D-Dayビーチでの荷降ろし(右)

D-Dayビーチでの荷降ろし(右)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

D-Dayコンパニオン、 ed。ジェーンペンローズ。最初の計画から戦後の記念碑まで、D-Dayの土地のさまざまな側面に関する13の別々のエッセイの選択。これは、D-Day上陸作戦を状況に応じてしっかりと設定する優れた作品です。オーヴァーロード作戦についてもっと学びたい人にとっては素晴らしい出発点ですが、その幅広いトピックは、この主題に興味のある人にとって価値がある可能性が高いことを意味します。 [続きを見る]


D-Dayについて知っておくべき15の事実

D-Dayは、1944年6月6日、アメリカ、イギリス、カナダからの16万人近くの連合軍が、ナチスドイツの支配からフランスを解放する使命を帯びてフランスの海岸線に沿って上陸したときに発生しました。この日は枢軸国から西ヨーロッパを解放するための土台を築き、最終的に連合国が戦争に勝利するのを助けました。ほとんどの推定では、その日だけで最大10,000人の連合国の死傷者が出たと言われています。しかし、その日の終わりまでに、156,000人近くの連合軍がノルマンディーの海岸を突破することに成功しました。

D-Dayについて知っておくべき15の事実:1944年2月1日、最高本部連合国遠征軍(SHAEF)の会議。最前列:空軍長官アーサーテッダー将軍ドワイトD.アイゼンハワー将軍バーナードモンゴメリー。後列:オマール・ブラッドリー中尉バートラム・ラムゼー空軍大将トラッフォード・リー・マロリー中尉ウォルター・ベデル・スミス。


ノルマンディー上陸作戦:D-Dayの5つのビーチ

1944年6月6日の早朝、約156,000人の連合軍兵士がフランスのノルマンディー海岸沿いのいくつかのビーチを襲撃しました。波打つ海と激しいドイツの抵抗は、彼らがその日彼らの目的を完全に達成することを妨げましたが、彼らは決定的な足場を得ることができました。 8月下旬までに、パリは解放され、ドイツの降伏はその後間もなく始まりました。 D-Dayの記念日に、第二次世界大戦中に連合国の西ヨーロッパ侵攻を開始した2つのアメリカ、1つのカナダ、2つのイギリスの着陸地点を振り返ります。

D-Dayビーチの最西端にあるユタは、連合国が港湾都市シェルブールからすぐ近くにあるように、11時間目に侵攻計画に追加されました。 6月6日の夜明け前の暗闇の中で、何千人もの米国空挺部隊が敵の背後に内陸に落下しました。重機に圧倒され、浜辺の氾濫した湿地帯で溺死した人もいれば、敵の砲火で空から撃たれた人もいた。捕らえられる前に、教会の尖塔から2時間ぶら下がっていた人さえいました。一方、着陸した人々は、しばしば指定されたドロップゾーンの外にいることに気づきました。即興を余儀なくされたにもかかわらず、彼らはビーチの唯一の出口として機能した4つの土手道をつかむことに成功しました。ユタ自体では、一部には強い潮流のために、米軍は意図された目的地から1マイル以上離れて着陸しました。彼らにとって幸運なことに、この地域は実際にはあまり保護されていませんでした。 「ここから戦争を始めます!」セオドア・ルーズベルト前大統領の息子である米国准将セオドア・ルーズベルト・ジュニアは、間違いに気づいたときに叫んだ。正午までに、彼の部下は空挺部隊の何人かと連携し、一日の終わりまでに彼らは4マイル内陸に進み、その過程で比較的少ない犠牲者を出しました。

オマハビーチ

急な崖に囲まれ、厳重に防御されたオマハは、D-Dayビーチで最も血なまぐさい場所であり、約2,400人の米軍が死んだり、負傷したり、行方不明になったりしました。アメリカ人にとっての問題は、陸軍の諜報機関がその地域のドイツ兵の数を過小評価したときに始まりました。さらに悪いことに、空爆は強力に強化されたドイツ軍の陣地にほとんどダメージを与えず、荒波は連合国の上陸用舟艇に大混乱をもたらし、海上で発射された29両の水陸両用戦車のうち2両だけが岸に到達しました。その後、攻撃の最初の波にあった米国の歩兵は、ドイツの機関銃の射撃によって大量に撃墜されました。大虐殺は非常に深刻になったため、オマール・ブラッドリー中尉は作戦全体を放棄することを検討しました。しかし、ゆっくりと、しかし確実に、彼の部下は、断崖のふもとの護岸の比較的安全な場所までビーチを横切って、そして断崖自体を上っていき始めました。支援は、オマハとユタの間に広大な岬を拡大して果樹園に隠された大砲を取り出す陸軍レンジャー隊と、危険なほど海岸近くに移動してドイツの要塞で砲弾を発射した米国の軍艦からのものでした。日暮れまでに、アメリカ人は約1.5マイルの深さの細い足場を切り開いていました。

潮の方向により、ユタ州とオマハ州で戦闘が始まってから約1時間後、イギリス軍は5つのD-Dayビーチの真ん中にあるゴールドを襲撃し始めました。ドイツ人は当初、強力な抵抗を示しましたが、オマハとは対照的に、初期の空爆は彼らの防御の多くを一掃しました。イギリスの軍艦も効果的であることが証明されました。たとえば、巡洋艦HMS Ajaxは、数マイル離れた場所から非常に正確な精度を示したため、ドイツの砲台のコンクリート外装の小さなスロットから1発の砲弾を送りました。これは、軍事的にはホールインワンに相当します。一方、海岸では、「Funnies」と呼ばれる装甲車両が地雷原やその他の障害物を一掃しました。 1時間以内に、イギリス軍はいくつかのビーチ出口を確保し、そこから急速に内陸に押し込みました。彼らはまた、アロマンシュの漁村を占領しました。アロマンシュは、数日後、連合国が物資を降ろすために使用する人工港の場所になりました。

