HMSペガサス

HMSペガサス


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

HMSペガサス

HMS ペガサス 第一次世界大戦中に失われた唯一のピローラス級第3級巡洋艦でした。戦争の開始時に、彼女は巡洋艦と一緒に、H。G。キングホール少将の下で喜望峰戦隊の一部を形成しました。 ヒヤシンス アストライア。彼女は3人の中で最小かつ最軽量の武装でしたが、理論的には最速でした。戦争が勃発する前の7月下旬、キングホール提督は、アフリカの東海岸を巡航する全戦隊を連れて行き、そこで主な敵であるドイツの軽巡洋艦を目撃しました。 ケーニヒスベルク しかし、彼女についていくことができませんでした。その後、提督は岬に戻り、 ペガサス 東アフリカ沖で監視を続ける ケーニヒスベルク.

2隻の船が海上で出会った場合、戦いは完全に一方的なものではなかったかもしれません。 NS ケーニヒスベルク より現代的な10門の4.1インチ砲は、8門の4インチ砲を上回りました。 ペガサス、そしてドイツの船ははるかに速かった–現実的な最高速度16-17ktsと比較して24kts ペガサス。 NS ケーニヒスベルク 海での衝突に勝つための明確なお気に入りだったでしょうが、おそらく無傷で出現しなかったでしょう。

残念ながら ペガサス 衝突が起こったとき、それは海上ではありませんでしたが、彼女が動けなくなっている間、ザンジバルでボイラーを修理しました。 9月20日の午前5時25分に ケーニヒスベルク 武装したタグボートでザンジバルに近づいているのが目撃された ヘルムス、しかし彼女は警告を発することができませんでした。ドイツの船が発砲しました ペガサス 9,000ヤードで、すぐに彼女の範囲を見つけました。 NS ペガサス 火が戻ったが、彼女の射撃は不十分であり、彼女が耐えることができたすべての銃はすぐに破壊された。彼女のボイラーが修理中であるため、射程を閉じたり、振り回して反対側から発砲したりするためにできることは何もありませんでした。30分間の砲撃の後、 ケーニヒスベルク 出航した。

NS ペガサス ドイツ軍の攻撃で31人が死亡、55人が負傷した。彼女の残りの乗組員は、コリアーの助けを借りて安全に避難しました バンフシャー。ドイツ軍の攻撃の終わりに ペガサス 彼女のエンジンは無傷で、まだ浮かんでいましたが、彼女は喫水線に穴をあけられていました。修理のために彼女をビーチに曳航しようとしたとき、彼女はひっくり返って沈んだ。

変位(ロード済み)

2,135トン

最高速度

18.5ktsナチュラルドラフト
20kts強制ドラフト

アーマー–デッキ

1.5インチ-2インチ

-ガンシールド

0.25インチ

-司令塔

3インチ

長さ

313フィート6インチ

軍備

8つの4インチ速射砲
8つの3pdr速射砲
3丁の機関銃
水上魚雷発射管2本

乗組員の補数

224

発売

1897年3月4日

完了

1899

キャプテン

司令官イングレス

沈められた ケーニヒスベルク

1914年9月20日

第一次世界大戦に関する本|主題索引:第一次世界大戦


HMSアークロイヤル/ HMSペガサス

作成者:スタッフライター|最終編集日:2020年3月26日|コンテンツ&copywww.MilitaryFactory.com |以下のテキストはこのサイト専用です。

第一次世界大戦の前でさえ、イギリス海軍は空母の概念に取り組んでいました。ハイフライヤー級巡洋艦であるHMSエルメスを採用し、試験用のフロート水上機のペアをサポートするように改造しました。これらのテストの結果は、アイデアが実行可能であることを証明し、専用の水上飛行機キャリアで作業が開始されました。調達プロセスを迅速化するために、すでに建造されている船舶を購入することが決定され、これにより、ノーサンバーランド州ブライスのブライス造船会社によって船体が鍛造されました。船は1913年11月7日に起工され、イギリス海軍による購入は1914年5月に完了しました。

その後、水上飛行機を十分に発射して着陸させるために船を改造する作業が始まりました。既存の船の前方の障害物はすべて船首甲板の上に自由なデッキを提供するために後方に移動されました-これには唯一の煙の漏斗が含まれていました。同様に、彼女の内部機械は、新しいデッキを一望できる橋の上部構造と同様に、船体中央部の後方に移動されました。格納庫は、8機のフロート水上機の予想される艦隊と、水上航空機が戻ってきたときに回収するために設置された1対のクレーンにサービスを提供するために下に建設されました。設置された機械には、3,000馬力で唯一のシャフトを駆動する1つの垂直三重膨張蒸気エンジンを備えた3つのボイラーが含まれていました。最高速度は11ノットで、航続距離は3,500マイルでした。完全な乗組員は180人の要員を補い、地元の防衛は4つのQF12ポンド12cwt艦砲で処理されます。

1914年6月下旬にフランツフェルディナンド大公が暗殺されたことで、ヨーロッパは戦争に拍車をかけました。宣言は7月に鳴り響き、英国は8月に戦争状態にありました。新しい船の作業は急いで続けられ、1914年9月5日に進水しました。その後、海上公試が行われ、1914年12月10日に、世界初の専用水上飛行機運搬船であるHMSアークロイヤルとして就役しました。

イギリスが戦争状態にあると、HMSアークロイヤルはすぐに海上で活発なサービスを開始しました。彼女の機械は高速大艦隊での作戦における彼女の戦術的価値を制限することが判明したため、彼女は地中海戦域に送られ、1915年1月に到着しました。そこから、船は悲惨なガリポリキャンペーン(1915年4月)で連合国を支援しました。 1916年1月まで)彼女の航空機は偵察と緊密な支援サービスを提供しました。水が危険すぎて長居できないことが判明したため、アークロイヤルは彼女自身の保護のために立ち去るように命じられました。

