英国と拡大戦争1915-1916-ガリポリからソンムまで、編ピーターリドル

英国と拡大戦争1915-1916-ガリポリからソンムまで、編ピーターリドル


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

英国と拡大戦争1915-1916–ガリポリからソンムまで、編ピーターリドル

英国と拡大戦争1915-1916–ガリポリからソンムまで、編ピーターリドル

この本のタイトルは少し誤解を招くと言わなければなりません。多くの記事が1915年から1916年の期間をカバーしていますが、はるかに広い期間をカバーするものがたくさんあります-1918年までのユットランドの影響、メソポタミアキャンペーン全体、アメリカの戦争への道、そして考古学を記録する現代の試みを見ている人さえいます英国での戦争。 「より広い戦争」もある程度の余裕を持っているので、ソンムのドイツの指揮統制に関する記事を入手し、戦いの1つの重要な焦点に重点を置くことで、一連の災害に対処することができました。ほとんど画期的です。

個々の記事はすべて高品質です。ソンムとヴェルダンに関する記事は、これらの戦いの長期的な影響に注目しており、ドイツ軍に重大な損害を与えることで、最終的な連合国の勝利に実際に大きな役割を果たしたことを示唆しています。

戦争に対する米国の態度に関する記事は、ウィルソン大統領と彼の政府が中立のときに戦争にどのように反応したか、米国が戦争に参加しなければならないかもしれないという信念のゆっくりとした成長とそれがどのように扱われたかを見ていきます。

顔の再建手術に関する記事は、専門家センターが1つのスキルに集中し、さまざまな専門家が互いに学び、驚くほど急速に進歩することの利点を示しています。

論争の的となる反対者に関する章では、彼らのかなり多様な扱い、兵役に反対する幅広い理由、そして前線で奉仕することをいとわないが戦わない人々から拒否する人々までのさまざまなレベルの拒否の両方をカバーしています。誰かを兵役に解放することによってさえ、戦争努力を助けると見なされることができる方法で彼らの平時の行動を変える。戦争未亡人の扱いに関するかなり気のめいる記事もあります。

この種の本ではいつもそうであるように、トピックが広いということは、全体的なテーマが明確ではないことを意味しますが、個々の記事は魅力的であり、それを補う以上のものです。

パート1
1 –ダーダネレス/ガリポリキャンペーン:コンセプト、配信、経験、 ピーターリドル
2 –「歯のないライオンズ」:西部戦線のイギリス軍の火力と装備、1915年、 スペンサージョーンズ
3 –「2番目のトラファルガー?」ユトランド半島とは影響、1916年から18年、 ダンカンレッドフォード
4 –消耗のトラウマ:ヴェルダンとソンム、 ウィリアム・フィルポット
5 –ソンムのドイツの指揮統制、1916年、 ジャック・シェルドン
6 –争いの兵士と政治家:1915年のヘンリーウィルソンの事例、 ゲイリーシェフィールドとジョンスペンサー
7 –統合、安定化、攻撃性:1915年と1916年初頭の英国陸軍航空隊、西部戦線、制空権。 ジェームズ・ピュー
8 –インド陸軍とメソポタミアキャンペーン、1914-1918、 ロバートジョンソン
9 –消極的な戦士:アメリカ人、1914年から17年–大統領、彼の部下と彼の状況、 ジェームズ・クック

パート2
10 –ハリファックスは第一次世界大戦にどの程度関与しましたか? デビッドミリコペ
11 –ハリファックス産業の動員、 デビッドミリコペ
12 – 1916年の第一次世界大戦:信仰への挑戦?、 エイドリアングレゴリー
13 –顔面外科、リハビリテーションおよび医療専門分野の影響、 アンドリュー・バムジ
14 –第一次世界大戦における英国の電気通信の歴史、 カピル・サブラマニアンとグレアム・グッデイ
15 –「私が喜んでもらえるどんな小さな記事でも」:第一次世界大戦の英国の未亡人の経験、 アンドレア・ヘザーリントン
16 –「家の火を燃やし続ける」:英国軍人に対する女性の支援、 ジェシカマイヤー
17 –アルフレッド・ポラードVC:塹壕の勇気、 N.S.ナッシュ
18 –「十代の」戦争:イギリスの若者と第一次世界大戦、 ニック・ボサンケット
19 –徴兵、良心、勇気:1916年からの戦争への抵抗、 クライヴバレット
20 –最前線で描く、 ジュリエットマクドナルド
21 –銃​​後の痕跡:英国の第一次世界大戦の風景を記録するための考古学的アプローチ、 エミリーグラスとニコラスJサンダース

編集者:ピーター・リドル
エディション:ハードカバー
ページ:344
出版社:
年:2016



個人奨学生ページ

私の主な関心分野は、ジェンダーの歴史、特に男性的なアイデンティティ、そして戦争と紛争の病歴です。第一次世界大戦中のイギリス兵の男性的アイデンティティに関する私の最初の本、Men of War:Masculinity and the First World War in Britainは、2009年にパルグレイブマクミランから出版されました。第一次世界大戦中に英国軍に委託された男性医療サービス要員は、2018年に出版される予定で、オックスフォード大学出版局と契約を結んでいます。私は戦争障害と人気のある小説についても幅広く出版しています。私はまた、心理的障害の歴史、戦後の市民の再統合と障害年金、ミドルブロウ、探偵と冒険のフィクション、そして大衆文化における第一次世界大戦の表現にも特に興味があります。

