サロロンドン

サロロンドン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

サロロンドンの写真

サロロンドン飛行艇の写真。


サロロンドン-歴史

1949 UPUの75周年、2 of 4、SG 136、137、スコット123-126&#10033

1953年のジブラルタルの眺め、14の1、SG 152、スコット139&#10033&#10033

1960年の普通切手セット、14の1、SG 167、スコット154&#10033

1978年イギリス空軍60周年、5 of 5、SG 407-411、スコット369-373&#10033&#10033&#10033&#10003

3p-ショートサンダーランド、9p-コードロンG.3、12p-アブロシャクルトン、16p-ホーカーハンター、18p-ホーカーシドレーニムロッド

1981年ジブラルタル航空便の50周年記念、1 of 3、SG 454-456&#10033

1982航空機、15の15、SG 460-474、スコット416-430&#10033&#10033&#10033&#10003

1p-ダグラスDC-3、2p-ビッカースVC1バイキング、3p-エアスピードアンバサダー、4p-ビッカースバイカウント、5p-ボーイング727、10p-ビッカースヴァンガード、14p-ショートソレント、15p-フォッカーF27フレンドシップ、17p-ボーイング737、20p -BAC One-Eleven、25pf-ロッキードコンステレーション、50p-デハビランドコメット、£1-サロウィンドホバー、£2-ホーカーシドレートライデント、£5-デハビランドDH-89ドラゴンラピッド

1982 Europa、1/2、SG 479-480&#10033

1988 Europa Transport&Communication、1/4、SG 589、Scott 525&#10033&#10033

1993年記念日(RAFの75周年)、4の1、SG 710、スコット646&#10033&#10033

24p-パナビアトルネードとハンドレページタイプO

1995 VE Dayの50周年、1 of 1、SG MS744、Scott 683&#10033&#10033&#10033&#10003

1998 RAFの80周年、4 of 4、SG 829-832、Scott 755-758&#10033&#10033&#10033&#10003

24p-サロロンドン、26p-フェアリーフォックス、38p-ハンドレページハリファックス、50p-ブラックバーンバッカニア

1998 RAF msの80周年、4 of 4、SG MS833、Scott 759&#10033&#10033&#10033&#10003

24p-ソッピース1½ストラッター、26p-ブリストルM.1、38p-スーパーマリンスピットファイア、50p-アブロヨーク

1999獲物の翼(第1シリーズ)。猛禽類とイギリス空軍の戦闘機、6機中3機、SG 883-888、スコット809-814&#10033&#10033&#10033

30p-ユーロファイタータイフーン、30p-パナビアトルネード、30p-BAeハリアーII

1999 Wings of Prey(1st series)、3 of 3、SG MS889、Scott 811a&#10033&#10033&#10033&#10003

2000ジブラルタルの歴史ms、16の1、スコット841p&#10033&#10033

2000獲物の翼(第2シリーズ)。猛禽類とイギリス空軍の第二次世界大戦航空機、6機中3機、SG 943-948、スコット851-853&#10033&#10033&#10033

30p-スーパーマリンスピットファイア、30p-ホーカーハリケーン、30p-アブロランカスター

2000ウィングスオブプレイ(第2シリーズ)、3 of 3、SG MS949、スコット853a&#10033&#10033&#10033&#10003

2001獲物の翼(第3シリーズ)。猛禽類と現代の軍用機、3 of 6、SG 982-987、スコット887-889&#10033&#10033&#10033

40p-BAe Sea Harrier、40p-BAe Hawk、40p-SEPECAT Jaguar

2001 Wings of Prey(3rd series)、3 of 3、SG MS988、Scott 889c&#10033&#10033&#10033&#10003

2003年の動力飛行100周年、5 of 6、SG 1045-1050&#10033&#10033&#10033

30p-ライトフライヤー号、40p-スピリットオブセントルイス、40p-ボーイング314クリッパー、42p-サロウィンドホバー、44p-コンコルド

2003年の動力飛行ミリ秒の100周年、6の5、SG MS1051、スコット937a&#10033&#10033&#10033&#10003

30p-ライトフライヤー号、40p-スピリットオブセントルイス、40p-ボーイング314クリッパー、42p-サロウィンドホバー、44p-コンコルド

2004 D-Day Landingsの60周年、1 of 4、SG 1090&#10033&#10033

47p-ハンドレページハリファックス

2006ジブラルタル航空便サービスの75周年、4 of 4、SG 1176-1179、スコット1048-1051&#10033&#10033&#10033&#10003

8p-サロウィンドホバー、40p-ビッカースヴァンガード、49p-ビッカースバイカウント、£1.60-ボーイング737

2008 RAFの90周年、6 of 6、SG 1261-1266&#10033&#10033&#10033&#10003

40p-ショートタイプ184&サロロンドン、40p-スーパーマリンスピットファイア&ホーカーハリケーン、42p-ブリストルボーファイター&アブロランカスター、42p-ホーカーハンター&アブロシャクルトン、49p-アブロバルカン&デハビランドモスキート、49p-パナビアトルネード&SEPECATジャガー

2008 RAF msの90周年、1 of 1、SG MS1267&#10033&#10033&#10033&#10003

2009年海軍航空100年、5 of 6、スコット1183-1188&#10033&#10033&#10033&#10003

42p-ショートS.27、42p-アブロ504、42p-ショートタイプ184、42p-モラーヌソルニエL、42p-コードロンG.3

2009年海軍航空隊の100年s / s、1 of 1、スコット1189&#10033&#10033&#10033&#10003

2010 Aviation Centenaries、2 of 4、SG 1365-1368&#10033&#10033&#10033&#10003

10p-ヴォアザン-ファーマンI、49p-アントワネットVII

2010 Aviation Centenaries ms、4 of 4、SG MS1369&#10033&#10033&#10033&#10003

10p-ファーブル水上機、42p-スーパーマリンS.6B、49p-ショートサンダーランド、£2-サンダースロープリンセス

2010バトル・オブ・ブリテン、6/6、スコット1222-1227&#10033&#10033&#10033&#10003

50p-ボールトンポールデファイアント、50p-ブリストルブレニム、50p-グロスターグラディエーター、50p-ホーカーハリケーン、50p-マイルズマスター、50p-スーパーマリンスピットファイア

