ナンシーアスター

ナンシーアスター


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

11人家族の8番目の子供であるナンシーラングホーンは、1879年5月19日にバージニア州ダンビルで生まれました。彼女の父、チズウェルダブニーラングホーン(1843-1919)は、鉄道開発で大金を稼いだ裕福なビジネスマンでした。彼女の母親、ナンシーウィッチャーキーン(1848–1903)は、16歳のときに結婚し、南北戦争の最後の日に看護師として働いていました。

ナンシーの伝記作家、マーティンピューは、次のように指摘しています。ナンシーは幼い頃から、しばしば単なる無礼に悪化した彼女の準備ができた機知を使って、彼女の支配的な役割のために戦うのを助けました。彼女の大規模で競争力のある家族。彼女は巨大なエネルギーを持ち、スポーツを愛し、むしろおとなしい人でした。しかし、彼女の外向きの攻撃はかなりの不安を隠し、彼女の生涯を通じて緊密な関係を確立するのに困難を感じました。彼女の南部のプロテスタントの育成と彼女の個人的な組み合わせ不安は彼女を純粋で検閲のように見せました;特に彼女はアルコール飲料に対する生涯の嫌悪感と肉体関係への根付いた恐れを持っていました。」

1897年にナンシーはロバートグールドショーと結婚しました。彼女は彼の大量飲酒と彼の性的要求に反抗した。彼らには息子のボビーがいましたが、1901年に離婚し、1903年に離婚しました。翌年、彼女はイギリスに移り、そこで非常に裕福なウォルドルフアスターと出会い結婚しました。彼女は後でコメントしました:「私は私の下で結婚しました、すべての女性はそうします。」夫婦はテムズ川沿いのバッキンガムシャーにある大きな不動産、クリーデンに引っ越しました。彼らはまた、セントジェームズスクエアに家を持っていました。

ウォルドルフ・アスターは保守党のメンバーであり、庶民院でプリマスのサットン部門を代表していました。 1919年に父親が亡くなると、アスターは貴族院の会員になりました。ナンシーは、結果として生じた補欠選挙で党の候補者になりました。オズワルド・モズレーは選挙で彼女のためにキャンペーンを行った人の1人でした。隣の戸口で、ただ彼女を嫌っていたので、両手を取り、頬などにキスをしました。どんな状況でも、彼女はまったく恥ずかしがり屋ではありませんでした。彼女は邪魔されたときはずっと良くなりました。彼女はヘックラーと邪魔者のために祈っていたに違いありません。彼女は確かにたくさんのことを手に入れました。」

ナンシー・アスターは自由党の候補者であるアイザック・フットを破り、1919年12月1日に庶民院に着席した最初の女性になりました(最初に選出された女性は1918年にコンスタンツ・マルキエヴィッチでしたが、シン・フェイン党のメンバーとして失格となりました誓いを立てることを拒否することによって自分自身)。 Markieviczは、多くのフェミニストと同様に、女性参政権キャンペーンに参加していなかった女性が議会に選出されたことを非常に批判しました。彼女は自分が「上流階級」のメンバーであり、一般の人々のニーズに「触れられていない」と非難した。女性社会政治同盟の指導者の一人であるノラ・ダクレ・フォックスは次のように指摘しました。「英国の選挙区に選出された最初の女性はアメリカ生まれの市民でした。英国の主題と結婚していた。」レイ・ストレイチーは、「彼女が知っておくべきことすべてを嘆かわしいほど知らなかった」と述べた。

アスターの処女演説はテンペランス協会に賛成であり、1923年に彼女はアルコール飲料の購入の年齢資格を18歳に引き上げた議員立法案を提出しました。アスターは、庶民院に選出された2番目の女性であるマーガレットウィントリンガムと緊密に協力しました。 1923年7月の演説で、彼女は次のように主張した。「1920年には、公園や公共の場所での猥褻行為について、これらの女性警察から2,000人近くが警告された。通りをうろつき、そうすることの危険性について助言した; 1,000人の少女が家や病院に通い、夜に立ち往生した6,400人の立派な少女と女性が避難所で発見された。首席領事館と社会福祉士、そして委員会は、女性と子供に関する法律への違反が頻繁ではない人口密集地域では、女性警察の雇用の範囲だけでなく緊急の必要性もあったと満場一致で報告した。また、女性は特別な資格を持ち、高度な訓練を受け、十分な給料を支払わなければならないと述べた。」

マーティン・ピューによれば、「彼女は、保育園の提供、未亡人の年金、平等な雇用、女性の警察、妊産婦死亡率を減らすための措置など、多くの女性の問題についてキャンペーンを行った。彼女はキャンペーンを行った道徳社会衛生協会を強く支持した。同意年齢を18歳に引き上げ、1925年に売春と勧誘に関する法律を廃止し、男女を平等な立場に置くことを目的とした法案を提出しました。一方、彼女は離婚における平等な権利に関する法律に反対しました。 1922年に、出生管理に関する情報を既婚女性に拡大する動きは非常に恥ずかしいと感じました。彼女は、ビクトリア朝の用語での出生管理は、女性を男性の基準に下げるためにほぼ計算されたと見なしました。」

1930年代、ナンシーアスターとその夫であるウォルドルフアスターは、テムズ川沿いのバッキンガムシャーにある大きな邸宅である自宅のクリブデンで週末のパーティーを定期的に開催しました。出席したのは、フィリップ・ヘンリー・カー(ロージアンの第11侯爵)、エドワード・ウッド(ハリファックスの第1伯爵)、ジェフリー・ドーソン、サミュエル・ホーア、ライオネル・カーティス、ネヴィル・ヘンダーソン、ロバート・ブランド、エドワード・アルジャーノン・フィッツロイでした。グループのほとんどのメンバーは、アドルフ・ヒトラーとナチスドイツとの緊密な関係の支持者でした。このグループには、影響力のある人々が何人か含まれていました。アスターが所有 オブザーバー、ドーソンはの編集者でした タイムズ、ホアは外務大臣であり、ハリファックス卿は後に外務大臣となる政府の大臣であり、フィッツロイはコモンズの議長でした。

の作者であるノーマンローズ クリーデンセット (2000):「Lothian、Dawson、Brand、Curtis、およびAstorsは、成人期のほとんどの期間、互いに親密な関係で緊密なバンドを結成しました。ここには、志を同じくする人々のコンソーシアムがあり、積極的に関わっていました。権力の内輪に近く、内閣大臣と親密であり、Clivedenまたは4 St James Square(または時折他の会場)で定期的に会った公的生活。大まかに言えば、彼らが支持したことは疑いの余地がありません-注目すべき例外が1つあります。政府がヒトラーのドイツと合意に達する試み、または彼らの意見が活発に広まったことは、恥ずかしいほど親ドイツ人として多くの人から非難されました。」

1936年6月17日、クロードコックバーンは、彼の反ファシストニュースレターで「ベストピープルズフロント」と呼ばれる記事を作成しました。 1週間。彼は、彼がアスターネットワークと呼んだグループが英国政府の外交政策に強い影響力を持っていると主張した。彼は、このグループのメンバーが管理していると指摘しました タイムズオブザーバー そして「集中力の並外れた地位」を獲得し、「ドイツの影響力の最も重要な支援の1つ」になりました。

