着しました。チャールストン海軍造船所で改造のために短期間過ごした後、彼女は西海岸に向けて航海しました。パナマ運河は4月27日に通過し、 サーフバード 5月6日にカリフォルニア州サンディエゴに到着しました。 2日後、彼女と オオハシ&#160(AM-387)はハワイに向けて出航しました。

サーフバード 真珠湾に到着し、5月26日にエニウェトク、グアム、ウリシを経由して沖縄レットに向けて出発しました。彼女は6月25日に慶良間空港に到着し、東シナ海の「スキャグウェイ」エリアの毎日の掃引を開始しました。掃海艇は9月5日に沖縄を出発し、揚子江の入口にある北サドル島に向かった。彼女は10月4日まで煙台海峡とその接近を掃討し、その後山東省煙台港の入り口を掃討しました。次は、韓国の仁川へのアプローチの2日間のスイープでした。その後、彼女は上海に向けて出発しました。揚子江は10月16日に流入し、月末までに32の鉱山を掃討しました。

サーフバード 11月17日に上海から佐世保ジャパンの修理のために出航しました。 1945年12月14日から31日まで、彼女は九州の橘湾で鉱山を掃討しました。彼女は佐世保から呉に移り、1946年2月20日から26日まで、マリアナ、マーシャル諸島、ジョンストン島、真珠湾を経由して米国に向けて航海しました。掃海艇は4月14日にサンディエゴに到着し、1946年6月5日に廃止されました。

朝鮮戦争、1952&#82111953 [編集|ソースを編集]

サーフバード 1952年3月12日にサンディエゴで再就役し、そこから12月まで運用されました。 12月1日、彼女は極東に向かう途中で海に目立った。掃海艇は1952年12月28日に日本の横須賀に接触し、1953年1月1日に鉱山課(MinDiv)76の部隊と共に出発し、元山と韓国の興南の間で掃討と封鎖作戦を開始した。これらのパトロールは、佐世保での補充と維持の短い間隔によってのみ中断されました。 5月25日 サーフバード ヨンドとチョドの磁気音響掃引を行うためにインチョンに到着しました。彼女は6月6日に佐世保に戻り、3日後に米国に向けて出航しました。

第7艦隊、1953&#82111956 [編集|ソースを編集]

サーフバード 7月3日にカリフォルニア州ロングビーチに到着しました。 8月17日から10月28日までのマーレ島でのオーバーホールの後、彼女はロングビーチから地元の作戦を再開しました。船は1954年4月28日に再び極東を出発し、1954年11月24日に戻った。1955年2月、彼女の指定はAM-383からに変更された。 MSF-383。彼女は翌年カリフォルニア海岸に沿って訓練し、1956年3月1日に第7艦隊との別のツアーに出航しました。いつ サーフバード 8月9日にローテーションの予定でした、彼女と レンジャク 南太平洋を通る13,000マイルのクルーズホームを開始しました。彼らは、フィリピン諸島バリ島、インドネシア共和国ダーウィン、オーストラリア、ポートモレスビー、ニューギニア、パゴパゴ、サモアのマニラに寄港しました。その後、1956年10月9日にロングビーチに戻る前に真珠湾に寄港しました。

消磁船、1957&#82111965 [編集|ソースを編集]

USS サーフバード 消磁船として再構成され、ADG-383として再指定されました。

1957年1月22日 サーフバード 新しいキャリアを始めるために横須賀(彼女の新しい母港)に向けて出航しました。彼女は2月12日に日本に到着し、USS&#160から消磁装置を受け取り始めました。アンペア&#160(ADG-11)。 6月15日、彼女はMSF-383から消磁船に再指定されました。 ADG-383。 1965年4月まで、 サーフバード 佐世保から運航していましたが、日本、韓国、中華民国、フィリピン、南ベトナムの連合国海軍の船も消磁したため、西太平洋の大部分をカバーしていました。

ベトナム戦争、1965&#82111970 [編集|ソースを編集]

サーフバード 1965年4月11日にベトナムに向かう途中でスービック湾から立ち上がった。彼女はそこに到着すると、5月7日に佐世保に戻るまで「マーケットタイム作戦」のパトロール任務を割り当てられました。 サーフバード 1966年8月2日から22日までと1966年9月17日から10月7日まで南ベトナム沖で再び「マーケットタイム」パトロールと特別測距サービスを行った。彼女は次の期間の作戦のためにベトナムに戻った:9月8日から15日と10日1967年11月17日から7月20日まで1968年6月17日から7月20日まで3月16日から8月10日まで1969年1月4日から2月7日までと1970年7月21日から8月3日まで。

サーフバード 第二次世界大戦での従軍星章3つ、朝鮮戦争での従軍星章2つ、ベトナム戦争での従軍星章8つを受け取りました。

廃止措置とその後のキャリア[編集|ソースを編集]

1970年8月5日 サーフバード 彼女は不活化されることになっていると通知されました。彼女は9月7日に日本を出発し、グアムとハワイに寄港した後、10月3日にワシントン州ブレマートンの不活化施設に到着しました。 サーフバード 1970年12月18日に廃止され、太平洋予備艦隊に所属し、1975年2月まで残った。

サーフバード 1975年2月21日に海軍船舶登録簿から削除され、1975年12月5日にワシントン州シアトルのPacific Northwest Salvage Company、Inc。に売却され、1975年12月にアラスカ州フェアバンクスのBriceIndustriesに再び売却されて名前が変更されました。 ヘレンカB. ヘレンカB その後、1976年に海事局に移管され、処分され、アラスカ州バルディーズのウェルアスカに売却されました。彼女はまだその名前で活動しており、1989年3月のエクソンバルディーズ油流出事故の浄化に関与していました。

NS サーフバード まだ浮かんでいる、彼女の名前は ヘレンカB 彼女はブルース・フラニガン大尉が所有し、船長を務めており、別名ホーマーで活動しています。補給船として。彼女は長さが短くなり、弓のドアが追加され、2つの新しいメインエンジン(猫)が追加されました。彼女はAlaskaCoastal Freightという会社名で運営されており、彼女のWebページはhttp://alaskancoastalfreight.com/です。 サーフバード 2011年6月にコディアック市のトラベリフトによって牽引された、75番目の船であり、最長で最も重い410トンでした。&#911&#93