ジュノでは、連合軍の上陸用舟艇が、沖合の浅瀬や敵の地雷とともに、荒れた海で再び苦戦しました。最終的に下船すると、カナダの兵士は、海辺の家や掩蔽壕から発砲したドイツ人によって群れで切り倒されました。最初の1時間は特に残酷で、主要な暴行チームの死傷者率は50%に近づいていました。混乱の中で、連合国の戦車が不注意で負傷者の一部を乗り越え、カナダの船長が手榴弾で軌道を吹き飛ばしたときにのみ停止しました。他のカナダ人は戦車のサポートをまったく欠いていました。しかし、浜辺を離れて戦った後、ドイツ軍の抵抗は非常に遅くなり、内部への進軍は急速に進みました。実際、カナダ人はアメリカ人やイギリス人よりもさらに内陸に進んだ。彼らはカルピケ空港を利用するという目的を完全には達成していませんでしたが、いくつかの町を占領し、隣接するゴールドビーチでイギリス軍と連携しました。


H-Hour Bloody Omaha Beach

第一次世界大戦で歩兵による正面攻撃を阻止する方法についてドイツ人が学んだことはすべて、オマハビーチで機能するようになりました。彼らは、干潟と浜辺の棚を交差射撃、曲射砲、あらゆる種類の武器からの放火で覆うために、浜辺に対して角度を付けて射撃位置を配置しました。ビーチのどのエリアも防御されないままにされていませんでした、そして、武器の配置は側面の火がビーチに沿ってどこでも標的にされることができることを意味しました。急な断崖や断崖がビーチ全体を支配し、攻撃者をビーチに閉じ込めました。オマハビーチの砂は黄金色で、しっかりしていて上質で、週末の日光浴やピクニックに最適ですが、全体的には狭いビーチです。それは防御側に囲まれた戦場と攻撃者が克服するための多くの障害、固定された要塞を構築するための理想的な場所、そしてブラフの斜面と高台にある広い、開いた殺害フィールドを見下ろすトレンチシステムを与えましたノーマン&アポスランドを横断しようとしている歩兵。沖合の水は、ウェットスーツなしで長時間泳ぐには冷たすぎます。上陸用舟艇が浜辺から1マイル以上離れた場所でドイツの大砲に襲われた最初の波の多くのアメリカ人は、完全な戦闘装備を持って水に入るでしょう。彼らは、ビーチに泳ぐ前に、低体温症で溺死するか死亡しました。彼らのブーツだけがコンクリートのアンカーとして機能し、彼らを水路の底に引き寄せました。

ドイツの防御準備と多層防御の欠如は、彼らの計画が浜辺への侵入を阻止することであったことを示していました。水中に3列の障害物が建設されました。最初の防衛線は、支柱に地雷が取り付けられたベルギー門で構成されていました。 2番目の防衛線は、海に向かっている砂に打ち込まれ、地雷で覆われた丸太でした。ハリネズミは、海岸線から130ヤードのところにある障害物ベルトを完成させました。ビーチ沿いの着陸エリアは採掘と有線の両方で行われ、オマハビーチに並ぶ断崖に沿ってドイツ軍の防衛のための殺戮の場が12の強みに集中していました。彼らは、ビーチの両端の崖に沿って砲兵の位置を準備し、オマハビーチ全体に致命的な88mmの大砲から砲撃を行うことができました。ドイツの各長所内の位置は、相互接続された塹壕とトンネルであり、60を超える軽砲がこれらの長所に配備されました。 35以上のピルボックスがビーチに並んでいて、致命的なクロスファイアを引き起こし、オマハを鉛の致命的な雹で掻き集め、ビーチにさらされた人を捕まえました。強みは、大きなセメントの障害物によってさらに保護されました。大きな大砲はコンクリートの障壁によって海から守られていました。放牧と曲射砲の両方について事前に目撃されていなかったビーチの1インチはありませんでした。

オマハを守るドイツ軍は、アメリカの上陸用舟艇が浜辺に接近したときのような大胆な攻撃に驚いた。オマハビーチを見下ろす絶壁に沿って、上陸用舟艇が彼らの位置に近づくと、ドイツの兵士は不信感を持って見守っていました。彼らはその瞬間にアドバンテージを持っていたが、地平線を越​​えて際限なく伸びる巨大な連合国の艦隊を心配そうに見つめていた。アメリカ人が浜辺を襲ったとき、彼らは紀元前480年9月のテルモピュライの戦いで300人のスパルタンのように感じたに違いありません。


D-Day:150,000人の男性と1人の女性

6月6日は、第二次世界大戦中の連合軍が沖合からフランスに侵攻した1944年の日であるD-Dayの記念日です。それは歴史上最大の海上侵略でした。何千人もの人々が水から出ることはなく、ノルマンディー上陸は戦争で最も致命的な日の1つになりました。全面的なプッシュで、15万人の男性と1人の女性がビーチを襲った。

なぜ一人の女性でも?結局のところ、当時、女性は戦闘に参加することを許可されていませんでした。その制限は、50年後の1994年まで解除されませんでした。では、女性はどのようにして亀裂をすり抜け、男の子が制服を着たままビーチに着陸したのでしょうか。 ? 2つの理由-彼女はジャーナリストであり、密航者でした。 1944年6月、英国政府は558人の作家、ラジオジャーナリスト、写真家にD-Day上陸作戦を認定しました。権利により、マーサ・ゲルホーン、 コリアーズ 雑誌は、それらの1つでなければなりませんでした。

各報道機関は1人しか送信できず、 コリアーズ アーネスト・ヘミングウェイという名前の男にうなずきました。彼は雑誌で働いていませんでしたが、有名な名前を持っていました。彼も たまたまマーサ・ゲルホーンの疎遠な夫でした。ヘミングウェイが彼女のスロットを求めたとき、彼はそれを手に入れました。担当の少年たちは、応募したすべての女性を断り、答えを「ノー」とせざるを得なかった。

しかし、ゲルホーンではありません。彼女は行動を起こしました-より具体的にはトイレに行きました。彼女は病院船のバスルームに収納した。 5000隻の艦隊は目に見える範囲まで伸び、イギリス海峡を越えてフランスの海岸線まで男性と3万台近くの車両を輸送しました。着陸する時が来たとき、ゲルホーンは担架運搬人を装って浜辺を襲った。混乱の中で、彼女が女の子であることに誰も気づきませんでした。 (そして偶然にも、彼女はヘミングウェイの前にそこに着きました。)

1944年6月6日の日暮れまでに、9,000人以上の連合軍兵士が死亡または負傷しました。 10万人以上の他の人(その1人の女性の密航者を含む)が着陸を生き延びました。

