ブルックリンブリッジ

ブルックリンブリッジ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ニュータウンクリーク

写真 川のボートに乗って自分自身&#8230。ロバートモーゼスが自動車の記念碑を建てる何世紀も前、ニューヨークの最初の超高速道路はその川、入口、水路、小川でした。森の中をハックするよりもボートで移動する方がはるかに簡単でした。

今日はニュータウンクリークを見ています、ブルックリンとクイーンズの間の最も長い無防備な国境のままです。見るべきものがたくさんあるので、すぐに飛び込みましょう。しかし、戻ってきたら必ず除染してください。

私たちの戦車は消防艇でした ジョン・J・ハーベイ、FDNYで最初の近代的な大型消防艇。ニューヨークの消防艇で使用された最初の内燃機関を動力源として、17ノット(20MPH)をわずかに超える速度を達成しました。 NS ハーヴェイ 1931年から1995年まで継続して就航し、2001年9月11日の悲劇的な日に再び就役しました。ウェスト24番街のピア63に恒久的にドッキングされ、今日のニュータウンクリークのように遠足に出されます。冗談。

4月中旬でしたが、 気温は70年代の低気温に達しました。乗り心地は驚くほどスムーズでした。ご覧のとおり、この国で最も有名なランドマークのいくつかとその最も目立たない前哨基地のいくつかを見たので、世界最大の都市をボートで回るのに勝るものはありません。

ニューヨークの以前のステータス 桟橋を出てハドソンを南に進むとすぐに、世界最大の港が見えてきます。チェルシーピアーズコンプレックスの裏側には、ボルチモアアンドオハイオ鉄道の標識がまだ表示されています。 1970年代より前に印刷された地図には、B&ampO、エリーラッカワナ、ペンシルベニア、キュナードホワイトスターラインなどの旅客船会社、輸入業者がすべてハドソン川とイーストリバーに沿ってドックを所有していたことが示されています。レクリエーションに使用される桟橋はまだそこにあり、他の桟橋はなくなっているか、腐った船虫の杭で表されています。

ゴールドマンサックスビル、ジャージーシティで最も高い、2004年にウォーターフロントに沿って上昇していました。しかし、コルゲートクロックは他の追随を許しません。

世界金融センター は、アメリカンエキスプレス、ダウジョーンズアンドカンパニー、メリルリンチ、オッペンハイマーアンドアンプの本社です。この複合施設は1981年から1988年にかけて形成され、シーザーペリアンドアソシエイツによって設計および建設されました。 2001年のテロによる破壊をかろうじて回避しました。ペリは後にマレーシアのクアラルンプールに世界で最も高いペトロナスタワーを建設しました。

マンハッタン島の先端をボートで回る 世界で最も高価な不動産のいくつかのビューと、過去、現在、未来の数十万人の移民が夢見たビューを提供します。しかし、2001年9月11日以降、スカイラインは常に不完全なままになります。

ブルックリン橋とウィリアムズバーグ橋 紹介は必要ありませんが、彼らの下を通り過ぎて彼らの広大さを目撃することは、100年以上前にそれらを構築するのにかかった終わりのない時間の労苦、血、汗、涙に感謝することです。

デイブフリーダーの橋の頂上からの眺め:

おっと&#8230ドミノ。橋を渡ったところにあるウィリアムズバーグのドミノ製糖工場は、約150年の営業期間を経て閉鎖され、200人の従業員が失業しました。 WCBS Newsによると、アメリカンシュガーリファイニングカンパニーの関係者は、ブルックリン工場はニューヨーク州ヨンカーズのボルチモアとニューオーリンズ以外の工場と競合する設備が整っていないと述べた。赤いネオンのドミノサインと機械は削除されますが、植物自体はおそらく豊かなヤッピーのための豪華な住宅として生まれ変わります(ウォーターフロントにあるため、そこに建てられた住宅は価格範囲外になります以前のドミノ工場労働者の)。

Jinxmagazineがドミノ製糖工場を調査 (JINXはそのホームページにのみリンクしているので、そこに着いたらDominoページを検索してください)

一方、イーストリバー沿い 橋の南には、かつての埠頭の残骸が見えます。わずか10年前、ここにも消えた港の鉄道の広大な線路が見られました。開発者は、高級住宅のためにウィリアムズバーグの海岸線の広大な範囲を探しています。取引の一環として、地元の人々にどれだけのパブリックアクセスが許可されているかを確認します。

Uサント島、30フィート。精神的な指導者シュリ・チンモイの信者によって建設されたピースアーチ。

ここからクイーンズが始まります。 この草が茂った雑草の多い土地は、まもなく拡大するクイーンズウエストプロジェクトの本拠地になります。ニューヨークが2012年のオリンピックを受賞したとしたら、ここに選手村が建設されたでしょう。現在、この地域では住宅開発であるハンターズポイントサウスが計画されています。背景には国連事務局ビルとトランプワールドタワーがあります。

ここからニュータウンクリークが始まります。 そしてその ジョン・J・ハーベイ 東に曲がった。ブルックリン-クイーンズの分割線は水路の真ん中を走っています。水路は大きすぎて浚渫前の深さは12フィートで、スポットは40フィートで、大きなボートに適していました。イーストリバーから6.4km(4マイル)のグランドストリートまでナビゲートできます。ニュータウンクリークが森に囲まれ、野生の狩猟動物がその水から飲んだ時がずっと昔にありました。ことわざのパン箱よりも幅の広い牡蠣など、シーフードが豊富でした。現在でも汚染されているニュータウンクリークには、カミツキガメの小さな個体数を支えるのに十分な甲殻類と小さな魚がいます。