1937年10月23日の週末、アスター家は30人の人々に昼食をとらせました。これには、ジェフリー・ドーソン(編集者 タイムズ)、ネヴィル・ヘンダーソン(最近任命されたベルリン大使)、エドワード・アルジャーノン・フィッツロイ(コモンズ議長)、アレクサンダー・カドガン卿(間もなく外務省の常任次官として反宥和政策ロバート・ヴァンシタートの後任)、ロージアン卿、ライオネル・カーティス。彼らは、宥和政策の強力な支持者であるネヴィル・チェンバレンが首相になり、これがすぐにロージアンやハリファックス卿などの人々の昇進を意味することを喜んでいました。

ノーマン・ローズによれば、ロシアン卿はアドルフ・ヒトラーとの将来の関係について話しました。 「彼は英国が何のために戦わないかを定義したかった。確かに国際連盟、壊れた船のためではなく、他の人の義務を尊重するためでもない。彼がナチスの指導者に説明したように、英国は東ヨーロッパに主要な利益を持っていなかった。 、「ドイツの領域」に含まれる地域。英国が作ったものではなく、その重要な利益を擁護していない紛争に引きずり込まれることは、帝国の統一にとって致命的な、ドミニオンとの悪魔的な関係になるでしょう。常に収益...事実上、ロージアンは中央および東ヨーロッパをドイツに引き渡す準備ができていた。」ナンシー・アスターはロージアンを支持しました:「20年の間、私はフィリップが外交政策に関して間違っていることを知りませんでした。」ジェフリー・ドーソンもロージアンに同意し、これは タイムズ 彼が数日後に書いたこと。ライオネル・カーティスは、このグループの唯一のメンバーであり、ロージアンの計画に疑問を抱いていました。

1937年11月、ネヴィルチェンバレンは、ドイツでアドルフヒトラー、ヨーゼフゲッベルス、ヘルマンゲーリングに会うために、秘密裏にハリファックス卿を派遣しました。ハリファックス卿は彼の日記の中で、彼がヒトラーにどのように語ったかを記録しています。共産主義を彼の国から遠ざけるという見方。」これは、ヒトラーがドイツの共産党(KPD)を禁止し、その指導者を強制収容所に配置したという事実への言及でした。ハリファックスはヒトラーに次のように語った。「これらすべての問題(ダンジグ、オーストリア、チェコスロバキア)について...」英国政府は「今日の現状を支持することを必ずしも懸念していなかった。主に懸念している人々は、私たちがブロックしたいとは思っていませんでした。」

その話はジャーナリストのウラジーミル・ポリアコフに漏らされた。 1937年11月13日 イブニングスタンダード ヒトラーは、わずかな励ましを受ければ、植民地問題で英国に10年間の停戦を申し出る準備ができている。その見返りに、ヒトラーは英国政府に次のことを期待するだろう。彼を中央ヨーロッパに自由に任せなさい」。 11月17日、ClaudeCockburnは次のように報告しました。 1週間、この取引は、Clivedenで最初に「使用可能な外交形態に」形成され、長年にわたって「英国の政策の過程に非常に強力な影響を及ぼしてきた」ということです。彼は後に、ハリファックス卿は「より公式な地区ではなく、クリブデンとプリンティングハウススクエアの代表者」であると付け加えた。

Cliveden Setという用語は、最初に レイノルズニュース 1937年11月28日、グループはファシズムに非常に同情的であると主張した記事の中で。デビッドローは、漫画を公開しました イブニングスタンダード、ジェームズ・ガービン、ナンシー・アスター、フィリップ・ヘンリー・カー、ジェフリー・ドーソンを示し、「あらゆる種類の平和をあらゆる種類の価格で」というスローガンを掲げています。この漫画は、イギリスの共産党に「 森の中の女の子-政治的要点のあるパント ユニティシアターで。

NS レイノルズニュース ネヴィル・チェンバレン首相は「クリーデンで保護拘留されている」と主張した。 マンチェスターガーディアン, デイリークロニクルトリビューン 同様の方法で物語を報告しました。アンソニー・イーデンが1938年2月25日に外務大臣を辞任し、ハリファックス卿に代わったとき、左翼の新聞は「宥和政策」がクリーデン・セットによって組織されたと主張した。

その話はアメリカに広まった。アメリカユダヤ人議会の議長であるルイーズ・ウォーターマン・ワイズは、ナンシー・アスターに、クリブデン・セットの活動について不満を述べた。そして人類、したがってヒトラー主義の犯罪に立ち向かうために...彼らの国に、ナチスまたはヒトラー主義のその巨大な不法行為を認識させるサービスを提供するために-政治的および精神的な世界で男性が大切にしているすべてのものを危うくする-」フェリックス・フランクファーターは、「反ユダヤ主義はナチズムの本質的な側面である」と主張し、この流れに固執することは、人々を「ヒトラーの反ユダヤ主義に対するあなたの側の同情を推測する」ことにつながるだろうと書いた。

アスター夫人は、彼女が「ユダヤ人共産主義プロパガンダ」の犠牲者になりつつあると確信するようになりました。 1938年2月28日の庶民院で、ハロルド・ニコルソンはウィラルの保守党議員であるアラン・グラハムがアスターにこう言うのを聞いた。彼女は彼の方を向いて、「あなたのようなユダヤ人だけが私に失礼なことを敢えてするだろう」と言いました。この事件は新聞や デイリークロニクル アスターの「ユダヤ人に対する感情」は「彼女の体力」を克服したとコメントした。友人たちは、彼女が「私が今まで出会った唯一のまともなユダヤ人」としてハイム・ヴァイツマンを紹介したときのディナーパーティーでの事件を思い出しました。

ナンシー・アスターの伝記作家であるマーティン・ピューは、「ナンシーの評判は取り返しのつかない損害を被った。コックバーンは、政府の政策を覆すために彼らのつながりと新聞を使用した非常に裕福な人々の例としてアスターを標的にした。ヒトラーをボルシェビスムに対する防波堤として使用することに熱心だったという理由で、当時の多くの人々と同様に、ウォルドルフとナンシーは、ドイツがベルサイユの条約によって厳しく扱われたと信じていたという意味で宥和政策をとっていました。ヒトラーの使者として活躍したフィリップ・カーのような影響力のある人々。」

第二次世界大戦の勃発後、アスター夫人はネヴィルチェンバレンに反対し、1940年5月に保守党の反政府勢力に加わって彼を解任させました。戦争中、彼女はプリマスで士気を高めることに多くの時間を費やしました。 5年間の市長。プリマスは攻撃の主要な標的となり、アスターズの家は焼夷弾による被害を受けました。

戦争での彼女の仕事にもかかわらず、プリマスの人々は1930年代に彼女の宥和政策の見解を忘れていませんでした、そして彼女が1945年の総選挙に異議を唱えれば彼女は敗北する可能性があると警告されました。彼女は立ち下がり、労働党の候補者であるルーシー・ミドルトンがプリマス・サットンの選挙区に選出された。保守党の議席は息子のジョン・アスターによって取り戻された。