他の女性も続いたが、すぐには続かなかった。 D-dayの38日後、フランスに到着した最初の49のWACがノルマンディーに上陸しました。コミュニケーションゾーンに割り当てられた彼らは、ドイツ人が最近空けた配電盤をすぐに引き継ぎ、テント、セラー、プレハブの小屋、配電盤のトレーラーで働きました。

しかし、マーサ・ゲルホーンは最初の女性であり、前線に着陸し、侵略の見事な直接の話をした唯一の女性ジャーナリストでした。


気球でビーチを守る:D-Dayと第320弾幕気球大隊

D-Day侵攻の最も象徴的な画像の1つは、最初の侵略自体の直後に撮影されました。この画像は、フランスの海岸に沿って浜辺にあるいくつかのLST(Landing Ship、Tank)を示しています。数十台の軍用車両がそれらを追い払い、侵入の継続をサポートするために数千ポンドの補給品と装備が降ろされています。ほとんどの船の上に浮かんで、遠くまで伸びているのは、銀色の楕円形の風船です。弾幕気球として知られているこれらの気球は、一見、大規模な軍事侵略では場違いに見えるかもしれません。しかし、彼らは作戦に不可欠であり、その日ビーチを襲撃した唯一のアフリカ系アメリカ人兵士で構成された唯一の部隊である第320弾幕バルーン大隊の勇敢な部隊によって侵攻の最初の波で上陸しました。彼らは敵の航空機による攻撃から船とその下の兵士に重要な保護を提供し、米軍の気球技術の使用を垣間見ることができます。

弾幕気球は、海岸堡を拡張するために必要な人員、資材、および軍需品を降ろすときに、ノルマンディービーチの数十隻の船を保護します。 NARA 342-FH-3A17185-71287AC

軍事ツールとしての気球

米軍は軍事作戦のための弾幕気球に常に関心を持っていたわけではなく、プログラムの開発には数十年かかりました。弾幕気球の開発は第一次世界大戦中に始まり、戦争中に多くのヨーロッパ諸国によって着手されました。イギリスはロンドンや他の都市をドイツの爆撃から守る手段としてそれらに投資し、フランスはそれらを使って鉄道や水道橋などの戦略的に重要な地域を空中攻撃から保護しました。弾幕気球は、空中防御の受動的および能動的手段の両方として機能しました。

特定のエリアに浮かぶ弾幕気球は、敵の航空機が爆弾や機銃掃射で真上からそのエリアを標的にするのに十分近くに飛ぶのを防ぎました。敵の航空機が攻撃することを決定した場合、気球はそれらをより高い高度で飛行することを強制し(気球の上を飛行するため)、より大口径の対空砲火の影響を受けやすくしました。気球自体も、特に夜間に敵の航空機を破壊する可能性があります。気球を地面に固定しているケーブルは非常に見づらく、飛行する航空機にリスクをもたらしました。ケーブルに引っ掛かった航空機は、失速したり、翼が引き裂かれたりするのに十分な速度で減速する可能性があります。

第一次世界大戦が終わった後、米軍は空中攻撃から地域を守る手段を調査することが重要であると決定しました。 1923年に、米国陸軍は、どの対空防御が開発するのに最も効果的であるかを研究することを決定しました。陸軍航空部は、パナマ運河などの戦略的に重要な場所を保護するための安価で効果的な手段は、弾幕気球であると主張しました。航空部は軍用の弾幕気球を開発する許可を与えられました。しかし、この決定は、沿岸砲兵隊との省庁間の確執を引き起こしました。それは、弾幕気球がすでに彼らの指揮下にある他の対空防御アイテムとよりよく適合すると考えました。最終的には、航空部隊が弾幕気球技術の開発を担当することが決定されましたが、沿岸砲兵隊が実際に気球を運用します。

米国の弾幕気球の開発は遅く、資金不足とプログラムへの熱意の欠如の両方に大きく苦しんでいました。 1923年から1939年の間に発生したのはわずかな進展のみであり、航空隊と沿岸砲兵隊の間の軍種対立は何年にもわたって続いた。 1939年のヨーロッパでの戦争の到来は、弾幕気球の開発に新たな活力をもたらし、1941年3月14日、米軍の参謀は、空軍と沿岸砲の両方を共同で管理するように弾幕気球を指定しました。サービス、そして両方のユニットは彼らの努力を調整し始めました。共同司令部から必要とされた最初の決定の1つは、弾幕気球大隊のための恒久的な訓練基地をどこに設置するかでした。この目的のために米国に設立された最初で唯一の基地は、テネシー州パリスの近くにあり、キャンプタイソンと名付けられました。

テネシー州キャンプタイソンでの弾幕気球訓練。米国議会図書館、LC-USE6-D-008677

共同司令部は、ほとんど何もないところから弾幕気球ユニットを開発している最中だったが、1941年12月7日の真珠湾攻撃による日本軍の攻撃により、弾幕気球プログラムが最前線に立った。攻撃後、沿岸砲兵隊長のジョセフA.グリーンは、ワシントン州ブレマートンのブレマートン海軍造船所やワシントン州シアトル。装備が不足しているため、この作業は1942年の春まで完了できませんでした。航空隊と沿岸砲兵隊は、新しい装備、新しい気球、新しい技術の開発を続けていました。しかし、1942年の終わりまでに、最も必要とされたのは新入社員でした。ここから、第320弾幕バルーン大隊の物語が始まります。

第320弾幕バルーン大隊

テネシー州のキャンプタイソンは、1942年の終わりに、米国の他の場所で訓練を開始した部隊が新しく建設されたキャンプに移されたため、弾幕気球大隊の本拠地になりました。キャンプは30以上の弾幕気球大隊を生産し、そのうち4つは完全にアフリカ系アメリカ人の新兵で構成されていました:第318、第319、第320、および第321弾幕気球大隊。各大隊は、1,100人の男性と50個以上の気球で構成されていました。