ニュータウンクリークの1920年代の地図 イーストリバーからダッチキルまで

ニュータウンクリークを目にした最初のヨーロッパ人 1613年頃、オランダの探検家、貿易業者、地図製作者のヘンリー・クリスチャンセンでした。彼は、地元のネイティブアメリカンの人口であるミスパットインディアンが毛皮を持ってくることができる有利な場所を探していました。時が経つにつれ、最終的にカルバリー墓地となったものの北にあるロングアイランドの地域は、墓地の南にあるオランダ人によって定住し、旧プリマス植民地のニューイングランド人によって定住しました。ニュータウンクリークの支流、オランダ語とイングリッシュキルズの名前を取得する場所です。

ニュータウンクリークは多かれ少なかれ田舎の性格のままでした その後、重工業、下水処理施設、油流出により、ニュータウンクリークは死んだ水路になりました。自然は丈夫ですが、魚、カニ、水鳥、そして前述のカメがここにいます。ニュータウンクリークは過去10年間でかなりきれいになりましたが、それはかなり有毒なままです。

ニュータウンクリーク-イーストリバージャンクションの航空写真。 Hydroqual.comからの航空写真

れんが造りの建物はグリーンポイント製造設計センターです マンハッタンアベニュー、旧チェルシーファイバーミルズ。 GMDCは、中小企業が使用できるように空いている製造棟を修復します。

マンハッタンアベニュー 以前は解体された旋回橋を介してロングアイランドシティのヴァーノンアベニュー(現在の大通り)に接続されていました。オークランドストリート(現在のマックギネスブールバード)とLICの11番街を結ぶプラスキ橋は、1954年に完成しました。

プラスキーは跳開橋です 釣り合いおもりのデッキメンバーが上向きに回転して、貨物が下を通過できるようにします。ロンドンのタワーブリッジは、はるかに華やかなものではありますが、跳開橋のもう1つの例です。

カジミエシュプラスキー将軍 (1747-1779)はアメリカ騎兵隊の父と見なされています。彼は、ロシアの侵略からポーランドを守ることに成功し、ポーランドの王を殺す計画に関与した後、支持を失った後、パリのベンジャミン・フランクリンに参加しました。彼はブランディワインの戦いでのジョージ・ワシントンの退却を騎兵隊の専門家による使用でカバーすることができ、その後、すべての米国騎兵隊の指揮官を授与されました。 1779年に彼はチャールストンのイギリスの支配を破るのを手伝った。彼は1779年にジョージア州サバンナで32歳の若さで致命傷を負った。

プラスキ橋の東 ニュータウンは、北に流れるダッチキルと南のクジラの2つの支流に遭遇します。ホエールクリークは以前は塩性湿地に流れ込んでいましたが、今日はグリーンポイントの下水処理施設で行き止まりになっています。ダッチキルズは、ロングアイランド鉄道のモントーク支線によって橋渡しされています。この支線は、ロングアイランドシティからマスペスまでのニュータウンクリークと平行しています。

以前はロングアイランド東部への主要ルートでしたが、現在、この支店はLIRRによって旅客線として事実上放棄されています。ダッチキルに架かるこの旋回橋は、所定の位置に固定されています。

ミッドタウンの印象的な景色 マンハッタンは、プラスキ橋のすぐ東にあるニュータウンクリークから入手できますが、この日は少し曇っていました。エンパイアステートビルとクライスラービルの大きさは、ミッドタウンから完全に理解することはできません。ロングアイランドシティやニュージャージーのメドウランズに移動して、これらの建物が競合他社にどのようにそびえ立つかを理解する必要があります。右側の4つの煙突は、現在は廃止されたペンシルバニア鉄道の発電所に属しています。その後、それらは撤去され、発電所は2005年にマンションに転換されました。

また、プラスキーを過ぎたところ 私たちは他の2隻の船に遭遇しました:はしけとパナマの船、 ネモ。ヴェルヌファン、多分。

ニュータウンクリーク グリーンポイントアベニュー南から旧ファーマン島まで。クリークの中央のブルックリン側にあるムール貝島は、1920年頃にクイーンズ郡によって浚渫されました。右下に見られる大きなファーマン島は、ニュータウンクリークと小さな水路であるシャンティクリークによって本土から隔てられていました。 。ギャリット・ファーマン裁判官によって建てられた大きな邸宅がありました。彼はその資産の一部をマスペスプランクロード(現在はマスペスアベニュー)の建設業者に売却しました。マスペスアベニューはニュータウンクリークを通行料で横断しました。 1855年までに、ピータークーパーの接着剤工場と骨燃焼プラントのいくつかが、かつては緑豊かだったファーマン島を占領し、島自体は1910年までに消滅し、埋め立て地によって残りのクイーンズに加わりました。

あなたに会うために道が上がりますように。 グリーンポイントアベニュー橋としても知られるJ.J.バーン記念橋は、1929年に開通し、1987年に完全にオーバーホールされました。これは、グリーンポイントアベニューをニュータウンクリークに架けた5番目の橋です。プラスキ橋と同様に跳開橋です。このビューは、ロングアイランドシティとそのシティコープタワーに向かって西を向いています。

運輸省によると、1855年にここで最初に運用された跳ね橋は、その後継橋の1つで、グリーンポイントのウォーターフロントから同様に消滅したエバーグリーン支線との接続までロングアイランド鉄道の廃止された区間も運びました。

グリーンポイントアベニュー ブルックリンとクイーンズで同じ名前を持つ数少ない通りの1つです(ジャマイカとリバティアベニューと一緒に)。

ハードグリーンの下腹。 J.J.バーン橋の底。 NS ジョン・J・ハーベイ余裕を持って橋の下を通り抜けられるように見えたが、見た目は騙されていたに違いない。

クイーンズサイド産業、 古いペニー橋のサイトの近く

カルバリー墓地 バーン記念橋が渡された後、クイーンズ側で簡単に垣間見ることができます。カルバリーには、暴徒(Joe Lanza、Thomas Luchese)、政治家(Al Smith、Robert Wagner Sr.、Robert Wagner Jr.、Robert&#8220Bobby&#8221 Wagner III)のナイトクラブのオーナー(Texas&#8220Hello、Sucker&#8221)がいます。ギナン)と殿堂入りの野球選手(ウィリーキーラーとミッキーウェルチ)。 Una O&#8217Connorは、 フランケンシュタインの花嫁見えない男、ここにもあります。今日のモットストリートにある&#8220old&#8221 St. Patrick&#8217s大聖堂の評議員は、1845年にクイーンズの71エーカーを新しい墓地として購入し、1848年に最初の埋葬を行いました。