2011年英国軍団の90年、8の3、SG 1381-1388&#10033

50p-アブロバルカン、50p-パナビアトルネード

2011スピットファイア75周年、4 of 4、SG 1421-1424&#10033&#10033&#10033&#10003

すべてスーパーマリンスピットファイアです

2011スピットファイアmsの75周年、1 of 1、SG MS1425&#10033&#10033&#10033&#10003

2012 RAF Squadrons I、4 of 4、SG 1452-1455&#10033&#10033&#10033&#10003

10p-ウェストランドシーキング、42p-グロスタージャベリン、76p-パナビアトルネード、£2-ブリストルボーファイター

2013 RAF Squadrons II、4 of 4&#10033&#10033&#10033&#10003

10p-スーパーマリンスピットファイア、42p-ホーカーハリケーン、76p-統合PBYカタリナ、£2-アブロシャクルトン

2014レッドアローズ50周年、5 of 5&#10033&#10033&#10033&#10003

2014 RAF Squadrons III、4 of 4&#10033&#10033&#10033&#10003

54p-BAe Hawk、64p-Saro London、70p-Blackburn Buccaneer、£2-Lockheed Hudson

2015年第一次世界大戦100周年-パートII、6の1&#10033&#10033

2015 RAF Squadrons IV、4 of 4&#10033&#10033&#10033&#10003

54p-ハンドレページハリファックス、64p-ビッカースウェリントン、70p-ブリストルブレニム、£2-デハビランドDH-100ヴァンパイア

2018 RAF 100周年、6 of 6&#10033&#10033&#10033

22p-スーパーマリンスピットファイア、64p-ホーカーハリケーン、70p-統合PBYカタリナ、80p-ショートサンダーランド、£2-ビッカースウェリントン、£3-ロッキードハドソン

2018 RAF msの100周年、4 of 4&#10033&#10033&#10033

64p-ユーロファイタータイフーン、70p-ブラックバーンバッカニア、80p-ホーカーシドレーニムロッド、£3-ボーイングC-17グローブマスターIII


ロンドンでは、サロはナイジェリアの創造的な歴史を祝います

ロンドンがナイジェリアの劇場のフェスティバルを最後に楽しんだのは、おそらく2012年で、文化オリンピアードの一環としていくつかのナイジェリアの演劇が舞台に上演されました。演劇を見た多くの人々が感銘を受けて帰国した一方で、ナイジェリアのエンターテインメントシーン(音楽、映画、演劇)は、より多くの人気と称賛を集めています。ボランレオーステンピーターズプロダクションがこのように野心的に考案され、印象的に実行されたものを取ることを決定したとき サロ、ミュージカル 芸術に優しいヨーロッパの都市にとって、それは多くの聴衆に受け入れられるに違いありませんでした。

MTNナイジェリア財団の支援を受けて、BAPはShawTheaterを大勢の熟練した新進の才能で襲撃しました。ベテランの機知と若者のエネルギーのコンビネーションは、確かに、パフォーマンスに印象的なタッチを与えました。

もちろん、彼らは頑強で曲がりくねった物語によってうまく団結しています。サロでは、ムーsical、ほとんどすべてのシーンで、大、中、小の問題が発生しているようです。遠く離れた架空のナイジェリアの村(クトゥエンジ)から、音楽業界で大きくなることを願ってラゴスに旅する4人の若いミュージシャンの人生をたどる物語です。

彼らは希望と大きな期待に満ちてラゴスに到着しますが、街は彼らにとって速すぎるため、彼らの最初の夜は、地域の少年による恐喝から所持品の紛失、そして最終的に警察に至るまでの一連の不幸な出来事によって特徴付けられます-彼らが刑務所生活がどのようなものであるかを味わうことができる場所に独房を保持する。

したがって、ラゴスでの最初のメインパフォーマンスはセル内で行われます。彼らの攻撃は「さまよって見ている」ことです。運が良ければ、ラゴスを拠点とする音楽界の大御所、ドン・チェトは、彼らを発見すると、彼が長い間看護していた夢を追求するように促され、彼らを救い出します。プロデューサー兼マネージャーの友人であるデリー・ブラックの助けを借りて、ドン・シートは若い男性を地元の行為から都会の音楽感覚に変える旅を始めます。

ロンドン、サロ、Tのショーシアターでの主な英国の視聴者のために彼はミュージカル ナイジェリアの脅威企業がこれまでに生み出した最も有名な問題のある劇として歴史に残るかもしれません。その理由は、パフォーマンスが問いかける愛、お金、奴隷制のテーマは、サスペンス、陰謀、ユーモアをシームレスに刺激する出会いの場を楽しむことが多いからです。

プロローグは、ライタン(パトリックディアブアが演じる)が彼の運命を好転させることによって彼の人生の愛を征服しようとしていることを示しています。それでも、彼は恐怖を感じており、幸運が潜んでいると思われるラゴスに向けて出発することで、別の男性が自分のスープからすくう機会が得られるのではないかと恐れています。

ライタンが所属する4人の音楽グループのリーダーである主人公のアジーズ(ギデオン・オケケが演じる)にとって、彼らはラゴスへの人生を変えるオデッセイに乗り出さなければなりません。希望と大きな夢を除いて何も持って到着しなかった彼らは、自己実現への旅で出会った経験と人々によって正当に方向転換されました。

陰謀の合間に、音楽の舞台で「吹く」機会への彼らの希望は、ドン・セト(ビンボー・マニュエルが演じる)と結びついており、ある程度の磨きをかけることで、グループは彼の次の生計の源になるかもしれないことに気づきました。その過程で、この劇はナイジェリアの音楽の主張されたコレクションを演じます。

