投票の自由-歴史

投票の自由-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Prtests

憲法修正第15条は、「人種、肌の色、または以前の奴隷状態のために、投票権を否定または縮小することはできない」ことを保証しています。それにもかかわらず、復興が終わった後、アフリカ系アメリカ人の大多数は選挙権を拒否されました。 1961年に、アフリカ系アメリカ人の人口の10パーセント未満が南部の129の郡で投票するために登録されました。議会は1965年の投票権法を可決し、アフリカ系アメリカ人の投票を妨げるすべてのテストを終了しました。この法律は1970年と1975年に延長され、1982年にはさらに25年間延長されました。

.

.



1964年のフリーダムサマープロジェクトのタイムライン

フリーダムサマーは、1964年にミシシッピ州の隔離された政治システムを統合するための公民権活動家による非暴力的な取り組みでした。ミシシッピ州のアフリカ系アメリカ人住民が投票に登録し、新しい政党を設立し、新しく形成された政治について学ぶために、ボランティアが募集され、訓練されました。フリーダムスクール。

フリーダムサマープロジェクトの前に、公民権活動家はミシシッピの政治制度を統合しようとしたときに激しい暴力に遭遇していました。 1963年の秋、学生非暴力調整委員会(SNCC)は、地元の主催者が非公式の「自由投票」を行うのを支援し、黒人のミシシッピ文化が選挙プロセスに参加したいと望んでいることを証明しました。

フリーダムサマーの計画は、学生非暴力調整委員会(SNCC)、連合組織評議会(COFO)、人種平等会議(CORE)が、数百人の北部のボランティア、主に白人の大学生を採用することを決定した1963年後半に始まりました。ミシシッピで。

フリーダムサマーの期間中、黒人のミシシッピ文化人とボランティアは、殺人、爆撃、誘拐、拷問などの異常な暴力に遭遇しました。これらの出来事は全国テレビで報道され、国民の怒りは米国議会が1964年の公民権法と1965年の投票権法を可決するのに拍車をかけました。


アメリカ合衆国の歴史を通しての議決権

米国の議決権は、常に平等に利用できるとは限りません。アフリカ系アメリカ人とすべての民族の女性が戦い、そして戦い続けています。特に彼らの声を聞くのは難しいです。

1973年ブラックエキスポでの有権者登録ドライブ

アメリカの歴史の多くで、投票は色に関係なく、白人以外の男性と女性をほとんど除外しました。イリノイ州シカゴで開催されたブラックエキスポでのこの有権者登録ドライブは、1965年の投票権法が可決されてからわずか8年後の1973年に行われました。

ジョンホワイト/米国からの写真国立アーカイブ/アラミー画像

選挙権とそれを行使できる人は、米国の歴史の中で絶えず変化してきました。州は伝統的に投票の要件を決定してきましたが、連邦政府は、プロセスの公平性と平等性を高めるために、これらの要件を変更するいくつかの措置を講じてきました。今日、連邦選挙に投票するには、総選挙の日付までに18歳以上の米国市民であり、投票する州の居住者である必要があります。ただし、これらの要件は以前はより制限的でした。

アメリカ独立戦争後の投票

アメリカ独立戦争後、新しい国はイギリス統治下の時代から自国政府の発展へと移行しました。連合規約の失敗後、国は1787年に合衆国憲法を採択しました。憲法の第1条は、州議会に連邦選挙を監督する権限を与えています。参政権、または投票権は、白人の土地所有者にのみ付与されました。彼らは共和国の非常に初期の段階であったので、創設者は国とのこれらの男性の経済的結びつきが価値があると信じていました。

しかし、1800年代初頭には、ますます多くの男性が参政権の拡大を支持し始めました。政党や有権者の選択肢が不足していた時期の後、1820年代には、二大政党制が復活し、参政権への関心が新たに高まりました。白人男性は利用可能な土地を求めて西に移動し続けましたが、多くの人は所有権が投票の要件であるべきだとは感じていませんでした。多くの州がその要件を削除し、完全な白人男性の参政権への扉を開いた。

南北戦争後の投票

国はすべての経済レベルの白人男性の投票権の拡大を祝ったが、有権者は依然として多様性に欠けていた。性別と人種の除外は、米国内に住む多くの市民が選挙権を行使する能力を依然として制限していました。 1860年代の南北戦争の終結後、急進派共和党は議会を支配しました。これらの男性は主に白人の北部人であり、米国連邦政府に対する反乱を受けて南部の政治力を制限したいと考えていました。第13修正の結果、北部に住む多くのアフリカ系アメリカ人に加えて、南部に住む多くのアフリカ系アメリカ人が奴隷制から解放されました。急進派共和党員は、これを自分たちの目的を助けるだけでなく、アフリカ系アメリカ人の男性に参政権を拡大する機会と見なしていました。 1870年に、合衆国憲法の第15修正案が批准され、「合衆国市民の投票権は、人種、肌の色、または以前の理由で合衆国またはいかなる国によっても否定または短縮されてはならない」と宣言した。奴隷状態。」

アフリカ系アメリカ人男性の投票権を確認した第15修正条項の批准は、米国で生まれた人を市民として分類した第14修正条項の批准に続きました。第14修正はまた、すべての市民に「法の平等保護」を認めた。この改正は、1924年のインディアン市民法(ネイティブアメリカンが投票することを許可しましたが、すべての米国の州がネイティブアメリカンに完全な参政権を与えるまで、さらに40年かかる権利を行使しませんでした)とともに、市民権の基礎となりました。また、訴訟では他のどの訴訟よりも多く引用されるでしょう。第14修正は、アフリカ系アメリカ人が通過してからほぼ1世紀にわたって直面した差別と闘おうとした公民権運動の中心でもあります。