ペニーブリッジ、 その橋台はクイーンズ(上)とブルックリン側から見ることができ、以前はブルックリンのミーカーアベニューとクイーンズのローレルヒルブールバードを接続していました。橋の名前は、ペニーの通行料の可能性から付けられた可能性があります。ペニー橋は、1939年にはるかに大規模な自動専用のコシウスコ橋に置き換えられました。背の高い船が通過するには、より背の高い橋が必要であると考えられていたようです。

航空写真 カルバリー墓地、コシウスコ橋、マスペスクリークを示しています

ペニーブリッジ、 1930年代に閉鎖される前。

不必要に放棄された橋だけではありません&#8230it&#8217sも不必要に廃線になった鉄道の停留所です! 1998年3月16日まで、LIRRはペニーブリッジに1日3回しか停車しませんでした。列車は1878年以来、かつてはカルバリー墓地の顧客で忙しかったペニー橋に停車していました。ハーバーマン、マスペス、フレッシュポンド、グレンデール、リッチモンドヒルへの立ち寄りも放棄されました。賢明なことは、それをクイーンズ横断の地下鉄路線に変換することでしたが、地元の人々はその一部を持っていませんでした。写真:Richard Makse

列車はローレルヒルブルバードに停車しました。 小川の視界内。晩年のペニーブリッジ駅は、サラダの時代でも線路沿いの空き地に過ぎず、乗客を風雨から守るための小屋しかありませんでした。

18番目の大部分を通して、19世紀と20世紀、ペニー橋はブッシュウィックとニュータウンターンパイクの有料橋でした。 (ミーカーアベニューの終わり)。 17世紀には、ローレルヒル/マスペスとグリーンポイント/ブッシュウィックの間のフェリーの場所でした。フェリーは、キャプテンキッドの仲間であるハンフリークレイによって開始されました。

橋はカトリックの埋葬への主要なアクセスでもありました
カルバリー墓地で。アルソップ農場は、マンハッタンの埋葬用の土地が不足した1837年に教会に買収されました。ウィリアムズバーグのフェリーとの間でクイーンズの農産物を輸送するためのターンパイクと、カルバリーへの葬列が必要でした。

ペニーブリッジの写真とバーナードエンテからの情報

確かに雄大なコシウスコ橋、1939年に建てられ、ペニーブリッジに取って代わりました。それは当時ニュータウンクリークを横切ってブルックリン-クイーンズコネクティングハイウェイとして知られていたものを運びました。 &#8220BQCH&#8221は、第二次世界大戦後、トリボロ橋からミーカーアベニューまで南に走り、ブルックリン-クイーンズ高速道路は、ウィリアムズバーグ、フォートグリーン、ダウンタウン、コブルヒル、ゴーワヌス、サンセットパーク、ベイを通りました。リッジとベラザーノ橋の開通で1964年に完成する予定です。

タデウシュ(サデウス)コシウスコ (1746-1817)彼の同胞のように、プラスキーは独立戦争を支援するためにベン・フランクリンによって採用されました。彼はウェストポイントで軍事工学の仕事を担当し、1777年のサラトガでのアメリカの勝利にも多大な貢献をしました。ポーランドに戻ると、1792年にロシアの侵略から防御し、1794年にロシアの占領に対する蜂起を主導しました。彼は捕らえられましたが、後で解放されました。彼は後にナポレオンによって課されたポーランド政府に参加するのではなく、米国とスイスに移りました。

多くのNYerがこの橋を発音します &#8220Kosk-y-OS-ko&#8221ですが、デューク大学のバスケットボールコーチMike Krzyzewski(&#8220sha-SHEF-sky&#8221)が言うように、正しい発音は&#8220Ko-SHUZ-ko&#8221に近いです。英語とポーランドの正書法は似ていません。

コスキアスコは解体される予定です 2010年代の終わりまでに建設された交換用の橋。

マスペスクリークは少し東に縁取られています ブルックリンユニオンガス施設のニュータウンクリークから。以前はクイーンズに深く巻き込まれていましたが、現在は49番街までしか含まれていません。

これらの杭は、以前は橋を支えていましたニュータウンクリークを越えて、現在はマスペスアベニューであるマスペスプランクロードを運んでいます。ブルックリン側のマスペスアベニューにあったガスタンクは、2001年8月下旬に見事に爆破されました。

マスペスアベニュー、 左、1875年頃からニュータウンを橋渡ししていません。遺跡はコスキアスコのすぐ先に見えます。

この地図は、1875年頃に作成されました。 ニュータウンとその支流が当時どのように見えたかを示しています。ムール貝島は小さな灰色の島の左中央で、ファーマンズ島はその右側の大きな島です。マスペスプランクロードはファーマンズ島を結ぶ直線であり、マスペスプランクロードに取って代わるグランドストリートはそのすぐ下にあります。現在ウェストマスペスと呼ばれているローレルヒルのコミュニティは、ローレルヒルブールバードにその名前を付けました。その道路は、以前はシェルロードとして知られていました。