ギリシャのサロニカに向かう途中、彼女の空軍は1916年11月にスマーナ上空を飛行するなど、さまざまな偵察出撃を行いました。その後、ブルガリア軍に対して地上攻撃が行われました。 1917年3月、アークロイヤルはギリシャのムドロス近郊に派遣され、連合軍の水上飛行機の着陸と発射のハブとして機能し、1918年1月にドイツの巡洋戦艦ブレスラウとオスマン帝国の巡洋戦艦ヤヴズスルタンセリムと遭遇しました。両方とも機雷によって不自由にされたにもかかわらず、アークロイヤルの空軍力はペアを終わらせるためにほとんど何もしませんでした。 1918年4月初旬のシロス島で、アークロイヤルはイギリス空軍(RAF)の水上飛行機に仕え、10月にピレウスに向けて出航しました。 1918年10月30日、彼女はオスマン帝国の降伏のためにコンスタンティノープルに出席しました。戦後、彼女はロシア内戦(1917-1922)の間にイギリス空軍の航空機を支援しましたが、1920年11月に予備軍になりました。

HMSアークロイヤルは、9月の「チャナク危機」の際にイギリス軍とフランス軍を支援するために1922年に再活性化され、1923年に本拠地に戻り、再び予備の地位を与えられました。彼女は1930年に再びサービスを依頼され、1939年頃まで訓練プラットフォームとして機能しましたが、1934年にHMSペガサスに改名されるまでは機能しませんでした。彼女の元の名前は現在、新しい王立海軍の空母に使用されます。

第二次世界大戦の勃発時に、HMSペガサスは彼女の与えられた役割を継続し、戦争の状況が進展するにつれて輸送および回収サービスも提供しました。 1940年12月から1941年7月まで、彼女は護送船団の護衛として支援し、レーダーが設置されるとともに対空兵器が改良されました。やがて、彼女はトレーナーとしての地位に戻り、1944年2月までこの役割を果たした後、1946年5月まで兵舎に降格しました。

1945年9月以来戦争が終わったので、HMSペガサスのサービスはもはや必要ではありませんでした。 1946年10月、彼女はパナマの会社に貨物船(「アニタI」)として一時的に連れて行かれました。彼女の改宗の作業はまだ不完全でしたが、支払い不足により1948年に停船しました。その後、1949年6月にオランダの造船所が船を主張しましたが、今回はイギリスの造船所に交代しました。彼女は2回の世界大戦で忠実に奉仕した後、1950年に無礼に解雇されました。


Inhaltsverzeichnis

死ぬ HMS ペガサス warderviertegeschützteKreuzer3.Klasseder ペロラス-Klasse [2]、イギリス海軍の死ぬ1893 im スペンサープログラム bestellt wurden und eine Weiterentwicklung der パール-クラッセ警告。 Der erste von elf、die HMS ペロラス、Dienstgestelltのwurde1897。 Die Klasse wurde zu Testzwecken mitverschiedenenKesselnausgerüstet、diesichteilweiseüberhauptnichtbewährten。

1914年warendrei der Kreuzer、HMSで死去 パンドラ 1913年、sowie HMS ペルセウス und HMS プロメテウス 1914年、abgebrochenをbereits。 Obwohl die Klasse seit 1904alstechnischüberholtgalt、befandensichdieübrigenachtKreuzer1914noch im Dienst、solten aber 1915 abgewracktwerden。 HMS パクトロス und HMS ポモーネ mitbesondersunzuverlässigenBlechynden-KesselnwurdenzuerstaußerDienstgestellt、dientenabernochstationär。

Die Schiffe der ペロラス-Klasse Bearbeiten

Die Kreuzer dienten in weniger wichtigen Auslandsstationen zur Wahrung britischer Interessen mehr wie ein Kanonenboot und nicht als Teile derSchlachtflotte。

ペガサスベアベイテン死ぬ

ジャローアムタインゲボーテのダイベイパルマーズ造船 ペガサス デンディエンストデアロイヤルネイビーのカム1899。 Bei den Abnahmetests erzielte sie、bei einer Leistung von 7134 ihp、21,2 Knoten und war das schnellste Schiff derKlasse。

午前18.März1899verließsiePlymouthzurSüdostküsteAmerikas、wurde allerdings schon nach zwei Monaten abgezogen、weil sie vermutlich Probleme mit ihren Wasserrohrkesseln hatte [3]。 Dann kam sie ins Mittelmeer、wo sie im 1902年11月Dienstzusammen mit sieben Linienschiffen、vier weiteren Kreuzern(HMS アブキール、HMS ハーマイオニー、HMS 勇敢な und das Schwesterschiff HMS パンドラ)und28Zerstörern[4] tat。
AbMärz1905dientedie ペガサス auf der Australia Station、auf der das Flaggschiff HMS ユーリヤルス im Dezember durch die HMS パワフル ersetzt wurde und das Schwesterschiff HMS サイケ schon seit 1903 diente、dasspätervonderRoyalAustralianNavyübernommenwurde。 Nach ihr wurden noch die Schwesterschiffe HMS 先駆者、HMS プロメテウス und HMS ピラモス unddiestärkereHMS、späterHMAS 出会い sowie der Ende 1905 eingetroffenen alte Kreuzer HMS カンブリアン der Astraea-Klasse、der das letzte Flaggschiff der Royal Navy auf der Station werden sollte、zur Australia Station verlegt、bevor die australische Marine im Oktober1913dieVerantwortungübernahm。 FlaggschiffderStationfürdie パワフル wurde 1911 der Panzerkreuzer HMS ドレイク bis zum 1913年1月。DarüberhinausgehörtenzurStationauchVermessungsschiffe wie die Sloop HMS ファントム und die HMS シーラーク und als Schulschiff die Sloop HMS 松明。死ぬ ペガサス オーストラリアのwurdemehrfachüberholtundwarseitMärz1909wiederimDienst。 Ein TestimJulisollvölligunzureichendeGeschwindigkeitsergebnisseerbrachthaben [5]。 VonMärzbis1911年9月シドニーのerfolgteeineerneuteÜberholung。