ナンシーアスターは1964年5月2日に亡くなりました。

もちろん、彼女は無制限のエフロンティアを持っていました。彼女は誰よりも恥ずかしがり屋ではありませんでした。彼女は確かにたくさん得ました。

私はインディペンデントとして立ち、この機会に他のすべての女性候補者と一緒に降りて、1人を救うことを好みました。例外は、シン・フェイン党のマルキエヴィッチ伯爵夫人でした。彼は、悪名高く公言された英国の敵でしたが、民主主義体制の下で、彼女が破壊し、崩壊し、信用を失墜させる。私が正しく覚えていれば、彼女は反対されずに戻ってきました。次の例は、英国の選挙区に選出された最初の女性がアメリカ生まれの市民であったため、これ以上勇気づけられることはほとんどありませんでした。

私はあなたにあなたの女性会員を狂信的または狂信的であると見なしてほしくない。私は、自分で話すことができない全国の何百人もの女性と子供たちのために話そうとしているだけです。私は働く人を知っていることをあなたに伝えたいと思います、そしてあなたが彼に飲み物についての真実を話すならば、彼は他の誰よりもこれらの厄介な制限に我慢することをいとわないでしょう。

1920年には、公園や公共の場所での猥褻行為について、これらの女性警察から2,000人近くが警告を受けました。公園での見苦しい行動については3,000人近くが警告され、2,700人の少女は路上での浮浪について警告され、そうすることの危険性について助言されました。 1,000人の少女が家や病院に通い、夜に立ち往生した6,400人の立派な少女と女性が避難所で発見されました。

ネビル・マクレディ卿、レナード・ダニング卿、巡査長、ソーシャルワーカーの証拠があり、委員会は、女性と子供に関する法律への違反が頻繁ではない人口密集地域では、範囲だけではなかったと満場一致で報告しました。 、しかし緊急の必要性は、女性警察の雇用のためであり、彼らはまた、女性は特別な資格を持ち、高度に訓練され、十分に支払われるべきであると述べた。

私たちが最初の2人の女性会員の中で最も幸運だったことは事実です。彼らは、ほとんどの人が達成することを望むことができない基準を設定しました。それにもかかわらず、多くの将来の女性M.P.が、最初の2つと同じくらい目立った成功を収めることはほとんど期待できませんが、間違いなくその数を増やすことが最も望ましいです。前回の議会では、アスター夫人とウィントリンガム夫人がしばしば普通の人々の仕事をしていました。人間がそのような圧力で無期限に進み続けることは期待できません。本日、現在まで養子縁組された女性候補者の可能性を詳細に扱った一連の3つの記事の最初の記事を公開します。自由に使える議席のリストを綿密に精査したところ、議会に女性を置くことが望ましいという提案に対して、口先だけのサービスよりもはるかに多くを支払う準備ができている締約国はないことは明らかであるように思われる。数に関する限り、独立自由主義者がリストの先頭に立っていますが、独立自由主義者でさえ、これまでのところ、女性候補者に無風選挙を与えたようには見えません。しかし、おそらく、彼らには無風選挙があまりなかったので、「ウィーフリーズ」にはいくつかの言い訳がありました。

前回の議会での一連の出来事を綿密に追跡した人の中には、次の議会で女性の代表を増やす必要があることを否定する人はほとんどいないでしょう。そして、これは、国の政治問題をあらゆる角度から完全に構想することが望ましいという一般的な理由だけでなく、現在でも、特に今日でも重要性が過小評価されがちな特定の数の主題があるためです。議会の男性の多くによって、しかし女性によって十分に評価されています。アスター夫人とウィントリンガム夫人の価値は、一般的な政治問題への貢献だけでなく、刑法改正法案(その通過は主に彼らの努力によるものでした)などの問題について彼らが注いだ着実な努力にもありました。 、幼児法案の平等な保護、女性警察の質問(すべての女性警察がロンドン地域に留置されているということは、ほぼ完全に彼らのせいです)、およびその他の種類の問題。彼らが専門家や働く女性の視点を理解することを信頼できるという事実にもあります。

私たちはそのような優しさと勇気を見つけました、そして鉱山労働者と彼らの妻の間で苦味はありませんでした。私たちは、牛乳や食料だけでなく、戦争以外の方法で紛争を解決する何らかの方法をもたらすことを切望して戻ってきました。産業紛争は、女性と子供が最初に最も苦しむ戦争です。それはすべてとても役に立たず、絶望的であるように思われます-こここの国では、コミュニティのすべてのセクションが同じ美徳と同じ欠点を持っているようです。彼らは確かに同じスポーツの本能を持っています、なぜなら彼らは皆ダービーの勝者を求め、彼らの痛みに賭けることの悪についての講義を受けたからです!

プレゼントを送ってください。これを行うことで、苦しんでいる人の体や精神だけでなく、もっと重要なことは、仲間の男性や女性への信仰を生き続けるのに役立つことを忘れないでください。


先週、私たちは長期議会の父または「老人」について聞いたので、今週は庶民院の最初の母親についてのブログがあります。 博士課程の学生であるKateMeanwellとともに、 レディング大学とアスター100プロジェクトのジャッキーターナー博士は、ナンシーアスターの5人の子供たちの母親としての役割と、庶民院に着席した最初の女性MPとしての母親と女性の代表について話します。 1919. Astor 100プロジェクトと、女性の歴史の中でこの重要な100周年を記念する活動の詳細については、ここをクリックしてください。

ナンシー・アスターは、庶民院に着席した最初の女性であるだけでなく、最初の妻であり、最初の母親でした。彼女の1919年の選挙運動を通じて、ナンシー・アスターが描いた画像は、プリマス・サットンの「戦う女性」、「女性と子供のための声」、「恵まれない人々の擁護者」、「女性、妻、母親」、そして順番に描かれたものでした。彼女の夫のための「代理人」。最大の議論を引き起こした問題は働く母親としてのアスターの問題でしたが、アスターのイメージは必要と思われるように構築され展開されました。

アスター女史は1919年の補欠選挙で勝利し、庶民院で最初に聞かれた女性の声になりました。彼女はプリマス・サットンに選出され、労働党と自由党の候補者の合計よりも多くの票を獲得し、父親の死で貴族院に上った後、夫を保守党とユニオニストの議員に置き換えました。ナンシーの席での時間は当初、ウォルドルフが領主から脱出し、コモンズの席に戻るか、両方に座る手段を交渉するために働いたため、一時的なものでした。彼は出来なかった。

女性の役割モデルと声としての彼女の立場に加えて、ナンシーを多くの心の中で「正しい女性」にしたように思われたのは、母親と介護者に関連する通常の「女性の美徳」を具現化する彼女の能力でした。ナンシーは、下院で最初の女性であることに加えて、彼女の席に着いた最初の母親でした–彼女は、末っ子が2歳未満のときに議会に参加しました。