イングリッシュキルズ風南西、 マスペスクリークは北東に伸びています。現在のLIRRモントーク支線は地図の中央にあり、ブッシュウィック支線は下部にあります。

地図提供:Bernard Ente

NS ジョン・J・ハーベイ 西に曲がった 航空写真の左側とボートから見たイングリッシュキルズダウン。左の写真の上部に、機能しなくなったマスペス戦車があります。

ブルックリンへようこそ。 イングリッシュキルズは完全にブルックリンにあります。ここに私たちが受け取った挨拶があります&#8230aジャンクヤード。イングリッシュキルズの香りのよい添加物は、それに多色の側面を与えます。

私たちは廃墟に興味をそそられました グランドストリートのすぐ北にあるイングリッシュキルズのドックの写真。

古い地図では、チャップマンのドックとして表示されています。 そして新しいものはアイビーヒルロードのふもとにそれを持っています。

トップマップ提供:Bernard Ente

振り返った グランドストリート/メトロポリタンアベニューブリッジ(ブルックリンなので、グランドはまだストリートです。)往復は約4時間かかりました。

このページが可能になりました クイーンズの写真家であり歴史家でもある故バーナード・エンテのおかげで、JJハーベイに乗ったニュータウンクリークのボートツアーは頻繁に売り切れでした。

あなたのウェブマスターはこのページの画像を4月25日に撮影し、2004年5月23日にその構成を完了しました

BernardEnteと消防艇の乗組員に感謝します ジョン・J・ハーベイ


橋の上の6頭の象


橋が完成するまでに、それはおよそ1500万ドルの費用がかかり、27人の男性の命を奪っていました。ケーソン病に加えて、いくつかの不運なサンドホッグが落下装置の下で押しつぶされました。ケーブルが壊れて彼の足をノックアウトしたとき、少なくとも1人の労働者が彼の死に投げ込まれた。

建設が終わったとき、死者は止まらなかった。グランドオープンからわずか数日後の5月30日、再び悲劇が襲った。

誰もがまだ橋を渡ることについて少し緊張していました。確かに、それは現代工学の驚異でしたが、人、馬、馬車で覆われている間、物事はただ川にぶら下がっていました。そのため、女性が誤ってつまずいたとき、誰かがパニックになり、「橋が崩壊している」と叫びました。橋を降りるためのその後の混乱の中で、12人が押しつぶされ、36人が負傷しました。

みんなを落ち着かせたいと思って、市当局は国で最も有名な男性の1人であるP.T.バーナム。バーナム&ベイリーサーカスのヘッド、P.T。地球上で最も象徴的な動物の1つ、象のジャンボを所有していました。バーナムは、ジャンボが「創造において最大の既知の動物」であると誇らしげに宣言し、市当局は、バーナムがブルックリン橋を渡って強大な獣を率いることを望んでいました。常に無料の宣伝に目を光らせていたバーナムは、チャンスに飛びつきました。

1884年5月17日、彼はブルックリンからマンハッタンへの大規模なパレードを主導しました。 21頭の象が先導し、17頭のラクダがそれに続きました。後部を持ち上げたのはジャンボ自身で、高さ3.5メートル(12フィート)で、5.5メートルトン(6トン)のアフリカの力を詰め込んでいました。 1万人がこの巨大な生き物の材木を見に来て、そのような光景を目撃した後、誰もがブルックリン橋が安全であるとようやく確信しました。


ブルックリン橋の建設プロセス

橋の建設工事が始まりました 1870年1月3日、若いエンジニアのローブリングによって監督されました。
ほとんどが移民だった労働者は、橋の土台を固めるために川床を掘削し始め、シャベルとダイナマイトを使って泥を取り除きました。基礎が設置された後、彼らは花崗岩を敷き始めました。

水中で働かなければならなかった人々は、非常に厳しい労働条件、頭痛を与え、心拍を遅くする空気の密度に直面しました。最も危険な作業の1つは、後でイーストリバーの深部に到達することでした。 血流中に放出されたガスは、耐え難いほどの関節痛、麻痺、場合によっては死を引き起こしました。減圧症またはケーソン病として知られる状態は、当時は不明であり、さまざまな方法で多くの労働者に害を及ぼしました。

何百人もの労働者が病気に苦しみ、チーフエンジニアのローブリング自身が生涯麻痺したままでした。ある時点で、彼の状態のために彼はもはや工事を監督することができなかったので、彼の妻エミリーがその役割を引き受け、橋が完成するまで建設工事を管理しました。

エミリーウォーレンローブリングは、夫が麻痺したままで、チーフエンジニアと現場の設計者およびエンジニアとの間に重要なリンクを提供するために介入しました。夫の指導の下で、彼女はより高度な数学、材料力学、橋の仕様、カテナリー曲線の計算、ケーブル構造の詳細などを研究する必要がありました。 彼女は11年間、夫が橋の建設を監督するのを手伝いました。

何年にもわたって、約20人の労働者が、火災、爆発、崩壊などのさまざまな建設事故で亡くなりました。その後、ケーソンの安全性を扱う国の最初の法律が可決されました。新しい法律は、水中の鉄道トンネルを掘る労働者を保護することを目的としていました。


どうして仕方がないのか ブルックリンブリッジ ブルックリン橋よりも良いでしょう

先週、バラエティはダニエル・ラドクリフがニューヨークの有名なランドマークの建設についての映画「ブルックリン橋」に出演することを発表しました。デロックされたハリーポッターは、父親の死後、橋の建設を引き継ぐ「優秀だが経験の浅いエンジニア」ワシントン・ローブリングを演じます。 「災難、危険、疑いに包まれて、ワシントンの執着は彼の健康を脅かし、彼が彼の魅力的で賢明な妻エミリーを持っている可能性が低い同盟国を発見するまで彼の家族を引き離す危険を冒します。」