Nach Ausbruch der chinesischen RevolutionentschieddieAdmiralitätsieundihrSchwesterschiff プロメテウス alsersteVerstärkungaufdieChinaStation zu senden、wohin die beiden Kreuzer am 15. November 1911 von Sydneyausliefen。 プロメテウス hattefrühzeitigKesselproblemeunderreichteschließlichnurimSchleppder zur Hilfe geschickten カンブリアン 香港、während死ぬ ペガサス、deren Besatzung durch Mannschaften der in die Werft gehenden ピラモス verstärktwordenwar、ihreFahrtproblemlosdurchführteundvonHongkongsofort weiter nach Shanghai lief、wo sie sich beim Einlaufen am 18. Dezember a einer gesunkenenDschunkebeschädigte、diemöglicherweiseabsichtlichdenWeg eg e DennochverlegtesieweiterflussaufwärtszurAblösungderSloopHMS クリオ [6]。 Die Besatzung wechselteausderaustralischenWärmeindieKälteChinas。死ぬ ペガサス kehrte nicht wieder nach Australien、sondern im 1912年11月nachEnglandzurück、da die Australische Marine die Australia Station der Royal Navyersetzte。 Ihr zuletzt hoher Besatzungsanteil a Australiern wurde a die カンブリアン、die im Sommer 1912 nochmalsnachAustralienzurückkehrteorderperPostschiffin die Heimatentlassen。デボンポートverlegte死ぬNachÜberholung ペガサス nachSüdafrika。 WegenderhäufigenAusfälleder ペロラス-Klasse wurde der Sinn einer erneuten Instandsetzung im Parlament bezweifelt [7]。

ImMärz1913verlegte死ぬ ペガサス schließlichnachAfrikaaufdie 喜望峰基地司令部 zum Kap-Geschwader、wo sie ihr Schwesterschiff HMS パンドラ ersetzte、dasnachRückkehrzumAbbruchverkauftwurde。 ペガサス verlegte im Februar 1914 vordiesomalischeKüste、um dort Truppenbewegungen von Kismayoauszuunterstützen、bis sie von der HMS アストライア abgelöstwurde。 Dienst beimKapgeschwaderでSieblieb bis zum Kriegsausbruch1914。

Das britische Kap-Geschwader befand sich Ende Juli 1914 mit den Kreuzern HMS アストライア [8]、HMS ペガサス [9] und HMS ヒヤシンス [10] als Flaggschiff auf einem Routinemarsch nach Mauritius、alsFunksprüchederAdmiralitätdenBefehlshaberKonteradmiral Sir Herbert Goodenough King-Hall(1862–1935、zuletzt Admiral)auf die drohende Kriegsgefahrhinwiesen。 Um den neu eingetroffenen Kleinen Kreuzer ケーニヒスベルク zu beobachten、versammelte er das Geschwader bei Diego Suarez und marschierte nachDaressalam。死ぬ ケーニヒスベルク verließam30.Juli1914weisungsgemäßwegendesdrohendenKriegsausbruches den Hafen der Hauptstadt der deutschen Kolonie、um im Indischen OzeanKreuzerkriegsuführen。 Sie passierte HMS アストライア und dann das Flaggschiff HMS ヒヤシンス、denen sie sich durch einige Wendungen und mit hoherGeschwindigkeitscheinbarnachSüdenentzog。 Die etwas weiter abstehende HMS ペガサス konnteüberhauptnichteingreifen。 Die alten britischen Kreuzer erreichten alle nicht mehr 20 Knoten、währenddie ケーニヒスベルク 22KnotenübereinelnängerenZeitraumhaltenkonnte、wenn auch auf Kosten desKohlenvorrates。 Der deutscheKreuzerwandtesichtatsächlichabermitBeginndes Ersten Weltkriegs nach Norden zu den Hauptschifffahrtswegen im Golf vonAden。 HMS アストライア und HMS ペガサス kontrolliertendiedeutschenKüstenplätzeundsandtenschonvor dem Kriegsausbruch Boote in uneinsehbareBuchten。

KontrollederostafrikanischenKüsteBearbeiten

午前8時8月kames zu ersten kriegerischen Handlung zwischen Deutschen und Briten in Deutsch-Ostafrika、als die アストライア und ペガサス Daressalam einliefen und den dortigen Funkmast unter Beschussnahmenで。 Der deutsche GouverneurHeinrichSchneeließnachsiebenSchüsseneineweißeFlaggeaufziehenundverließdieStadtmiteinem Zug nachMorogoro。 ErerklärtedieHafenplätzederKoloniefüroffeneStädteundfordertedieBeamten auf、entsprechende Vereinbarungen mit den Briten zutreffen。 Als der Kommandeur der Schutztruppe、Paul von Lettow-Vorbeck、mit seinen Soldaten in Abwesenheit des Gouverneurs am Abend des 8. August wieder nach Daressalam einmarschierte、sah er nur noch die britischen Schiffe aufs offene Meer hus Lettow-VorbeckwolltekämpfenundsovieleKräftederBritenwiemöglichbinden、währendderGouverneurversuchte、die Kolonie im Sinne der Kongoakte aus dem kriegerischen Geschehenherauszuhalten。 Diese Haltung wurdevonTeilenderBevölkerungunddenVertreternder DOALgeteilt。