ナンシーを何らかの形で「試してテスト」し、親しみやすさと信頼感を与えることは、キャンペーンで有用な手段だったかもしれませんが、それでも彼女の立場と立場は独特で、確かに歴史的でした。多くの通信員は、ナンシーの女性としての魅力の多面的な性質を「3つの代表者:女性、妻、母親として…」と要約しています(MS 1416/1/1/1721 –オブザーバーのスタッフからの手紙、1919年11月29日付け) )。ナンシーがこれまでに行ったこととのシームレスなリンクを提供できたはずだという考えを損なう。 「もう一度アスター」の場合だったかもしれませんが、類似点は彼らの共有名とプリマスサットンの構成員に限定されていたようです。

(c)ボックス(プリマス美術館ギャラリーアーカイブ)

これは、ナンシーの選挙を祝福するために書いた何人かの人々の間で承認を得ました&#8211、彼女は他の多くの親と一緒に仲間入りしていました。それにもかかわらず、彼らの富と特権の観点から、ナンシーは、この点で、彼女が参加していた父親と、彼女が代表していた母親の一部よりも多くの共通点を持っていた可能性があります。母親としての経験から知っている人…家族の責任」、しかし彼女の家族に関する日々の責任は平均的な有権者とは非常に異なっていた(MS 1416/1/1/1723、BNスウィンソンからの手紙、1919年11月29日)。

ナンシーの母親の地位に懸念を表明する反対意見がありました。党協会の会合でのナンシーの開会のスピーチは述べた:

子供を産んだ女性は庶民院に入るべきではないと言われているそうです。彼女は子供たちの世話をして家にいるべきです。これは本当ですが、誰かがもっと不幸な子供たちの世話をするべきだと私は感じています。私の子供たちは幸運な子供たちの一人であり、それは私が庶民院に行って、男性だけでなく、イギリスの女性と子供たちの戦いと戦うことを強いています。

ほとんどの場合、マスコミはナンシーの母親としての地位を取り上げていませんでしたが、それがあったときに注目するのは興味深いことですが、彼女は一貫して前向きな見方を示し、「母性と女性性に関する問題の専門家」としての地位を確立しました。 、それが彼女の立候補の先駆的な資産であり、ナンシー自身の「差異フェミニズム」に訴えることを示唆している(MS 146/1/1/31 –プレスカット1919、リバプールクーリエ、1919年11月8日)。必然的に、ナンシーの写真は夫と子供たちと一緒に回覧されました、 サンデーピクトリアル 1919年11月9日、ナンシーの6人の子供全員と一緒に写真を撮り、「「私たちのナンシー」と彼女の最高の支持者」と題しました。

&#8220&#8221私たちのナンシー&#8221と彼女の最高のサポーター&#8221 日曜日の絵画、1919年11月9日

ナンシーの母親としての地位は、以前はどの国会議員にとっても明確な利益ではなく、母親としての彼女の立場の正当かつ論理的な延長でした。ただし、ナンシーの母親としての地位の重要性は誇張されるべきではありません。母親としてのナンシーの考えは、ナンシーが最初の女性MPであるという圧倒的で包括的な違いによって矮小化されました。

それにもかかわらず、ナンシーは彼女の言葉にとらわれ、多くの人から女性の特別代表と見なされていたのと同じように、社会の脆弱で不利な立場にあるメンバーの特別代表と見なされました。 オブザーバー ナンシー氏は、「庶民院でのあなたの行動はすべて、自分たちで話したり行動したりする能力が最も低い人々の側にあると確信している」と語った。 (MS 1416/1/1/1721 –オブザーバーのスタッフからの手紙、1919年11月29日)

野心的な議題が彼女の前にありました。

長期議会の父であるフランシス・ノリス卿についての最近のブログにも興味があるかもしれません。


ナンシーアスターは議会に選出された最初の女性ではありませんでした

ナンシーアスターの名前を検索すると、彼女が議会に選出された最初の女性と呼ばれているのがわかるかもしれません。しかし、それはまったく真実ではありません。彼女は国会議員(M.P.)として着席した最初の女性ですが、実際には2番目に選出された女性でした。

ニューステイツマンが説明したように、実際に英国議会に選出された最初の女性は、1918年にウェストミンスターの議席を獲得したコンスタンツマルキエヴィッチ伯爵夫人でした。マルキエビッチだけがカットをして、機会を利用しました。しかし、マルキエヴィッチは独房で苦しんでいる間に彼女の選挙に勝ち、実際に彼女の席に着くことはありませんでした。

ブリタニカは、マルキエヴィッチがアイルランドのナショナリズムの長年の活動家であったと説明しています。彼女は、しばしばアイルランド共和党軍の政治部門と呼ばれるシン・フェイン党の議員として議会に立候補し、1916年のイースター蜂起に参加しました。これはアイルランドでの英国の支配に対する反乱の失敗です。彼女は関与したとして逮捕され、その後釈放されたが、さらなる革命を企てたとして再び逮捕された。彼女が選出されたとき、シン・フェイン党のすべてのメンバーのように、彼女は王への忠誠の誓いを誓うことを拒否したので、実際に議会に議席をとることはありませんでした。それはナンシーアスターが議会に座った最初の女性であるという区別を持つことを可能にしました。


1919年11月28日&#8211ナンシーアスターが補欠選挙で選出

父親の死後、ウォルドルフアスターは庶民院の議席を放棄する必要があった、2番目の子爵アスターになりました。彼女はプリマスでよく知られていて人気があったので、ナンシーは彼の代わりに立っていました。プリマスサットン補欠選挙の結果は高く、選挙人名簿に載っている38,539人の72.5%*が投票しました。

*総選挙1918年の投票率は59.6%でした


リンカンシャーライフ

コメント2件 これまでのところ、
考えを共有する。

「ジャキエ、それは私の誕生日ですか、それとも私は死にかけていますか?」そこで、1964年5月2日に、米国生まれの英国の政治家ナンシー、息子のアスター女史に尋ねました。彼女がこれまでに話した最後の言葉であるこれらに対する彼の返事は、「お母さん、両方のビット」でした。

この交換は、50年前、ナンシーアスターが家族がベッドの周りに集まっているのを見て一瞬かき混ぜたときに、リンカンシャーのグリムスソープ城で行われました。その言葉は、彼女の末っ子であるジョン・ジェイコブ(「ジャキエ」)アスターに宛てられました。ナンシーアスターは20世紀初頭の政治の第一人者であり、絵のように美しいエデンハムの村に近いリンカンシャーで最も壮大な家であるにもかかわらず、これらのイベントがリンカンシャーでどのように行われるのか興味をそそられました。ここには、石造りのコテージ、樹齢100年の杉に覆われた大きな教会、中世の十字架のシャフト、近くの牧師館があり、チャールズキングズリーは1860年代に「HerewardtheWake」を書いたと言われています。歴史は急増します。
グリムスソープ城はアンカスター伯爵の本拠地であり、教会で本当に際立っているのは家族の記念碑(ウィロビー・ド・エレスビー兄弟、つまりアンカスター公爵と伯爵)です。第12男爵は息子の腕の中でエッジヒルで戦って死んだ。息子はナセビーで順番に戦い、チャールズ1世の葬式に出席するのに十分勇敢だった。 'が、過剰消費の急性症例のように聞こえる'長引く胆汁性障害 'で死亡した。デ・エレスビー家は、1516年に、アラゴンのキャサリンを待っている女性であるマリア・デ・サリナスとの結婚の際に、第11代ウィロビー・ド・エレスビー男爵に城が与えられて以来、ここにいます。