映画が青信号になった理由は簡単にわかります。それは夏の壮観な必要性のすべてを持っています:乗り越えられない確率に直面している拷問された英雄。気の利いた、献身的なヒロインが彼の側に急いでいます。美しい衣装。クールなCGエフェクトのチャンスがたくさんあります。基本的に、それは陸上を除いてタイタニックである可能性があります。地獄、彼らがエマ・ワトソンにローブリングの妻を演じさせることができれば、それは保証された本塁打です。

公平を期すために、ブルックリン橋の建設は素晴らしい話ですが、正確な映画は壮大なロマンスよりもスナッフ映画です。実話は麻薬中毒と腐敗、死、破壊、そして残忍なマングリングでいっぱいです。そしてそれは 誰もが物事から飛び降りた。

橋の最初の犠牲者は、その作成者であるジョンA.ローブリングでした。ドイツ生まれのエンジニア、ビジネスマン、発明家であるRoeblingも、なんらかの悪党でした。町の創設者であり、彼自身のワイヤーロープ会社の創設者である彼は、歴史家のデビッド・マカロウの言葉によれば、ロバの首を折ったことのある妥協のない完璧主義者でした。

そして、ローブリングが家畜に苦労した場合、彼は家族にさらに苦労しました。息子のワシントンが後で思い出すように、エンジニアはしばしば息子のエドマンドを殴打したので、少年はフィラデルフィアの刑務所に逃げました。初めて」

ブルックリン橋で、ローブリングは彼の試合に出会った。起工の数ヶ月前、彼はイーストリバーのブルックリン側を調査していて、ボートが立っていたフェリーのスリップにぶつかり、右足を押しつぶした。彼は医者に駆けつけられ、医者はローブリングのつま先をすぐに切断しなければならないと発表した。 Roeblingは同意しましたが、麻酔なしで手術を行うことを要求しました。

その後、彼は足に包帯を巻いて家に帰り、破傷風にかかりました。 28日後、彼は死んだ。

Roeblingの息子であるWashingtonがすぐに引き継ぎました。彼自身の悪党であり、彼は南北戦争の初めに私人として入隊し、最後に大佐として去った。その間に、彼はゲティスバーグ、アンティータム、そしておそらくベトナム式の森林戦として最もよく説明できる戦いである荒野キャンペーンを含む、戦争の最も残忍な戦いのいくつかで戦いました。 救出 味のために投げ込まれました。彼はまた、空中偵察を行いました。これは基本的に、多くの男が彼を撃った間、大きな気球で戦場の上に浮かぶことを含みました。

バダスはそうだったが、ワシントン・ローブリングも橋のそばに低く置かれた。または、より具体的には、ケーソンによって。橋にしっかりとした足場を提供するために、ローブリングは2つの巨大な木と鋼の箱を作り、それらをイーストリバーに裏向きに置き、男性で埋めました。数か月にわたって、男性は川床を掘り出し、橋を支えるのに十分な固さの岩盤にぶつかるまで、箱をどんどん深く沈めることができました。

すべてのアカウントで、仕事は実に地獄でした。ケーソンは換気が悪く、ガス灯で照らされ、圧縮空気で満たされていました。いつでも、木材の漏れ、エアポンプの問題、または火災により、ボックスが減圧されたり、水が上昇したり、別の危機が発生したりして、内部の全員が死亡する可能性があります。物事をさらに楽しくするために、ローブリングは基本的に川底の岩の多くを爆破するために高爆薬を使用しました、ケーソン労働者は箱が岩にぶつかるまで待って、それからそれに穴をあけ、爆薬でそれを詰め、そしてセットしましたそれをオフにします。

当然のことながら、ケーソンの仕事はそれほど人気が​​ありませんでした。 1日あたり2.25ドルの高額な(1871年の基準による)賃金にもかかわらず、マッカローは、ケーソン労働者の3分の1が毎週辞めると推定しています。

幸運ではなかった人もいます。今日「ベンド」として知られている「ケーソン病」は、数百人の労働者を襲い、少なくとも5人を殺害した。それはまた、ワシントン・ローブリングを不自由にしました。 1870年に、ケーソンの1つで火災が発生し、彼は1日の大部分でそれと戦いました。彼が最終的にケーソンを去ったとき、彼は家に運ばれなければならず、そこで彼はウイスキーと塩の混合物でこすられました、そしてそれは医者が彼の循環を改善すると考えました。しかし翌日、彼は仕事に戻り、再び火事と戦い、彼の状態を悪化させた。

Roeblingの残忍な曲がり角のケースは、次の13年間のほとんどの間彼を寝たきりのままにしてしまいました。彼はブルックリンの自宅から橋の工事を監督し、モルヒネや他の鎮痛剤への依存度をますます高めていました。ここでロマンチックな叙事詩の部分が登場します。彼の妻エミリー、幸運な若いヒロインは、橋の上の労働者との間で彼のメッセージを運び、最終的には彼女自身の権利でエンジニアとデザイナーになりました。

ワシントンローブリングは橋の最後の犠牲者ではありませんでした。マッカローは、建設の過程で、少なくとも27人の労働者が転倒、石の落下、デリックの墜落、その他の多くの災害によって死亡したと推定しています。おそらく最も興味深い死は、ロープを巻き上げエンジンに導く仕事をしていたコープという名前の男性の死でした。ある日、ロープを蹴っているときに足が引っ掛かり、足がエンジンのドラムに巻き付いた。彼はほとんどすぐに死んだ。

事故はさておき、橋はやがて完成し、多くのファンファーレの中で開通しました。しかし、それでも死者は終わりませんでした。橋が開いてから1週間も経たないうちに、女性が橋につまずいて悲鳴を上げました。他の歩行者は、橋に何か問題があることを恐れて、捺印されました。ニューヨークタイムズ紙が述べているように、数分以内に12人が死亡し、35人が「多かれ少なかれ重傷を負った」。もちろん、最終的には、ニューヨーカーは橋に慣れ、お互いを殺さずに橋を渡る方法を学びました。そして、数年後、彼らはそれから飛び降りる方法を学びました。しかし、それは別の映画です。