基本訓練に合格した後、大隊は6週間の気球訓練を開始し、戦闘で弾幕気球を処理するために必要なスキルを学びました。これらの軍隊に発行された気球は、長さが約35フィートで、2,000フィート未満で動作する超低高度(VLA)気球として知られていました。彼らは、気球に3,000立方フィートを超える可燃性水素ガスを注意深く満たして、火花や静電気が気球に火をつけるのを防ぐ方法を学びました。彼らは、気球をカモフラージュし、修理し、一般的に戦場で維持する方法を学びました。彼らはまた、気球を地面に固定するケーブルに小さな爆発物を取り付けて武装させる方法を学びました。気球の近くを飛んでいるときに敵機がケーブルにぶつかると、ケーブルが翼に引っ掛かり、爆発物を翼に近づけて爆発させます。

新入社員が気球トレーニングに合格すると、12週間の天気予報トレーニングでキャンプタイソンでの時間を終えました。強風や悪天候で35フィートの気球を制御することは、危険ではないにしても非常に難しい可能性があるため、新兵は何を期待するかを予測する方法を知る必要がありました。

D-Day侵攻における気球の役割

訓練を終えた後、第320弾幕バルーン大隊はヨーロッパ大陸への侵攻に備えてイギリスへの船に乗り込みました。 320番目は、侵略の準備をし、特定の役割のために訓練した数千の部隊の1つにすぎませんでした。その日、320隻目は、オマハとユタのビーチに向けられた100隻以上の上陸用舟艇に広がりました。これは、確保するために米軍に割り当てられたフランスの海岸線です。イギリスでは弾幕気球が膨らみ、イギリス海峡を渡る旅の侵略に参加したさまざまな船に取り付けられました。

第320の兵士は、4〜5人のチームで、予想されるドイツの空中攻撃から着陸部隊を保護するために、事前に膨らませた気球を船から岸に移動するタスクを割り当てられました。 320人目の600人以上がこの任務を遂行するための暴行部隊の一部となり、大多数がオマハビーチに上陸します。その日のほとんどの計画と同様に、大隊が着陸すると事態はうまくいかなかった。

水陸両用上陸前の海軍と空軍によるオマハビーチの砲撃は、予想されるほど多くのドイツの防御陣地をノックアウトせず、320番を含む最初の軍隊の波は、機関銃と砲撃の枯渇に直面しました。気球の多くは、船から降ろされる前に撃たれて破壊され、320番目の兵士は生き残るためにできることをしました。ユタビーチでは、320人目の男性はオマハほどの渦潮に直面していませんでしたが、それでも気球を失いました。彼らは20個以上の気球を浜辺に持ち込むことができましたが、浜辺の一部の指揮官が敵の砲撃を行っていると思ったため、多くの気球を解体するように命じられました。連合軍が海岸堡を手に入れ始めたとき、320番目の指揮官であるレオンJ.リード大佐は、混乱の中に散らばっている兵士と、最初の攻撃を生き延びた装備を見つけるのに苦労しました。

ほとんどの敵の空中攻撃が来ると予想された夜の前に、弾幕気球を空中に飛ばすことが重要でした。彼らに対する圧倒的なオッズにもかかわらず、320日は6月6日の夜の午後11時15分までにオマハビーチの東端に1つの気球があり、翌朝の夜明けまでに12の気球がありました。これらの気球は敵の砲火によってすぐに破壊されましたが、さらに多くの気球が上陸し、6月7日の夜までに、20個の気球がオマハビーチの上に、13個の気球がユタビーチの上に浮かんでいました。

伍長A.ジョンソンは、1944年7月24日、彼のチームの一部と一緒に侵略ビーチ上で気球を動かします。NARA111-SC-191713

気球は侵略の初期に撃墜され、取り替えられ続け、予想されるドイツの空中攻撃は6月から7月まで続くでしょう。侵攻の最初の数週間を通して、320番艦は、連合軍の成功に必要な重要な兵士、資材、物資を運ぶ船を保護し続けるために、特に夜間に、着陸するビーチで気球を確実に持ち上げるという使命を続けました。日中、連合軍の航空機が空をパトロールしている間、気球は下げられ、320人目の兵士は、毎日海岸堡に到着する終わりのない船の流れから物資を降ろすのを手伝いました。この間、320機目は、気球のケーブルの1つに引っ掛かり、イギリス海峡に墜落したときに、少なくとも1機のドイツ機を撃墜したとされています。国立アフリカ系アメリカ人歴史文化博物館には、1944年6月6日に拾われた石を含め、ノルマンディー滞在中に第320弾幕バルーン大隊のメンバーから拾われたお土産がいくつかあります。

左から右へ、PFC Arko Shaw、PFC Alvin Smith、Cpl。ジェシーサムリン、およびPvt。 1944年8月22日、部分的にクリアされた地雷原を通ってフランスの新しい場所に弾幕気球を運ぶジェームズ・シュラプシャー。NARA111-SC-192592

第320弾幕バルーン大隊は、侵攻後、フランスでほぼ150日間奉仕しました。彼らは気球を浜辺に飛ばし続け、10月の悪天候のために船がそれ以上物資を上陸させることができなくなる前に、最終的に一部がシェルブール港の上空を飛行しました。彼らはイギリスに戻り、最終的にはアメリカに戻り、太平洋戦争を支援する準備をしました。大隊は最終的にハワイに移されたが、彼らが再び戦闘に入る前に戦争は終わった。

オマハビーチでの彼らの仕事に対して、大隊はヨーロッパの連合国遠征軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワー将軍から表彰を受けました。彼らの奉仕はD-Day侵攻に特有のものでしたが、彼らは侵略の成功に重要な役割を果たし、最終的にはドイツによるヨーロッパの支配に終止符を打ちました。連合軍の歩兵部隊が元の侵略ビーチからさらに内陸に移動すると、第320弾幕バルーン大隊は、兵士に餌を与え、武装させ、包帯を巻くために物資の重要な動脈を開いたままにし、ノルマンディーに残った生者と死者の両方を保護しました。ビーチ。

オマハビーチで失われた人々のために作られた最初のアメリカ人墓地の1つ近くの半旗でアメリカ国旗が飛ぶと、弾幕風船が頭上を飛ぶ。 NARA 342-FH-3A16622-3A16622

第320弾幕バルーン大隊の詳細については、以下をお読みください。 忘れられた リンダ・エルビュによる。


これは、これまでに行われた最大の水陸両用侵攻であるD-Dayで起こったことです。

CNN

D-Day&#8212ノルマンディー上陸初日の軍事用語&#8212は、これまでに行われた最大の水陸両用侵攻であり、第二次世界大戦における連合国のドイツ敗北の基礎を築きました。

侵攻は1944年6月6日に行われ、米国、英国、フランス、カナダから数万人の軍隊がノルマンディーの海岸線の5つの区間に上陸しました。コード名はユタ、オマハ、ゴールド、ジュノ、ソードのビーチです。 。

D-Dayの計画は、1年以上前に開始され、連合国は、侵略がいつどこで行われるかについてドイツ人を混乱させるために、コードネーム「ボディーガード作戦」と呼ばれる実質的な軍事的欺瞞を実行しました。

当初は満月と干潮が好天に見舞われる6月5日に操業を開始する予定でしたが、暴風雨により24時間の遅延が発生しました。

D-Dayはどうなりましたか?