私の現在の研究は、欧州研究会議のスターティンググラントによって資金提供されており、第一次世界大戦後の障害のある英国の元軍人のための公式および非公式の医療および社会的ケアの性別を調べています。プロジェクトの中心にあるのは、これらの元軍人に関連する個人年金ファイルのデータベースの開発であり、ロンドンの国立公文書館のPIN 26セクションにアーカイブされています。これらのファイルの定量分析と、サンプルの詳細なテキストの読み取りを使用します。プロジェクトには、病院、地方自治体、慈善団体のアーカイブから抽出された資料だけでなく、州、慈善団体、家族が提供する医療および社会的ケアの種類と、これらのケア提供者のグループがそれぞれにどのように関連しているかを調査します。他の。そうすることで、英国の社会的および病歴の重要な時期に、医療および社会的ケアが性別によってどのように形成されたかを調査します。このプロジェクトの詳細

私はhttps://armsandthemedicalman.wordpress.com/で私の研究についてブログを書いています

平等な負担:第一次世界大戦における王立陸軍医療隊の男性、オックスフォード大学出版局、契約中、2018年。

Men of War:男らしさとイギリスの第一次世界大戦、パルグレイブマクミラン、2009年。

b)編集されたコレクション

第一次世界大戦の遺産、特集号 戦争と社会、Alison Fellとの共同編集者、第34巻、第2号、2015年。

男らしさとその他、Heather Ellisとの共同編集者、Cambridge Scholars Publishers、2009年。

イギリスの大衆文化と第一次世界大戦、編集者、Brill Academic Publishers、2008年。

c)ジャーナル記事

「マシューの脚とトーマスの手:見る ダウントンアビー 第一次世界大戦の歴史家として」 ブリティッシュシネマアンドテレビジョンジャーナル、レビュー中。

「Medicos、Poultice Wallahs and Comrades in Service:第一次世界大戦中の英国における男らしさと軍事医学」、 重要な軍事研究、レビュー中。

「十字軍に負けない:第一次世界大戦の英国での医療介護」、 郷土史ニュース 117、2015年秋。

「中立的な介護者または軍事支援?:友人の救急隊と戦時中の自発的な医療援助の問題」、 戦争と社会、第34巻、第2号、2015年、105〜120。 PMCID:PMC4497454。

d)本の章

「言及可能な場所で負傷:元軍人の組織と戦時中の英国における障害者の元軍人の(不)可視性」 第一次世界大戦後の英国とアイルランドの元軍人/元軍人、ed。マンチェスター大学出版局のOliverWilkinsonとDavidSwiftがレビュー中です。

「TheLongCarry:Landscapes and the Shaping of British Medical Masculinities in the First World War」 第一次世界大戦の風景、ed。 Martina Salvante、Selena Daly、Vanda Wilcox、Brill、制作中、2018年。

「「盲人の帰郷」:第一次世界大戦の英国における男らしさ、障害、男性の世話」 ファラシー:障害と男らしさの歴史的交差点、ed。キャスリーンM.ブライアンとジェームズW.トレントジュニア、オックスフォード大学出版局、2017年:153-170。

「家の火を燃やし続ける:英国軍人に対する女性の支援」 イギリスと拡大戦争1915-1916:ガリポリからソンムへ、ed。 Peter Liddle、Pen&Sword、2016年:246-255。

「TheNotDead:第一次世界大戦から現在までの生活と文学における障害者の元軍人」 ジェンダーと紛争、当時と現在:学際的な視点、ed。 Ana Carden-Coyne、Palgrave Macmillan、2010年:98-109。

「自傷によるシェルショック」 神経学と現代性、ed。アンドリュー・シャイルとローラ・ソールズベリー、パルグレイブ・マクミラン、2010年:231-244。

メディア報道私は、第一次世界大戦の家庭(BBCラジオリーズ、シェフィールド、ヨーク)、ホームフロント(BBCラジオ4)、ティーンエイジトミー(BBC 1)など、さまざまなBBCプログラムの歴史コンサルタントを務めてきました。 Twitter @ thehistorygirl1を含む全国メディアアウトレットカントリーフォーカスイギリス地理学による専門知識イギリス年代学による専門知識19世紀、トピック家族、性別、医学、軍事、セクシュアリティ、女性による20世紀の専門知識


イギリスと拡大する戦争、1915年から1916年:ガリポリからソンムのKindle版まで

私にとって本の喜びは、利用できるタイトルの範囲と本の目的の違いであるため、主題のさまざまな視点を得ることができます。第一次世界大戦での戦争サービスの個人的な説明を提供する本や、特定の戦闘を分析する本がいくつかありますが、全体として、戦争の政治的および軍事的戦略的要素を扱っている本はほとんどありません。この本は、この空白を埋めるのに役立ちます。

私はこのスタイルの本を特に楽しんでいることを認めます。この本では、いくつかの歴史家がさまざまな問題をカバーする個々の章を寄稿しています。 21の章では、ダーダネレスとガリポリのキャンペーン、イギリス陸軍で使用されている火力と装備、ソンムの戦いでのドイツ軍の指揮と統制、顔面手術、戦争が信仰に及ぼす影響、戦争中の10代の若者のレビューを取り上げています。私の特別な関心を念頭に置いて、私はインド軍とメソポタミアキャンペーンの章を読んでとてもうれしく思いました。