詳細を見る

映画の製作に関するケン・バーンズからのメモを読んでください。

映画のクリップをご覧ください。

上で利用可能 UNUM

ケンバーンズは、ニューヨークタイムズのジムドワイヤーと彼の最初の映画、ブルックリンブリッジについて話します。


ケーソン

地面が壊れた直後に、2つの3,000トンのケーソン(労働者が岩盤に塔の基礎を構築することを可能にする気密シリンダーが川床に沈んだ)の問題がすぐに明らかになりました。この規模のケーソンはこれまでに作成されたことがなく、その中での作業は惨めで致命的でした。

&#8220ケーソンの中では、すべてが非現実的で奇妙な外観をしていました。多くの水のラッシュのように、頭の中に混乱した感覚がありました。脈拍は最初は加速され、その後時々通常の速度を下回りました。声はかすかに不自然に聞こえ、話すのは大変な努力になりました。燃えるような光、深い影、ハンマー、ドリル、チェーンの紛らわしい音で、詩的な気質の場合、半裸の形が飛び交うと、ダンテのインフェルノの実感が得られます。私にとって目立ったのは、ケーソンで時間があっという間に過ぎたということです。&#8221

&#8211 E.F.ファリントン、ワシントンローブリングのマスターメカニック。

ブルックリンケーソンの建設は、約44フィート後に岩盤にぶつかり、土台を作るためにコンクリートで満たされました。マンハッタンのケーソンははるかに危険でした。当初の計画は、岩盤にぶつかるために106フィート下げることでしたが、岩盤がどんどん低くなり、危険性が明らかになるにつれて、ワシントン・ローブリングはおそらく建設全体の中で最も危険な決定を下しました。土壌サンプルを採取することにより、彼は土壌が何百万年もの間移動していないことを発見し、それで彼はそれ自体が橋を保持するのに十分安定していると判断しました。今日まで、ブルックリン橋の1つの塔は岩盤の上にあり、もう1つの塔は砂の上にあります。

ケーソンでは、火事、爆発、および屈曲(ケーソン病)が20人の男性の命を奪いました。ベンドのケースは、ローブリング自身をほぼ殺しました。彼は生き残ったが、不自由になり、残りの人生の間彼の家に閉じ込められた。
ブルックリンハイツの自宅からの橋の窓からの眺め以外に、建設を直接監督することはできませんでしたが、ローブリングはプロジェクトの目と耳を妻のエミリーに頼っていました。彼の援助の下で、エミリー・ローブリングはより高度な数学と橋の工学を学び、すぐに橋の建設に非常に堪能になりました。

ストーンタワーズ

最後に、1873年に、一般に見えるもの、塔の建設が始まりました。 276フィートのネオゴシック様式の塔は花崗岩で造られ、2つのアーチ型のポータルが特徴でした。これらの塔は、橋にとって基本的かつ心理的に重要でした。まず、トリニティ教会の最上部を除いて、市内の他のどの建物よりも背が高かった。第二に、橋がハドソンの交通に干渉しないように、張られるケーブルと道路の重量を保持する必要がありました。

橋が船のために十分なクリアランスを与えることができるように、塔はそれらがそうであったのと同じくらい高くなければなりませんでした。そして、これらすべては、ジョン・ローブリングのスチールロープの発明なしには不可能だったでしょう。


現在のプロジェクト

ニュースとお知らせ

タワーとアプローチアーチのリハビリ

プロジェクト範囲:

  • 組積造タワーを強化する
  • アーチブロックと基礎をリハビリする
  • レンガの埋め込み壁を交換してください
  • 地下階のリハビリ
  • 花崗岩の石を再ポイントしてリセットします
  • タワーの照明を改善する

影響:

  • 橋のコンポーネントを検査および修理するために、時折車線が閉鎖されますli>
  • 歩道の一部が狭くなることもありますが、橋の遊歩道は常に開いています。
  • 限られた車線と歩道の閉鎖

建設プロジェクトの連絡先:


そして、あなたがそれを信じるなら、私はあなたを売る橋を持っています:ブルックリン橋を売った男たち

よく知られているフレーズを聞いたことがあるかもしれませんし、聞いていないかもしれません。インスピレーションを得ましたか?

The swindler is just as timeless a New York character as the swindled, so perhaps it will come as no surprise that many an unsuspecting fool has purchased the Brooklyn Bridge from a confidence man.

Since the bridge’s completion in 1883, men and woman have made a living selling it to the gullible. There’s William McCloundy, or “I.O.U. O’Brien,” as he was known to police, who served two-and-a-half years in Sing Sing for posing as the Brooklyn Bridge’s owner and selling it to a tourist in 1901.

McCloundy had a long history of false impersonations in the name of grand larceny, pretending to be a transatlantic liner captain and prison warden on different occasions, according to a 1928 New York Times article detailing one of McCloundy’s many arrests.

Image via Harper’s Magazine

Then there’s George C. Parker who, according to an article detailing his arrest (also in 1928), included selling the Brooklyn Bridge in his exploits as well. His record also shows that, while serving time, he once stole a sheriff’s hat and overcoat and simply walked out of the prison, the New York Times reported.

As late as 1992, performance artist Joey Skaggs used a similar trick on the media, leaking a fake inter-office memo stating that the Dinkins administration, in an effort to raise funds for infrastructural repairs, was holding a lottery to rename the Brooklyn Bridge.


Brooklyn Bridge

Definition and Summary of the Brooklyn Bridge
Summary and Definition: The Brooklyn Bridge was the first steel-wire suspension bridge in the world and was formally opened on Thursday, May 24th, 1883. The construction of the Brooklyn Bridge started in January, 1870 and completed in May, 1883. It was originally called the New York and Brooklyn Bridge, then became known as the East River Bridge. It was officially given the name, we know and love, in 1915. This article contains interesting facts about one of the most famous landmarks in the United States of America.