ペガサス erschien am12./13。 und 15.ダルエスサラームの8月のウィーダー、um die Verhandlungen fortzusetzen und zu verhindern、das die anwesenden DOAL-Reichspostdampfer 元帥, ケーニッヒ und タボラ fürdieDeutschennutzbargemachtwurden。 Letztere、die als Lazarettschiff ausgegebenwurdeundderenAusrüstungzumHilfskreuzereinmalgeplant gewesen war、wurde dabei mehrfachdurchsucht。

午前17日。8月のエルシェンが死ぬ ペガサス dann vor Tanga、um mitderdortigenVerwaltungähnlicheVereinbarungenzutreffenund den Dampfer 辺境伯 hinsichtlichderVersorgungdeutscherHandelsstörerauszuschalten。 WährenddieserVersuchnochgelang、schietertedernächsteam23。August vor Bagamojo、als bei Anwesenheit einer Feldkompanie der Schutztruppe die Verhandlungen abgebrochen wurden und die ペガサス den OrtfeuerteのdreißigSchuss。

Vernichtung vor Sansibar Bearbeiten

unerwarteteRückkehrderを死ぬ ケーニヒスベルク 午前3。9月にKolonieverändertedieHaltungaufdeutscherSeiteで。 Jetztは、Einvernehmen、dass das deutscheKriegsschiffzuunterstützenseiを支持します。午前8時9月コンテ死ぬ ペガサス letztmalsfünfLeichterundeinenkleinen Schlepper in Tangabeschlagnahmen。

午前19日。9月のverließが死ぬ ケーニヒスベルク Versteck im Rufidji-DeltaundgriffamfrühenMorgendes20を異常終了します。dievorSansibarankernde ペガサス an、die dort zur Beseitigung von Kessel- und Maschinenproblemelag。 DieDeutscheneröffnetenschonauserheblicherDistanz das Feuer、dasiedentatsächlichenGegnernichterkannten。 Ihr exaktes Feuer setzte die ペガサス achtMinutenaußerGefechtで、そうdass ihr Kommandant、Commander Ingles、dieweißeFlaggezeigte、umunnötigesBlutvergießenzuvermeiden。 Der kleine Kreuzerは、nach wenigGegenwehrを沈めました。 38トートと55ツムTeilSchwerverwundete waren zubeklagen。 Das Lazarettschiff ガスコン und die マックレイ氏族 kamendenÜberlebendenzurHilfe。 Deutschen beschossen auch die Landfunkanlage、aber nicht die anwesendenHandelsschiffe。

SechsderachtGeschützeder ペガサス wurdengeborgen。 Zwei wurden als ペギーIII und ペギーIV 1916 bei der Landoffensive der britischen Truppeneingesetzt。 Zeitweise sollen sie bei Kondoa-Irangi Kanonen der ケーニヒスベルク gegenübergestandenhaben。

Vondenübrigenvierbliebenzweiauf Sansibar、einGeschützwurdeaufdemVictoriasee-Dampfer ウィニフレッド montiert und dasletzte10,2-cm-GeschützkamnachMombasa、wo es heute im dortigen Fort-Jesus-Museum neben einer 10,5-cm-Kanone der ケーニヒスベルク besichtigt werdenkann。


乗船の最後の日 エレバス と テロ

ビーチェイ島のフランクリン遠征隊員のウィキメディアコモンズ墓。

HMSの後に何が起こったのか テロ バフィン島への進路を設定することはほとんど謎のままですが、ほとんどの研究者は、両方の船が1846年9月12日にキングウィリアム島沖の氷に閉じ込められ、必死の乗組員が助けを求めて下船したことに同意します。

1859年にカナダのビクトリアポイントのケアンの下で見つかった1848年の手紙によると、船はすでに1年半以上氷に閉じ込められていました。手紙は、指揮を執ったフランシス・クロージャーという男によって書かれました。 テロ フランクリンが死んだ後。

彼は、フランクリンを含む24人の男性がすでに死亡しており、生存者全員が数百マイル離れた毛皮貿易の前哨基地まで歩くことを計画していると述べた。それらのどれも危険な旅を完了しませんでした。

ブライアン・スペンスリーこれは、ビーチェイ島に埋葬された3人の船員の1人であるジョンハートネルの棺です。彼の船員は、テープから棺桶の偽のハンドルを作りました。

一方、イギリス海軍は、船が消えた直後に数十の捜索隊を派遣していましたが、誰もが発見するまでにはさらに170年かかるでしょう。 テロ とその姉妹船。

しかし、1850年に、アメリカとイギリスの捜索隊は、ビーチェイ島という名前の無人の土地で3つのマークのない墓を見つけることに唖然としました。それらは1846年の日付でした。

さらに大きな発見は、4年後、スコットランドの探検家ジョン・レイがペリー湾でフランクリンの乗組員の所持品を持っていたイヌイットのグループに会ったときに行われました。

ブライアン・スペンスリージョン・トリントンの保存された遺体、現在はまだカナダの北極圏に埋葬されているミイラ化した死体。

イヌイットは、その地域の周りに人間の骨の山が散らばっていたと説明しました。これらの骨格の残骸の多くは半分に割れており、フランクリンの男性は凍死する前に共食いに訴えた可能性が高いことを示唆しています。