このスタイルの本を持っている私にとってのもう一つの利点は、それを手に取って、一度に1つの章を読むことができることです。あなたは本当に無秩序であり、各章がそれ自体で立っているので、第14章、第2章、そして必要に応じて19を読むことができます。この本全体を読むことは、この時期の第一次世界大戦の本質の完全な文脈を知るために重要なままです。章のすべての著者は、その分野で著名な学者であり、ピーター・リドル自身、ダンカン・レッドフォード、ゲイリー・シェフィールド、ロバート・ジョンソンが含まれます。

80枚の写真が含まれており、それぞれが章の主題をサポートしています。今まで見たことのないものが多く、品質も良いです。本の裏側には、「リーダーシップと指揮、勇気、良心的兵役拒否、軍事医学、ホームフロント、女性の役割、悲しみと死別、戦争の考古学などの重要な問題を探る」と書かれています。本を二度、私は完全に同意します。要するに、素晴らしい本、そして刺激的でありながら楽しい考えを読んでください。


イギリスと拡大戦争1915-1916:
「一連の簡潔で示唆に富む章で、著者は第一次世界大戦中期の最新の奨学金(1915年と1916年)を要約し、アクセスできるようにし、専門誌以外ではめったに探求されない基本的な問題を取り上げています。は戦争における英国の役割の理解を深めるための重要な貢献であり、世界的な紛争の影響への洞察を変えている新鮮な研究と独自の解釈に追いつくことに熱心な人にとっては必読です。戦いやキャンペーンは新しい視点から再考されますが、軍事的リーダーシップ、英国の政治家と将軍の間の不和、良心的な反対、インド軍の役割など、より一般的なトピックも同様です。戦争の長期的な影響もあります。考慮される–顔の再建、コミュニケーションの発達、積極的な奉仕における男性への女性の支援、悲しみと死別、挑戦t o宗教的信念、戦場の芸術、そして戦争の生き残った痕跡。」
ペン&ソード、2016年
ピーター・リドル編集

寄稿者:Andrew Bamji、Clive Barrett、Nick Bosanquet、James Cooke、Emily Glass、Graeme Gooday、Adrian Gregory、Andrea Hetherington、Robert Johnson、Spencer Jones、Peter Liddle、Juliet MacDonald、Jessica Meyer、David Millichope、NS Nash、William Philpott、ジェームズ・ピュー、ダンカン・レッドフォード、ニコラス・サンダース、ゲイリー・シェフィールド、ジャック・シェルドン、ジョン・スペンサー、カピル・サブラマニアン。

第20章「最前線を描く」では、後にテレビの司会者および作家として、また「アートセラピー」という用語を生み出したと言われる芸術の治療的価値の支持者として有名なアーティスト、エイドリアンヒルに焦点を当てています。ヒルはソンムの戦いの1916年7月に西部戦線に到着した。この章では、ヒルの手紙や絵などのアーカイブ資料を利用して、ソンム地域での最初の数か月の現役での経験をたどります。この章では、翌年の間に、歩兵伍長から新しい国立戦争博物館(後に帝国戦争博物館)の公式戦争芸術家としての任命へのヒルの移行について説明します。


英国と拡大戦争1915-1916:「一連の簡潔で示唆に富む章で、著者は第一次世界大戦中期の最新の奨学金(1915年と1916年)を要約し、アクセスできるようにし、専門誌の外で探求されることはめったにありません。彼らの仕事は、戦争における英国の役割の理解を深めるための重要な貢献であり、私たちの洞察を第一次世界大戦の影響。主要な戦いとキャンペーンは新しい視点から再考されますが、軍事的リーダーシップ、英国の政治家と将軍の間の不和、良心的な反対、インド軍の役割など、より一般的なトピックも同様です。戦争の長期的な影響も考慮されます–顔の再建、コミュニケーションの発達、積極的な奉仕に対する男性への女性の支援、悲しみと死別、宗教的信念への挑戦、戦場の芸術、そして戦争の生き残った痕跡。」ペン&ソード、2016年

ピーター・リドル編集
寄稿者:Andrew Bamji、Clive Barrett、Nick Bosanquet、James Cooke、Emily Glass、Graeme Gooday、Adrian Gregory、Andrea Hetherington、Robert Johnson、Spencer Jones、Peter Liddle、Juliet MacDonald、Jessica Meyer、David Millichope、NS Nash、William Philpott、ジェームズ・ピュー、ダンカン・レッドフォード、ニコラス・サンダース、ゲイリー・シェフィールド、ジャック・シェルドン、ジョン・スペンサー、カピル・サブラマニアン。

ジュリエット・マクドナルドによる第20章「最前線で描く」は、後にテレビの司会者および作家として、また芸術の治療的価値の支持者として有名な芸術家エイドリアン・ヒルに焦点を当てています。アートセラピー」。ヒルはソンムの戦いの1916年7月に西部戦線に到着した。この章では、ヒルの手紙や絵などのアーカイブ資料を利用して、ソンム地域での最初の数か月の現役での経験をたどります。この章では、翌年の間に、歩兵伍長から新しい国立戦争博物館(後に帝国戦争博物館)の公式戦争芸術家としての任命へのヒルの移行について説明します。