城は、ボーンから約4マイルの2,000エーカーの敷地にあり、道路から1マイル以上離れた場所から簡単に見ることができます。厳密な意味での城ではなく、防御よりも壮大さと快適さが重要だった時代に建てられた建造物の多くがあります。壮大な栗の道があり、赤鹿やダマジカの群れで注目に値します。中庭のある元の四角形の建物のほとんどは、テレビのThe Tudorsで鮮やかに描かれているように、ヘンリー8世の近くにいたサフォーク公チャールズブランドンによって建てられました。ブランドンは、1533年に7歳で不動産を相続した11番目の男爵の娘と結婚しました。ヘンリー8世は、彼の堂々とした訪問の1つを彼に支払ったとき、1541年に彼の存在で彼の自信のあるブランドンを優雅にしました。いくつかの建物はブランドンより古いですが、南東の角に要塞があり、13世紀にまでさかのぼります。

ジョンヴァンブラ卿は、18世紀初頭にこの地所から採石された石を使用して、城の北側を再建するために雇われました。この注目すべき任務を完了してから4年後に彼が死ぬので、これはヴァンブローの最後の素晴らしい業績となるでしょう。ヴァンブローによって始められた壮大な礼拝堂は、彼の死後、おそらく彼の弟子であるニコラス・ホークスムーアによって完成されなければならず、今日は穏やかなオアシスです。ヴァンブローの壮大な100フィートの大広間は、ウィロビードエレスビー家がかなりの富を持ってやってきたことを証明しています。ここには、大チェンバレン卿の役割で家族のメンバーが仕えた7人の王の肖像画が飾られています。この影響力のある立場が、何世代にもわたるデ・エレスビー家が古い貴族院からの王座と高級家具を蓄積することを可能にしたのです。アンカスターとケステベンの初代公爵としての貴族叙任に続いてヴァンブローに飛び散ったのは17人目の男爵でした。 He would have been dismayed to learn that his impressive new façade was already out of fashion by the time it had been completed in 1726.

The castle also has a surprising Jane Austen connection, for Jane’s eldest brother, James, married the eldest daughter of General Edward Matthew – whose wife was Lady Jane Bertie, the daughter of the 2nd Duke and Duchess of Ancaster, of Grimsthorpe. The sole issue of this marriage would be Anna Austen, Jane Austen’s niece, who was born in 1793.
Some of the treasures that adorn the castle are almost beyond description: the ‘dress’ worn by Charles I for a portrait by Van Dyck, which is also present coronation chairs, including that used by George IV at his coronation banquet robes worn by sovereigns since James II the House of Lords clock which stopped at the moment George III died and the table on which Queen Victoria signed her accession. By comparison the Brussels tapestries and paintings by the likes of Lawrence and Reynolds seem almost humdrum. In spite of the house’s external grandeur and rich fittings, many rooms have an intimacy, a very human scale, unusual in a house of this size.

It is also worth mentioning that the castle grounds were utilised by the armed forces in both the First and Second World Wars the Royal Flying Corps / RAF having an emergency landing ground in the first conflict, whilst a company of the Parachute Regiment was based here in WW2, preparing for the assault on the bridge at Arnhem.

The spectacular house is not sold short by the gardens either, which surround the castle on three sides and were landscaped by Capability Brown. Further from the castle the garden becomes semi-wild with woodland and spring bulbs. The topiary gardens are overlooked by the castle’s irregular Tudor south front the west front overlooks the lake and colourful herbaceous border – particularly in the summer – whilst the east front looks down on formal gardens and a walled kitchen garden. That lake was where composer Thomas Linley the younger (the ‘English Mozart’) met an untimely death whilst staying at Grimsthorpe in 1778, aged just twenty-two. The sailing boat in which Linley was enjoying the lake capsized and the young performer’s attempt to swim to shore ended in tragedy, his lifeless body not being recovered for forty minutes. Linley was buried in the church at Edenham among the monuments to his hosts.

So, what of Nancy Astor? How did the lady from Danville, Virginia, USA, come to die at such a grand example of the English stately home? Nancy Witcher Langhorne was born into a prominent family in 1879 and moved to England following her divorce from her first husband, Robert Gould Shaw II in 1903.

She then married English politician William Waldorf, 2nd Viscount Astor in 1906. William was proprietor of The Observer newspaper and MP for Plymouth from 1910. When he moved up to the Lords in 1919 it was Nancy who succeeded him in the lower house as Conservative MP for Plymouth (Sutton Division), becoming in the process the first woman in British political history to take up her seat in the House of Commons. Nancy Astor’s maiden speech was delivered on 24th February 1920, in which she strongly advocated the return of the strict drinking laws that prevailed during the Great War. We could do with a few more like her today. She would continue to hold the seat of Plymouth, Sutton until her retirement from politics in June 1945 and was also Lady Mayoress of Plymouth during the Blitz.

Nancy was known for her interest in social problems, especially temperance. She devoted much time to the causes of women and children, education and nursery schools. She also became involved with the cause of appeasement in the years leading up to World War II.

She was also an authoress, having penned a book about her life, ‘My Two Countries’ (1923), and was outspoken and quick-witted, becoming well known for the weekend gatherings at Cliveden, the Astor family home. She was also a fascinating lady of contrasts: favouring temperance, yet liking to ‘throw a party’ outspoken and independent, yet needy of her friendships wealthy yet generous liked and disliked in turn.

Nancy had six children (five boys and one girl) and it was the girl, Nancy Phyllis Louise Astor, who married Gilbert James Heathcote-Drummond-Willoughby in July 1933, thereby becoming Countess Ancaster and establishing the Astor link to both the Willoughby de Eresby family and Grimsthorpe Castle. It was therefore at her daughter’s home at Grimsthorpe that Nancy Astor passed away in May 1964 and where she uttered those memorable last words. Having come into this world in the same month eighty-four years before, those musings on birth and death were entirely appropriate.

Grimsthorpe Castle has much history to impart from the medieval and Tudor times, through Vanbrugh and the Austens to the more recent history of Nancy Astor. Absorbing knowledge can be dehydrating though, so respite is provided by the Georgian Coach House, now converted into a comfortable licensed tea room with seating for over fifty, with outside benches tempting on sunnier days. Knowing the contradictory character of Nancy Astor, I’m sure that she would have approved of licensed premises that also purvey a traditional pot of English breakfast tea. Afternoon tea, after all, is still a recognised part of visiting historic houses. Close to the Coach House, the old stables have been converted into a shop, with many items unique to Grimsthorpe, including honey harvested from the edge of the estate.