サービス履歴

第二次世界大戦、1944年から1946年

サーフバード 11月26日、モントリオール、ケベック、ハリファックスを経由してマサチューセッツ州ボストンに向かう途中でロレーンを出発しました。彼女は1944年12月15日にボストンに到着し、掃海試験を実施しました。 1945年2月13日、船はシェイクダウン訓練を開始するためにバージニア州リトルクリークに到着しました。チャールストン海軍造船所で改造のために短期間過ごした後、彼女は西海岸に向けて航海しました。パナマ運河は4月27日に通過し、 サーフバード 5月6日にカリフォルニア州サンディエゴに到着しました。 2日後、彼女と オオハシ&#160(AM-387)はハワイに向けて出航しました。

サーフバード 真珠湾に到着し、5月26日にエニウェトク、グアム、ウリシを経由して沖縄レットに向けて出発しました。彼女は6月25日に慶良間空港に到着し、東シナ海の「スキャグウェイ」エリアの毎日の掃引を開始しました。掃海艇は9月5日に沖縄を出発し、揚子江の入口にある北サドル島に向かった。彼女は10月4日まで煙台海峡とその接近を掃討し、その後山東省煙台港の入り口を掃討しました。次は、韓国の仁川へのアプローチの2日間のスイープでした。その後、彼女は上海に向けて出発しました。揚子江は10月16日に流入し、月末までに32の鉱山を掃討しました。

サーフバード 11月17日に上海から佐世保日本を修理するために出航しました。 1945年12月14日から31日まで、彼女は九州の橘湾で鉱山を掃討しました。彼女は佐世保から呉に移り、1946年2月20日から26日まで、マリアナ、マーシャル諸島、ジョンストン島、真珠湾を経由して米国に向けて航海しました。掃海艇は4月14日にサンディエゴに到着し、1946年6月5日に廃止されました。

朝鮮戦争、1952年から1953年

サーフバード 1952年3月12日にサンディエゴで再就役し、そこから12月まで運用されました。 12月1日、彼女は極東に向かう途中で海に目立った。掃海艇は1952年12月28日に日本の横須賀に接触し、1953年1月1日に鉱山課(MinDiv)76の部隊と共に出発し、元山と韓国の興南の間で掃討と封鎖作戦を開始した。これらのパトロールは、佐世保での補充と維持の短い間隔によってのみ中断されました。 5月25日 サーフバード ヨンドとチョドの磁気音響掃引を行うためにインチョンに到着しました。彼女は6月6日に佐世保に戻り、3日後に米国に向けて出航しました。

第7艦隊、1953年から1956年

サーフバード 7月3日にカリフォルニア州ロングビーチに到着しました。 8月17日から10月28日までのマーレ島でのオーバーホールの後、彼女はロングビーチから地元の作戦を再開しました。船は1954年4月28日に再び極東を出発し、1954年11月24日に戻った。1955年2月、彼女の指定はAM-383からに変更された。 MSF-383。彼女は翌年カリフォルニア海岸に沿って訓練し、1956年3月1日に第7艦隊との別のツアーに出航しました。いつ サーフバード 8月9日にローテーションの予定でした、彼女と レンジャク 南太平洋を通る13,000マイルのクルーズホームを開始しました。彼らは、フィリピン諸島バリ島、インドネシア共和国ダーウィン、オーストラリア、ポートモレスビー、ニューギニア、パゴパゴ、サモアのマニラに寄港しました。その後、1956年10月9日にロングビーチに戻る前に真珠湾に寄港しました。

消磁船、1957年から1965年

1957年1月22日 サーフバード 新しいキャリアを始めるために横須賀(彼女の新しい母港)に向けて出航しました。彼女は2月12日に日本に到着し、USS&#160から消磁装置を受け取り始めました。アンペア&#160(ADG-11)。 6月15日、彼女はMSF-383から消磁船に再指定されました。 ADG-383。 1965年4月まで、 サーフバード 佐世保から運航していましたが、日本、韓国、中華民国、フィリピン、南ベトナムの連合国海軍の船も消磁したため、西太平洋の大部分をカバーしていました。

ベトナム戦争、1965年から1970年

サーフバード 1965年4月11日にベトナムに向かう途中でスービック湾から立ち上がった。彼女はそこに到着すると、5月7日に佐世保に戻るまで「マーケットタイム作戦」のパトロール任務を割り当てられました。 サーフバード 1966年8月2日から22日までと1966年9月17日から10月7日まで南ベトナム沖で再び「マーケットタイム」パトロールと特別測距サービスを行った。彼女は次の期間の作戦のためにベトナムに戻った:9月8日から15日と10日1967年11月17日から7月20日まで1968年6月17日から7月20日まで3月16日から8月10日まで1969年1月4日から2月7日までと1970年7月21日から8月3日まで。

サーフバード 第二次世界大戦での従軍星章3つ、朝鮮戦争での従軍星章2つ、ベトナム戦争での従軍星章8つを受け取りました。

廃止措置とその後のキャリア

1970年8月5日 サーフバード 彼女は不活化されることになっていると通知されました。彼女は9月7日に日本を出発し、グアムとハワイに寄港した後、10月3日にワシントン州ブレマートンの不活化施設に到着しました。 サーフバード 1970年12月18日に廃止され、太平洋予備艦隊に所属し、1975年2月まで残った。

サーフバード 1975年2月21日に海軍船舶登録簿から削除され、1975年12月5日にワシントン州シアトルのPacific Northwest Salvage Company、Inc。に売却され、1975年12月にアラスカ州フェアバンクスのBriceIndustriesに再び売却されて名前が変更されました。 ヘレンカB. ヘレンカB その後、1976年に海事局に移管され、処分され、アラスカ州バルディーズのウェルアスカに売却されました。彼女はまだその名前で活動しており、1989年3月のエクソンバルディーズ油流出事故の浄化に関与していました。