コンテンツ

1914年編集

フランスとドイツの軍事作戦は1914年9月にソンムで始まりました。アルバートに向かって西に進むドイツの前進はラボワッセルでフランス人によって止められ、10月に攻撃的な戦争を再開する試みは失敗しました。双方は、地元の作戦や襲撃への攻撃を減らし、地下工事で残りの陣地を強化し始めました。 12月18日、フランス軍はドイツの突極の西端にあるラボワッセル村の墓地を占領し、ドイツの最前線からわずか3 m(3ヤード)のところに高度なポストを設置しました。 12月24日までに、フランス人はドイツ人を墓地とラボワッセルの西部地域から強制的に戻しましたが、彼らの前進は少し前に止められました。 L'îlotdeLaBoisselle、有刺鉄線で保護されたドイツの塹壕の前。 [1]かつては農場と少数の建物の場所でしたが、 L'îlot として知られるようになりました グラナトフ (ドイツ語、シェルファーム)ドイツ人にそして後にイギリス人への栄光の穴として。 1914年のクリスマスの日に、フランスのエンジニアはラボワッセルで最初の坑道を沈めました。 [2]

1915年編集

ソンムの前線の残りの部分に沿った小康状態の間でさえ、反対の線が200ヤード(180 m)離れていたラボワッセルの西端の無人地帯で戦闘は続いた。 3月8/9日の夜、ドイツの工兵が不注意でフランスの鉱山ギャラリーに侵入しました。彼は爆発物で起訴されていたことがわかりました。ボランティアのグループは、起訴を解体して発射ケーブルを切断するのに45分かかりました。イギリス軍がソンム戦線に移動したとき、フランスの鉱山作業が引き継がれました。 [3]ジョージ・フォウケは174番目と183番目のトンネル会社をこの地域に移しましたが、最初はイギリス人には多数のフランスのシャフトを引き継ぐのに十分な鉱夫がいませんでした。フランス人がエンジニアを仕事に残すことに同意したとき、問題は一時的に解決されました。数週間。 [4] 7月24日、174th Tunneling Companyはブレイに本社を設立し、カルノワ、フリクール、マリクール、ラボワッセルで約66本のシャフトを引き継ぎました。ラボワッセルのすぐ南西にある人の土地は、ある時点で幅が約50ヤード(46 m)と非常に狭く、多くのチョーククレーターによってポックマークされていました。 [2]必要なトンネラーを提供するために、イギリス軍は8月に178番目と179番目のトンネル会社を設立し、10月に185番目と252番目のトンネル会社を設立しました。 [4]第181トンネリング会社もソンムに存在した。 [5]

ラボワッセルの西端とイギリスの最前線の反対側の地域には、連続した最前線の塹壕が通っていなかったため、秘密を守るために綿密な予防措置が取られました。 NS L'îlot サイトは、坑道近くの支柱によって守られていました。 [3]地下戦争は、敵対する長所を破壊するための攻撃的な採掘と、長さ30〜120フィート(9〜37 m)のトンネルを破壊するための防御的な採掘で続いた。ラボワッセル周辺で、ドイツ人は前線に平行な長さ約80フィート(24 m)の防御的な横断トンネルを掘りました。 [2] 11月19日、第179トンネリング中隊長のヘンリーハンス大尉は、ドイツ軍が15ヤード(14 m)離れていると推定し、鉱山室に6,000ポンド(3ロングトン2,722 kg)の爆薬を搭載するよう命じた。 11月20/21日の深夜までに完成しました。午前1時30分、ドイツ軍は突撃を吹き飛ばし、残りのイギリス軍のトンネルを一酸化炭素で満たした。左右のトンネルが崩壊し、後にドイツの爆発がイギリスの突撃を爆発させたことが判明した。 [6] [a] 1915年4月から1916年1月まで、61の鉱山が出現しました。 L'îlot、20,000〜25,000 kg(20〜25ロングトン)の爆薬を搭載したものもあります。 [7]

1916年編集

ソンムの戦いの最初の2週間にイギリス軍が付けた名前であるアルバートの戦いの開始時(7月1〜13日)、ラボワッセルはイギリス軍の攻撃の主軸に立っていました。王立工兵隊のトンネル会社は、連合軍の戦闘準備に2つの貢献をすることになりました。それは、最前線に沿ってドイツ軍の陣地の下にさまざまなサイズの19の地雷を配置し、イギリスの最前線から無人地帯に一連の浅いロシアの樹液を準備することでした。 。樹液はゼロアワーに開かれ、歩兵が比較的短い距離からドイツ軍の陣地を攻撃できるようになります。 [8]ラボワッセルでは、王立工兵隊によって4つの鉱山が準備され、2番ストレートと5番右が L'îlot 179番目のトンネル会社によってインチストリートトレンチから掘られたギャラリーの終わりに、ドイツのトンネルを破壊し、無人地帯に沿った侵入火災を阻止するためのクレーターリップを作成することを目的としていました。 [9]

ラボワッセルのドイツ人は廃墟の家の地下室を強化し、近くのクレーターのある地面は村への直接の歩兵の攻撃を不可能にしました。 Y Sap鉱山とLochnagar鉱山は、それらが掘られた塹壕にちなんで名付けられ、La Boisselleの北東と南東で発掘され、村のドイツの突出部の両側への攻撃を支援しました(地図を参照) 。 [6] [2]第185トンネリング会社は、1915年11月11日にロッホナガールでの作業を開始しました。2月4日、ドイツ軍がインチ通りから始まるイギリスの3階建て鉱山システムの近くで迷彩を爆発させたとき、2人の将校と16人の工兵が殺されました。 La Boisselle、最も深いレベルは約100フィート(30 m)の地下水面のすぐ上です。掘り出し物は1916年3月に179番目のトンネル会社に引き渡されました。[2]