The link with Nancy Astor and her passing in 1964 lives on today. The current owner, the 28th Baroness, is the granddaughter of that eminent lady who moved from the States to England, forged a career in politics and became the first lady MP to ever take up her seat in the House of Commons. That in itself is worthy of a pause for reflection when you next visit Grimsthorpe.

コメント Add your thoughts.

A question: was it Lady Astor who had Edenham village school built? And in which year would that be? I am coming to the end (long overdue on my part) of writing a biography of Arthur Galton who was vicar of Edenham 1904 - 1921

I would love to visit Grimesthorpe some time in my life but more important would love to meet Lady Jane Willoughby. I,m an only child so that’s why I have three of my birth children and three other daughters from marriage. I love history and looking up family history. I want to carry as much history for even my grandchildren in which I have three. If she would like to write to me then she can e-mail me. My parents were Oscar Simmons Willouighby Jr. and Sara Eileen Truax-Willoughby.


Nancy Langhorne Shaw Astor

Viscountess Astor (1879–1964) was the first woman to take a seat in the British House of Commons. Nancy was born in Danville on May 19, 1879, to Chiswell Dabney Langhorne and Nancy Witcher (Keene )Langhorne. The Langhorne family lived in Richmond and at Mirador in Albemarle County.

Her first marriage, in 1897 to Robert Gould Shaw of Boston, ended in divorce. In 1906 Nancy married American expatriate Waldorf Astor. Waldorf Astor was the son of William Waldorf Astor, first Viscount Astor. The couple resided in England at Cliveden in Buckinghamshire. When her husband succeeded to the title in 1919, becoming ineligible to sit in the House of Commons, Nancy stood for election herself. In 1919 she won the seat in Parliament he had vacated upon being made a lord, and she held it for twenty-six years. She was the first woman member of Parliament. Her causes were temperance, women’s and children’s welfare, and opposition to socialism.

As leader of the so-called Cliveden set, she was accused of advocating appeasement of Hitler in the years before World War II. She maintained close ties with Virginia throughout her life, returning frequently to visit family and friends. She died on May 2, 1964, and is buried at Cliveden. Lady Astor had one son by her first marriage and four sons and a daughter by her second. She was a member of the Virginia Historical Society.

She once wrote, “To be a Virginian is a tremendous responsibility. So much is expected of us.”

This oil on canvas painting by Edith Leeson Everett was created around 1922.

会員になる!エキサイティングなメリットを享受し、一年中新しい展示会を探索してください。


Nancy Astor

On 1st December 1919, Nancy Astor took her oath in the House of Commons, a momentous day as she became the first female MP to sit in parliament.

Born in Virginia in 1879, Nancy Langhorne, as she was known then, was part of a large family and daughter of a businessman. Nancy’s father at the time of her birth had been struggling to make money: feeling the effects of the American Civil War and the abolition of slavery, the family were struggling to make ends meet. Fortunately, her father’s railroad business prospects blossomed after she was born and after a winning a lucrative contract, the family’s wealth and prosperity was restored.

In the 1890s, Nancy attended a prestigious finishing school in New York, the place where she would meet her first husband, Robert Gould Shaw II. The relationship progressed quickly and by the age of eighteen she had married Robert in October 1897 and in the following year gave birth to their only son, Robert Gould Shaw III. The marriage however was not to last. The turbulent relationship lasted just four years, with speculation of Robert’s alcoholism. The marriage took its toll on Nancy and by 1903 they were divorced.

After the disintegration of her marriage, Nancy returned to her father’s household. It was not until her father suggested that she move to England that her life began to transform, more than she could have ever imagined. Having previously enjoyed a trip to England, Nancy was persuaded to move to London in 1905 taking her sister Phyllis with her for company.

It did not take long before a young Nancy entered the spotlight of the British aristocracy. Her American glamour and quick wit proved to be a big hit amongst the higher echelons of society. She was not short of admirers, however her interests turned only to Waldorf Astor, a prominent figure whose father was Viscount Astor and owner of a national newspaper. They bonded over their shared heritage in America, their similar attitudes and before long their interests aligned and they married six months later. As a wedding gift to his son and new daughter-in-law, William Waldorf Astor presented them with Cliveden, an exquisite estate located on the Thames as a wedding gift. The fairytale complete, the Astor’s went on to have five children.

In the meantime, Nancy Astor threw herself into the social responsibilities of being a member of the British aristocracy. She proved to be a brilliant hostess and made several acquaintances through her networking and socialising. In addition to their country estate, the Astor’s owned a splendid home in St James Square in central London which proved to be perfect for entertaining with its large ballroom and luxurious reception rooms. The setting for many a decadent dinner party, the building still stands true to its former grandeur today, although now housing a naval and military club. If you walk through the historic square you will notice the blue plaque commemorating this exquisite heritage site.

As Nancy met with more people she found herself mixing in political circles such as the liberal group Milner’s Kindergarten, which consisted of Britons who had served in the South African Civil Service and advocated the expansion of imperialism whilst also pursuing ideas of equality. Meanwhile, her husband entered the political arena in 1910, winning an election as a Unionist to represent the borough of Plymouth.

Waldorf Astor had a successful political career in the House of Commons and became involved in liberal reforms such as the National Insurance Act of 1911 and the “People’s Budget” which sought to tax the richest in society in order to fund welfare projects. In 1919 his father’s death resulted in his inheritance of the Viscount title and his automatic progression to the House of Lords.

This triggered a by-election for his seat, an election which the newly titled Viscountess Nancy Astor would win. This result made Nancy Astor the second woman to be elected to the House of Commons. The first had been Constance Markievicz who never took her seat in the Commons due to her Sinn Fein party abstention policy.

On 1st December 1919 Lady Astor took her seat in the House of Commons, a historically significant event which would change the political and social sphere for years to come. Nancy’s sharp mind and American wit proved a advantage in her political dealings. She was not one to shy away from the spotlight and she remained outspoken on the issues she felt strongly about. She chose to support lowering women’s voting age to 21 years of age rather than 30 years and chose to advocate women’s rights in her speeches. This however was met with some criticism from suffragette members who claimed she had not had any dealings with any women’s rights movements before her election. That being said, Nancy was a female voice in a sea of male dominated political voices. Her voice and position as an MP was important.

Her dedication to a variety of causes was evident in and out of parliament. She supported education expansion and women’s roles in the civil service, not to mention the minimum age limit for drinking to be set at eighteen which remains today.

By the time of the Second World War, the global landscape was changing. Neither Nancy nor her husband wanted to engage in a war with Germany and preferred the policy of appeasement. Despite this, Nancy and her husband did contribute to the war effort by running a hospital for wounded soldiers and using their own wealth in funding projects in the city of Plymouth. Nancy also proved influential in Winston Churchill‘s rise to power in 1940.

Never one to shy away from a debate, it was said that her exchanges with Churchill proved quite satirical, particularly on one of occasion when Churchill described the feeling of having a woman in Parliament as having someone intrude on him in the bathroom. Astor simply replied, “Sir, you are not handsome enough to have such fears”.