NS サーフバード まだ浮かんでいる、彼女の名前は ヘレンカB 彼女はブルース・フラニガン大尉が所有し、船長を務めており、別名ホーマーで活動しています。補給船として。彼女は長さが短くなり、弓のドアが追加され、2つの新しいメインエンジン(猫)が追加されました。彼女はAlaskaCoastal Freightという会社名で運営されており、彼女のWebページはhttp://alaskancoastalfreight.com/です。 サーフバード 2011年6月にコディアック市のTraveliftによって牽引された、75番目の船であり、最長で最も重い410トンでした。[1]


最近のコメント

パシフィックフィッシングコンバージョン

上記の船を見て最初に考えたのは、&#8220それは何ですか?&#8221簡単な答えは、この場合、魚の加工業者です。ただし、より適切な質問は、&#8220それは何でしたか?&#8221かもしれません。

この特定の船、 Snopacイノベーター、注目すべき歴史を持っています。彼女は第二次世界大戦のアメリカの着陸船であるUSSLST-132として生活を始めました。その後、彼女は修理船であるUSS Zeus(ARB-4)になりましたが、以前のアイデンティティからの視覚的な変更はほとんどありませんでした。

もともと彼女は軍用船を探すのにそれほど悪くはありませんでしたが、海軍から漁業の世界に売り切れたとき、彼女は恐ろしい変容を遂げました。

どこから始めればいいのかわからない。彼女はただの醜いだけで、残念ながら、彼女はアラスカの漁場を歩き回っている虐殺された船の動物園の1つにすぎない。さらにいくつかあります:

プロサーベイヤー

一般的に、私はオフショア船にあまり腹を立てていません。ただし、不要な板金を1つ後ろに追加すると、最良の結果が得られません。

photobucket.comのRobert&amp LeaOlmstedによる写真

ここはしゃがんだ小さな船のようなものです。間違いなく、溶接で船外に出たもう1つの犠牲者であり、喫水線の設計についても質問したくありません。彼女がのスターであっても ベーリング海の一攫千金、彼女はあまり見物人ではありません。アメリカ海軍は彼女を握っていたはずでした、彼女はYO-210よりずっと良く見えました。 (彼女の妹、YO-203の写真。)

インターネットからの不明な画像

必ずしも醜いものではありませんが、彼女はおそらく最も驚くべき変化を遂げています。以前の人生では、彼女はUSSサーフバード(AM-383)でした。これは、外観が大きく異なる海軍の掃海艇です。

en.wikipedia.org経由の画像

本当に?信じがたいですが、見つけられるものはすべてそう言っています。

最後に、私はこれらの船とその兄弟に関して2つのことに驚いています。第一に、彼らの何人かが彼らの仕事をすることを許可するという名目でどれだけ虐殺されたか。そして第二に、特に第二次世界大戦からの歴史がまだ浮かんでいて、積極的に採用されている。


یواس‌اسسارف‌برد(ای‌ام -۳۸۳)

یواس‌اسسارف‌برد(ای‌ام -۳۸۳) (بهانگلیسی:USS Surfbird(AM-383))یککشتیبودکهطولآن۲۲۱فوت۱اینچ(۶۷。۳۹متر)بود。 اینکشتیدرسال۱۹۴۴ساختهشد。

یواس‌اسسارف‌برد(ای‌ام -۳۸۳)
پیشینه
مالک
آب‌اندازی: ۱۵فوریه۱۹۴۴
آغازکار: ۳۱اوت۱۹۴۴
اعزام: ۲۵نوامبر۱۹۴۴
مشخصاتاصلی
وزن: ۸۹۰تنبزرگ[ ابزارتبدیل:یکایناشناخته ]
درازا: ۲۲۱فوت۱اینچ(۶۷。۳۹متر)
پهنا: ۳۲فوت۲اینچ(۹。۸۰متر)
آبخور: ۱۰فوت۹اینچ(۳。۲۸متر)
سرعت: ۱۸。۱گره(۳۳。۵کیلومتربرساعت؛ ۲۰。۸مایلبرساعت)

اینیکمقالهٔخردکشتییاقایقاست。 می‌توانیدباگسترشآنبهویکی‌پدیاکمککنید。


サーフバードAM-383-歴史

1920年代から1950年代にかけてスミソニアン協会によって発行された、ベントライフヒストリーシリーズのモノグラフは、北米の鳥についてしばしばカラフルな描写を提供します。アーサークリーブランドベントは、シリーズの主執筆者でした。ベントシリーズは素晴らしいリソースであり、オーデュボン、タウンゼント、ウィルソン、サットンなど、初期のアメリカの鳥類学者からの引用が含まれていることがよくあります。

サーフバードの曲がった生活史-一般名と亜種は、説明が書かれたときに使用されていた命名法を反映しています。

アラスカ中央部の山にある夏の別荘から、サーフバードは南北アメリカの太平洋岸をマゼラン海峡まで移動します。毎年2回、この長い旅をする人もいれば、アラスカ南部から南に向かって海岸沿いに散らばっている人もいます。その結果、それは主に移動で、時には他の季節に、太平洋岸の至る所にある岩礁、サンゴ礁、岬でそれを求める人々によって発見されるかもしれません。その名前が示すように、それはサーフラインの鳥であり、その岩の多い生息地で、キョウジョシギとメリケンキアシギが飛んでいるスプレーを気にせずに関連付けられています。それは、ギリシャ語の2つの単語、海の泡を意味するaphrosと私が住んでいるzaoから取られた一般的な名前にふさわしいものです。

春:春の移住は、両大陸の海岸に沿って真北にあります。冬の範囲が非常に広いため、日付を追跡することは困難です。マゼラン海峡の最新の記録日は3月3日で、アラスカのコブク川に到着する最も早い日は5月29日です。カリフォルニア海岸に沿った主要な飛行は3月に来るようです。ジョセフ・グリンネル博士(1909)は、5月12日にアラスカのアドミラルティ島での飛行を報告しています。

ハリー・S・スワース(1911)は、4月25日から5月6日まで、アラスカのクイウ島で、「それは豊富で、大きな群れで、泥の平原に​​頻繁に訪れる他の多くのウェーダーと一緒に餌をやりました」と述べています。 H. B.コノバーは、5月18日にアラスカのルーパーベイで一度だけそれを見ました。