Lochnagar鉱山は、共有アクセストンネルを備えた2つのチャンバーで構成されていました。シャフトはロッホナガールストリートと呼ばれる連絡溝に沈められました。ブラックウォッチが1915年7月末にラボワッセルに到着した後、もともとフランス人によって掘られた多くの要塞にスコットランドの名前が付けられました。 Lochnagar鉱山には、おそらく最初の深い傾斜シャフトがあり、1:2から1:3まで、約95フィート(29 m)の深さまで傾斜していました。地図を参照してください。イギリスの最前線から300フィート(91 m)後方、ドイツの最前線から900フィート(270 m)離れた場所で開始されました。地下約50フィート(15 m)の傾斜したシャフトから出発して、ギャラリーがドイツの路線に向かって運転されました。 [2]沈黙のために、トンネラーはスプライスされたハンドル付きの銃剣を使用し、土嚢で覆われた床で裸足で作業しました。銃剣を両手で操作した場合、フリントはチョークから慎重に賞賛され、床に置かれ、助手が取り外された材料を捕まえました。スポイルは土嚢に入れられ、床に座っている鉱山労働者の列に沿って手で渡され、トンネルの側面に沿って保管され、後でチャージをタンピングするために使用されました。 [10]

から約135フィート(41 m)の場合 Schwabenhöhe、トンネルは分岐し、各分岐の端は爆発物用のチャンバーを形成するために拡大されました。チャンバーは約60フィート(18 m)離れており、52フィート(16 m)の深さです。 [2]地図を参照してください。終了すると、Lochnagar鉱山のアクセストンネルは4.5 x 2.5フィート(1.37 x 0.76 m)で、1日あたり約18インチ(46 cm)の速度で、長さ約1,030フィート(310 m)まで掘削されました。下で終わるギャラリー Schwabenhöhe。鉱山には、36,000ポンド(16ロングトン16,000 kg)と24,000ポンド(11ロングトン11,000 kg)の2回のチャージで60,000ポンド(27ロングトン27,000 kg)のアンモナルが積み込まれました。 [10]チャンバーはすべての爆薬を保持するのに十分な大きさではなかったので、「Y」を形成するために分岐したトンネルもアンモナルで満たされていました。 1つの枝の長さは60フィート(18 m)で、もう1つの枝の長さは40フィート(12 m)でした。トンネルはドイツの最前線に完全には到達していませんでしたが、爆風は15フィート(4.6 m)の高さのリムを形成し、近くの海溝を埋めるのに十分な材料を取り除きました。 [2] Lochnagar鉱山とYSap鉱山は、乱れた地面から大きな縁が形成されるように「過充電」されていました。 [2]通信トンネルも最初の攻撃の直後に使用するために掘られました。これには、無人地帯を越えてロクナガル鉱山に近い地点までのトンネルが含まれ、爆轟後に覆いのあるルートとして火口まで延びる準備ができていました。 [2] [11]鉱山はドイツの鉱山労働者の干渉なしに敷設されましたが、爆薬が配置されたため、ドイツの鉱山労働者はロッホナガールの下とYサップ鉱山の上で聞こえました。 [10]

特にある場所で、私たちの部下は彼が彼だと思ったと誓った [ドイツの敵] 通りかかったので、私たちは前進をやめ、2交代制で部屋に行き始めました。彼が吹く前に私たちはそれを完了するとは思っていませんでしたが、私たちはしました。 24時間で12 '×6'×6 'のチャンバー。ドイツ人は私たちよりもシフトのために働き、その後停止しました。彼らは私たちが部屋に入れられたことを知っていて、私たちが吹き飛ばすべきだと恐れていたので、そこではこれ以上の作業は行われませんでした。私は以前、鉱山の他のどの場所よりもその部屋で耳を傾けるのが嫌いでした。 30分、時には1日に1回、時には3回、受振器を耳に当てて致命的な沈黙の中で、聞こえた音はボッシュが静かに働いているのか、自分の心臓が鼓動しているのか疑問に思いました。神は私たちがどのように神経と判断を守ったかを知っています。私たちがドイツの鉱山を調査し、セオドライトで私たち自身のシステムに接続したときのソンムの攻撃の後、私たちは5フィート離れていて、彼は自分の部屋を始めてから停止しただけであることがわかりました。

7月1日編集

ラボワッセルの4つの鉱山は、ソンム会戦の初日である1916年7月1日の午前7時28分に爆発しました。 Lochnagar鉱山の爆発は、179番目のトンネル会社のキャプテンJames Youngによって開始されました。彼はスイッチを押して、発砲が成功したことを観察しました。 [2] Lochnagar鉱山の2回の突撃により、唇を除いて直径約220フィート(67メートル)、唇の全範囲にわたって直径450フィート(137メートル)の単一の広大で滑らかな側面の平底クレーターが作成されました。それはドイツ軍の掘り出し物の300から400フィート(91から122メートル)の間を全滅させました、そしてすべてはドイツ軍でいっぱいだったと言われました。 [2] Lochnagar鉱山は、Y Sap鉱山とともに、これまでに爆発した最大の鉱山でした。 [12]爆風の音は、それまでの歴史の中で最も大きな人工騒音と見なされており、ロンドンで聞こえたとの報告があります。 [13] 1年後、メセンの戦いで地雷がそれらを上回った。 Lochnagar鉱山は、Pals大隊(第10大隊、リンカーンシャー連隊)であるGrimsbyChumsによって攻撃されたセクターにありました。イギリス北部のパル大隊で構成されていたイギリス第34師団の歩兵は、主にバーデンから徴兵されたドイツ第28予備師団の予備歩兵連隊110のラボワッセルの両側の陣地を攻撃した。 [14]