ショーシアターの多くの白人の脅威愛好家にとって、ドン・シートが少年たちを古代のバダグリ奴隷貿易博物館に連れて行くシーンは、 ゴッドファザリズム 忠誠心と完全な服従がその日の順序であるナイジェリア社会の症候群。そのシーンも彼らの忠誠心の試練のようです。ブリトン人は蹴り、「いいえ、これはできません!」と叫びます。しかし、ドン・チェトが記憶の道を下りて、バダグリの奴隷貿易の古き良き物語を4人に伝え、人間の非人間性の絵を描くと、彼らは沈黙を余儀なくされます。そしてステージには、イギリスの植民地支配者が現れます— 6人の鎖でつながれた、飢えた、無力な若い男性が働くように鞭打ちます。なんて劇的な皮肉でしょう。

また読む

劇場の英国人はバダグリの奴隷物語のより多くのシーンを切望していますが、 サロ、ミュージカル 彼らの願いを叶えられない。彼らにとって、遊びの道徳的意味は一貫しています。

フォーサムの試練、不幸、愛、運命を14幕の傑作に織り込み、 サロ 過酷で居心地の悪い街で成功するための旅の感動的な物語を語ります。ラゴスは、数多くのカラフルで忘れられないキャラクター、熱狂的なペースの生活、そして終わりのないドラマによって擬人化されています。

MTNナイジェリア財団の事務局長であるNonnyUgbomaは、ナイジェリアでステージが目撃されているという再生に喜びを表明しました。

最近では、ヒューバート・オグンデ時代に国が目撃した活気に満ちた文化に対して、「ライブシアター」が被った退行が懸念されていました。

ウグボマによれば、現在目撃されているリバイバルは、劇作家、俳優、ドラマ愛好家、その他の利害関係者にとって朗報です。

大勢の観客を魅了したショーで、ウグボマは次のように述べています。私たちは2つのミュージカルの初演でBAPプロダクションとの提携に成功しました— 和歌カカードゥ、ラゴス、ロンドン、ヨハネスブルグで登場しました。での成功を楽しみにしています サロ ロンドンのウエストエンドにあるショーシアターで上映しています。」

ミュージカルを監督したBolanleAusten-Petersは、英国、ナイジェリア、そして世界中の観客が素晴らしい時間を楽しみ続けるだろうという自信を表明しました。

彼女は次のように述べています。「私たちの経験は、ナイジェリアの物語が共鳴していることを明確に示しています。人々は私たちの美しい文化についての話を見たり聞いたりしたいと思っています。長い間、私たちの話は他の人から語られていました。今、次のような作品で サロ, ミュージカル、70人のキャストとクルーによって実行され、私たちは所有権を取り、私たちだけができる方法で私たち自身の物語を語っています。」

CopyrightPUNCH。
全著作権所有。この資料、およびこのWebサイト上の他のデジタルコンテンツは、PUNCHからの書面による事前の許可なしに、全部または一部を複製、公開、放送、書き換え、または再配布することはできません。


3.H.H.ホームズ

悪名高い連続殺人犯H.H.ホームズであるハーマンW.マジェットに生まれ、1893年のシカゴ万国博覧会に先立ってイリノイ州に移る前に保険詐欺師としての初期のキャリアを過ごしました。ホームズが彼の&#x201Ccastle&#x201D&#x2014a 3階建ての宿と呼んでいたものを建てたのはそこで、彼は密かに不気味な拷問室になりました。一部の部屋には隠されたのぞき穴、ガス管、トラップドア、防音パッドが装備されていましたが、他の部屋には行き止まりにつながる秘密の通路、はしご、廊下がありました。ホームズが手術台、かまど、さらには中世の棚さえ設置した地下室に通じる油を塗ったシュートもありました。

ホームズは、世界フェアの前と最中の両方で、多くの犠牲者を彼の隠れ家に連れて行き、毒ガスで窒息させ、恐ろしい実験のために地下室に連れて行った。それから彼は自分のかまどに遺体を処分するか、皮を剥いてスケルトンを医学部に売りました。ホームズは最終的に4人の殺人で有罪判決を受けましたが、1896年に絞首刑になる前に、少なくとも27人の殺害を自​​白しました。&#x201CHolmes&#x2019ホラー城&#x201Dは後にグロテスクな博物館になりましたが、建物は焼失しました。開くことができます。


同様の価格の製品を(1000個の)サロロンドンと比較してください。 1934年飛行中のサンダースローロンドン(K3560)(ジグソーパズル)

おもちゃのコレクターは、ジグソーパズルエリア内で提供される飛行中のサロロンドンサンダースローロンドンを探索できます。 OnBuyのジグソーパズルエリア全体で、このおもちゃのストッカーは883384種類の面白いアイテムを提供しています。このアイテムは、1人の優れたおもちゃの売り手のおかげでこのサイトで入手できます。

このアイテムをお子様のコレクションに45.91ポンドで追加してください。この吸収アイテムは2020年10月23日にOnBuyに提出され、価格が3回修正されました。追加情報については、価格チャートを観察してください。ジグソーパズルの選択コストが1.99ポンドから475.91ポンドの間のさまざまな製品を考慮すると、この素晴らしいおもちゃで45.91ポンドという非常に競争力のある価格を得るには、迅速に行動する必要があります。ジャンボパズルメイトPortapuzzleなど、最高ランクのジグソーパズルをご覧ください。最大1500ピースのパズルとジャンボパズルメイトのPortapuzzleボード用のジグソーキャリア| 1000個までのジグソーパズルボード。これらの110602はすべて、OnBuyのジグソーパズルカテゴリにあります。私たちのチームはあなたのためにすべての最も楽しいおもちゃやゲームを幅広く集めましたので、飛び込んでください!