その後、1980年代と1990年代に、研究者たちはキングウィリアム島で見つかった追加の骨格遺物にナイフの跡を発見しました。これは、下船後、 テロ、飢えた乗組員は、彼らを食べて骨髄を摘出する前に、彼らの仲間を殺害し、解体しました。

1984年、人類学者のオーウェンビーティーは、ビーチェイ島に埋葬された遺体の1つを発掘し、ジョントリントンという名前の遠征隊の手付かずの状態で保存されたメンバーを見つけました。乗組員からの手紙によると、20歳の子供は1846年1月1日に亡くなり、5フィートの永久凍土層に埋葬されました。

写真のブライアン・スペンスリーは、1986年にビーチェイ島から発掘されたジョン・ハートネルの凍ったミイラです。彼は写真家、ブライアン・スペンスリーの母方の偉大な叔父でした。

トリントンは幸運でした。彼の剖検報告には、彼が共食いの犠牲になった乗組員の一人であることを示唆するものは何もありませんでした。彼が発見されたとき、彼の乳白色の目はまだ開いていました。専門家はまた、彼が死んだ後、おそらく適切な埋葬を行うのに十分な能力を持っている乗組員によって、彼の体が暖かく保たれていることを発見しました。

トリントンの88ポンドの遺体は、彼が死ぬ前に栄養失調であり、致命的なレベルの鉛を含んでいたことを示唆していました。このため、研究者たちは、乗組員の食糧供給が十分に缶詰にされておらず、フランクリンの残りの129人の男性すべてをある程度の鉛で毒殺した可能性があると信じ始めました。

ビーチェイ島で見つかった三尸は、今日までそこに埋葬されたままです。


サービス

NS ペガサス 1779年5月にジョン・バゼリー大尉の下で就役し、ジブラルタル包囲戦の救援のためにジョージ・ロドニーの艦隊に所属した。したがって、彼女は要塞を救済するキャンペーンでロドニーの両方の行動に参加し、1780年1月8日にフィニステレ岬沖でスペイン軍の船団の押収に参加し、その後8日後にサンビセンテ岬の戦いで戦った。 [2] ペガサス ロドニーと共にジブラルタルへ、そして西インド諸島へと続き、そこで彼女は1780年4月の決定的なマルティニーク島の戦いに参加しました。 アポロ. [3]

ペガサス 1781年1月にリーワード諸島に向けてジョン・スタンホープ大尉の下で再び航海した。彼女は8月に帰国したが、その後カリブ海に戻った。 1783年1月23日、彼女は 忠誠、フランスが輸送手段として使用していた、200人の軍隊を運んでいた元イギリス海軍のスループ。 [4] ペガサス 1783年4月に普通に完済した。

1786年にヘンリーハーベイは再任された船長になりました ペガサス 北米駅での奉仕のために、しかし彼の中尉がウィリアム・ヘンリー王子であったことを発見してがっかりしました。問題は、海上に出るとすぐに、海軍本部がハーベイが船長を部下に引き渡すことを期待していたことでした。ハーベイは彼の失望を抑え、「彼に彼の殿下の永続的な友情を確保するような裁量」で事件を行った。 [5]数週間以内に、ハーベイはHMSに移されました。 ローズ そして彼女に乗って参加しました ペガサス 北米駅からの平時の操縦で ローズ 1789年に完済しました。

1786年から1788年まで、 ペガサス、ウィリアム・ヘンリー王子の下で、主にカナダの東海岸とニューファンドランド、そして西インド諸島をパトロールするために割り当てられました。 1786年後半、 ペガサス ホレーショ・ネルソンの下で西インド諸島に駐留し、ウィリアム・ヘンリー王子について次のように書いています。彼の上官、私は彼の平等をほとんど知りません。」 [6]

ウィリアム・ヘンリー中尉は、王子が連れてきたウィリアム・ハーグッドでした。乗船している他の役員または乗組員 ペガサス この時点でランクが上がるのは、トーマス・バイアム・マーティン、ジョン・パスコ、チャールズ・ローリーでした。王子はメンターのアイザック・ションバーグを与えられましたが、それはうまくいかず、解決するためにネルソンの介入が必要でした。ネルソンはまた、ウィリアム・ジョンストン・ホープの移籍を手配しました。 ペガサス しかし、王子とうまくやっていけなかった。 ペガサス プリマスに戻り、1788年3月に廃止されました。

ハーバート・ソーヤーは1789年1月に勅任長に昇進し、指揮を執った。 ペガサス 彼女の次の任務を開始します。彼はニューファンドランド沖で活動している北米駅で彼女に乗船しました。 1790年7月8日、彼女はシリー諸島内のアネットに着陸しましたが、無傷の洪水で再浮上しました。 [7]

フランス革命戦争

1793年7月14日 ペガサス セントヘレンズから海峡艦隊と一緒に出航しました。 7月18日、彼女はシリー諸島の西にいました。 7月31日、彼女は一時的に目撃しましたが、フランス艦隊を閉鎖することができなかったため、8月10日にトーベイに戻りました。 13日後、彼女は海峡艦隊に所属し、ニューファウンドランドの貿易と西インドの護送船団が本拠地にいる間に護衛しました。 10月23日までに、彼女はフランス艦隊と戦隊を探して航海していました。 11月18日、艦隊は12月中旬までにフランス戦隊との短い小競り合いでスピットヘッドに戻った。