Nancy continued to serve as an MP until the end of the war in 1945 when she was advised by her colleagues and husband not to stand again. Her outspoken voice had evolved into more erratic behaviour and by the end she had lost touch with the new social and cultural dynamics of the day. The time had come for her to step down and with that she retired, leaving twenty-four other women to take their seats in parliament in the same year.

Lady Astor retired and lived in solitude. Her legacy was substantial a woman entering parliament for the first time was a game changer for the political elite and British society more broadly. Nancy Astor was an important figure in the fight for women to be political, economic and social equals.

ジェシカブレインは、歴史を専門とするフリーランスのライターです。ケントを拠点とし、歴史的なものすべてを愛する人。


政治的キャリア

1919年、 Nancy Astor father-in-law Waldorf Astor&rsquos father. Her husband ascended to the peerage and had vacated his seat in the House of Commons. Nancy Astor had proved to be a good political campaigner on behalf of her husband was encouraged to run for the seat his seat.

On the 15 November 1919, she won a by-election by 3,000 votes and was elected as a Union Conservative in the Sutton Division of Plymouth. In 1920 she became the first woman to sit in the House of Commons. She was not the first woman to be elected, that honor had gone to Irish politician Constance Markievicz. Markievicz chose not to sit in the House of Commons for political reasons and instead became a founding member of Dáil Éireann. For two years Astor was the only woman member of the House of Commons.

Nancy Astor went on to win seven consecutive elections and was a member of parliament from 1919 until 1945. Her maiden speech focused on temperance and later she was responsible for instigating the lifting of the legal age for alcohol consumption to eighteen.

In 1944, when she was sixty-five years of age, announced that she was leaving politics and would not be contesting her seat at the next election.


Lady Nancy Astor and the Sancy Diamond

Virginia- born Nancy Langhorne Astor (1879-1964) came from humble stock but grew up to become a Viscountess when she married Waldorf Astor, 2nd Viscount Astor (1879-1952). This beautiful woman went on to make history as the first female Member of Parliament in the British House of Commons.

Her Southern Confederate family became impoverished after the American Civil War. Her rough, tough, hard-drinking father, Chiswell Langhorne struggled to provide for his family for many years. It wasn't until Nancy was in her early teens that he finally struck it rich in the railroad business.

Nancy and all her four sisters were beauties who inherited their good looks from their mother, Nancy Witcher Keene. Nancy's older sister, Irene, married artist Charles Dana Gibson who used her as the model for his famous Gibson Girl look - the ideal view of feminine beauty of that time.

Nancy had her own fair share of admirers and at 18, married a rich but alcoholic Bostonian, Robert Gould Shaw II. The brief marriage was a huge mistake. Nancy left Shaw several times during the marriage and finally for good 4 years later.

Soon after her divorce, she visited England. A long time Anglophile, she loved England right from the start. Her father eventually persuaded her to settle permanently in England since she was so happy there.

Nancy appeared on the British social scene at the time when many estate-rich but cash poor British noblemen were marrying American heiresses (see my past post, Jewels for the Dollar Princesses). There was predictably some resentment from female quarters. However, she charmed everyone with her unusual combination of religious devoutness, social decorum and saucy wit. Someone asked her, "Have you come to get our husbands?" Nancy shot back, "If you knew the trouble I had getting rid of mine. 「」

She soon met fellow American expatriate, Waldorf Astor, a descendant of the fabulously wealthy Astor family. His father, William Waldorf Astor had brought his family over to England where they all became British subjects. William Waldorf later earned himself a hereditary peerage as the 1st Viscount Astor for his large charitable contributions.

Nancy and Waldorf were of the same age and their temperaments complimented each other. He was the strong, serious, methodical type who needed someone vivacious and who also shared his views and interests. He fell in love with her first. When she finally agreed to marry Waldorf, his wealth was definitely one deciding factor but she also felt he would be a good stepfather to her beloved son, Bobbie Shaw.

Despite Nancy being a divorcee with a 6 year-old son, Waldorf`s father approved of Nancy. As a wedding gift, he gave his son Cliveden, the huge family estate together with a vast amount of money for the upkeep.

Nancy received the legendary 55.23 carat Sancy or Sanci diamond which her new father-in-law bought in 1906. This pale yellow diamond is centuries old and is believed to be of Indian origin due to the unusual faceting. At different times in its long and checkered history, it belonged to French and British sovereigns, Russian and Indian nobility. The diamond is the main feature in the tiara worn by Nancy in the pictures below. It was later sold by Nancy's grandson, the 4th Viscount Astor, to the Louvre Museum in 1978 for $1 million.

In the early years of their marriage, Nancy spent her time as a social hostess and supported Waldorf's entry into British politics as a Member of Parliament for Plymouth. Both were committed philanthropists.

During the First World War, Cliveden served as a military hospital for Canadian soldiers. By then, Nancy had become a staunch Christian Scientist - one who did not believe in medical assistance - but nevertheless she still supported the efforts of the medical staff and had some success with her shock tactics on hopeless cases.

Her sharp tongue was apparently instrumental in turning around injured soldiers who had lost their will to live. One said,"I am going to die"。 Nancy shocked him by agreeing, "Yes, Saunders, you're going to die. You're going to die because you have got no guts. If you were a Cockney or a Scot or a Yank, you'd live. But you're a Canadian, so you'll lie down and die! I'll have them send you up a good supper for your last meal, and I will bet you this wrist watch you'll be dead by this time tomorrow. You can keep it until then. I'll get it back when you're gone."He not only lived but he kept the watch!

When Waldorf's father died in 1919, Waldorf became the 2nd Viscount Astor, which meant he automatically became a member of the upper House in Parliament, the House of Lords. So Nancy decided to run for his vacated House of Commons seat with full support from Waldorf. She was actually the second woman to be elected to the House of Commons, but she was the first to take her seat. This broke a 600-year-old all male bastion!

Considering her wealth and privileged position, she had a marvelous rapport with the ordinary people in her constituency. She made them laugh with deliberately frivolous comments like, “The only thing I like about rich people is their money”.

  • “I married beneath me. All women do.”
  • "In passing, also, I would like to say that the first time Adam had a chance he laid the blame on a woman."
  • "Women have got to make the world safe for men since men have made it so darned unsafe for women."
  • "We women talk too much, but even then we don't tell half what we know."

She was the sole female MP for 2 years before other women began to join her. It wasn't easy as many of the other male MPs resented her presence. She dressed with more decorum and was strong enough to hold her own.

She met her match with Winston Churchill, Britain's wartime Prime Minister who did not support women's suffrage or women in Parliament. Friends before her political career, they were at loggerheads afterward. The portly statesman said having a woman in Parliament was like having one intrude on him in the bathroom. Nancy shot back, "You're not handsome enough for such fears."

Churchill made the mistake of asking how he should go to a masquerade she was organizing. So she suggested, "Why don't you come sober, Prime Minister?" The best known exchange occurred at a dinner party. Nancy said, “If I were your wife, I would poison your coffee,whereupon Churchill retorted, “If I were your husband, I would drink it.”