“MoMAのビデオプログラムを創設したキュレーターは、メディアの最初の50年を定義したアーティストやイベントについて語っています。”

ディデム・ペクン、 アラフ 。 2018.ビデオ。
アーティストの礼儀

「半世紀近く前にポータブル家電製品が発表されて以来、世界中のアーティストが最新のテクノロジーをアート制作に適応させてきました。この本では、キュレーターのバーバラロンドンがビデオアートの歴史をたどり、アナログからデジタル、小型テレビモニターから壁スケールのプロジェクション、そして不格好なハードウェアからユーザーフレンドリーなソフトウェアまで、メディアアートの幅広い分野に変貌しました。そうすることで、彼女はビデオがフリンジステータスからどのように進化し、今日の最も重要な芸術形態の1つと見なされるかを明らかにします。」


ビデオ/アート、最初の50年
(Phaidon Press)は、ビデオアートがメディアアートのより広い分野に変化したときの、ビデオアートの歴史をたどります。

‣サンプルページ(PDF)

ブックツアー→

コーリー・アーキャンジェル、 完全にめちゃくちゃ 。 2003年。ビデオ。アーティストの礼儀[/ caption] [caption align = "alignnone"]リサ・レイハナ、 金星の追跡[感染] 。 2017. 2チャンネルカラー、メディアプレーヤーに転送された高解像度ビデオ、ステレオサウンド、アーティスト提供[/ caption]


サロロンドン

サンダースローA.27ロンドン làmộtloạitàubayquânsựcủaAnh、dohãngSaundersRoechếtạo。 Chỉcó31chiếcđượcchếtạo、trangbịchoKhôngquânHoànggiavàonăm1936。

サロロンドン
MộtchiếcSaroLondonIIthuộcPhiđội204RAF
Kiểu Tàubaytrinhsát
Nhàchếtạo サンダース・ロー
Chuyếnbayđầu タン3、1934年
Giớithiệu 1936
Thảiloại 1941
Sửdụngchính KhôngquânHoànggia
KhôngquânHoànggiaカナダ
Giaiđoạnsảnxuất 1934 - 1938
Sốlượngsảnxuất 31
Pháttriểntừ サロA.7セバーン


国があった:チヌア・アチェベによるビアフラの個人史-レビュー

文化的および政治的観点からナイジェリアのビアフラ戦争の物語を語るには、チヌア・アチェベよりも優れた作家はいない。それでも、1968年のトランジション誌へのインタビューとビアフラの詩集を除けば、ナイジェリアで最も著名な小説家は、彼が重要な役割を果たした内戦について、今まで文学的な沈黙を守ってきました。彼の夢中にさせる新しい回想録では、 国があった、現在81歳のアチェベは、60年代後半にナイジェリアをほぼ引き裂いた紛争中の彼の人生についてついに語ります。

多くの点で、アチェベの人生の初期の部分は、初期のナイジェリアの物語を反映しています。 「辞書」と呼ばれるアチェベは、才能のあるイボ人の学生であり、熱心な読者であり、オックスブリッジ植民地の指導の下で一流の教育機関で肩をこすった若い学生の「ラッキージェネレーション」のメンバーでした。彼らはメディア、産業、公務員に楽々と夢中になり、英国の支配からの解放への道のりで楽観主義に駆り立てられたナイジェリアに奉仕しました。

1960年の独立により、イボ人は3つの最大の民族グループ(ヨルバ、ハウサ、イボ)が覇権を争っていた土地で商業と公共部門を支配しました。アチェベは、ナイジェリアの近代化経済に適した自信、固有の民主的価値観、適応性にイボ人の支配を帰しています。しかし、多くのナイジェリア人はそれに憤慨し、アチェベは、ナイジェリアを支配するための汎イボ人の議題があったという一般的な疑惑を拒否したものの、イボ人は生意気で、生意気で、唯物論的である可能性があることを認めています。

独立から6年後、ナイジェリアの初代首相であるイスラム教徒の北部のアブバカル・タファワ・バレワを倒した軍事クーデターに先立って、汚職と不正選挙が行われた。クーデターのほとんどはイボ人でしたが、アチェベは、その指導者であるンゼオグ少佐が北部で育ち、名前だけがイボ人であったこともあり、「イボ」クーデターであると主張しています。それにもかかわらず、ナイジェリアの北部の指導者の殺害は、北部に住む3万人のイボ人が殺されたポグロムにつながりました。流血は、1967年にイボ人の南東部地域が彼の人々が「望まれないと感じた」国から脱退するというエメカ・オジュクウ将軍の宣言で最高潮に達しました。

ナイジェリアの崩壊を恐れて、政府は石油の利益を保護することに熱心な英国政府に後押しされて、軍事力で分離を阻止した。この出来事にひどく失望したアチェベは、ラゴスのナイジェリア放送公社での仕事を辞め、家族とともに南東に戻り、現在はビアフラ共和国と呼ばれています。ナイジェリア軍は、ビアフラを征服するために3方面からの攻撃を開始しました。ビアフラは、資金が不足しているにもかかわらず、熱心に反撃しました。アチェベは、ビアフラのエンジニアが強化されたレンジローバーから軍の戦車を作り、悪名高いものを発明するように促した戦時中の精神について説明しています ogbunigwe (バケツ爆弾)壊滅的な影響を与えます。彼は暴力を嫌っているが、アチェベはこれらをナイジェリアの人々の質の証拠として引用し、そのような創意工夫を絞め殺した腐敗を嘆いている。

中間の章では、回想録は大部分が中立的な歴史的分析に取って代わられ、アチェベはさまざまな声、メディアの報道、本を引用しています。戦争の中心的な2人のプレーヤー、ビアフラのリーダーであるオジュクウとナイジェリアの大統領、ヤクブ・ゴウォン将軍、どちらもサンドハーストの訓練を受けた若い男性について興味深い洞察があります。彼らと彼らのチーム内の対立は「政治学モデルを混乱させた」。 2人の男性は、行政経験がほとんどなく、自我主導の政策を追求し、紛争をより早く終わらせる機会を逃しました。アチェベは、英国からの救援物資を拒否したときに、オジュクウが実用主義よりもイデオロギーを選んだと非難したビアフラ外交官のラフ・ウウェチュエを引用している。