水陸両用上陸作戦&#8212コードネーム「オーヴァーロード作戦」&#8212の前に、ドイツの防衛に損害を与える大規模な砲撃作戦が行われました。

攻撃に至るまでの数ヶ月に採用された欺瞞戦術により、ドイツ人は最初の攻撃は単なる迂回であり、真の侵略は海岸に沿ってさらに行われると信じるようになりました。

連合軍の師団は6月6日午前6時30分に5つのビーチに着陸し始めました。

米軍は、コタンタン半島のふもとにあるユタビーチとノルマンディー海岸の北端にあるオマハビーチに配属されました。その後、イギリス軍はゴールドビーチに上陸し、続いてカナダ軍がジュノに上陸し、最後にイギリス軍が侵攻の最東端であるソードに上陸しました。

6月6日の深夜までに、軍隊は海岸堡を確保し、ユタ、ゴールド、ジュノ、ソードからさらに内陸に移動しました。

しかし、すべての上陸が成功したわけではありません。オマハビーチでは米軍が大きな損失を被りました。オマハビーチでは、強い潮流により多くの上陸用舟艇が意図した位置から離れ、侵攻戦略が遅れ、妨げられました。

侵攻前に連合国の爆撃によって効果的に破壊されなかった急な崖の上のドイツ軍の陣地からの大火もまた死傷者を引き起こした。

数字のD-Day

1,213隻の軍艦と4,127隻の上陸用舟艇を含む合計約7,000隻の船が侵攻に参加しました。

侵攻当日の真夜中過ぎに約24,000人の連合軍も敵の背後に投下され、132,000人の兵士が浜辺に上陸した。

軍隊は12,000機の連合軍航空機によって支援され、10,000台の車両が5つのビーチに配達されました。

D-Dayだけでも、4,414人の連合軍が死亡し、9,000人以上が負傷または行方不明になっていることが確認されました。

当日のドイツ人の正確な死傷者数は不明ですが、4,000人から9,000人と推定されています。

D-Dayに続いて何が起こったのですか?

D-Dayにフランス沿岸に拠点を確保したにもかかわらず、連合軍はドイツ軍による砲撃が彼らを海に押し戻す可能性があるというリスクに直面しました。

彼らは、ノルマンディーでドイツ軍よりも早く部隊の数と装備を構築し、ヨーロッパ本土への継続的な侵攻を可能にする必要がありました。

連合国は空軍力を利用して、地域全体の橋、鉄道、道路を爆破することにより、ノルマンディーへのドイツ軍の前進を遅らせました。これにより、連合国は77日後にノルマンディーを完全に支配し、1944年8月に解放されたパリに向かって進むことができました。


数字によるD-Day:これが76年前に歴史上最大の水陸両用侵攻を阻止するのにかかったものです

77年前の1944年6月6日に始まった連合国の侵略の規模は、世界がこれまでに見たものとは異なり、またおそらく再び見られるでしょう。

前例のない132,715人の連合軍の上陸部隊が、ノルマンディーの5つのビーチに上陸しました。上陸は大きな犠牲を払った。

その夏までに、連合国は強力なドイツの戦争機械の前進を遅らせることができました。そして、それはまた東部戦線でロシア軍と戦っていました。

1944年6月6日の連合国によるフランスのノルマンディー侵攻は、史上最大の水陸両用侵攻でした。暴行の規模は、世界がこれまでに見たものとは異なり、またおそらく再び見られるでしょう。

その夏までに、連合国は強力なドイツの戦争機械の前進を遅らせることができました。侵略はナチスを追い返し始める機会でした。

侵略は間違いなく軍事史上最大の事業の1つです。数字で見ると、これを実現するために必要なことは次のとおりです。

侵略に備えて、45万トンの弾薬を含む約700万トンの物資が米国から英国に持ち込まれた。

大陸ヨーロッパに陣頭指揮を執る戦争計画担当者は、作戦を支援するために約1,700万枚の地図を作成しました。

出典:米国欧州軍

D-Dayの訓練は残酷で、場合によっては致命的でした。 1944年4月下旬の実弾リハーサル演習中に、ドイツの高速攻撃艇が連合軍を待ち伏せし、749人のアメリカ軍を殺害しました。

D-Dayは、連合軍の航空作戦で真夜中過ぎに始まりました。 11,590機の連合軍機が侵攻中に14,674機の出撃を行い、空挺部隊をドロップポイントに送り、敵の位置を爆撃しました。

連合軍が浜辺を襲撃する前に、15,500人のアメリカ軍と7,900人のイギリス空挺部隊が敵の背後でフランスに飛び込んだ。

ビーチアサルトには、1,213隻の海戦艦艇、4,126隻の着陸艦艇、736隻の付属船、864隻の商船を含む6,939隻の海軍艦艇が参加しました。

132,715人の連合軍、その中には57,500人のアメリカ人と75,215人のイギリス軍とカナダ軍が、ノルマンディーの5つのビーチに上陸しました。

23,250人の米軍がユタビーチに上陸し、34,250人の追加の米軍がオマハビーチを襲撃した。 53,815人のイギリス軍がゴールドビーチとソードビーチに向かって戦い、21,400人のカナダ軍がジュノビーチを占領しました。

D-Dayの米国の死傷者は、死者2,499人、負傷者3,184人、行方不明者1,928人、捕虜26人でした。イギリス軍は約2,700人の死傷者を出し、カナダ軍は946人の死傷者を出しました。

ノルマンディーの戦い(1944年6月6日から25日)での双方の死傷者の総数は約425,000人でした。

By the end of June 11 (D+5), 326,547 troops, 54,186 vehicles and 104,428 tons of supplies had been unloaded in France. By the end of the war, those figures would increase to 2.5 million men, 500,000 vehicles, and 4 million tons of additional supplies.