Brooklyn Bridge
Chester Arthur was the 21st American President who served in office from September 19, 1881 to March 4, 1885. One of the important events during his presidency were the completion of the Brooklyn Bridge that spans the East River.

Fast Facts about the Brooklyn Bridge
Fast, fun facts about the Brooklyn Bridge:

Location: The City of New York, New York, United States

It connects the cities of New York (Manhattan) and Brooklyn

Total length of Brooklyn Bridge is 5,989 feet (1825 m)

The Width of the Brooklyn Bridge is 85 feet (26 m)

The Height of the Brooklyn Bridge is 276.5 ft (84.3 m)

Date it was opened: May 24, 1883

Name of the Designer: John Augustus Roebling

The Brooklyn Bridge Fact Sheet for kids
Interesting, fun Brooklyn Bridge Facts for kids are detailed below. The history of the building of the Brooklyn Bridge is told in a factual sequence consisting of a series of unusual short facts providing a simple method of relating the famous people and events and the construction of this famous American landmark. For additional facts refer to the History of Urbanization in America

Brooklyn Bridge Facts for kids

Brooklyn Bridge Fact 1: The estimated total cost of the construction was $15 million dollars

Brooklyn Bridge Fact 2: It took fourteen years to build the Brooklyn Bridge and required the labor of over 600 men.

Brooklyn Bridge Fact 3: The construction crosses the river by a single span of 1,595 feet suspended by four cables. The cables are 15 inches in diameter and each cable is composed of 5,434 parallel steel wires.

Brooklyn Bridge Fact 4: Length of each land span, 930 feet. New York approach, 1,562 feet. Brooklyn approach, 971 feet

Brooklyn Bridge Fact 5: The Brooklyn Bridge was lighted at night by the United States Illuminating Co. with 70 arc lights of 2,000 candle power each. The blue-white arc lights cost $18,000, several thousand dollars less than the Edison Company bid for supplying incandescent lamps. The arc lights were the first use of electric light over a river. The vast majority of houses were still lighted by gaslight.

Brooklyn Bridge Fact 6: The workers represented a variety of trades including Engineers, Laborers, Blacksmiths, Carpenters, Masons and Stonecutters, Riggers, and Painters. The Blacksmiths, Masons and Stonecutters were the highest paid workers earning $3.50 to $4.00 per day. The laborers earned $1.75 per day.

Brooklyn Bridge Fact 7: John A. Roebling, was the designer who conceived the project and formulated the plan for the Brooklyn Bridge. He was aided by his son Washington A. Roebling, who directed the work from its inception to its completion.

Brooklyn Bridge Fact 8: The assistant engineers also played an important role in the Brooklyn Bridge project. The names of the assistant engineers were Charles C. Martin, Wilhelm Hildenbrand, Francis Collingwood, William H. Paine, George W. McNulty, and Samuel R. Probasco.

Brooklyn Bridge Fact 9: Other men who played an important, but often forgotten, role in the construction project were the foremen E.F. Farrington, Arthur V. Abbott, William Van der Bosch, Charles Young and Harry Tupple

Brooklyn Bridge Fact 10: A caisson is a protective, watertight chamber used to carry out construction work under water. Men worked in compressed air in these caissons under the river. The following diagram shows a cross section of a Brooklyn Bridge caisson.

The men who worked on the construction were extremely brave working high up on the suspended wires and in the depths of the caissons.

Brooklyn Bridge Fact 11: More than 30 men died during the construction project, including the designer, John Roebling

Brooklyn Bridge Fact 12: John Roebling (1806 1869) started design work in 1867. In 1869 his foot was crushed by an arriving ferry. His toes were amputated but he developed tetanus 24 days after the accident and died on July 22, 1869.

Brooklyn Bridge Fact 13: Washington Augustus Roebling (1837 1926) became assistant engineer on the Brooklyn Bridge in 1868, and was named chief engineer after his father's death in 1869.

Brooklyn Bridge Fact 14: Washington Roebling designed the 2 large pneumatic caissons that became the foundations for the two towers.

Brooklyn Bridge Fact 15: In 1870 fire broke out in one of the caissons on the Brooklyn Bridge. Washington Roebling was fighting the fire in the caisson. Working in the compressed air under the river caused him to get decompression sickness (also known as "the bends" or "caissons disease")

Brooklyn Bridge Fact 16: Caissons Disease completely incapacitated Washington Roebling. He suffered from terrible joint pains, extreme tiredness and became bedridden. He was unable to visit the construction site again, but with the help of his wife, Emily, he directed the project to successful completion in 1883.

Brooklyn Bridge Fact 17: Mrs. Emily Warren Roebling (1843 1903) became known as the "first woman field engineer". Emily was the only person allowed to visit Washington and relayed messages and instructions to the site engineers. She worked tirelessly on the project and became an expert in its construction.

Brooklyn Bridge Fact 18: The memories of the Roebling family are still honored today by a plaque on the Brooklyn Bridge dedicated to Emily, her husband Washington, and her father-in-law John Roebling

Brooklyn Bridge Fact 19: The suspension construction contains 6,740 tons of material, and is able to sustain 7 times its own weight. a tubular bridge for the same span would contain ten times the weight of metal, and though costing twice as much money

Brooklyn Bridge Fact 20: On August 24, 1876, E.F. Farrington, Master Mechanic of the Brooklyn Bridge, made the first crossing across the East River on a wire.

Brooklyn Bridge for kids
The info about the opening of the Brooklyn Bridge provides interesting facts and important information about this important event that occured during the presidency of the 21st President of the United States of America.

Brooklyn Bridge for kids: Timeline and Fact Sheet for kids
The history of Brooklyn Bridge is told in a factual sequence consisting of a series of short facts providing a simple method of relating the history and events of the Brooklyn Bridge.