1794年5月から6月にかけて、海峡艦隊は栄光の6月1日の戦いを戦い、その間に6隻の戦列艦を捕獲し、7隻目を沈めました。 6月13日、艦隊は母港に戻ってきました。に投稿されていたロバート・バーロウの指揮下にある間 ペガサス、彼女は戦闘でハウ提督の合図の繰り返し船を務めていました。バーロウはフリゲートに移された アクイロン 報酬として。戦いで、 ペガサス 海景画家のニコラス・ポコックを乗客として迎えました。

1795年2月14日、海峡艦隊はトーベイから短い航海のために出航し、さまざまな護送船団が海峡から安全に出航するのを見ました。

1796年5月、北海で活動しているアダム・ダンカン提督にニュースが届きました[8]。 アルゴ そして、3つのブリッグとカッターがノルウェーのフリッカーブを出発し、テクセルに向かった。 [9]ダンカンは彼らを迎撃するために、フリゲートからなる彼自身の戦隊を派遣した。 フェニックス、キャプテンローレンスウィリアムハルステッドの下で、50銃のHMS&#160ヒョウ, ペガサス とブリッグスループHMS&#160シルフ、すべてHalstedの全体的な指揮下にあります。 [9] [10]イギリス軍は、5月12日の午前5時にオランダ軍を迎撃しました。 フェニックスヒョウ 追いかける アルゴ、 その間 ペガサスシルフ ブリッグの後に作られました。 [9] [10] ヒョウ 最終的には少し遅れ、その結果、 フェニックス 持ってきた一人で アルゴ 1796年5月12日の行動に。[9]一方、 ペガサスシルフ 2隻のブリッグを座礁させ、オランダに同行した小型船を取りました。これは元イギリス船であることが判明しました。 ヨーク公。 [10]その後、彼らは3番目のブリッグである16門を捕獲しました。 水星。 [10]イギリス海軍は両方を取りました アルゴ水星 サービス開始、 アルゴ になる ヤヌス その間 水星 HMSになりました&#160エルメス. [10]

1800年、ジョン・ペンゲリー大尉の下で、 ペガサス 軍隊として装備され、武装していた。 1801年3月8日から9月2日まで ペガサス アレクサンドリアの包囲に参加しました。なぜなら ペガサス 海軍のエジプトキャンペーンに参加した彼女の将校と乗組員は、1850年に海軍総督が生き残ったすべての原告に承認した海軍総合サービスメダルの留め金「エジプト」の資格を得ました。 【注1】

ナポレオン戦争

1803年に彼女は地中海にいました。 1805年5月までに、彼女はハーウィッチの警備艦になりました。 1811年までに ペガサス チャタムの新兵収容艦でした。


次の20年またはペガサスのリプライズ

2010年のペガサスははるかに成熟していて洗練されているので、ジャックのスニフターを手に入れて、いくつかの思い出を撤回させてください。 2001 –クリス・ウォーカー–ドラム、ジェニファー・レイ–ボーカル、ジョン・ターナー–ベース、ドンリー–狂気をフィーチャーしたペガサス・ザ・バンドの復活。 17回のリハーサル、3回の仕事、19回の議論の後、ペガサスジェンとドンリーは生まれ、長年にわたって世界を揺るがしました。 2004年には、ティミー・バーネットがサドルに戻ったペガサス・ザ・バンド、トニー・カシオリ–バソプロファンド、ババ・ハウアー–ギター&ボーカル、ジェン&ドンリー–イェーガーボムズ&ジャックが戻ってきました。みんなに支払う700ドルの仕事がなく、そのお金が空腹のドンリーのために、バンドは歴史です。次に、ジェンは結婚し、子供をもうけました。ゲイリー・ドゥナヒューはその場所をガストとジャックのボトルで満たした。 2007&amp Pegasus The Bandは、Garyを前に、Ray Parker –ドラム、Jeff Hertig –ベース&ampアドバイス&Donley –骨頭の墓から生まれました。しばらくすると、ドンリーはいつものナンセンスを引き出し、みんなを怒らせました。しかし、ケリー・ホードがスティッフで遊ぶよりも人生から多くを必要としていたので、それは大丈夫でした。 2010年8月、ケリーはテキーラを愛していることに気づき、ミネソタは凍ったツンドラに向かった。 2011年から2016年にかけてケリースティーブンスはドンリーと合流し、毎年夏にPIBでティッパーとぶらぶらするだけでペガサスの堕落の深さを乗り越えました。

Stardate 2020:そのばかドンリーはエレクトリックソロのもの、アコースティックソロのものを持っています、ゲイリーとジェン&アンプとのデュオは今、混沌とした世界での雇用のために完全なライブトリオ(そしてファイアボール)を望んでいます。しかし、地球を破壊するニュースはペガサスバンドが帰ってきたということです! Rowdy Rick Yatesが到着し、常識、才能、ジムビームのオアシスを、Gary Dunahue、Jeff Hertig、Donleyの間の今年のコンテストの嫌いな人にもたらしました。 「自分の心の中の伝説」をモットーに、ドナルドトランプと協力して、人類が世界を支配することで知られる最大のブレーントラストを作成しようとしています。私は最も勇敢で、最もハンサムで、最も自尊心のある人にも言及しましたか?