Here Comes the D-Day Myth Again

Kevin Kennedy is a German-American historian, lecturer, writer and commentator who lives in Potsdam, Germany. He also works as a local guide in Berlin, Potsdam and Dresden. His work has appeared in the British periodical History Today, the English-language service of Deutsche Welle, the philosophy blog Modern Stoicism and History News Network. He can be reached at [email protected]

Last Friday (May 31, 2019), the NPR radio program &ldquoOn Point&rdquo conducted a special live broadcast from the National WWII Museum in New Orleans entitled &ldquo75th Anniversary Of D-Day: Preserving The Stories Of WWII Veterans." The host was NPR&rsquos media correspondent David Folkenflik and the segment featured Walter Isaacson, professor of history at Tulane University, and Gemma Birnbaum, associate vice president of the World War II Media and Education Center at The National WWII Museum, as guests. This writer was not only looking forward to an engaging discussion of the successful Allied landings at the Normandy beaches on June 6, 1944, but also hoping that the guests would present the contemporary state of military history research on the significance of D-Day.

I was sorely disappointed. Instead of placing the invasion within the wider context of the war against Nazi Germany, Folkenflik and his guests revived the &ldquoMyth of D-Day,&rdquo that is, they reinforced the erroneous belief that D-Day was the decisive battle of the Second World War in Europe, that it marked &ldquothe turning of the tide,&rdquo and that it sealed the doom of the German Army, the Wehrmacht. Had D-Day failed, so the argument goes, Germany could have still won the war, with nightmarish consequences for Europe, the United States and the world as a whole. This myth is a legacy of the Cold War, when each side accentuated what it did to defeat Nazi Germany, the most monstrous regime in human history, and played down the contributions of the other side. Russian students today, for example, are taught the &ldquoGreat Patriotic War,&rdquo which the Soviet Union won practically single-handedly, without having previously cooperated with Nazi Germany and without having had committed any atrocities &ndash which is take a creative approach to interpreting the history of World War II, to say the least. But it also remains the case that far too many American, British and Canadian students are taught that the victory over Nazi Germany was mostly the work of the Anglo-American forces, which also is a distortion of truth.

This &ldquoAllied scheme of history,&rdquo as the Oxford historian Norman Davies calls it, was most consistently presented by Gemma Birnbaum on the On Point broadcast. She not only reiterated the belief that D-Day was necessary to defeat Nazi Germany, but her words also suggested that, until then, Germany was somehow winning the war. Before the Allies invaded France, she said, the Wehrmacht &ldquowas moving all over the place.&rdquo According to her, it was only after the German defeat in Normandy that &ldquofatigue began to set in&rdquo among German soldiers. But &ldquofatigue&rdquo had already begun to spread throughout the Wehrmacht in the late fall of 1941, when the Red Army stopped the Germans at the gates of Moscow. It is true that the Germans continued to &ldquomove all over&rdquo Europe afterwards, but they increasingly began doing so in a backwards motion. It is depressing to consider that Birnbaum co-leads the educational department of the World War II museum in New Orleans, where she has the opportunity to pass on her myopic views of the war onto countless young people, thus ensuring the perpetuation of the D-Day myth. Not much has changed in the museum, it would seem, since 2006, when Norman Davies commented: &ldquoYet, once again, the museum does not encourage a view of the war as a whole. Few visitors are likely to come away with the knowledge that D-Day does not figure among the top ten battles of the war.&rdquo

Many military historians would now contend that, if there was indeed any &ldquoturning point&rdquo in the European war, it took place before Moscow in December 1941. For it was then that Germany lost the opportunity to win the war that it had been hoping to win. It was also at that point that the Soviets forced upon the Germans a war of attrition. As the Stanford historian James Sheehan points out, there are no decisive battles in wars of attrition, but rather milestones along the way to victory, as the enemy is slowly but surely reduced to a condition of weakness where they can no longer continue the fight. In that sense, the other important milestones were Stalingrad (February 1942), after which it became increasingly clear that Germany was going to lose the war, and Kursk (July 1943), after which it became increasingly clear that the Russians were coming to Berlin, with or without the help of the Western Allies.

Any objective look at the human and material resources available to Nazi Germany by the spring of 1944, especially compared to those available to the Allies, makes the claim that D-Day saved the world from a Nazi-dominated Europe preposterous. Such arguments are not history but science fiction. We need only consider that in May 1944, the German field army had a total strength of 3.9 million soldiers (2.4 million of which were on the Eastern front), while the Soviet Red Army alone had 6.4 million troops. Moreover, while the Wehrmacht had used up most of its reserve troops by 1942, Joseph Stalin could still call up millions more men to fight. While Germany was rapidly running out of the food, fuel, and raw materials an army needs to fight a protracted war, the stupendous productive capacities of the United States, through the Lend-Lease program, made sure that the Soviet soldiers were well-fed and equipped for their final assault on Germany. Add to this the continual pounding that German industry and infrastructure was taking by the Anglo-American air war, which also forced the German military to bring back invaluable fighters, anti-aircraft artillery, and service personnel to the home front, and it becomes obvious that Germany was fated to lose the war long before any Allied soldiers reached the beaches of Normandy. The German army was defeated on the Western front, to be sure, but it was annihilated in the East. Until almost the very end of the war, somewhere between 60-80 per cent of the German divisions were stationed in the East, and that was where they were wiped out. But the Soviets paid a horrific price for their victory. According to the Military Research Office of the Federal German Army, 13,500,000 Soviet soldiers lost their lives in the fight against Nazi Germany. The United Kingdom lost some 326,000 soldiers. The United States lost 43,000 men in Europe.