Brooklyn Bridge Facts for kids

Brooklyn Bridge Fact 21: The opening of the Brooklyn Bridge was an extremely grand affair that was held on May 24, 1883.

● It was known as "The People's Day". The date chosen for the opening coincided with the birthday of Queen Victoria.
● This incensed Irish immigrants who did not want to appear to celebrate anything to do with the British. Newspapers reported that Irish-American nationalists they called "Dynamite Patriots" would attempt to blow up the construction.

Brooklyn Bridge Fact 22: The Opening Ceremony: The buildings in the town were draped with banners and flags of red, white and blue. A procession of carriage with important guest and politicians, including the president, paraded through the streets of New York from Madison Square, passing through Fifth Avenue and Broadway

Brooklyn Bridge Fact 23: The Opening Ceremony: Most people were given a holiday to celebrate the event and vendors sold different types of memorabilia to commemorate the event - commemorative medals and buttons were sold for 15 cents.

Brooklyn Bridge Fact 24: Loud cannon fire accompanied President Chester A. Arthur and Mayor Franklin Edson as they crossed to the Brooklyn-side tower where they were greeted by the Mayor of Brooklyn, Seth Low

Brooklyn Bridge Fact 25: The official ceremony and speeches were given under the arched roof of the great iron terminal building. 6000 people crowded the area to hear the speeches - that went on for hours!

Brooklyn Bridge Fact 26: The Opening of the Brooklyn Bridge: The opening ceremonies featured music by the 23d Regiment Band and the 7th Regiment Band. A prayer was offered by the Rt. Rev. Bishop Littlejohn followed by a Presentation Address on behalf of Trustees by William C. Kingsley, the Vice-President.

Brooklyn Bridge Fact 27: The Opening: Acceptance Addresses were then made by Mayor Seth Low on behalf of the City of Brooklyn, and by Mayor Franklin Edson on behalf of the City of New York

Brooklyn Bridge Fact 28: Thousands of people watched the opening ceremonies which concluded in the evening with a massive firework display.

Brooklyn Bridge Fact 29: On the very first day it opened, 1800 vehicles crossed the bridge, consisting of horse-drawn traffic, with a separate elevated walkway pedestrians and bicycles.

Brooklyn Bridge Fact 30: The major types of city transport at the time were Streetcars, Horse Cars, horse drawn carriages, and trains. Now, 150,000 vehicles make the crossing every day.

Brooklyn Bridge Fact 31: The bridge-trains started running in September. The trip across on the bridge-train took five minutes and cost 5 cents. The trains were two 300 horsepower steam engines. By 1885 the bridge-trains had carried over 20 million passengers - many visited Central Park.

Brooklyn Bridge Fact 32: Just six days after the opening, on May 30 1883 (Memorial Day), a widespread panic engulfed the massive crowd and a rumor spread that the structure was unstable and was going to collapse. The crowd panicked, people were crushed and several were killed.

Brooklyn Bridge Fact 33: To help quash doubts about the stability of the structure, and promote his show, circus owner P.T. Barnum organized a fantastic publicity stunt. On May 17, 1884, Jumbo the Elephant led a parade of 21 elephants across the bridge.

Brooklyn Bridge Fact 34: The initial charge to make the Brooklyn Bridge crossing was one penny to cross by foot, 5 cents for a horse and rider to cross and 10 cents for a horse and wagon. The price charged for farm animals were 5 cents per cow and 2 cents per hog or sheep

Brooklyn Bridge Fact 35: Stunts: The two towers are 275 feet above the water. The first person to jump off the bridge was Robert E. Odlum, a swimming instructor, who died as a result. He was the brother of the brother of women's rights activist Charlotte Odlum Smith.

Brooklyn Bridge Fact 36: Stunts: Steve Brodie jumped off and survived on July 23, 1886 - his stunt made him into a famous actor.

Brooklyn Bridge Fact 37: A man made the leap wearing large canvas wings, hoping he would be able to fly. He failed to fly but sailed 1000 feet upstream and survived the attempt

Brooklyn Bridge Fact 38: Stunts: Stuntmen flew airplanes under the structure in attempts to gain publicity for companies and products.

Brooklyn Bridge Fact 39: In 1944 the elevated trains stopped running and the old iron terminals were pulled down

Brooklyn Bridge Fact 40: The construction of the Brooklyn Bridge was called one of the wonders of the Industrial Revolution, a wonder of science and was heralded as one of the greatest engineering feats of all time

Brooklyn Bridge Facts for kids

Brooklyn Bridge - President Chester Arthur Video
The article on the Brooklyn Bridge provides detailed facts and a summary of one of the important events during his presidential term in office. The following Chester Arthur video will give you additional important facts and dates about the political events experienced by the 21st American President whose presidency spanned from September 19, 1881 to March 4, 1885.

● Interesting Facts about Brooklyn Bridge for kids and schools
● Construction of the Brooklyn Bridge
● The Brooklyn Bridge, a major event in US history
● Chester Arthur Presidency September 19, 1881 to March 4, 1885
● Fast, fun, interesting facts about the Brooklyn Bridge construction
● Foreign & Domestic policies of President Chester Arthur
● Chester Arthur Presidency and facts about the Brooklyn Bridge for schools, homework, kids and children

Brooklyn Bridge - US History - Facts - Summary - Definition - Construction - History of Brooklyn Bridge - Definition - American - US - USA - Construction - History of Brooklyn Bridge - America - Dates - United States - Kids - Children - Schools - Homework - Important - Facts - Issues - Key - Main - Summary - Definition - History - Interesting - Construction - History of Brooklyn Bridge - Info - Information - American History - Facts - Historical - Major Events - Brooklyn Bridge


ビデオを見る: סאטמאר קידש החמה תשמא בעיר ברוקלין ני,