アフリカ系アメリカ人は最高裁判所の挑戦に直面しました(プレッシー対ファーガソン、 1896年)それは人種の分離と世論調査での挑戦を容認しました。人頭税を支払い、識字能力テストに合格しなければならないことは、アフリカ系アメリカ人が選挙権を行使しようとして直面した合法化された州の差別のほんの一例でした。また、多くの人が暴力、リンチ、その他の恐ろしい戦術の脅威に直面していました。連邦政府が選挙権をより効果的に保護したのは1960年代になってからでした。セルマ、アラバマ、および南部の他の都市での一連のスピーチ、座り込み、行進の後、人頭税を廃止した第24修正案と、1965年の投票権法により、アフリカ系アメリカ人などに投票する権利が保護されました。 2013年の場合 シェルビー郡対ホルダー , 最高裁判所は投票権法を弱体化させた。具体的には、裁判所は、人種に基づく有権者差別の歴史を持つ州が選挙規則を変更する前に連邦政府の承認を得ることを要求する法律の一部を取り下げました。

女性参政権のための戦い

女性は19世紀半ばの奴隷制度廃止運動の重要な支持者であり、当時の女性は自分たちの不平等と類似していると考えていました。エリザベスキャディスタントンやルクレシアモットなどの女性のリーダーシップの下、1840年代頃に女性の権利運動が発展しました。 1848年のセネカフォールズ大会で、彼らは「独立宣言」の改訂を含む「感情宣言」を導入しました。これには、「すべての男性と女性が平等に作られる」というものが含まれていました。将来の運動家。

ワイオミング州は1869年に女性に選挙権を与えた最初の州でしたが、白人女性が全国的に投票する能力を与えられたのは1920年まででした。アフリカ系アメリカ人の女性は、第19修正後、長年にわたって投票の障害に直面し続けました。第一次世界大戦中の進歩主義運動の改革と女性の産業での活動は、支援の推進に貢献しました。全米女性参政権協会の絶え間ない抗議、キャンペーン、行進は、戦争後、ウッドロウ・ウィルソン大統領などの著名な政治家からようやく支持を得ました。それは、より多くの女性が政治や政府に関与するようになるきっかけとなりました。

1971年の第26修正案の批准により、投票年齢は18歳に引き下げられ、より多くの若年成人に選挙権が拡大しました。

アメリカの歴史の多くで、投票は色に関係なく、白人以外の男性と女性をほとんど除外しました。イリノイ州シカゴで開催されたブラックエキスポでのこの有権者登録ドライブは、1965年の投票権法が可決されてからわずか8年後の1973年に行われました。


フリーダムスクールの歴史を探る

1960年代のフリーダムスクールは、20世紀初頭の奴隷化されたアフリカ人労働学校のための18世紀と19世紀の秘密の学校を含む、人気のある教育のツールを使用して人々を抑圧から解放するための長い努力の一部でした。 1950年代にセプティマクラークらによって。

1960年代のフリーダムスクールは、ミシシッピ州での1964年のフリーダムサマー中に学生非暴力調整委員会(SNCC)によって最初に開発されました。彼らは、非常に多くのアフリカ系アメリカ人と貧しい白人が受けた「小作人教育」に対抗することを目的としていました。参加者は、読書、執筆、算術、歴史、公民を通じて、6週間の夏のプログラムで進歩的なカリキュラムを受け取りました。このカリキュラムは、権利を剥奪されたアフリカ系アメリカ人が自分たちのために(有権者、選出された役人、主催者として、 NS。)。両親や祖父母を含む2,500人近くの生徒にサービスを提供する40近くのフリーダムスクールが設立されました。

フリーダムスクールの探求は、今日の学生と教師が今日の公教育の目的と可能性を探求することを可能にします。

フリーダムスクールの研究は、米国全体における自由、投票権、質の高い教育のための長い闘いの中で行われるべきです。

このレッスンでは、ジグソー形式の一次資料を使用して、フリーダムスクールの歴史と哲学を紹介します。読書は、学生が歴史家の役割を引き受けることを可能にし、教育と民主主義、公民権運動のベテラン、および南ミシシッピ大学デジタルコレクションによって提供された1964年のミシシッピフリーダムスクールの文書からの主要な文書を組み合わせます。

学生は、フリーダムスクールのカリキュラムが日々の抑圧への配慮を刺激するように設計されており、解放闘争に役立つように形作られていることに気付くでしょう。たとえば、「物質的なものと魂的なもの」のレッスンの目的は次のとおりです。

純粋な唯物論の不十分さについての洞察を発展させ、

新しい社会のいくつかの基本的な概念を開発すること。

フリーダムスクールの生徒による執筆は、若い頃の彼らの政治分析の洗練を示しています。たとえば、新聞で パーマーのクロッシングフリーダムニュース、11歳のR.M.C. [原文のまま]、

私はフリーダムスクールに行くのが好きです。あなたもそれを望みます。来たいのに道がない場合はお知らせください。私たちは皆、平等な権利を持つべきだと思います。私たちニグロは殴打されましたが、私たちが所有するものを手に入れるまで、私たちは決して後戻りしません。私たちは自分のものが欲しいだけです。他には何も必要ありません。私たちニグロは正義、平等な権利、自由、仕事に投票する権利を持っているべきだと思います。読むにはもっと良い本が必要です。町の上流とここの店では税金を払わなければなりません。それは泣いている恥です。神は今、人々を見下されています。私たちは人から物を隠そうとしますが、神から物を隠すことはできません。税金を払います。選挙権が必要だと思います。私たちの着色された男性全員が殴打され、刑務所に入れられています。この不公平だと思いますよね?