次の章では、アチェベの個人的な話が再び浮かび上がります。戦争にもかかわらず、彼は非常に生産的な生活を送った。作家の政治的義務に対する彼の信念に駆り立てられて、彼はビアフラの国際使節となり、カナダ、ヨーロッパ、セネガルで大義を推進しました。彼は親友のクリス・オキグボと出版社を設立し、ビアフラの通信大臣になり、共和国のマニフェストを書いた。彼は、ナイジェリアの初期の精神のビアフラの小宇宙、伝統的なイボ哲学、米国式の自由主義、社会主義の混合から引き出された彼らの理想を再現するために集まった知的エリートの一部であると説明しています。

連邦軍が閉鎖されると、アチェベと彼の家族は町から町へと移動し、その後父親の村に定住しました。残虐行為は避けられないことが判明しました。市場で、アチェベの妻クリスティーは爆弾が妊婦を2つに分割するのを見ました。アチェベは、母親と友人のオキグボの死を含むそのような恐怖を、ストイックな簡潔さで伝えます。彼の最も強い悲しみの表現は、有名な「難民の母と子」などの彼の詩です。彼の1971年のビアフラの詩集から複製 注意してください、ソウルブラザー、これらの詩は章の間に散らばっていて、影響を与える間奏を提供しています。

紛争が長引くと、ビアフラは封鎖の下で座屈し、国際的な抗議を引き起こしました。大量の飢餓、クワシオルコル、精神病がイボの風景を荒廃させ、ハゲタカ、つまり「鳥の死の予言者」が頭上を一周しました。ビアフラは世界初の適切に放映された紛争であり、世界中の何百万人もの人々が画面上でちらつく恐怖に愕然としました。ジョーン・バエズ、ジョン・レノン、マーティン・ルーサー・キング、カート・ヴォネガットなどの人々は、「アフリカの倦怠感」が始まる前の時代に、悲劇に対する国際的な反応を刺激しました。

1970年に敵対行為が終了するまでに、連邦側の10万人の死傷者とは対照的に、300万人のビアフラ人が死亡しました。イボ人は単なる戦争の犠牲者ではなく、計算された大量殺戮の犠牲者であるとアチェベは主張する。一方、オジュクウはコートジボワールに亡命するために逃げ出し、臆病の告発を招いた。アチェベは、ビアフラの指導者がナイジェリアにとどまっていたとしたら、ゴウォンは戦後、イボ人に対してそれほど寛大で和解していなかっただろうということに基づいて、この動きを合理化している。

イボ人はナイジェリア社会に再統合されましたが、それでも経済的差別に直面していました。アチェベはインタビューの抜粋を提供しており、ゴウォンはビアフラ通貨をナイジェリアのナイラに戻したいと考えているすべてのビアフラに与えられた20ポンドの定額料金を正当化しようとしています。この迫害の感覚は今日でも続いています。アチェベは、実力主義よりも権力と平凡さを好む腐敗したエリートに抑圧されたイボ人がナイジェリアの進歩の原動力であると信じています。イボ人の追放は、「国が後退し続けている主な理由の1つ」であると彼は言います。これを至上主義と呼ぶ人もいるかもしれませんが、アチェベは最終的にはナイジェリアの愛国者であり、幅広いイボ人の権力構造ではなく、通常のイボ人に同情しています。

最後の章は、より良い統治への勧めであり、そこで彼は汚職、民族の偏見、国家の失敗、そしてナイジェリアが自分自身をリハビリするために取らなければならないステップを調べます。この規範的な願いのリストは、ナイジェリアの政治における理論と実践の間のギャップを思い出させます。それは、アチェベのようなものが統治するためにあなたを松にします。しかし悲しいことに、彼は代わりにマニフェストを書いていません。 国があった 若い「辞書」とは異なり、まだその可能性を発揮していない、国の起伏のある運命を目撃したマスターストーリーテラーからのエレジー。

ヌーサロ-ウィワの トランスワンダーランドを探しています:ナイジェリアの旅 グランタから出版されています。


私の父の名において

「あなたのお父さんは死んだ。」私の大人の人生のほとんどの間、私はそれらの言葉を聞くことを恐れて生きていました。彼が社会正義の世界的な象徴になる前でさえ、父の死がいつでも私の人生に深刻な影響を与えることを私は痛感していました。彼らが彼を殺す何年も前に、私はそのニュースを受け取ることがどんなものか想像するでしょう。頭の中でシナリオをリハーサルし、どのように感じ、どのように反応しますか?私の最も野蛮な計算でさえ、私の父の死が私の個人的な宇宙をはるかに超えてそのような影響を与えるとは想像もしていませんでした。

彼らが彼を殺した日、私はオークランドの丘陵地帯を歩いていたのを覚えています。私は25歳で、10月末に死刑判決を受けた父に代わって介入するために連邦国家元首に働きかけるためにニュージーランドに飛行機で行きました。通りの一番上で私は夕日を見るために向きを変えた。私の下の都心と遠くの港を見渡すと、太陽が海に沈み、空に淡いオレンジ色の輝きを放っているのが見えました。彼が亡くなった正確な瞬間を覚えています。胸に短い動悸を感じたとき、私はレストランに座って友達とおしゃべりしたり笑ったりしていました。私の中で重要なつながりが断ち切られたように感じました。それはオークランドの真夜中とナイジェリアの正午でした、そして私の父はちょうど彼の壊れた体がポートハーコート刑務所の非難された囚人ブロックの小屋の浅い砂場に横たわって絞首刑にされました。