営巣:サーフバードの繁殖地と営巣習慣は長い間不明のままでした。鳥は6月1日頃にアラスカの海岸から姿を消し、6週間以上、幼鳥と一緒に再び現れたときに再び見られませんでした。噂によると、彼らは内部の山で繁殖したとのことです。 0. J. Murie(1924)は、アラスカ中央部のマウントマッキンリーパーク地域でこの種の繁殖地を発見したときに、最初の明確な情報を提供してくれました。 1921年7月13日、彼は「2羽のサーフバードが顔を紅潮させ、叫び声を上げようと一周したとき」、森林限界の上の斜面を下りていました。彼は「現在、荒れた地面を勇敢に歩き回っている綿毛のような若い人を見て報われた」。ヒナが確保され、親の1人がオスであることが証明され、この種の最初の繁殖記録が確立されました。

5年後、ジョセフ・ディクソン(1927)はこの同じ地域でかなりの時間を過ごし、1926年5月28日にサーフバードの最初の巣を見つけることに成功しました。彼はいくつかの素晴らしい写真を撮り、鳥とその習性を徹底的に研究し、非常に満足のいく写真を完成させました。私はそれについての彼の優れた出版された説明から自由に引用します。営巣地と彼が書いた巣について:

サーフバードの最も印象的な点の1つは、冬と夏の生息地の顕著な違いです。春の北方への移動の終わり近くに、これらの鳥は海岸を放棄し、塩水から300〜500マイル離れた奥地のはるか奥に夏の住居を取ります。これには、大きな変化が伴います。他の季節のように海面に住む代わりに、営巣期間中、彼らは森林限界より高い不毛の岩山に見られます。夏の間ずっと、標高4,000フィート未満でこれらの鳥を見つけることはありませんでした。サーフバードの周囲の岩のような特徴は、年間を通してかなり一定のままであるように見えます。夏には、鳥は岩盤の頂上近くで最も頻繁に見られます。そこでは、壊れた岩が冬の間に生息する険しいサンゴ礁とほとんど同じです。マッキンリー山地区で、サーフバードの夏の範囲はオオツノヒツジのそれとほぼ同じであり、「羊」の国の外でサーフバードを探すのは役に立たないことがわかりました。

5月28日午後遅くに風にさらされた不毛の尾根に立って、近くの丘の中腹を双眼鏡で探していたとき、ライト氏の注意は、xvasが岩場の上を急いで忍び寄る灰色がかった鳥に惹かれました。彼が見ていると、鳥は約600フィート離れたところから見えなくなったようです。失踪した地点をマークして、鳥が最後に見られた場所に急いで行き、鳥を見つけることができなかったので、彼は自分が間違っていると思い始めました。しかし、彼がもう一歩踏み出すと、鳥は突然彼の顔に飛び上がり、彼を大いに驚かせました。鳥が飛んでいくと、大きな白いランプパッチとどちらかの翼の白いパッチが、これが待望のサーフバードであることに気づきました。彼の足元を急いで見ると、巣と4個の卵の中身が明らかになりました。もう一歩前進すれば、彼は自分の足を直接巣に置いていただろう!ジョージ・M・ライトには、この珍しい鳥の巣と卵に目を向けた最初の白人であるという名誉があります。

サーフバードの巣は、南西に面し、太陽に面していて、比較的雪が降っていない岩だらけの尾根の森林限界の1,000フィート上にありました。巣の場所は乾燥した岩場にあり、近くにたくさんあった湿ったツンドラにはありませんでした。巣の周りの岩だらけの地面は、高山北極の植物の薄いカーペットで覆われていました。その中で最も高いのは、高さが2インチ未満のいくつかの忍び寄る北極のヤナギでした。巣の中で最も目立った植物は、白い花のDr-yesintcgrffotiaでした。巣は完全に野外にあり、隠蔽性が最も低い茂みはありませんでした。実際、それはほとんど「通りの外」でした。なぜなら、卵は、アラスカの白いオオツノヒツジ(OiAs dGUi)の頻繁に移動する小道の1フィート以内にあったからです。メリケンキアシギのような加工された巣はありませんでした。代わりに、卵は自然の侵食性の窪みに堆積し、その側面には乾燥した灰色がかった緑色の地衣類とカリブーモスが数ビット並んでいました。巣の底はDrlja-のタイヤの死んだemarginateの葉で構成されていました。 tnteDrifoUaは、尾根の背骨を形成する崩れかけた蛇紋岩の露頭を部分的にしか覆っていませんでした。巣は、4つの卵を太字にするのにかろうじて大きく、端がほとんど下がらず、できるだけ近くに配置され、直径4インチ、深さ1インチ半でした。巣の中の卵はツンドラの赤褐色の苔と非常によく混ざり合っていたので、8または10フィート以上の距離でそれらを作るのは困難になりました

巣は夕方9時近くに発見されました。彼らはその近くに粗野な岩の避難所を建設し、その夜と翌日の半分の間ずっとそれを注意深く見守っていました。この間、ディクソン氏(1927)は次のような観察を行いました。

雨が降り始めたとき、サーフバードはただ毛羽立って、巣を完全に覆うように背中の羽を広げました。溶けた雪と雨がサーフバードの背中からすぐに流れ出て、巣の外の苔に吸収されたので、これは効果的な方法であることが証明されました。私たちはあまりよく保護されておらず、すぐに震え、皮膚に濡れました。

4時に、ホオジロザメの山頂を漂う霧の中から、幽霊のように静かにオオツノヒツジが現れました。彼女は最初は私たちに会いませんでしたが、6フィート以内にいて、サーフバードの巣に直接向かったとき、彼女は突然私たちの存在に気づき、一歩踏み出しました。

2つ前方。雌羊が巣を踏もうとしたとき、驚いた動物の顔の中でサーフバードが突然「爆発」しました。この予期せぬ動きと、鳥の羽と尾の広がりの突然の音と白の閃光により、オオツノヒツジはすぐにハックし、彼女はぐるぐる回ってトレイルに戻った。決定的な瞬間にサーフバードが突然動くことは、羊やカリブーが巣や卵を踏みにじるのを防ぐのに役立つことは間違いありません。繰り返しの実験を通して、これが鳥の通常の反応であることがわかりました。私たちが近づいたとき、速いか遅いかにかかわらず、鳥は最後の最後まで巣にとどまり、その後、ほとんどの鳥のように地面に低く忍び寄る代わりに、私たちの顔に直接飛んでいきました。鳥がこれを行うことを知った後でも、私たちの心理的な結果は同じでした。鳥が爆竹のように顔を真っ直ぐに「爆発」したとき、人は思わず反動しました。