このレッスンは、探究型の実践的なものであり、生徒を批判的に振り返ります。したがって、学生は読書からだけでなく、教育学を経験することからもフリーダムスクールについて学びます。

学年: 高校

所要時間:1つ以上の授業期間

材料

専門家グループのディスカッションの質問。 エキスパートグループの各学生に十分なコピーを作成します。

エキスパートグループの一次ドキュメントパケット。各パケットの片面コピーを1つ作成します。


ミシシッピー自由民主党の候補者。元のソースドキュメントを表示する:WHI 97928

ミシシッピ。ファニー・ルー・ハンマー、アニー・ディバイン、アーロン・ヘンリーとともに、彼女はミシシッピー自由民主党の設立を支援しました。元のソースドキュメントを表示する:WHI 97167

SNCCは強力なリーダーの概念を避けました。それはグループとしてすべての重要な決定を下し、フリーダムサマーを彼ら自身の運命の支配をつかむために立ち上がる人々の草の根運動として考えました。 1964年の夏の間、500人以上の個人がプロジェクトにフルタイムで取り組みました。重要な役割を果たした少数の人々は次のとおりです。

ロバート・モーゼス彼は、1963年の秋にSNCCとCOFOの指導者にフリーダム・サマーのアイデアを提案し、1964年の初めにそれを指揮するように選ばれました。他の誰よりも、モーゼスはフリーダム・サマーを率いたと言えます。デイブデニス初期の座り込みとフリーダムライドのベテランであり、ミシシッピ州とルイジアナ州でのCOREの事業のリーダーであり、COFOのアシスタントディレクターでした。彼はフリーダムサマーへのCOREの参加を主導し、ボブモーゼズと共にプロジェクト全体を指導しました。ジュリアンボンドとメアリーキング彼らはSNCCコミュニケーションセクションを運営し、全国メディアがイベントを報道できるようにし、プロジェクトスタッフが絶え間ない危険について常に情報を入手し、連絡を取り合っていることを確認しました。ローレンス・ギヨー(1939-2012)彼は、ミシシッピー自由民主党(MFDP)の推進力でした。ファニー・ルー・ハマー(1917-1977)彼女は、白人至上主義者の代表団にDNCに挑戦し、11月の自由選挙で議会に立候補し、その後の議会の挑戦を主導するのを手伝ったMFDPのリーダーでした。 DNCでの投票権に対する彼女の熱烈な嘆願は、全国テレビで何百万人もの人々に見られ、多くの視聴者にフリーダムサマーの典型でした。アニー・ディバイン(1912-2000)とビクトリア・グレイ(1926-2006)彼らは、白人至上主義者の代表団にDNCに挑戦し、11月の自由選挙で議会に立候補し、その後の議会の挑戦を主導するのを助けたMFDPの指導者でした。それ。


IV。保護およびサービス機関

自由で公正な選挙は、投票権を確保する上で重要な役割を果たします。国際および地域の政府グループは、非政府組織とともに、選挙プロセスに関連する人権を監視および監視するために世界中で活動しています。いくつかの国際的および地域的な文書は、選挙の国際基準を概説しています。

国連&#8211 国連が任命した人権専門家の組織である人権委員会は、1996年にICCPR第25条に関する一般的意見の中で国際選挙基準を概説した。委員会によると、第25条の義務は以下に照らして検討されるべきである。
すべての市民が公務に参加する権利、投票する権利、および選出される権利を保護します。
民族の自己決定権。
すべての市民の権利を保護します。
投票に関する制限は、客観的かつ合理的な基準に基づく必要があります
憲法およびその他の法律は、権限の割り当てと、個々の市民が公務の実施に参加する権利を行使する手段を確立する必要があります。
政治参加は、表現、集会、結社の自由を確保することによって支えられています。
選挙と国民投票に投票する権利は、法律によって確立されなければなりません。
非識字、言語の壁、貧困、または投票権のある人が自分の権利を効果的に行使することを妨げる移動の自由の障害などの特定の困難を克服するために、政府は積極的な措置を講じるべきである。
投票する資格のある人は、候補者を自由に選ぶことができます。
指名日、手数料、または保証金に関連する条件は、合理的で差別的であってはなりません。
選挙は、議決権の効果的な行使を保証する法律の枠組みの中で、定期的に公正かつ自由に行われなければなりません。

国連は、主に戦後および国造りの文脈における脆弱な民主主義において、世界中で選挙監視活動を行っています。たとえば、国連とOSCEは、ボスニア・ヘルツェゴビナの選挙監視に深く関わっており、選挙監視員のトレーニングを提供し、選挙日に警察の支援を提供しました。国連の監視活動は、特定の国の状況で明らかなニーズによって異なりますが、次のすべてを含めることができます。
選挙前の準備とキャンペーン期間
選挙管理
登録
有権者の教育と情報
メディア
投票
カウント
結果とフォローアップ。