HMSペガサス-歴史

権威の空気-RAF組織の歴史

HMSペガサスに搭載されたHQユニット

1918年4月1日にイギリス空軍が結成されたことで、すべてのイギリス軍および海軍の航空機がその支配下に置かれました。これには、英国海軍の船で運航されるすべての航空機が含まれ、これらの船に搭乗している空中および地上の乗組員はRAFのメンバーであり、船の乗組員は英国海軍のメンバーであるという状況につながりました。事実上、船に乗っている小さなRAFスタッフは、陸上にあるRAFステーションのスタッフとほとんど同じように動作し、飛行場は空母の飛行甲板でした。船内では、RAFの職員は船長の管轄下で海軍の規律の対象となり、RAFの上級将校が船長の航空顧問を務めました。

当初、多くの飛行隊が第3飛行隊、第203飛行隊、第210飛行隊、第205飛行隊である空母に割り当てられましたが、4月1日にイギリス空軍はイギリス空軍の艦隊航空隊を編成し、これらの飛行隊は400シリーズで番号が付けられた小さなフライトのシリーズ。 1939年7月にFAAが海軍本部に移管されたため、空軍のRAF HQユニットは存在しなくなり、ほとんどの役職は海軍士官に引き継がれましたが、一部のRAF要員はしばらくの間イギリス海軍に出向し続けました。

オリジナルのHMSペガサスは、1917年2月27日に海軍本部に買収されたとき、クライドバンクのジョンブラウンヤードで建造されていました。1917年6月9日に打ち上げられ、1917年8月15日に水上飛行機の空母として就役しました。甲板は取り外され、1924年2月26日に航空機入札として再分類されました。1925年5月7日に予備に返済されましたが、1929年にフェリー運搬船として再就役し、最終的に1931年8月22日にモアコムで廃棄のために売却されました。

HQユニットは、1918年12月にダンディーで結成されましたが、1920年3月6日、トルコに出航し、1923年12月に帰国したと思われます。1924年3月20日に改革され、1925年3月31日にシンガポールから帰国した際に解散しました。


2012年にブランド変更

3年後 アキュソフトペガサス、会社はにブランド名を変更しました Accusoft 現在、Accusoftは株式非公開で収益性が高く、本社が フロリダ州タンパ.

2015年、Accusoftは買収しました edocr、ユーザーのリードを獲得することに焦点を当てたビジネスドキュメント共有Webサイト。広大なユーザーベースとビジネスドキュメント共有スペースでの印象的なAlexaランキングにより、Accusoftブランドへの重要な追加です。


HMSペガサス-歴史

100年以上の経験。

Pegasus Steelは、厚鋼板の加工と製造において豊富な経験を持っています。サイズや洗練度に関係なく、プロジェクトのすべてのニーズを満たすことができます。ペガサスは、複数の最先端設備を備えており、鋼の製造プロセス全体を管理しています。これにより、高度にカスタマイズされた高品質の製品を100%納期どおりに効率的に製造および納品できます。

Pegasus Steel(USA)は、社長兼CEOのTony Deeringによって2007年に設立され、そのリーダーシップチームは、100年以上の鉄鋼加工の経験を提供しています。

仕組み

幅広い機能
ペガサススチールは、1500トンのプレスブレーキや大判レーザー切断システムなど、世界で最も先進的な鉄鋼加工技術と設備のいくつかを利用して、非常に幅広いニーズを満たします。

ワールドクラスの品質
私たちの大切なお客様は、プロジェクトの完全性、タイムリーな完了、卓越性を確保するために、卓越したレベルの技量を提供することを私たちに信頼しています。

最適なスケジューリング
私たちは24時間営業しており、高い基準を維持し、お客様の期待を超えながら、厳しい期限を守っています。

Consistent Custom Delivery
Our state-of-the-art CNC systems and professional CAD operators translate even the most complex drawings or electronic plans into finished precision products every time.

Tony Deering, CEO

In 1984 Tony began working as a laborer in a South African steelyard. Over a short period of time, he transitioned through many areas of operations before joining the military, where he served as an officer in the South African Airborne Forces. After leaving the military he began a small steel fabrication and supply business from the back of a pickup truck. Demonstrating an ethos of excellence from the beginning, Pegasus Steel experienced phenomenal growth and success. In 2006, Tony traveled to Charleston, South Carolina with the goal of establishing a new world-class steel fabrication business. From its humble beginnings with 10 inspired individuals, Pegasus Steel USA has grown to employ more than 160 skilled team members. He attributes this great success to 4 key ingredients: always delivering quality product, delivering on time, producing it safely, and producing it efficiently. Tony is a qualified shark diver, parachutist, and fixed-wing aircraft and helicopter pilot. He has run many marathons and taken part in some of the world’s toughest ultra-endurance events. He is married to Renee with whom he share three beautiful children and two adorable grandchildren.

Portia Sisk, CHRO

Portia is the Chief Human Resources Officer and Vice President for Pegasus Steel. As the first employee at Pegasus Steel in May 2007, she brought years of human resource and customer service management experience to her role. She holds three degrees from Indiana Institute of Technology with Summa Cum Laude honors and has her certification as a Professional in Human Resources from the Society for Human Resource Management. Portia is active on several boards in the tri-county area, including the Greater Charleston YMCA Board of Directors where she holds the position of Chairman of the Board.

Jayme Hightower, CFO

Jayme serves as the Chief Financial Officer for Pegasus Steel. Joining Pegasus six months after its opening, Jayme has also held the positions of Controller and Vice President of Finance. She is a graduate of the University of South Carolina at Aiken with a Bachelor of Science degree in Accounting and a Master of Business Administration degree. During her time off you will find her at home with her husband and four dogs. Jayme is a native of Aiken, South Carolina who loves staying active and being outdoors, traveling, and baking in her spare time.