昨日の午後、ライト氏が最初に巣を怖がらせたとき、後でメスだと思った鳥は、「爆発」した後、翼を半分広げ、尾を扇状に広げて地面を引きずって逃げました。これは、白いランプパッチを目立つように表示しました。時々、この鳥はまるで巣を覆っているように寄り添うでしょう。巣から約100ヤード離れたところで、鳥は餌をやるふりをしてさまよい始めました。ライト氏が巣に戻って卵を調べたとき、それは何の心配もありませんでした。観察者が遠くに引退し、10分間待った後も、巣に戻ることはできませんでした。その間、雨が降り始めました。

このやや無関心な態度とは著しく対照的に、巣で16時間見守られた鳥は、まったく異なる行動をとりました。この2羽目の鳥は、巣から追い出されると、侵入者の顔に直接飛んでいき、8フィートまたは10フィートの距離で片側に逃げ、そこで岩の上にとまり、羽を「」のように羽ばたきます。座って」と、口数の少ない電話をかけます。fec-tee-tactI電話の合間に30分ほど少し休止した後、電話は2、3回繰り返されることがよくありました。この鳥を追いかけ始めたとき、それは私たちを巣から巧みに遠ざけるでしょうが、私たちがじっと立っていれば、私たちがわずか10フィート離れて立っていたとしても、すぐにすぐに戻ってきました。巣に行くとき、鳥は卵を直接踏まないように非常に注意しました。それは卵の1フィートかそこらの範囲内まで速歩し、それから巣の端まで注意深くこっそり降りました。ここでそれは止まり、卵を検査し、そしてその請求書で手を差し伸べ、卵をひっくり返し、それらを少し下に保ちます。この検査の後、鳥は胸の羽を羽ばたき、巣の端にそっと座り、卵が完全に覆われるまで、細心の注意を払って体を前方に滑らせました。

卵:私はまだこれらの卵を見たことがないので、Tはディクソン氏(1927)のそれらの優れた説明を引用します:

サーフバードの卵は、他の北米のシギやチドリの卵と簡単に混同されることはありません。形はピリフォームの小屋ですが、リミコラエ目の他の鳥の卵と形は似ていますが、色はハヤブサの卵、特にスズメのタカとソウゲンハヤブサの特定の卵のように見えます。

有名なセイヤーコレクションに安全に収納されているタイプセットでは、地色と卵のマーキングの両方にかなりのばらつきがあります。このセットの3つの卵は非常にふわふわした地色を持っていますが、4番目の卵は同じ色ですが明らかに明るいです。 3つの卵のマーキングは大胆で、子鹿から湾まで色が異なります。 4番目の卵のマーキングは小さく、均等に分布しています。 4つの卵は彼が次のように説明するかもしれません:最初の卵はティルウルバフに等しい明るい地色を持っています。この卵では、マーキングは長さ0.5〜2ミリメートルの細かい水しぶきで構成されています。 There is but slight tendency for the markings to form a wreath on the larger end. A few small dark brown spots on its larger end identifies this egg, which resembles slightly certain eggs of the yellow-hilled magpie. In egg number two the ground color is rich tilleulbuff, while the markings consist of bold bay-colored spots and splashes from one-half to three millimeters in length. These spots are concentrated about the larger end of the egg, where in places they are so dense as completely to obscure the ground color. A few deep-seated lavender under-shell markings are apparent on this egg. Egg number three is similar both in ground color and in markings to egg number two, except in egg number three the heavy bay markings form a decided wreath 21 millimeters in diameter about its larger end. Egg number four has the richest ground color of all, while its markings are fawn, but the markings are not so sharply defined as In the other eggs.

The four eggs measure 43.7 by 30.5, 41.5 by 31.5, 43.3 by 31.2, and 42.4 by 31, and they average 42.7 by 31 millimeters.

Young: Mr. Dixon (1927) demonstrated most conclusively that the male does most, if not all, of the incubating. The bird that they had under observation for 16 hours and the only one seen near the nest proved to be the male. All of the five males collected had bare incubation patches, while none of the females had these. Mr. Murie (1924) found both parents attending the young bird which he captured and the one shot, probably the more solicitous one, was the male. Evidence is accumulating all the time to show that with more shore birds than we realize, perhaps with all, the males perform the greater part of the domestic duties.

Plumages: The young bird taken by Mr. Murie is still in the downy stage. The upper parts are variegated and mottled with "cinnamon buff," brownish black, "sepia," and buify white the forehead and sides of the head are buffy white, boldly spotted and striped with black the crown is mainly spotted with black the buffy tints are mainly on the upper back, wings, thighs, and rump t he under parts are grayish white, whitest on the chin and belly. When the young birds come down to the coast of Alaska, in August, they are in full juvenal plumage. In this the crown is streaked with "fuscous" and brownish black, the feathers having white edgings the chin and throat are white, with shaft streaks of "hair brown" there is a broad band of "hair brown" across the breast, with white edgings, running into spots below, which are lacking on the white belly the mantle is "hair brown," with very narrow whitish edgings, giving a scaled appearance the scapulars also have a subterminal "fuscous" bar the lesser and median wing coverts are broadly or conspicuously edged with grayish white.

A partial postjuvenal molt in the early fall produces a first winter plumage which is like the adult winter, except that there are fewer and smaller spots on the under parts and the juvenal wing coverts and some scapulars are retained.

Two specimens, collected in Peru on June 30, illustrate the first nuptial plumage. These are doubtless birds which do not migrate north to breed during their first year. Apparently a nearly complete mojt has taken place, as the wings and tail appear fresh, but some of the old scapulars and wing coverts are retained. The adult nuptial plumage is suggested, but all traces of cinnamon are lacking the feathers of the mantle are " fuscous " or " hair brown," broadly edged with grayish white and subterminally bordered with brownish black the crown is grayish white, streaked with dusky the scapulars are "fuscous" to brownish black, broadly tipped, notched, or spotted with pale grayish the breast and flanks are less heavily marked than in the adult. I have not seen this plumage described elsewhere. At the next molt the adult winter plumage is assumed.