アメリカの州の組織&#8211 民主主義推進ユニット(UPD)を含むOASは、米州機構における政治参加、投票、民主主義を推進しています。 OASは、選挙監視ミッション(EOM)を通じて選挙監視を実行します。 UPDは選挙監視において独自の経験と名声を獲得しているため、EOMはしばしば各国政府から招待されます。

OASはまた、選挙プロセスの組織化と管理に関連する問題を解決しようとしている加盟国に技術支援を提供します。この領域では、彼らの目標は、加盟国が国の選挙組織をより効果的で、合法で、尊敬され、安定させるのを支援することです。 OASは、ウェブサイト、ニュースレター、会議、セミナー、ワークショップを通じて、ガバナンスと民主主義に関連する利害関係者に情報を提供します。

欧州安全保障協力機構&#8211 OSCEには、ヨーロッパ、中央アジア、北アメリカの55の加盟国が含まれ、民主的機関と人権局(ODIHR)と呼ばれる選挙監視ユニットがあります。 ODIHRは、参加している加盟国に選挙監視任務を展開します。これを行うために、専門家のODIHRフィールドチームが2000年の選挙プロセスを最初から最後まで監視するために&#8211、ODHIRは参加国で15の選挙を監視しました。監視が完了した後、ODIHRは観察結果に関するレポートを提示し、レポートに含まれる推奨事項の実装を支援する技術支援を提供します。

欧州連合&#8211 近年、欧州連合の選挙任務は、共通外交・安全保障政策の支援の下であろうと、その開発協力プログラム内であろうと、頻繁に増加しています。多くの場合、EUはOSCEまたは国連と協力して取り組んできました。過去3年間で、ミッションはジンバブエからペルー、カンボジアに至るまで、世界15か国に送られました。


投票の自由-歴史

投票または死ぬ
(1865年から1965年の投票権法を記念する詩)

投票するか死ぬかは常に私の戦いの叫びです。
ずっと昔に亡くなった奴隷を求めて泣く
それは投票のためではありませんでしたが、彼らが切望していた自由でした
そして彼らは泣いてこの悲しい歌を歌いました。
今朝私と一緒に目が覚めた
心は自由にとどまった
今朝私と一緒に目が覚めた
心は自由にとどまった
ハレルエ、ハレルエ、ハレルヤ

投票するか死ぬか。

投票するか死ぬかはメアリーアンシャリーの戦いの叫びでした
彼女はワシントンDCの弁護士でした。
年は1880年でした
彼女は女性の選挙権のために戦った
彼女はあなたが投票できるかどうかハイラム・レベルスに尋ねました、それならなぜ私はできないのですか?
投票するか死ぬかは常にメアリーアンの戦いの叫びでした。
投票するか死ぬか。

投票するか死ぬかはアーロン・ヘンリーの戦いの叫びでした
彼は早い段階で戦いに加わった。
彼は薬剤師であり、ミシシッピ州クラークスデールは彼の家でした。
彼らは彼を刑務所に入れ、彼を殴打した
そして、彼をごみ収集車の後ろに乗せました。
彼らは彼の尊厳を奪おうとしました
彼は彼らに、彼が投票を得たとき、
私たちは皆自由になります。
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかはマルコムXの戦いの叫びでした
彼はLBJに不確かな方法で尋ねました。
投票または弾丸。
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかはハートモンターンボウの戦いの叫びでした
彼はホームズ郡のミシシッピの町に住んでいた
彼らは彼の正面玄関に銃弾の穴を開けた
そして彼らは彼の家に火をつけました
彼は秋に投票するつもりだと言った
自由が彼の望みだったからです。
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかは、ダイアン・ナッシュの戦いの叫びでした
彼女はテネシー州ナッシュビルで権利のために戦った。
彼女は国中の刑務所に行きました
彼女はたくさんの若者を手に取った
そして、あなたが投票すれば、それは私たちを解放するだろうと言いました。
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかは、J。D。ストーリー牧師の戦いの叫びでした。
1962年に彼は非常に勇敢な立場を取りました
そして彼は自分が臆病者ではなかったことを世界に知らせました
しかし、神を恐れる男
彼は「教会の扉は(原文のまま)開いている」と言った
そして彼は恐れを示さなかったので
彼への投票は非常に重要であり、大切なものでした。
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかは、ラリー・ルビンの戦いの叫びでした。
彼は夢を見たのでミシシッピに来ました
しかし、彼らは彼をホリースプリングスに閉じ込めました。
彼が法廷に行ったとき、彼は立ち上がった
そして、あなたが投票できるなら、なぜすべての人ではないのか、裁判官に言いました。
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかはサムブロックの戦いの叫びでした
彼がグリーンウッドに行ったとき、彼らは彼を殴打し、刑務所に投げ入れました。
彼らは彼の弁護士に保釈はないだろうと言った
彼は刑務所にとどまり、彼の立場に立った
そして彼はグリーンウッドをひっくり返した。
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかは、ジミー・トラビスの戦いの叫びでした。
グリーンウッドにいる間、彼は頭を撃たれた
クランは自分が死んだと思った。
彼らは彼が生き残ったことに驚いた、そして彼が目覚めたとき
彼は非常に大きな声で言った
私の頭は血まみれですがお辞儀をしていません
投票するか死ぬか!