1995年11月10日の彼の死は世界を震撼させた。ジョン・メージャーは、彼を絞首台に送った裁判を「詐欺的な裁判、悪い評決、不当な判決」と説明した。ネルソンマンデラは、「ナイジェリア当局によるこの凶悪な行為は、死刑執行の停止を求める世界社会からの訴えに直面して飛んでいる」と雷鳴しました。ビル・クリントンと女王は世界的な非難に声を加え、ナイジェリアは連邦から停止され、各国は外交官を呼び戻し、経済制裁とシェルオイルのボイコットが求められました。

ナイジェリアの南海岸にあるポートハーコートの旧市街のにぎやかな商業地区にある父の古いオフィスに座っていることは、彼の死を振り返るとき、私にとって心に訴える場所です。私は1999年の軍事政権の終焉以来、カナダの家族とここでの父のビジネス上の利益の間で時間を分けてナイジェリアを出入りしてきました。今年の初めに、重心を移動して、私がここで事業を営むことに集中している間、家族はイギリスに戻りました。

私が父の取り決めを複製したことを人々はいつも私にすぐに思い出させます。私は通常、ひそかに微笑んで、微妙な違いがあることに抗議します。彼のオフィスのように、私は自分の好みに合うようにほこりを払って改装しましたが、彼の友人や支持者からは、1982年頃に流行した父の古い家具や味と同じように場所を好むと言われました!やがて父のことを思い出す必要性に屈したが、先に進んだように感じるかもしれないが、父の遺産は私たちが未来を築くための土台であり続けることを思い出させてくれた。

ここの外では、田園都市としてのニックネームをあざける町のリズムに合わせて通りが振動します。ポートハーコートのこの部分は、かつてはエレガントな邸宅と広々としたベランダのある上品な植民地時代の地区でしたが、ポストモダンアフリカは、交通渋滞、収集されていないゴミ、建築物の混乱の乱暴な表現のよく知られたパターンで街の植民地化に忙しいです。非人間的な貧困の海に驚くべき富の島を作り出す石油マネーの波に浮かぶ都市。

父がこれらの窓から見つめているのをよく覚えています。 「そこを見てください」と彼はあごで身振りで示すと言うでしょう。 「作家が必要とするすべての物語があります。」彼は、後悔を考えているかのように、顔をしかめたまま黙って見つめていました。振り返ってみると、彼はそこに座って、それらの秘話を世界の注目を集めるという不可能な重荷のように思われたに違いないことを理解しようとしていると思います。

書くことは私の父の大きな愛でした-彼が実際に何冊の本を作ったかはわかりませんが、彼はかつて詩集、演劇、回想録、エッセイのコレクション、短編小説、そして少なくとも2つの小説を含む25冊を主張しました。間違いなく、彼は手紙の男として記憶されることを望んでいただろうし、彼はすでに彼の魂の中で彼の人々の創造されていない良心を鍛えるという文学的野心を自分自身に傲慢にしていた。結局、彼はその本を出版することができませんでしたが、彼がこれまでに語った最大の話は、彼の人々のために死ぬことであり、彼の人々を世​​界地図に載せるという彼の野心を実現するのに彼の死がかかりました。

ポートハーコートを出て北東に向かい、ニジェール川デルタの平らでなだらかな氾濫原に入ると、私のコミュニティに到着する可能性があります。外国人の目には、オゴニはサハラ以南のアフリカの他の農村コミュニティのように見えなければなりません。オゴニの領土の404平方マイルを東西に横切って走る幹線道路から離れると、タールで覆われた道路は最終的に泥の赤い土の未舗装の道に道を譲り、村に連れて行ってくれます。 120ほどのオゴニの村を旅することができ、この物語の中心にあった石油産業の証拠はあまり見られないかもしれませんが、密集したマングローブのどこかに、ヤシの木と巨大なイロコがあり、 1958年に天然資源が発見されて以来、この地域から9億バレルの石油を汲み上げてきました。

総じて、この地域にはかつて100以上の油井、石油化学コンプレックス、2つの石油精製所、肥料工場がありました。私の父がかつて書いたように、小さな湾岸諸国と同じくらい豊かであるはずだった地域は、アフリカの豊かな天然資源が人々と彼らが住む土地をどのように貧しくしたかの例として立っていました。

関連する天然ガスは、ナイジェリアで40年以上にわたって大気中に放出されており、有害ガスを大気中に送り込んでいます。ナイジェリアだけでも世界のフレアガス全体の28%を占めており、ナイジェリアのフレアガス量は1日あたり259,000バレルに相当する原油に相当します。

ガスフレアとは別に、油流出、オゴニを縦横に横断するパイプラインのマトリックスがあり、時には農地の上にあり、しばしば人間の居住地のすぐ近くにあります。パイプラインは、影響評価研究やコミュニティとの協議なしに敷設されており、ほとんどまたは最小限の補償で適切な農地に敷設されることがよくありました。ナイジェリア政府は外国為替の石油収入に依存しているため、石油産業に疑問を投げかける地元住民はほとんどいませんでした。油の流れを止めるには勇敢な人が必要です。

私の父が声を上げるまで、石油会社とナイジェリアの支配エリートの間の居心地の良い関係をあえて疑う人はほとんどいませんでした。 Born on 10 October 1941, he grew up in a traditional home in Ogoni. He saw the coming of the oil industry and as a 17-year-old began writing letters to newspapers questioning the benefits when oil was first discovered in Ogoni. For the next 30 years his commentaries on the oil nexus escalated until he became best known in Nigeria for his trenchant criticisms of the industry.

By exposing the double standards of oil companies who preached sound ecological virtues in the north while singing from an entirely different song sheet in Nigeria, my father earned powerful enemies and became a marked man. Censored by editorial boards and denied a pulpit in a country where poverty made books a luxury, my father decided to abandon his writing and took his words to the streets. In 1990 he was instrumental in forming Mosop (Movement for the Survival of the Ogoni People), a grassroots organisation to mobilise our community to speak out for their rights. So successful was Mosop in raising awareness among the community that, within three years of forming the organisation, an estimated 300,000 of our people spilled out onto the streets of Ogoni during a protest march.