Adults have a complete postnuptial molt in August I have seen one with primaries and secondaries molting as early as August 27. in adult winter plumage the upper parts are uniform "fuscous," with only slightly Jighter (" hair brown ") edgings the chin and throat are white, spotted with "hair brown " there is a broad band of "hair brown" across the chest and below it the under parts are marked on the breast and flanks with hastate spots of " fuscous."

A partial prenuptial molt of the body plumage takes place in April and May, but some of the old winter feathers are generally retained. In full nuptial plumage the head and neck are grayish white, everywhere boldly streaked, or spotted, with black and slightly suffused on the croxyn with " pinkish cinnamon " the feathers of the back are centrally black, broadly edged with white and tinged with "pinkish cinnamon" but the most striking features of this plumage are the scapulars, boldly patterned with "pinkish cinnamon " and black, with narrow whitish tips the white under parts are boldly marked, especially on the breast and flanks, with bastate, subeordate, or crescentic spots of brownish black. The cinnamon colors fade during the breeding season to pale buff and eventually rn white in July birds.

Food: On its breeding grounds in summer the surf bird feeds almost entirely on insects, mainly flies and beetles. The analysis of the stomach contents of eight birds, taken in Alaska and examined by the Biological Survey, shows the following proportions: Diptera, 55.2 per cent Coleoptera, 36 per cent Lepidoptera, 3.8 per cent Hymenoptera, 3.3 per cent Phalangiden, 1 per cent snails, 5 per cent and seeds, 2 per cent. Mr. Dixon (1927) says of its feeding habits:

Three days later seven surf birds were found feeding in company at midday near this same spot. This time they were foraging near the top of a very steep talus slope that lay fair to the sari. Only a few scant flowers grew amid the rocks, but insects were numerous and active. One surf bird which, when inter collected, proved to be a male stood guard while the others fed. The slightest movement on my part was sufficient to cause a warning note to be given by this sentinel. When feeding, these birds ran hurriedly over the rocks, traveling as fast or faster than a man could walk. When an insect was sighted the pursuing surf bird would stretch out its neck as far and as straight as possible. Then moving stealthily forward the bird would make a final thrust and secure the insect in its bill, much In the same manner that a turkey stalks a grasshopper.

At other seasons the surf bird feeds along the water line on ocean beaches, preferring the rocky or stony shores, or reefs exposed at low tide here it extracts the soft parts of barnacles, mussels, or other crustaceans and small mollusks, or picks up other minute forms of marine life. It also feeds to some extent at the surf line on sandy beaches or on mud flats, where it picks up similar food from the surface without probing for it. At such times the birds are quite pugnacious unless sufficiently scattered.

Behavior: Mr. Dixon (1927) writes:

On June 18 three surf birds were seen close under the summit of a mountain. Here they occasionally ran about and picked up insects, but more often they stood still on exposed rocks and preened their feathers. One of these three birds frequently raised both wings willet fashion over its back until they almost met. These individuals were exceedingly shy and would not allow the naturalist to approach closer than 100 yards. We found that this timidity was customary during the nesting season, when the birds were encountered away from the Immediate vicinity of the nest.

At 8 o'clock on the evening of June 24 I climbed to the crest of a sharp ridge of one of the lower spurs of the main Alaskan Range. As I reached the highest peak four surf birds flew In from a distance. As they circled about the peak they called, tee, tee teet loudly. Their flight was swift and plover-like. As they turned the white basal portions of their tails together with the white bars of their wings formed four white V's which stood out vividly in the strong glow of the evening sun. They circled the peak several times, calling loudly and evidently seeking for others of their kind. Soon there was an answering call from the ground and the four birds settled down on a rocky spur where three other surf birds were already feeding. When I crawled up to within 50 yards of them all seven birds ceased feeding and began to call loudly. After a period of several minutes they began to feed again, one remaining on guard while the others ran hither and thither chasing Insects over the rocks and tundra.

Florence M. Bailey (1916) says of the behavior of surf birds on the California coast:

At high tide one day two of the surf birds were standing on the sand ridge Just above the water resting from their labors, one with Its back to the Incoming waves staring ahead of It as if lost in reverie. On the beach one of the silent, solitary Aphrizos would often stand facing me, as it studying me intently, when, though I could not read Its innermost thoughts, I had a good chance to note its light forehead and eye line, its white underparts, and streaked chest. Two of the droll birds were found one day engaged In an amusing performance that suggested the sparring of boys. One turned sideways to the other as if on guard, then dropped the wing on that side and spread its tail till the white rump showed. The other In turn spread its tall and they hopped over each other, doing this a number of times. They would also dip their bills menacingly, and one of them sat down several times as part of the play. As they flew off they gave their wild key-wd-oA. When wanting to move down the beach one often flew close along under the green wall of the combing surf. When it alit its wings would be held out for an Instant showing the clear white line down their length and the broad white base of the tail with the dusky tip. When on shore they stood around so much with their preoccupied dreamy gaze that, when one took wing and flew with swift strong wing strokes out across the surf and over the ocean, a disappearing white spot, you stood bewildered. Your idle dreamer was a child of the sea! Perhaps when it stood on the sandy beach with preoccupied gaze it was dreaming of its rocky sud-dashed home to the north, or of its rocky surf-dashed winter home to the south. How well its wild, keen, plaintive key-oh: wee tells the story!

Field marks: While standing on rocks, at a distance or when the light is poor, surf birds might be mistaken for black turnstones, but they are somewhat larger. They are more stockily built and generally darker colored than other shore birds. But in flight they may be easily recognized by the broad white band in the wing, and by the white upper tail coverts and basal half of the tail they lack the broad white patch in the center of the back and white stripes, which distinguish the turnstones.

Fall: The birds apparently leave their breeding grounds in July and move down to the coast of Alaska some reach Oregon before the end of July and California early in August. Apparently the adults come first Young birds have been taken on the coast of southern Alaska as early as August 27 and have been noted at St. Michael up to the last of September. During the fall they move gradually down the coast, lingering for the winter at favorable places.