投票するか死ぬかはアーネルポンダーの戦いの叫びでした
彼らはウィノナ刑務所で彼女をほとんど殺しました
彼女はユーベスターに頭を高く保つように言った
彼らが出たとき
彼女は投票するか死ぬでしょう。

投票するか死ぬかはファニー・ルー・ハマー夫人の戦いの叫びでした
彼女が土地から追い出されたとき、彼らは彼女に好意を示しました
彼女はルールビルに行き、立ち上がった。
彼女は力と誇りを持って世界に語った
彼女が病気で疲れていたこと
彼らはウィノナ刑務所で彼女を殴打した
彼女が出たとき、彼女は強かったが親切だった
そして、彼女はいつも私のこの小さな光を歌っていました。

私のこの小さな光
輝かせます
私のこの小さな光
輝かせて、輝かせて、輝かせて、輝かせて。

投票するか死ぬか!

Copyright&copy Margaret Block、all rightsreserved。

投票しない場合は、泣かないでください

投票しないなら泣かないで
私たちは前に投票するか死ぬかをあなたに言いました。

物事が本当に悪くなり、あなたが歩かなければならないとき
あなたはガスを買うことができず、あなたの散歩はもはやすべてがスパイシーでスパイではないので、
さて、あなたが投票しないなら、泣かないでください、兄弟の上を歩いてください。

あなたが店に行って、価格が天井を越えて空にぶつかったとき、
そして、あなたは罵倒し、不平を言い、みんなに話します
これらの価格が高すぎること
そして、あなたはあなたが何を買うつもりかわからない、
ええと、投票しないのなら、泣かないでください。

岩と固い場所の間にいることに気づいたら
そして、あなたはあなたの住宅ローンを支払うことができず、小さなスペースに縮小する必要があります
そして、あなたはうんざりして恥ずかしい思いをし、あなたの目から涙を保つことができません、
ええと、投票しないのなら、泣かないでください。

あなたがあなたの仕事から解雇されてあなたのためのものがすでに困難だった場合
そして、あなたは彼らがあなたの仕事を別の土地に送ったことを知っています
そして、あなたにできることは、手を上げて神に理由を尋ねることだけです。
ええと、投票しないのなら、泣かないでください。

あなたが本当に病気になり、あなたが請求書を支払うことができないために医者に行くことができない場合
それらの高価な錠剤を買うことは言うまでもなく、
そして、あなたはあなたが死ぬつもりであるように感じます、
ええと、投票しないのなら、泣かないでください。

学校に行って、すべての規則を順守した場合
しかし、助成金や学生ローンを取得することはできず、バッグを詰めて家に帰らなければなりません
そして、あなたはみんな怒って動揺していて、世界があなたを通り過ぎているとあなたのママに言います、
ええと、投票しないのなら、泣かないでください。

フードスタンプとセクション8を紛失した場合
そして、あなたはそれをまっすぐにするためにあなたの労働者に電話します
そして彼女はジョン・マケインがあなたの利益を削減したとあなたに話し、理由を言わなかった
そして、あなたは重いため息を吐き出しました、
ええと、投票しないのなら、泣かないでください。
私たちはすでにあなたに投票するか死ぬかを言いました。

Copyright&copy Margaret Block、all rightsreserved。

正義とジャイブ
(アメリカの正義の歴史詩)

彼らがインドの国の土地を奪ったとき、正義はアメリカの計画にありませんでした、
Arapahoe、Apache、Cherokee、Choctaw、Navajoなどのように。
あなたが彼らを孤立した土地に追放したとき、それはただの計画でしたか?
そして天然痘とじんましんに感染しました、あなたは彼らが生き残れないことを知っていました
これらの不当は決して正当化することはできません、
あなたはそれを正義と呼んでいますが、それはジャイブの単なる別の言葉です。

奴隷制が多かったとき、正義はどこにありましたか、
おそらく彼女はオールドマスターがスウォボの鼻を地面に向けておくのを手伝っていたのでしょう。
彼らは彼の子供たち、彼の文化、彼の言語と彼のアイデンティティを奪いました
しかし、彼らは彼の尊厳をとることができませんでした。
マダムジャスティス、あなたは隠すことはできません、私たちはあなたに大量虐殺を請求します。
あなたはそれを正義と呼んでいますが、それはジャイブの単なる別の言葉です。

すべてのリンチが下がっていたとき、正義はどこにもありませんでした。
クランは私たちを緊張させ、隠そうとしませんでした
彼らは正義が私たちの味方ではないことを知っていたので、
ビリー・ホリデイが「奇妙な果実」を歌ったとき、彼女はポプラの木からぶら下がっている死体について歌っていました。
彼女はあなたや私について歌っていたかもしれません。
彼女は正義が決して主宰しないことを知っていました、
あなたはそれを正義と呼んでいますが、ビリーはそれをジャイブと呼んでいます。

正義は盲目であるはずですが、正義にはドル記号が付いています。
正義を買って家賃を払うことができません。私は最低賃金を無益で作っています。
正義は金持ちのためだけのものであるように私には思えます。
あなたがお金を持っていない場合、正義は拒否されます。
あなたはそれを正義と呼んでいますが、それはジャイブの単なる別の言葉です。

正義が本当に色覚異常であるなら、なぜそんなに多くの黒人と茶色の兄弟が時間をしているのですか?
あなたはいくつかの自家製の事実に彼らを閉じ込めますが、それは常にあなたの攻撃の計画でした。
ラングストン・ヒューズはかつて、正義は私たち黒人が賢明である盲目の女神であると言いました、
彼女の包帯は、かつてはおそらく目だった2つの厄介な痛みをカバーしています。
あなたはそれを正義と呼んでいますが、ラングストンはそれをジャイブと呼んでいます。