主な攻撃が午前7時30分に始まったとき、グリムスビーチャムスは火口を占領し、近くを支配していた東の唇を強化し始め、前進は続きました。 GrüneStellung (2番目の位置)、それは4番目の会社によって止められました、そしてそれはそれから反撃してイギリス人を火口に押し戻しました。 [14]日中、ドイツ軍の大砲がソーセージ渓谷に向けて発砲し、午後には体系的に砲弾を発射し、その後、機関銃を発射して、移動した者を捕まえた。ドイツの大砲も火口に砲撃を開始し、負傷した男性や行方不明の男性、特に村の南にあるソーセージ渓谷からの避難所を探しました。イギリスの大砲がクレーターに発砲し始め、それが両方の斜面で砲弾の破裂を引き起こし、内部に隠れ場所がないままになりました。イギリスの航空機が頭上を低く飛んで、兵士が死んだ男のシャツを振ったところ、飛行機が飛び去り、イギリスの砲撃が止まった。 [15]

空中観測編集

Y Sap鉱山とLochnagar鉱山の爆破は、イギリス軍の動きについて報告するために戦場の上空を飛行していたパイロットによって目撃されました。継続的に重なり合うパトロールが一日中飛ぶように手配されていました。セシル・ルイス少尉の第3飛行隊のパトロールは、2つの機雷が上がる予定だったラボワッセルに近づきすぎないように警告されましたが、安全な距離から見ることができます。モラーヌパラソルでラインを上下に飛んで、彼はティプヴァルの上から、ラボワッセルからほぼ2マイルのところを見て、後で彼の本の中で早朝のシーンを説明しました 射手座ライジング (1936 [1977]):

私たちはティプヴァルを越え、鉱山を見るために南に向きを変えました。何よりも航海したとき、最後の瞬間が訪れました。零!ボワッセルでは、地球が隆起して点滅し、途方もない壮大な柱が空に浮かび上がりました。耳をつんざくような咆哮があり、すべての銃を溺死させ、反響する空気の中で機械を横に投げつけた。地上の柱はどんどん高くなり、ほぼ4000フィートになりました。そこには、大きなヒノキの木のシルエットのように、一瞬空中にぶら下がっていたか、ぶら下がっているように見えました。しばらくして、2番目の鉱山がやって来ました。再び轟音、跳ね上がった機械、空に侵入する奇妙なあざけりのシルエット。その後、ほこりが取り除かれ、クレーターの2つの白い目が見えました。弾幕は二次塹壕まで上昇し、歩兵は上にあり、攻撃が始まった。

第3軍団管区からの航空機が第3軍団管区上空を飛行したとき、オブザーバーは、第34師団が右側面のピークウッドに到達し、フリクールの北にあるドイツ軍線に打ち込まれた突撃隊のサイズを拡大したが、ラの村はボワセルとオビラーは倒れていませんでした。 7月3日、空中監視員は、夕方に村で発砲されたフレアに気づきました。フレアは、イギリス歩兵が到達した位置をプロットするために使用されました。 [18]

新しいクレーターの近くの軍隊に連絡するために通信トンネルが使用され、午後には第19師団の第9チェシャーからの軍隊が前進し始め、夜中にフィールド救急車から医師が派遣されました。 [19] 7月2日の午前2時50分までに、第9チェシャーのほとんどは火口と隣接するドイツの塹壕に到達し、そこから夜と朝の間にいくつかのドイツの反撃を撃退した。 [20] 7月2日の夕方、負傷者の避難が始まり、7月3日、火口とその周辺からの軍隊が南東に向かって前進し、わずかな反対に対して小さな地域を占領した。 [21]

それらの巨大なサイズにもかかわらず、ロッホナガールとYサップ鉱山はラボワッセルのドイツの防御を中和するのに十分に失敗しました。廃墟となった村は20分で占領される予定でしたが、ソンム会戦の初日の終わりまでに、第3軍団の師団は11,000人以上の死傷者を出しました。マッシュバレーでは、攻撃者は正午までに5,100人を失い、ロクナガル鉱山のクレーター近くのソーセージバレーでは、6,000人以上の死傷者が出ており、戦場に最も集中していました。第3軍団の第34師団は、7月1日に従事したイギリス師団の中で最も多くの死傷者を出しました。 [6]

公式の戦争アーティストであるウィリアム・オーペンは、1916年にソンムの戦場を見学し、絵画の主題を収集し、榴散弾が点在するチョークの荒野について説明しているときに、鉱山の火口を見ました。ジョン・メイスフィールドも準備中にソンムを訪れました 古い最前線 (1917)、彼はまた、火口の周りの領域をまばゆいばかりに白く、見るのが苦痛であると説明しました。 [22]戦後 カフェデラグランデマイン 第二次世界大戦後に近くに建てられ、小さなクレーターの多くは埋められましたが、Lochnagar鉱山のクレーターは残っていました。 [23] Attempts to fill it in were resisted and the land was eventually purchased by an Englishman, Richard Dunning to ensure its preservation, after he read The Old Front Line and was inspired to buy a section of the former front line. [24]

Dunning made more than 200 enquiries about land sales in the 1970s and was sold the crater. [24] The site had been used by cross-country motorbikes and for fly tipping but Dunning erected a memorial cross on the rim of the crater in 1986, using reclaimed timber from a Gateshead church the cross was struck by lightning shortly after its installation and was repaired with metal banding. [25] The site attracts about 200,000 visitors a year and there is an annual memorial service on 1 July, to commemorate the detonation of the mine and the British, French and German war dead, when poppy petals are scattered into the crater. [12] [26]

Richard Dunning, owner of the crater, was awarded an MBE in the 2017 New Year Honours for services to First World War remembrance. [27]


Win two signed Peter Liddle books about the Battle of the Somme

Thanks to Pen and Sword we’ve got our hands on three sets of Peter Liddle’s classic studies of the Battle of the Somme: including The 1916 Battle of the Somme Reconsidered, and Britain and The Widening War 1915–1916.