In light of such statistics, one can only imagine how offended many Russians, Ukrainians and Byelorussians must feel today when they hear Americans congratulating themselves for having been the ones who defeated the Nazis. Nevertheless, the host of the On Point broadcast, David Folkenflik, introduced one segment with the claim that the United States had played the &ldquodominant&rdquo role in achieving victory in World War II. Regarding the Pacific theater, there is no doubt about this. But after considering the scale of the fighting on the Eastern front of the European war, Folkenflik&rsquos contention becomes absurd. Unfortunately, such comments are still all-too common. The English historian Giles Milton, for instance, has recently published a book entitled &ldquoD-Day. The Soldier&rsquos Story,&rdquo in which he writes that the tide against Nazi Germany &ldquohad begun to turn&rdquo by the winter of 1942, but he still reserves the final turning for D-Day. So it is no wonder that many Russians today feel that people in the West fail to give them the credit they deserve for achieving victory in World War II.

This is important to contemporary polticis: if the tensions between Russia and the United States are ever to be overcome, then there will have to be more American recognition and appreciation of the sacrifices of the Soviet peoples in World War II. Otherwise Americans will continue to make it easier for Vladimir Putin to engage in his own historical myth-making to help legitimize his increasingly authoritarian rule. To be fair, if David Folkenflik had decided to include a discussion of the Eastern Front in his broadcast, it would have lasted too long and lacked focus. Moreover, it is only to be expected that, when a nation reflects on the past, it concentrates on its own historical achievements. But that cannot be a license for spreading false historical beliefs. At least a brief mention of the Eastern front would have been merited.

To acknowledge that D-Day was no &ldquoturning of the tide&rdquo in no way implies that it was not an important, or even a crucial, battle of the Second World War. Had the landings failed, as the American Allied Supreme Commander Dwight D. Eisenhower feared they might, the war could have dragged on for several more years. In that case, the Nazis would have come much closer to their goal of exterminating every last Jewish man, woman and child in Europe. Not to mention the hundreds of thousands, perhaps millions more military and civilian casualties that would have ensued. Victory in Normandy saved countless lives. In the final analysis, however, the greatest strategic consequence of the battle lies elsewhere.

This true significance of D-Day was briefly mentioned during the On Point episode by Walter Isaacson. (He was also the only participant who did not engage in overt exaggeration of D-Day&rsquos importance for defeating Nazi Germany.) Isaacson made the most sensible comment of the entire program when he pointed out that, had D-Day failed, a lot more of Europe would have fallen under the control of the Soviet Union that actually did. In truth, without D-Day, the Soviet T-34 tanks would not only definitely have crossed the river Rhine, but they most likely also would have reached the French Atlantic coast. As the English military historian Anthony Beevor has discovered &ldquoa meeting of the Politburo in 1944 had decided to order the Stavka [Soviet High Command] to plan for the invasion of France and Italy. 。 。 The Red Army offensive was to be combined with a seizure of power by the local Communist Parties.&rdquo D-Day may not have been necessary to defeat Nazi Germany, but it was needed to save western Europe from the Soviet Union. As Beevor observes, &ldquoThe postwar map and the history of Europe would have been very different indeed&rdquo if &ldquothe extraordinary undertaking of D-Day had failed.&rdquo

By all means, then, we should commemorate the heroism and sacrifices of the Anglo-American soldiers who fought and died on D-Day. They all made an important contributions to liberating western Europe and achieving victory over Nazi Germany. But national pride must never be allowed to distort historical reality. The successful Allied landings in Normandy accelerated Germany&rsquos defeat, but they didn&rsquot bring it about. The German military historian Jörg Echternkamp puts it well: &ldquoFrom the beginning of the two-front war leads a straight path to the liberation of Europe from Nazi domination roughly one year later. Nevertheless the German defeat had already at this time long since been sealed on the eastern European battlefields by the Red Army. This is all-too easily concealed by strong media presence of D-Day today." The credit for vanquishing Adolf Hitler&rsquos armies should go first and foremost to the Soviet Red Army. Again, Norman Davies is correct when he writes: &ldquoAll one can say is that someday, somehow, the present fact of American supremacy will be challenged, and with it the American interpretation of history.&rdquo For now, however, as the On Point broadcast has shown, popular understanding of D-Day in the Unites States continues to be more informed by myth than reality.


The bagpiper of D-Day

In the early hours of Tuesday, 6 June 1944, the largest seaborne invasion in the history of warfare began. The noise of war reverberated along 50 miles of the Normandy coast. Whilst the crackle of gunfire and rumble of explosions filled the ears of those landing on French soil that day, those on Sword beach heard another noise, one that would lift their spirits in their most fearful hour. It was the sound of bagpipes.

Read more about: WW2

When Germans and Americans fought side by side in WW2

Around 08:20, 21-year-old Private Bill Millin of the 1st Special Service Brigade Commandos stepped off his landing craft and into the icy waters of the English Chanel. The man next to him was shot in the face and killed instantly, his body dropping into the sea and sinking below. Dressed in his father’s World War I kilt and armed only with a ceremonial dagger, Millin began wading through the waist-deep water towards the shore. As he did, he started playing Hielan’ Laddie on his bagpipes, the deadliest performance of his life had begun.

Read more about: Hitler

What if D-Day had failed?

Born on 14 July 1922, Millin spent his first few years in Canada before his Scottish father returned to Glasgow as a policeman when Millin was a youngster. At the age of 12, he began to learn the bagpipes and at 17 he joined the Territorial Army in Fort William and would go on to play the pipes for several Scottish battalions before joining the Commandos.

During training, Millin was appointed the personal piper to the eccentric but brilliant military commander Brigadier Simon Fraser, the heredity chief of the Clan Fraser and the 15th Lord Lovat. The then 32-year-old Lovat asked Millin to play the pipes as they stormed the beaches on D-Day. This was against army regulations, as pipers had been banned from the front line during WWII, due to the high number of casualties during WWI. In the Great War, pipers had been seen as easy targets and were slaughtered in their droves.

Read more about: Hitler

Stanley Hollis: the only winner of a Victoria Cross on D-Day

When Millin reminded Lord Lovat of the rules, Lovat replied, ‘Ah, but that’s the English War Office. You and I are both Scottish, and that doesn’t apply.’ And so Millin knew he had a job to do, one that he would bravely and wholeheartedly embrace.

I shall never forget hearing the skirl of Bill Millin’s pipes. It is hard to describe the impact it had.