マダムジャスティスは本当に疲れているに違いありません。
彼女は警官が黒いプロフィールをすることを許可しています、
彼らは私たちを見て、正当な理由もなく私たちを止めます。
狩猟シーズンにはアヒルに座っているような気分になります。
正義が私たちの味方になる時が来ました。
あなたはそれを正義と呼んでいますが、それはジャイブの単なる別の言葉です。

大統領、正義が本当に無傷だったのなら、なぜあなたは愛国者法を作成したのですか?
あなたの国土安全保障は変装した不正です
しかし、ブッシュ氏は、正義とは異なり、私たちは盲目ではありません。私たちは皆目を持っています。
あなたはそれを正義と呼んでいますが、それはジャイブの単なる別の言葉です。

今、ブッシュ夫人、正義は耳が聞こえず、無言で盲目でなければなりませんでした
あなたが「子供を置き去りにしない」の作成を手伝ったとき。
あなたは子供たちを大きな秋に向けて準備しています。
ブッシュ夫人、一人への不当はすべてへの不当です。
正義は子供たちの側にあるべきです。
あなたはそれを正義と呼んでいますが、子供たちでさえそれがジャイブであることを知っています。

カトリーナが倒れたとき、正義はどこにありましたか?
おそらく、彼女はFEMAのディレクター、その無能なマイケル・ブラウンと一緒に隠れていたのでしょう。
スーパードームの人々は、FEMAが
すぐにそこにいるでしょうが、ブッシュとブラウンは本当に気にしませんでした。
彼らは彼らが計画している間彼ら全員がちょうど浮かんでいたことを望みましたそして
嘘をついて許しがたい遅れを作ったが、誰かがかつて言った
正義の遅れは正義の否定です。

あなたはそれを正義と呼んでいますが、私たちは皆ジャイブを認識することができます。

Copyright&copy Margaret Block、all rightsreserved。

私の若い黒人の兄弟のために

あなたは傑出した黒人になるだろう
あなたが目標、夢、そしてマスタープランを持っているなら。

学校にとどまり、迷わないでください
あなたはドクターモントレルグリーンのようかもしれません
そしていつか監督になります。
彼は目標、夢、そしてマスタープランを持っていた男です
そして今、彼は傑出した黒人男性です。

麻薬を売ったり、凶悪犯とたむろしたりしないでください。
あなたの唯一の方法で良い教育。
メディアが描写しているように、あなたはすべてのギャングバンガーではありません。
あなたは若く、才能があり、ハンサムで黒人です。
あなたは「A」の学生ですが、彼らは決してそれを教えません。
あなたには目標、夢、そしてマスタープランがあります
そして、あなたは傑出した黒人になるでしょう。

女性を軽蔑してBやWと呼んではいけません。
すべての女性、特にあなたの母親を尊重する
彼女はいつも計画を持っていた神を恐れる女性です。
彼女はあなたが傑出した青年である理由です。
すべての兄弟にとって前向きな役割モデルになる-
麻薬の販売や殺し合いをやめるように彼らに言いなさい
神を信頼し、お互いを愛するように彼らに言いなさい
みなさんは美しい黒人兄弟だからです。

私の中流階級の兄弟たちに、
みなさんは黒人なので、
あなたが考えるのでなぜあなたはそれらを捨てるのですか
彼らがトラックの反対側から来たということですか?
私は一度あなたに彼らが若いと言いました、
彼らは才能が​​あり、ハンサムで黒人です。
だから、彼らが背中をなでている間、彼らを許しなさい。

社会の計画はあなたが失敗することです
だからあなたは誰かの刑務所に入る可能性があります。
さて、あなたはオレンジ色のジャンプスーツが好きではありません
または過密セル。
あなたは達成者であり、うまくいくでしょう。
それで、あなたが彼らの計画を台無しにする間、あなたを許すように彼らに言いなさい、
あなたは傑出した黒人になるからです。

社会はあなたを保留にし、待つようにあなたに言います、
しかし、あなたはヨブのようになり、あなたの信仰に立つ必要があります、
神はマスタープランを持っているので
そして、あなたは傑出した黒人になるでしょう。


ラウンズ郡と投票権法

論文。ハサン・クワミ・ジェフリーズ著。
ローンズ郡自由組織の歴史と重要性。

アラバマ州ラウンズ郡の物語は、1965年の投票権法の成立後の投票権闘争の歴史に関する優れた事例研究を提供します。この歴史を教室に持ち込むために、ここで記事を共有し、歴史家のHasanKwameにインタビューします。ジェフリーズ、 Bloody Lowndes:アラバマの黒帯における公民権と黒権。からの短い抜粋も含まれています 血まみれのローンズ 自由の権利と自由の政治について、そしてドキュメンタリー映画からのローンズについてのクリップ、 アイズ・オン・ザ・プライズ.