Her career started to wane during the run-up to World War II. Waldorf and Nancy were anti-war and supported the then Prime Minister, Neville Chamberlain's peace plan to appease Hitler at all costs because they feared the rise of communism. She unfortunately earned the nickname, "Hitler's woman in Britain". But she threw in her support during the Second World War where Cliveden was again a military hospital.

She became increasingly out of touch with the British public and with her Plymouth constituents. Her speeches in Parliament started to ramble. Waldorf decided the time had come for Nancy to quit politics. He also had health issues of his own and felt he could not support her fully as he had in the past. He then made the announcement she would not be standing in the 1945 election. She was furious and never forgave Waldorf for acting in her best interests. They were estranged for a number of years but reconciled before he died in 1952.

Her final years were lonely ones. Waldorf, her close friends and her sisters were all gone - she was unfortunately estranged from her own children. She may have charmed many adults but Nancy terrified children, including her own when they were little. Domineering and an insensitive tease, her approach with children was that of an "affectionate bully". With the exception of her eldest son, they were not close to their mother when they grew up. Even her favorite son grew combative with her towards the end of her life.

Nancy died at 84. Her ashes lie with those of Waldorf at Cliveden. A Confederate flag was buried with her.


Nancy Astor’s letters by Susannah O’Brien

It is over fifteen years since I first came across Nancy Astor’s letters in the wonderful archives at the University of Reading. These letters and their owners have remained with me and for the last year I have been writing a novel based on the stories told within them.

Nancy Astor was the first woman to enter the House of Commons. A reluctant MP, she agreed to ‘keep the seat warm’ for her husband who had unwillingly inherited his father’s seat in the Lords. She was an MP for over twenty-five years. It quickly became clear to her that she wasn’t only the Member for Plymouth. Women from all over the UK wrote to her she was the “Lady MP”. By 1922, she was receiving between 1500-2000 letters a week.

Women wrote to Astor asking for advice on birth control, childcare, poverty and alcohol abuse. The letters reveal so much about Astor her warmth, her grit, her contradictions, her passion for improving women’s lives confused with a fear of feminism. There is a different side to her too – she could be madly fun, and was hugely devoted to her friends. She became great pals with T E Lawrence and would ride pillion on his motorcycle, much to the horror of contemporary society.

This blog post gives a brief taster of some of my more interesting finds in the Astor archives and shows (I hope!) why they have provided such inspiration for my novel.

“I have had two babies within seventeen months and the thought of having to pass through what I suffered last time is nearly killing me.” Anon woman, quoted in ‘Report for the Society of Provision of Birth Control Clinics’ which was sent to Astor.

Astor was a contradiction. Her humanity and generosity to women in difficult circumstances belied her Conservative politics and strict Christian Scientist outlook. She was an outspoken opponent of divorce, despite being a divorcee herself. The issue of birth control presented her with a moral dilemma. In 1930, Eva Hubback (ex-suffragette and close friend of Eleanor Rathbone) wrote to Astor explaining that a National Birth Control Council was to be set up and inviting her to be a Vice President. 「「I need not tell you of my interest in Birth Control, as you are already aware of what I think of it,” Astor replied. 「「But at the same time I really think I would prefer not to accept nomination as a Vice President of the proposed clinic.”

Clare J. Schweizer of Rhondda began her letter (7 th July 1933) by thanking Astor for a lovely weekend at Cliveden before moving on to say: “I feel that I want to say once more how much I feel the need here of … women being instructed in birth control … I know from the women that the midwives are not keen to instruct them. It would mean less ‘biological accidents’ and that is bad for midwives’ trade!

Astor’s opinion changed over time. In 1933, her political secretary was able to state: “Lady Astor is by no means opposed to Birth Control. On the contrary, she supports the establishment of expert clinics when information can be given by qualified people to those married women who desire it. Moreover, she feels that Birth Control is a far less dangerous thing than abortion…”

“Lady Astor has asked me to tell you how sorry she is to hear of your difficulties and to send you the enclosed £2 towards your rent,” Astor’s secretary to Edith Mann, 27 th June 1932.

Astor was sympathetic to the plight of women in difficult situations, but she took her responsibilities seriously. She asked her secretary to investigate Mrs Mann’s situation. A local charity replied that Mann was indeed in a very bleak state and Astor subsequently sent some money.

In response to a similarly desperate letter from a Mrs Lottie Clark, Astor wrote: “Remember that all your needs are met not by any effort of yours or your husbands but because God is caring for you all … [and] know that God has a plan for them which is finer than anything you could ever wish。」 On this occasion, Mrs. Clark’s prayers were indeed answered because Astor enclosed a cheque for £10 along with these words of wisdom.

“You are a dear … your letters always come when I am feeling ‘down’ to cheer me up”. Ellen Wilkinson MP.

Astor was good friends with Labour firebrand Ellen Wilkinson. In a series of undated letters from Wilkinson we see her congratulating Astor for bravery in the Commons (“Please let me congratulate you on your immense courage as a member for a dockyard town in making that statement”), expressing gratitude for her famous hospitality (“It was the most unforgettable party”), and thanking Astor for her friendship. Wilkinson faced financial difficulty when her sister fell ill and she did not have sufficient funds to pay for medical care. 「「I know I ought to ask someone on my own side to lend me the money … but that means inevitably giving up some of my independence of action which is the dearest thing in my political life,” Wilkinson wrote. Astor lent Wilkinson money and offered to visit the ailing sister.

Perhaps the most telling evidence of Astor’s importance to women is the support and admiration she received from other women. 「「Heartiest congratulations to you dear Lady Astor,” wrote Millicent Fawcett in 1923 upon Astor’s re-election, “both on your own success and on your going back into the House of Commons with seven other women … We have a lasting gratitude to you...”

In the 1920s women were emerging into the public sphere with a voice and a vote for the first time. Yet despite these new freedoms, they were still imprisoned behind societal expectations. We see these contradictions in the letters both sent and received from Astor’s office.

My novel focuses on Tabitha, a recent Oxford graduate and Lady Astor’s Correspondence Secretary. I wanted to portray a clever young woman who, having fought for the suffragettes, was now looking for a way to make her mark on the world. But all her ambitions were flattened when she became pregnant. Tabitha is fictional, but her story embodies the difficulties faced by many women who wrote to Lady Astor.

Since 2017 I have taken two courses with the prestigious Faber Academy to help me develop my manuscript. I am immensely grateful to receive an independent research fellowship from the WHN. With this funding, I plan to return to the Astor archives to look further at the wonderful correspondence and find more letters to add texture and depth to my novel.

As the 100 th anniversary of Astor’s entrance to the Commons arrives, there is increased interest in her work. My novel will offer an entertaining insight into her words and deeds, and shine a spotlight onto women’s lives in the 1920s. I can’t wait to share Astor’s and Tabitha’s stories with a wider audience.

Susannah O’Brien is a teacher and writer. She has been fascinated by the works of Lady Astor for many years, having studied women’s political history at Royal Holloway, University of London, St John’s College, Oxford, and Trinity College, Dublin. She is now writing a novel based loosely on Lady Astor’s correspondence. She is a Women’s History Network Independent Research Fellow, 2019-2020.


ビデオを見る: NiziU Baby Im a Star MV