Millin initially began playing as the Allied boats sailed up the River Hamble towards The Solent. The music was relayed over a loudhailer so troops on other transports could hear it. Former Commando Roy Cadman described the scene, ‘As we pulled out with Bill Millin playing his bagpipes, all the boats started tooting their hoots and all the men on the decks were cheering. It reminded us of footballers playing for England against Germany, coming out of the tunnel onto the pitch, where all the crowd all cheered as they came out. It was just like that…I’d seen some very tough lads there, the tears were running down their face due to the emotion that was being stirred up.’

Read more about: Battles

Operation Fortitude: the D-Day deception campaign that fooled the Nazis

Many more would be moved by Millin’s music later that day. One of his fellow Commandos, Tom Duncan, would later state in an interview what the sound of those pipes meant to him on the beaches. ‘I shall never forget hearing the skirl of Bill Millin’s pipes. It is hard to describe the impact it had. It gave us a great lift and increased our determination. As well as the pride we felt, it reminded us of home, and why we were fighting there for our lives and those of our loved ones.’

For Millin, the pipes gave him something to focus on, to distract him from the horrors around, as well as providing relief after suffering terrible seasickness on the crossing over.

‘I enjoyed playing the pipes, but I didn’t notice I was being shot at. When you’re young you do things you wouldn’t dream of doing when you’re older,’ he said. ‘I was concentrating on my bagpipes and Lovat is a bit of a critic of bagpipers, so I had to watch what I was playing, so I had no time to think about anything else.’ He would later recant that in the midst of battle, Lovat once turned to him and said, ‘you missed out three notes there piper!’

After the first song had been completed, Lovat asked Millin to move into a rendition of ‘Road to the Isles’, which he did as he slowly walked up and down the beach, lifting the spirits of those around him. Some even stopped what they were doing to wave their arms and cheer at him, although one soldier called him ‘the mad bastard.’ The legend of the ‘mad piper’ had been born.

Read more about: Hitler

What if D-Day had failed?

In the end, it was those pipes that kept Millin alive and the reason he survived that day without a scratch on him. Two captured German snipers would reveal via translator why the piper at the front hadn’t been shot at. They said it was because they thought he was ‘dummkopf’, a foolhardy idiot.

‘I was very pleased that they thought I was mad because everybody else seemed to be getting shot and wounded and being a bagpiper probably saved me,’ Millin would later recount.

Whilst the pipes might have saved his life and offered him a distraction, they didn’t completely shield him from witnessing what was going on around. Although estimates vary, some 4,400 Allied soldiers perished on those shores that day and Millin had a front row seat. ‘They were lying, blood pouring from them. I will see their faces till the day I die,’ Millin said. ‘Wounded men were shocked to see me. They had been expecting to see a doctor or some kind of medical help. Instead, they saw me in my kilt and playing the bagpipes. It was horrifying, as I felt so helpless.’

After the beach landings the Commandos advanced inland and towards Pont de Bénouville, a bridge that crossed the Caen Canal that would later be renamed Pegasus Bridge after the emblem of the British airborne forces. During the night before the D-Day landings, paratroopers of the 6th Airborne Division seized and stubbornly held on to the bridge after flying in via glider. The capturing of the bridge played a crucial role in limiting the effectiveness of a German counter-attack.

Read more about: Battles

WW2 Heroes - the story of Major Digby Tatham-Warter

On the road to the bridge, Millin continued to play before the Commandos came under sniper fire. ‘I am piping along the road and I could see this sniper about a hundred yards or so away ahead of me and I could see the flash when he fired. And I glanced around, stopped playing and they were all down on the road and their faces in the road. Even Lovat was on his knee - one knee.’ Shortly afterwards, Lovat shot and killed the sniper before turning to Millin and saying, ‘Right, piper, start the pipes again.’ Millin did and the men continued on towards Pegasus Bridge.

Before they could reach their target, the men once again come under fire just outside the village of Bénouville. Colonel Mills-Roberts of 6 Commando dashed over to Millin and asked that he play them down the main street whilst running. Millin replied that he would, but whilst walking. ‘So I piped them in, and they all followed behind me and through the village.’

Read more about: WW1

The last Englishman - the unbelievable wartime exploits of AD Wintle

After stopping briefly when a nearby church was hit by shellfire, Millin continued to play the pipes until the Commandos reached a bridge, the constant threat of sniper fire now weighing heavily on his mind. Millin played them over the bridge with the sound of shrapnel pinging off its metal sides.

Just over 200 yards later and the Commandos reached Pegasus Bridge. As they approached, Millin could see Airborne soldiers on the other side of the bridge frantically signalling to them that the bridge was under sniper fire. Lovat’s orders had been clear though, ‘no matter what the situation, just continue over. Don't stop!’

So Millin did, playing ‘Blue Bonnets Over The Border’ as he went. He would later describe that crossing as ‘the longest bridge I have ever piped across.’ Although he made it across safely, 12 others didn't, most had been shot through their berets. Afterwards, Commandos that came through did so wearing helmets, rushing across in small groups.

Read more about: Battles

The largest seaborne invasion in history: The story of D-Day

Around 1 pm, an hour after their planned rendezvous, Lord Lovat and his Commandos had joined up with the 6th Airborne Division. Later that day the men took over some nearby farmhouses just outside a German-occupied village, which they would successfully storm the following morning. Mission completed, although Millin’s pipes would eventually be damaged after taking shrapnel fire.

Millin donated those pipes to Dawlish Museum in Devon and donated another set of pipes he used later in the campaign to the Pegasus Memorial Museum in France. After the war Millin went to work on Lovat’s estate near Inverness, although he found life there too quiet and shortly later went on to join a travelling theatre company, playing his pipes on stage. In the 1950’s he trained as a psychiatric nurse in Glasgow, before moving to a hospital in Devon in the late 60s and eventually retiring in 1988.

'In a 100 years time your children’s children will look back and say they must have been giants in those days'

Bill Millins's son speech at his father's funeral

Millin was the only man to strike up the pipes in front of enemy fire that day, urging his comrades on through one of the bloodiest battles of WWII. The pipes were his weapon, the music his ammunition.

At Millin's funeral, his son paid tribute to his father’s actions by recanting the words that Lovat gave to his men on D-Day, ‘In a 100 years time your children’s children will look back and say they must have been giants in those days. My dad is our giant.’


ビデオを見る: German Wehrmacht soldiers and officers in action 1