あまりにもしばしば語られない物語: ラウンズ郡、投票権法、および元のブラックパンサー党の誕生

ハサン・クワミ・ジェフリーズ

1965年が始まったとき、アラバマ州ラウンズ郡のアフリカ系アメリカ人は投票できませんでした。 80%が黒人だった郡には、5,122人の有権者がいたが、登録されたのは1人もいなかった。投票用紙を拒否したアフリカ系アメリカ人は、政治過程で発言権を持っていませんでした。黒人に選出された役人はいませんでしたし、再建以来誰もいませんでした。また、陪審員プールは登録有権者のリストのみから得られたものであるため、陪審員に黒人は座っていませんでした。

ラウンズ郡の黒人を政治的プロセスから完全に排除することで、地域生活のあらゆる面で人種差別が続くことが保証されました。公共施設は別々で不平等でした。公立学校は厳しく隔離されていました。そして、黒人労働者、特に黒人農業労働者は、過労と低賃金でした。

ラウンズ郡の黒人は現状に満足したことはありませんでした。解放以来、彼らは自由の権利、つまり白人が奴隷制の間に彼らを否定した市民的権利と人権の組み合わせのために懸命に戦った。 These included access to the ballot box, quality education, decent housing, land ownership, fair wages, and personal safety. But white supremacy was unrelenting, and its most vicious manifestation, racial terrorism, made direct, public challenges to the status quo impractical, if not impossible.

Indeed, long before 1965, Lowndes County, known to many as Bloody Lowndes, had developed a well-deserved reputation for racial terrorism. In the 1880s, whites defeated Reconstruction by stealing elections at gunpoint. At the turn of the century, they exploited black laborers through sharecropping, convict leasing, and debt peonage. Early in the new century, whites lynched African Americans with impunity, fearing neither arrest nor prosecution, and concocted preposterous rape stories to justify these murders. Before World War II, they used brutal force to suppress the wages of black agricultural workers, crushing, for instance, a 1935 sharecroppers strike by killing several people, beating dozens more, and forcing scores to flee the county for good. And after the war, whites, most especially county sheriff Otto Moorer, continued using violence to maintain Jim Crow.

But things began to change in the early months of 1965. In March, one week before Bloody Sunday, a group of thirty-nine black residents—some family, others friends—gathered at the county courthouse and boldly attempted to register to vote. No one was registered that day, but a movement was born. And by the end of the next year, this movement, led by local people and supported by daring activists from the Student Nonviolent Coordinating Committee (SNCC), had transformed Lowndes County from a citadel of violent white supremacy into the center of southern black militancy. They did this by creating the Lowndes County Freedom Organization (LCFO), an all black, independent, political party—the original Black Panther party. Their audacious bid to take control of county government was meant to ensure that black people had a say in the decisions that affected their lives. It is a story too often untold.

The March 1, 1965 voter registration attempt energized African Americans in Lowndes County. To coordinate future registration tries, a small group met at Frank Haralson’s old shop on the edge of White Hall and formed the Lowndes County Christian Movement for Human Rights (LCCMHR). John Hulett, who spearheaded the initial voter registration attempt, agreed to serve as chairperson. William Cosby, a local shopkeeper, signed on as vice-chairperson. Elzie Lee McGill, a 59-year-old farmer, joined as treasurer, and his daughter, Lillian McGill, volunteered to serve as secretary. Jesse Favors, a railroad laborer, rounded out the leadership team as assistant secretary.

Stokely Carmichael in Lowndes County.

The LCCMHR quickly set about organizing additional voter registration tries. As it did, four SNCC field secretaries, including Stokely Carmichael, a veteran of the movement in Mississippi, and Bob Mants, a native of Atlanta, joined them. The young activists came to the county just after the Selma to Montgomery march passed through, knowing they would find more than a few brave souls willing to fight white supremacy. And they did.

Operating out of a freedom house in White Hall provided by black landowners Matthew and Emma Jackson, Sr., the SNCC activists helped local movement volunteers knock on doors from one end of the county to the other. They encouraged any black folk who would listen—and even those who wouldn’t—to attend the twice-weekly mass meetings and to try to register to vote. The slow and hard work of canvassing paid off as more and more people joined the movement. In a remarkable display of collective courage, increasing numbers of Lowndes County blacks overcame their resignation about the way things were and their fear of white violence.

Still, change came slowly. The county’s white registrars refused to add African Americans to the voter roll. As summer neared its end, they had added only a dozen or so African Americans out of the hundreds who had appeared before them. Meanwhile, large landowning whites began evicting black renters who attempted to register, and white night riders began shooting into the homes of movement leaders. Then, on August 20, white resident Tom Coleman ambushed four movement activists leaving a store in Hayneville, killing white SNCC volunteer Jonathan Daniels. These were dark days.

The arrival of federal registrars in mid-August pursuant to the Voting Rights Act, which President Lyndon B. Johnson signed into law earlier that month, provided local people with a glimmer of hope. For the first time since Reconstruction, they were able to register to vote. And within a few months’ time, more than two thousand did.

The Voting Rights Act was a major triumph, a product of the hard work and sacrifices of activists and ordinary people in Selma and far beyond. But it did not mark the end of the movement, either locally or nationally. It signaled instead the start of a new phase of struggle. Prior to the Voting Rights Act, movement activists fought to secure access to the ballot box. After the passage of the law, they fought to give meaning to newly acquired votes. In Lowndes County, SNCC’s Courtland Cox asked: “What would it profit a man to gain the vote and not be able to control it?” Encouraged by SNCC activists to think about nontraditional ways of empowering black voters, the leadership of the LCCMHR decided to create their own independent political party.

In December 1965, Hulett announced the formation of the Lowndes County Freedom Organization. Through the LCFO, local blacks planned to run a full slate of black candidates in the November 1966 general election. They aimed to wrest control of the county government away from white Democrats, whom local activist Frank Miles, Jr. described as “the ones who had done the killing in the county and had beat our heads.” The goal was simple. The task was hard.