Gregory Cote, VP of Planning & Estimating

Born in Providence, RI, Greg's background includes more than 30 years in the defense and commercial sectors. Gregory began working straight out of high school as a machinist and progressed into multiple management roles in planning, production control, and operations before relocating to South Carolina in 1995. Gregory has served as General Manager overseeing all operations for a mining and power generation company and as the Purchasing Director of a company helping to supply much-needed MRAP vehicles to the warfighters in Iraq and Afghanistan. In 2013, he joined Pegasus Steel and now serves as Vice President of Planning & Estimating. In his free time, Gregory enjoys boating, golfing, and spending time with his family.


Pegasus Project | Chronovisor and Time Travel Experiments

At least once each of us wanted to travel in time, whether forward or back. Everyone may have wanted to “give back time” to fix a mistake at some point. At other times, we would like to know what will be in the future in order to better guide our choices and decisions. Officially, there is no way to travel in time.

However, in frontier sciences, cases such as the scientist Pellegrino Ernetti and his chronicler are known, the case of the Montauk Project, whose participants claim that they managed to project both in the future and in the past of the planet, and the case of the engineer and the astronomer Frenchman Emile Drouet, who imagined and conceived in 1946 a Time Machine, was not realized because the engineer lacked the necessary financial means. Or the controversial case of lawyer Andrew Besagio who publicly stated in 2004 that he had participated in the US secret government program that deals with teleportation and time travel under the Defense Research Agency, called the Pegasus Project, a precursor to the Montauk Project and the Philadelphia Experiment

Time | But what is Time?

The nature of time is a subject that has concerned both scientists and philosophers. Considered once a frontier field of science, a journey in time has gradually become the playground of physicist theorists. Although time is one of the great mysteries of the universe and a fundamental dimension of life, no one has been able to define it. In principle, we can say that time is correlated with the notion of an event. Time is a measure of the duration of an event and has different meanings depending on the context.

There are several types of time:

  1. solar time,
  2. atomic time,
  3. quantum time,
  4. relativistic time,
  5. organic growth time,
  6. biological development time,
  7. historical time,
  8. subjective time,
  9. economic-social times,
  10. different ages, etc.

Time studies have gained momentum, leading to hypotheses, observations, experiences and surprising results, but it has become very difficult to keep up with the information.

Essentially, science admits two fundamental theories that seek to clarify the nature of time.

  1. The first concerns time as a linear phenomenon, in which only the “now” moment really exists and can be experienced. The past is over and can not be “visited”, except perhaps in imagination. The future does not yet exist, and when we live it already has become present. The hypothesis of linear time is all in our hands and after that, we guide our lives. We need a certain timeline of events, we need a calendar and a watch to put an order in the chaos of life. But if this hypothesis is correct, then time travel is impossible. Or is this just one of the constraints imposed by the human mind?
  2. The second theory says that all the moments of time exist in simultaneity. Past, present and future become simple terms that depend on the moment of time we are reporting. We can represent our time as a continuous loop, a sort of Möbius band. If we accept this model, then it would be possible to travel along the loop to a point, whether past or future. Time can be viewed from this perspective by analogy with images recorded on a videotape. Everything we would need to travel in time, in this situation, would be knowing the operation of fast forward and backward scroll buttons. This second hypothesis may seem fantastic, but there is already plenty of evidence to support it, as well as a theoretical framework in relativistic physics.

While most scientists say that time travel is not possible, Andrew Basiago, a lawyer in Vancouver, Washington state, claims to have done it a dozen times, taking part in the secret project called Pegasus, by Government of the United States.

“The Pegasus Project continued the findings of the” The Chronovisor, “which was invented in the 1950s by a team of twelve scientists gathered around an Italian monk, Pellegrino Ernetti, who was also a brilliant scholar, quantum physics specialist. Enrico Fermi (Nobel Laureate), as well as Wernher von Braun (father of the US space program), also took part in this group. The Chronovisor, which the Vatican sought to maintain in the greatest secret, is a device that, by resonance, captures the remaining superior harmonic frequencies of any event that has taken place in the past. These harmonics never completely disappear, but remain in a superior dimension of reality (known as “akasha tattva” in oriental esoteric science) as a kind of “echo”.

These frequencies are converted by a special device, thus reconstituting the images and sounds of an event that took place even hundreds or thousands of years ago.

Research on the Chronovisor was continued by the Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) scientists, who added new discoveries derived primarily from reversed engineering alien technology.

This has resulted in technology able to create vortexes (tunnels) in the space-time continuum, through which it is possible not only to visualize past events but also from the future and even physical teleportation in those coordinates. This technology has been developed, among other things, as a possible way of saving “elites” in the event of a catastrophe that could affect our planet. After more than 40 years, Besiago has the opportunity to talk about his past, which is so thrilling, in which he has been teleported several times in the past.

“I officially entered the autumn 1969 program as a third-grade student, the age of 7,” says Basiago.

At that time, the Pegasus program included over 140 children and 60 adults. They all travelled over time and saw various important events that have happened over time. For example, Basiago witnessed the scene in which US President Abraham Lincoln had been shot. Another historical scene in which Basiago was sent was the fight at Gettysburg. In order to make his story credible, he made a photo taken during his travels. One can see a small boy with a cap in his head, who looks frightened at the crowd of soldiers around him.

“A time loop has been opened and it has made it possible to travel in time. When the loop closes I find myself at different times in different places on Earth, “Basiago describes the way he traveled over time in his childhood.

This controversial storey seems fantastic, but a person with a reputation and notoriety like those of Basiago is hard to challenge. That’s why the American lawyer’s story tends to be credible.
Basiago says he was teleported over a dozen times.

“I have hundreds of proofs, I can tell you where I was and what travel devices I have used.” I officially entered the program in the fall of 1969 when I was a student and I was 7 years old, “the lawyer said.


ビデオを見る: Amati HMS Pegasus обзор и распаковка модели корабля