Winter: The surf bird winters in small numbers, occasionally if not regularly, as far north as Wrangell, Alaska. Carl Lien has sent me the following notes from the coast of Washington:

Destruction Island lies 50 miles south of Cape Fluttery and 3 out from the mainland. It is 35 acres in extent and surrounded by extensive reefs which are uncovered at low tide. There are numerous rocky ridges that are well above the water at high tide, these ridges forming little protected bays and harbors.

I first went to this island in December, 1910. On nice days when the sea was smooth it was my custom to row around the reefs observing the birds. I found the surf birds generally in company with Aleutian sandpipers and black turastones. There would be a half dozen on this reef and similar hunches on neighboring reefs. Their actions were very lively, now running to a higher point on the rock as the wash from the swell came rushing up, now running down ngain as the water receded, feeding busily. The only thing I ever found in their stomachs was small mussels about an eighth of an inch long, occasionally up to a quarter of an inch. The following autumn they returned though I did not note the date. I saw them from time to time during the winter in the winters of 1912: 13, 1913: 14, 1914: 15, 1915: 16, 1916: 17. They would arrive the last week Ia October or the first week in November. The flock on its first arrival would number about 200 birds. They would begin to leave the island the 1st of April and by the 1st of May there would be none left. They did not visit the high parts of the island but confined themselves to the reefs and gravel bars. They were very wary and hard to approach on foot though they would sometimes allow a boat to come within 10 yards.

DISTRIBUTION
Range: Western North and South America.

Breeding range: The breeding range of the surf bird is evidently in the higher mountains of the interior of Alaska. The nest and eggs have been found on one occasion only, in the Mount McKinley district (Dixon, 1927), but Murie (1924) found young, apparently about a week old, at the headwaters of Forty-mile River. There also seems a strong probability that the species breeds in the Selawik Range on the south side of the Kowak Valley (Grinnell, 1900), and in the region around the head of the Savage River in the Alaska Range (Murie, 1924).

Sharing a trait with other shore birds, some nonbreeders frequently remain through the summer at points far south of the breeding grounds. During this period they have been noted in California (Santa Barbara and the Farallone Islands) Oregon (Newport) and Washington (Destruction Island and Camp Mora, Clallam County).

Winter range: In winter the surf bird is found on the Pacific coast both of North and South America. It has been detected south to the Straits of Magellan (Van Island in Trinity Channel), and at other points on the coast of Chile (Valdivia, Paposo, and Atacama) and Peru (Pisco Bay). At this season in North America it has been collected or observed in California (Monterey .and probably San Francisco Bay region) Oregon (Cape Meares, Cannon Beach, and the entrance to Yaquina Bay) Washington (Jefferson County and Destruction Island) and Alaska (Wrangel and Craig). These latter records would appear to indicate that some individuals are only partially migratory.

Migration: Because of the extensive areas that may be occupied by the species, particularly in winter, and in view of the scarcity of existing data, it is difficult to present an adequate picture of its migrations. The following dates may, however, throw some light on its movements.

Early dates of arrival are Lower California, San Geronimo Island, March 15 California, San Diego, March 19 Oregon, Newport, March 21 Washington, Puget Sound, March 8 and Alaska, Admiralty Island, April 17, Forrester Island, April 20, Kuiu Island, April 25, Craig, May 9, and Kobuk River, May 29.

Late dates of spring departure are Chile, Van Island, March 3 Lower California, San Geronimo Island, April 13, Turtle Bay, April 14, and Abreojos Point, April 19 California, Los Angeles, May 1, Santa Barbara, May 4, Point Pinos, May 10, and San Nicolas Island, May 15 Oregon, Newport, May 3 and Washington, Jefferson County, April 28.

Early dates of fall arrival are: Alaskan coast, Sitka, July 21, and Nushagak, August 9 British Columbia, Porcher Island, July 12, and Queen Charlotte Islands, August 2 Oregon, Newport, July 24 and California, Monterey Bay, August 3, and Point Pinos, August 5.

Late dates of fall departure are: Alaska, Craig, September 4, Sitka, September 5, and Nome, September 9 British Columbia, Comox, September 2 Oregon, Netarts Bay, November 19 and California, Berkeley, October 24.


What is a Surfbird? (with pictures)

A surfbird, or Aphriza virgata, is the only member of the Aphriza genus, belonging to the larger family Scolopacidae. It is a small to medium-size wading bird bearing close resemblance to a bittern or tern. The surfbird has two geographical ranges. During the breeding season, these birds can be found in scattered locations across the mountainous, rocky terrain of Alaska and the Yukon, and during the remainder of the year, it is found along the majority of the Pacific Coast from Southern Alaska to Chile. Most commonly found in small flocks, a group of surfbirds is known as a "kahuna" or "board."

Outside of the breeding season, both males, females and juveniles appear very similar. They have white rumps with a distinctive black stripe. The plumage is a mottled gray, and the bird has a white stomach. During the breeding season, the adult male surfbird develops rust-colored plumage on his back.

After courtship, during which the males will vie for a female's attention with vocal and flight displays, the female creates a nest at ground level in a natural depression or will scrape a depression in her chosen nesting site. Nesting sites usually are located in rocky, rugged terrain with some natural vegetative or rocky cover. She proceeds to line the nest with vegetation before laying a clutch of as many as four eggs. Egg clutches are incubated by both breeding partners.

After chicks have gained their first fluffy, flightless feathers, they venture away from the nest to forage for food, which consists mainly of small insects and invertebrates. The chicks return to the nest after foraging, and the parents still provide some level of care, offering protection against predators and teaching the chicks to fly. The main defensive technique employed by the surfbird is to remain still and unmoving on the nest, and when the potential predator is almost on top of the nest, the bird will fly up directly in front of the threat, using a display of flapping wings and harsh vocals to surprise or frighten the predator.

When it has matured, the surfbird expands its diet. In addition to insects and small invertebrates, it also will eat crustaceans such as muscles and barnacles, which can be found close to the shore or on rocky outcroppings. Like many creatures that are reliant on the shoreline for breeding, food sources and survival, the surfbird is put at high risk by oil spills and human encroachment.