My father later insisted that if he had died that day he would have died a happy man. Instead, from that day, he was a marked man. He was arrested or detained on four separate occasions until his final arrest on 21 May 1994 following a riot in Ogoni at which four prominent chiefs were murdered. My father and hundreds of Ogoni were held for nine months without charge and when he was finally charged to court he was accused of procuring his supporters to murder the four chiefs.

When my father was finally brought before a civil disturbances tribunal the case had dubious merit even within the provisions of the Nigerian law under which he was prosecuted. International and independent observers of the trial criticised the proceedings as unfair and premeditated to deliver a miscarriage of justice and the trial became an international cause celebre. The sentencing and execution of my father and eight Ogoni was the day my destiny was locked into a path that I had spent my entire adult life trying to resist.

Long before Ken Saro-Wiwa became a symbol of resistance for the Ogoni, Nigerians and social justice activists around the world, he was my father. As a child I had idolised Jeje, as I called him, but when he chose to send me to private schools in England, the cultural dislocation opened up a distance between us. Although my father always wanted the best education for his seven children, he had expected that we would return home to apply our expensively trained minds to the problems at home. It was a trajectory that many Nigerians had followed, returning home to good jobs and a society that could offer a good life and a basic standard of living to exiles returning home loaded with degrees and doctorates. By the time I had sleepwalked through Tonbridge school and the University of London I had no real idea who I was, what I wanted to do with my life and where I wanted to apply that expensive education. My father was apoplectic and exasperated that his eldest son and namesake showed little or no ambition of following in his footsteps.

Whatever my misgivings about this country because of my father's murder, I knew deep down that I had no choice but to return my father's multiple legacies, literary, business, personal and political are centred here. His life and death have anchored me to Nigeria and over the past five years of coming and going I have developed the same love-hate relationship with this country that my father had.

Life goes on but the pain never goes, especially as he remains a convicted murderer in Nigeria's statue books, despite UN resolutions to revisit the trial and the intense lobbying of the Nigerian government. The current administration is slowly coming to terms with Ken Saro-Wiwa. President Olusegun Obasanjo and the governor of my state Dr Peter Odili have been true to their word in allowing my family to retrieve my father's bones for a proper burial.

The process of rehabilitating, compensating and reconciling my family to Nigeria is proceeding but it has been too slow and too long in coming. My family remains committed and open to reconciliation and cordial relations between my family and members of the families of the four Ogoni chiefs murdered in May 1994 have been restored and our wounds are starting to heal from inside.

To my mind the 10th anniversary of his death is a symbolic occasion to begin the process in earnest but while I am happy to forgive I don't want to forget - I am mindful that there are still many who are afraid of my father in this country. There is an oil company which, though it has publicly admitted making 'mistakes' in Nigeria, refuses to account or atone for its role in the execution of my father.

That is why, in 1996, we filed a suit against Shell in the US under the Alien Torts Claims Act - which human rights lawyers have used to help non-US citizens file complaints against US companies in the US for torts in foreign jurisdictions. Bringing the case helped to fulfil my father's prophecy that Shell must one day have its day in court. But it is not and has never been about vengeance. On the day my father was executed I was interviewed by David Frost and when he asked me about Shell I very deliberately answered that Shell were part of the problem and must be part of the solution. I knew what I was saying and I knew the risks I was taking then. I still believe in those words but Shell remains part of the problem in the Niger Delta but my feeling is that the company mistakenly believes it can ride out the crisis and return to Ogoni one day. [Shell denies playing any part in the arrest, trail and execution of Ken Saro-Wiwa and other Ogonis. Shell says it opposed the executions and also denies causing environmental damage in the region.] There have been many stillborn attempts to arrive at a resolution of many of the problems in Ogoni and in the Niger Delta as a whole. My family remains open to any process that is transparent, that insists as a gesture of good faith that my father's dignity is restored and the stain on his reputation as a murderer is erased from the statue books.

Returning home has been a bitter sweet experience because while it has, undoubtedly been good for the soul, I remain guarded about it if only because the official stance on my father is still muted and divided and I am keenly aware that while Ken Saro-Wiwa has been widely honoured abroad he has not been afforded the same status by his own country.

Plans to commemorate the 10th anniversary of his execution around the world are reminders of what a tremendous legacy I have inherited and the good name that my father left his children. His story has touched ordinary people, is immortalised in songs, and in art. My father would have been so gratified that his death inspired John Le Carre's The Constant Gardener and that poets from around the world have contributed to an anthology in his name. Thirty PEN centres will mark the anniversary with a performance or readings of his last play, On the Death of Ken Saro-Wiwa, written a few days before his execution. In the US a resolution is being deliberated in the Senate, private parties are being held around the US, in Canada there will be a celebration of music and readings by writers and musicians. In London the winner of the Living Memorial, an art competition launched to remember Ken Saro-Wiwa on the streets of London will be announced. My father will be the second African, after Nelson Mandela to be given that honour.

Part of the inspiration for the Living Memorial came from Milan Kundera's observation that 'the struggle of man against power is the struggle of memory against forgetting'. It has become the motto for all the Ken Saro-Wiwa commemoration events but another way of looking at Kundera's observation is the old maxim that the shortest way to the future is via the past.

I often wonder what my own children will make of their grandfather and the name and history they carry. How will they interpret his story, my own for their own future? Up until now I have tried to avoid speaking to them about my father for fear of traumatising them. There are hardly any mementos or memorials to my father's struggle in my house but this year my children will, for the first time take part in some of those celebrations. My two boys, aged eight and five, are if nothing else, cut from the same cloth as their grandfather because they have inherited their grandfather's strong sense of right and wrong. I guess most children their age have a strong moral centre but I am conscious that are already aware of their history. Inevitably they didn't need me to fill in the gaps in the family tree.