Through the graphic personal testimony of men and women who took part in the conflicts, Liddle sheds light on what has come to be considered one of the most significant yet controversial episodes in British military history. Using letters, diaries and first-hand experience from interviews, he re-examines each stage of the battle – from concept and planning to the renowned morale of our British troops. Truly thought provoking.

Enter by post

Send your name and contact details on a postcard to Living North, Studio 2, St Nicholas Chare, Newcastle NE1 1RJ. Mark your entries SOMME.

Enter online
Simply login in and enter using the online form linked to this competition, see below.
All entries to be received by 8 September.


The War Portraits of Henry Tonks

Before the Great War there seems to have been little attention paid to the state of mind of the patient or to the psychological well being of the medical subject. Although psychology was emerging as a separate field of study, one of the major practitioners, Sigmund Freud (1856-1939) was not well known. Freud would work in Vienna, marginalized because of his Jewishness. After the Great War, his writings, which included Studies on Hysteria, co-authored with Josef Breuer in 1895, The Interpretation of Dreams in 1900, The Psychopathology of Everyday Life in 1901, Three Essays on the Theory of SexualityJokes and Their Relation to the Unconscious, both in 1905, Totem and Taboo: Resemblances Between the Mental Lives of Savages and Neurotics in 1913, and, during the War, Introduction to Psychoanalysis, published in 1917. This was an astonishing outpouring of clinical and theoretical work, little of which was known in Europe. It was in America where Freud was first studied and, incidentally, where he was first reinterpreted to suit a different culture that the doctor first became famous. The point is that the entire medical profession in Europe, on both sides, entered the Great War with little or no preparation for the “iconic wounds” they would encounter–shell shock or psychic trauma and facial wounds that destroyed the psychology of the patients. Harold Gilles, who had studied briefly under a famous French reconstructive surgeon, Hippolyte Morestin, had learned from him the craft of rebuilding a face. But he also began to understand the importance of his work on the British soldier who came under his care in terms of giving a man a new face and a new state of mind. He convinced the authorities that his patients with facial wounds needed special care and insisted that the soldiers coming off the battlefield be given a special identification card so they could be directed to the correct facility for specialized care. This care would be holistic, healing the body and healing the mind as well. After the long and terrible battle of the Somme, when the number of facial injuries rose the new hospital specializing in damaged faces at Sidcup was set up. The existence of such a site was important was men with like injuries were gathered together and segregated from other more conventional injuries. Here at Sidcup, they were granted merciful privacy and the time and the experienced and trained physicians and their aides that were attuned to their particular needs.This new thousand bed hospital was modeled upon the Roehampton Hospital for amputees. Here at Sidcup the soldiers became patients, enduring many operations over months or years, without antibiotics to prevent infection.

According to Peter Liddle in his book, Britain and a Widening War, 1915-1916: From Gallipoli to the Somme, Harold Gilles had learned from the difficult Morestin who tended to isolate himself from his colleagues and assembled a large team to work with. Gilles brought together a group of surgeons including Ear Nose and Throat, Oral surgeons and dentists, the focus of the ire of Morestin, radiologists and anaesthetists. Faced with faces that were terrible destroyed, the physicians realized that existing medical illustrations and operative procedures were not helpful for these unprecedented wounds. As Liddle wrote, “By late 1915 Gilles decided that written operation notes needed to be supported by portraits of the patients. He realized that drawing an occasional diagram to illustrate a procedure was insufficient as an aide-memoire for the surgeons, but did not capture change over time, and did not allow case notes to serve as a basis for training other surgeons to undertake procedures successfully. Gilles arranged for a photographer to be attached to the unit, and developed a systematic approach to visual record-keeping, obtaining black and white photographs of full face, profile and oblique (right and left) for each patient. Some surgical detail could only be depicted in a color image, so Gilles was pleased when Henry Tonks turned up at Aldershot to help the war effort.”

Like his many students, art teacher Henry Tonks served in the Great War as an artist. But, as a former medical student, Tonks gravitated towards the soldiers who were among the most traumatized and the most in need: men without faces. As Gillies revealed decades later, “Unlike the student of today, who is weaned on small scar excisions and graduates to harelips, we were suddenly asked to produce half a face.” A doctor who believed that he should work towards an aesthetic outcome, Gillies worked with Henry Tonks, who did pastels of the men “before” that could be compared to the “after” recreated by Gillies. Tonks followed the New Zealand doctor to Frognal House at Sidcup to help take care of troops from Great Britain, including separate units for Canadian, Australian and New Zealanders.