Modifying the Last Command

If you need to fix a typo, and then repeat the command, you can use the caret (^) to modify it. This a great trick to have up your sleeve for whenever you misspell a command or want to rerun one with a different command-line option or parameter.

To use it, type (without spaces) a caret, the text you want to replace, another caret, the text you want to replace it with, another caret, and then press Enter.

For example, suppose you type the following command, accidentally typing “shhd” instead of “sshd”:

You could correct this easily by typing the following:

The command is executed with “shhd” corrected to “sshd.”


Calidris virgata (Gmelin, JF, 1789)

(Scolopacidae Ϯ Red Knot C. canutus) Specific name Tringa calidris J. Gmelin, 1789 (= syn. Calidris canutus) "Knüffel, Calidris。 Schnabel walzenförmig, gegen die Spitze hin dicker, glatt. Mittlere und äußere Zehe etwas verbunden. Tringa calidris, arenaria u.a." (Merrem 1804) "LES MAUBÈCHES. (CALIDRIS. Cuv.) (1) . La grande Maubèche grise, Sandpiper et Canut, des Anglais. ((Tringa grisea et Tr。 Canutus。 Gm.) Le plum. d'hiver, enl. 366. Edw. 276. . (1) CALIDRIS, oiseau cendré et tacheté, fréquentant les rivières et les bois. Arist. Brisson l'applique à l'une des espèces de ce genre" (Cuvier 1817) "Calidris Anonymous = Merrem, Allg.点灯。 Zeitung, 2, no. 168, 8 June, 1804, col. 542. Type, by tautonymy, Tringa calidris Gmelin = Tringa canutus Linné." (Peters 1934, II, 280).
Var. Callidris, Callydris, Calydris, Chalidris.
シノン。 Actia, Actodromas, Ancylocheilus, Anteliotringa, Aphriza, Arquatella, Canutus, Cinclus, Delopygia, Ereunetes, Erolia, Eurynorhynchus, Falcinellus, Hemipalama, Heteropoda, Heteropygia, Leimonites, Limicola, Limnocinclus, Machetes, Machophilus, Micropalama, Neopisobia, Pavia, Pavoncella, Pelidna, Philomachus, Pisobia, Platyrhamphus, Schoeniclus, Schoeniculus, Symphemia, Tryngites.
● (syn. Calidris Ϯ Sanderling C. alba) Specific name Charadrius calidris Linnaeus, 1766 (= syn. Calidris alba) "GENUS 89. CALIDRIS. Arenaria Meyer, Bechstein (Sandläufer Germ. Sanderling Angl.). Rostrum mediocre, tenue, rectum, teretiusculum, maxillae dertro paullulum incrassato, in apicem deflexo. Nares parvae, oblongo-ovales. Alae volatiles. Pedes grallarii, mediocres, cursorii, tridactyli, digitis ad basin usque fissis. Acropodia scutulata. Species: Charadrius Calidris Lin." (Illiger 1811) "Calidris ILLIGER, Prodromus, 1811, 249. Type, by [tautonymy and] monotypy, Charadrius calidris LINNÆUS = Tringa leucophæa PALLAS [= Trynga alba Pallas]." (AOU Check-List, ed. 3, 1910, 118) ""Tringa leucophaea" Anonymous (in Vroeg's Cat. Rais. d'Ois., p. 32, 1764&mdashnorthern coast of Holland) is not binomial." (Hellmayr & Conover, 1948, XIII, 171, footnote).
シノン。 Arenaria, Arenula, Crocethia.

Gr. καλιδρις kalidris or σκαλιδρις skalidris speckled, grey-coloured waterside bird mentioned by Aristotle, not further identified, but later conjectured to be a sandpiper or a wagtail.
● ex "Petite Maubèche grise" of Brisson 1760 (syn. Calidris alba).
● "Der südliche Schlammläufer. Pelidna calidris, Br. (Tringa alpina, Linn.)" (Brehm 1831) (syn. Calidris alpina).
● ex “Rusticola sylvatica” of Gessner 1555, and Aldrovandus 1599-1603, and “Calidris” of Brisson 1760 (syn. Calidris canutus).
● ex “Totanus” of Belon 1555, and Brisson 1760, “Calidris Bellonii” of Aldrovandus 1599-1603, and “Gallinula erythropus major” of Willughby 1676, Ray 1713, and Marsigli 1726 (syn. Tringa totanus).
● ex “American Nightingale” of Edwards 1750 (unident.).

L。 virgatus striped, streaked < virga streak.
● ex &ldquoStreaked Sandpiper&rdquo of Latham 1785 (Calidris).


Risk factors are the same as for other manifestations of ischemic heart disease—older age, previous atheromatous cardiovascular disease, diabetes, smoking, hypertension, hypercholesterolemia, male sex, and a family history of premature ischemic heart disease. It can also occur in association with other disorders of circulation, including valvular disease, arrhythmias, and cardiomyopathies.

Between 9 and 19 percent of persons with acute coronary syndrome die in the first six months after diagnosis, with about one half of these deaths occurring within 30 days of diagnosis. Several risk factors may indicate poor prognosis and include severity of presentation (e.g., duration of pain, speed of progression, evidence of heart failure) medical history (e.g., previous acute coronary syndrome, acute MI, left ventricular dysfunction), other clinical parameters (e.g., age, diabetes), ECG changes (e.g., severity of ST segment depression and deep T wave inversion), biomarkers (e.g., presence of troponin concentration elevation), and change in clinical status (e.g., recurrent chest pain, silent ischemia, hemodynamic instability).

However, several key prognostic indicators associated with adverse outcomes may be used to aid clinical decision making. Variables, including age 65 years or older, at least three risk factors for coronary artery disease, known significant coronary stenosis, degree of ST segment deviation, recurrent anginal symptoms in 24 hours, use of aspirin in past seven days, and elevated cardiac biomarkers, can be used to generate a scoring system to identify high-risk patients who may experience true ischemic cardiac events and death (thrombolysis in MI risk score). The more of these factors that are present, the greater the likelihood of adverse ischemic events. This helps stratify patients according to risk and identify high-risk patients.