I am conscious that my relationship with my father, with their history and community, will have an impact on the direction of their lives. I am loathe to steer or direct them in any way for fear of repeating my father but my sense or at least my hope is that they will, like me, eventually find their own way and make an accommodation through his story. I feel that my job is to ensure that they learn the truth about my father, guide them and leave them with enough clues to give them a secure sense of the past so that they can shape their future.

Several events are planned to mark the 10th anniversary of Ken Saro-Wiwa's death

Tomorrow: English PEN event with readings from Saro-Wiwa's writing. Soho Theatre and Writers' Centre, London W1. Tickets: 0870 429 6883

Wednesday: Wole Soyinka, Alice Oswald and Byron Wallen at the Purcell Room 7.45pm. Tickets 0870 160 2522

Thursday: Silent vigil, organised by Mosop-UK, outside the offices of Shell, York Road, London SE1, 8am until 9am. The winner of the Living Memorial commission will be announced at Bernie Spain Gardens, South Bank, London SE1 at 11am


Saunders-Roe

It is acknowledged that whilst Saunders-Roe history in aviation does not necessarily connect directly into BAE Systems, the inter-relationship with the various companies, products, personnel and heritage run in such close parallels to Vickers, Hawker Siddeley and Gloster-Saro that we believe they deserve recognition.

Based at Cowes, on the Isle of Wight, Saunders-Roe Limited was created in 1929 when Alliott Verdon-Roe left AVRO and along with his business partner John Lord, took control of boat builders S.E. Saunders Limited.

Saunders Roe Works at Columbine Isle of Wight

Saunders had been involved with the production of amphibian biplanes, predominantly of wooden construction (albeit their last projects were formed with their patented &lsquocorrugated&rsquo metal structure for the hull), such as the plywood covered Saunders A4 Medina.

Under the name Saunders-Roe Limited (abbreviated to SARO), development and production increased: firstly with the construction of twelve A.17 Cutty Sark monoplanes, twenty-two A.19 Cloud flying boats for the RAF and thirty-one A.27 London reconnaissance aircraft for use on patrol around the UK and Canadian Coastlines.

In 1931, investment firm Whitehall Securities took a substantial holding in Saunders-Roe Limited. Whitehall already had a substantial stake in Spartan Aircraft Limited (Southampton) which it subsequently merged with Saunders-Roe Limited in 1933.

Just before the outbreak of the Second World War, Saunders-Roe Limited re-organised itself and clearly split the shipyard and boat-building business into Saunders Shipyard Limited.

During the conflict, two further factories were opened on the Island of Anglesey, with Saunders-Roe Limited converting and maintaining Consolidated Catalina flying boats at Llanfaes. Meanwhile, their marine sister company (now known as Saunders Engineering and Shipbuilding &ndash SEAS), diversified into the production of motor bodies for Crossley Motors.

This later led to their involvement with Leyland and the production of bodies for the new Leyland Road Tiger, or RT Double-Decker as it is often better know .

Saunders-Roe aviation activities mainly concentrated on the manufacturing of 462 of the RJ Mitchell designed Supermarine Walrus Mk1 and Mk2&rsquos as well as 290 Supermarine Sea Otters.

SRA1 on River Thames outside The Festival Hall in 1951 as part of the Festival of Britain

In 1947, the company experimented in jet power with the SR.A/1 flying boat fighter and although it proved to have good performance and handling, the withdrawal of the Metropolitan Vickers Beryl jet engine from production saw the whole project mothballed in 1950.

The company also went through a difficult period during the early 1950&rsquos with the further cancellation of the SR.45 Princess, one of the world&rsquos largest all-metal flying boats.

During 1951, Saunders-Roe took over the helicopter interests of the Cierva Autogiro Company and so entered the rotary aircraft business. The SARO Skeeter 2-seat training helicopter and the Scout and Wasp helicopters (derived from the SARO P531) entered service with the Army and Navy both in the UK and Germany in 1956.

The last &lsquofixed-wing&rsquo aircraft produced by Saunders-Roe Limited was the SR.53, a delta-wing, mixed-power (jet and rocket) interceptor of 1957. Despite early interest, it was overtaken commercially by the development of surface-to-air missiles and it was abandoned a year later.

Saunders-Roe Limited also undertook a number of fascinating &lsquoair-cushion&rsquo projects during the 1950&rsquos, none of which sadly matched the invention of Christopher Cockerell (later Sir Christopher Cockerell).

In 1958, the Government-backed National Research Development Corporation (NRDC) placed a contract with Saunders-Roe Limited to produce a full-scale Hovercraft designated SR-N1 and on 11th June 1959, the SR-N1 appeared in public for the first time carrying 4 men across the water at a recorded 28mph.

Seven weeks later it successfully crossed from France to Dover, exactly 50-years to the day after the first historic air crossing by Louis Blériot.

A forced merger in 1959 saw the rotary aircraft interests of Saunders-Roe Limited combined with that of Westland Aircraft who continued to produce the Scout and the Wasp. The merger resulted in the facilities on the Isle of Wight being divided between Westland Aircraft and Hawker Siddeley Limited, who utilised the available skills of the workforce in very different ways.

Westland continued to develop hovercraft vehicles at Cowes, although it later merged its activities with Vickers-Armstrongs in 1966 to form the British Hovercraft Corporation.

Meanwhile, Hawker Siddeley Limited amalgamated their part of SARO with the Gloster Aircraft Company to create Gloster-Saro Limited. The company utilised both companies expertise and skills in forming aluminium for the production of SARO fire appliances, petrol tankers and other specialist vehicles.

This final amalgamation saw the end of the Saunders-Roe name in aviation.


ビデオを見る: コロナ禍でのYMSロンドンで働くバーバーにインタビューしてみました