The team of two artists, amateur and professional, Harold Gillies and Henry Tonks, was well matched. Tonks was a painter, who had trained in medicine, and Gillies, a surgeon, was an amateur artist. Horrified by the sight of “men burned and maimed to the condition of animals,” Gillies pioneered in modern plastic surgery, a practice he termed “a strange new art.” And Tonks asked, “faced with crushed faces and torn flesh, what is the surgeon supposed to draw?” A soldier needed to trust Tonks completely to sit quietly before the artist, gaze at the artist in a straight level look that was needed for the artist to study and for history to remember. Each pastel softly rendered by Tonks is intimate, an exchange of looks between a victim and a possible deliverer, who are face to face, so to speak. In hospitals, such interactions are matter of fact, masking the great sensitivity necessary to work with the patient to recreate the face.

Copying pre-war photographs of his patients, Gillies would then do his best to recover a resemblance, a likeness, enough recognition of his former self—his face–to allow the veteran to return home, perhaps even have a productive life. As Liddle noted, “Photographs played other important roles. Each patient had his own photographic record to remind him of his progress and improvement. This record was also a permanent reminder that even if his new appearance were not entirely satisfactory, it was far better at the end than at the start, and certainly better than nothing at all. Photographic series were often shown to new patients, often as traumatized by the expectations of continuing disfigurement as by the injury itself, to give them hope of eventual improvement..This approach was psychological support even before it was even recognized as such. Patients also developed their own self-help structure. The long stays allowed them to get to know each other, and they supported each other as new patients arrived and they moved to and from the hospital, convalescent unit and home.”

According to Jenny Edkins in Face Politics, that although Tonks was part of the team, drawing diagrams of the operations for the case record of each patient, it was not clear what his function was. “Whatever the intention,” she wrote, “Tonks’ drawings represented an encounter between patient and artist. They were drawing from life, not from a photograph, as was the practice with other medical artists. They involved a direct interaction with the sitter–whether this was at the person’s bedside or in a more conventional portrait sitting or studio setting is not known.” As was pointed out in the previous chapter, in France and in Germany, the men who suffered from facial injuries defiantly in public as political gestures, but in England, this history of facial reconstruction was hidden away. In her article, “Losing Face: Trauma and Maxillofacial Injury in the First World War,” Fiona Reid compared these casualties to those of the men with shell shock and explained, “In Britain, it is the shell-shocked man who has become emblematic of the collective trauma of the Great War his mental anguish was a direct result of the strain and the violence of trench warfare and his inability to fight appeals to a wider popular sense that this was a futile war. Men with facial injuries occupied a different category. Their trauma was not a direct result of war but was a response to the disfigurements caused by battle and so their histories highlight not just the horrors of war but also the difficulties of homecoming, primarily the fear of being ostracized and marginalized. Unlike shell-shocked men, the facially wounded could not be removed from the site of trauma on the contrary, their trauma was an inescapable and permanent feature of their own bodies.”

Reid pointed out that while there is a vast trove of visual documents, drawings and photographs, there was no attempt to record the thoughts of the men during the process. As Suzannne Biernoff wrote for Portraits of Violence: War and the Aesthetics of Disfigurement, “Tonks was aware that every artwork has its own life that the drawings he was so satisfied with could be ‘dreadful’ in a different context. Unapologetically elitist, he produced drawings at Aldershot and Sidcup with two kinds of viewers in mind–medical and artistic–both, in his view, professional..”

Biernoff called his work “anti-portraits,” an interesting terminology indicating that they were private not for public viewing, which is the main purpose of any portrait. But to continue her thought, Tonks, in this context, could not produce a “portrait” because there was no face to replicate. What was was gone and what would be was not to come. Tonks could capture “before” and “after” but he would have rarely seen the “result,” the eventual face after the surgical procedures had stopped and the body had settled into its final state. Tonks was working in an interstitial site, where the outcome was unknown. What he drew was less a face than a design less a portrait than a map to reconstruction and more of a process of refabricating another face. As Biernoff said, “Tonks..regarded his surgical studies as inappropriate for public consumption, and complained of the visitors to the hospital who treated the drawings as one of the ‘sights.’”

No doubt because he was mindful of the emotional impact of his many studies of the effects of modern war on the human face, Henry Tonks refused to allow the public to see these intimate and terrifyingly frank drawings and kept his studies hidden. Finally, the collection was acquired by the Royal College of Surgeons in London and was not see again until the Faces of War exhibition at the National Army Museum in 2008.


Über den Autor und weitere Mitwirkende

Dr Peter Liddle is a leading historian of the First World War and has concentrated on the personal experience of the men and women who took part. He founded the Liddle Collection, a repository of documents and memorabilia connected to the conflict, which is housed in the Brotherton Library, the University of Leeds. His many books include Captured Memories 1900-1918, Captured Memories 1930-1945, The Soldiers War 1914-1918, The Gallipoli Experience Reconsidered, The 1916 Battle of the Somme Reconsidered and, as editor, Facing Armageddon, Britain Goes to War and Britain and the Widening War.

Contributors: Holger Afflerbach, Phylomena Badsey, Niall Barr, Chris Bellamy, Nick Bosanquet, Peter Burness, George Cassar, Tim Cook, Irene Guerrini, Clive Harris, Kate Kennedy, Ross Kennedy, William Philpott, Marco Pluviano, Chris Pugsley, Duncan Redford, Matthew Richardson, Alan Sharp, Yigal Sheffy, Jack Sheldon, Edward Spiers, David Welch, Ian Whitehead


ビデオを見る: מלחמת-יום הכיפורים 820-1