Because of Alabama’s high rate of adult illiteracy, every political party in the state had to have a ballot symbol. The ballot symbol of the dominant Democratic Party was a white rooster, which often appeared alongside the state party’s official slogan of “White Supremacy for the Right.” For the LCFO ballot symbol, local movement leaders chose a snarling black panther. LCFO chairperson Hulett explained: “The Black Panther is an animal that when pressured it moves back until it is cornered, then it comes out fighting for life or death. We felt we had been pushed back long enough and that it was time for Negroes to come out and take over.”

Local movement leaders and SNCC organizers valued voter education as much as voter registration, believing it would be harder for political candidates and elected officials, white or black, to deceive an informed electorate. So they organized a series of political education workshops, held first in Atlanta and then in Lowndes County, at which they discussed and debated election law and the duties of elected officials. And for those unable to read, they produced and distributed cartoon storybooks detailing the same. It was a remarkable experiment in democracy.

On May 3, 1966, the LCFO held its candidate nomination convention. Despite the threat of white violence, nearly one thousand Lowndes County blacks gathered at First Baptist Church in Hayneville and chose a full slate of black candidates. They nominated Sidney Logan, Jr. for sheriff Frank Miles, Jr. for tax collector Alice Moore for tax assessor Emory Ross for coroner and Robert Logan, John Hinson, and Willie Mae Strickland for school board. “We have our candidates,” said SNCC’s Carmichael that evening. “Their names will be on the ballot November 8 along with our symbol, the Black Panther. All the people have to do is pull the lever under the panther. November 8 we vote. November 9 we take over the courthouse.”

Lines of people standing outside buildings in Lowndes County, Alabama, on election day, Nov. 1966. By Jim Peppler Southern Courier. ADAH.

Local activists and SNCC organizers spent the summer of 1966 mobilizing the newly enfranchised black electorate. And on November 8, they turned out in great numbers, with some sixteen hundred African Americans casting ballots for Black Panther candidates. But it wasn’t enough. Whites used fraud and intimidation to suppress black voter turnout and to pad the Democrats’ vote totals. When the final ballots were tallied, every LCFO candidate lost, some by just a few dozen votes.

Although the LCFO fell short of its most immediate goal, the people weren’t defeated. “November 8, 1966, made one thing clear,” remarked Carmichael. “Someday black people will control the government of Lowndes County.” And so the people pressed on, organizing not just for electoral victory, which eventually did come, but also for better schools, access to capital, jobs, health care, and personal safety.

Reflecting on the local movement, Carmichael explained: “Lowndes is not merely a section of land and a group of people, but an idea whose time has come.” That idea—the development of independent political parties to empower African Americans—an idea at the core of black power politics was one of the key political developments of the post-Voting Rights Act era. And like the snarling black panther, it was born in rural Lowndes County.

This article was reprinted by permission of the author from Bridges: The Story of the Voting Rights Struggle in Selma & the Black Belt (Imani Press, 2015).

Bloody Lowndes: Civil Rights and Black Power in Alabama’s Black Belt (Excerpts)

Freedom Rights and Freedom Politics

In the pages ahead, I tell the story of the Lowndes County freedom struggle. My purpose is fourfold. First, I aim to provide a more comprehensive framework for understanding the civil rights movement. This new paradigm revolves around the concept of freedom rights’ the assortment of civil and human rights that emancipated African-Americans identified as the crux of freedom. Framing the civil rights movement as a fight for freedom rights acknowledges the centrality of slavery and emancipation to conceptualizations of freedom incorporates the long history of black protest dating back to the daybreak of freedom and extending beyond the Black Power era recognizes African-American’s civil and human rights objectives and captures the universality of these goals. Moreover, it allows for regional and temporal differentiation, moments of ideological radicalization, and periods of social movement formation.

Second, I strive to offer new insights into the mechanics of the civil rights movement. The struggle in Lowndes County elucidates the movement’s key organizing elements, including recruitment efforts that tapped into the Diaspora of black southerners who migrated north. It underscores the breadth of black protest, which extended far beyond voting rights. It draws attention to the special character of grassroots insurgency in the rural South. It highlights the outside forces that affected movement activism, especially white resistance and federal involvement. It helps explain the demise of movement organizing. And it complicates the movement’s standard chronology, partly by underscoring the importance of exploring black protest in the post-Voting Rights Act era. [From Bloody Lowndes: Civil Rights and Black Power in Alabama’s Black Belt, page 4.]

At the moment of emancipation, [African Americans] reflected on their enslavement and identified their freedom rights, or those civil and human rights that slaveholders denied them. These rights included those enumerated in the U.S. Constitution and in various state constitutions, such as freedom of speech, religion, and assembly, and the right to due process, keep and bear arms, and vote. They also included rights that everyone is born entitled to, such as the right to own property, choose employment, enjoy economic security, marry and start a family, move without restriction, and receive an education. African Americans recognized the importance of freedom rights during slavery. Their bondage made clear that freedom rights were not only essential to living meaningful lives, but also the key to power within society. The violence of slavery, however, circumscribed their efforts to secure these rights. Only after emancipation were they able to claim them publicly. Unencumbered by the shackles of the Peculiar Institution, they insisted on a decent standard of living, pushed for social autonomy, pursued basic literacy, fought for political power, and sought protection from white violence. Even after the euphoria surrounding the jubilee subsided, their primary focus remained the guarantee of freedom rights. [From Bloody Lowndes: Civil Rights and Black Power in Alabama’s Black Belt, page 8.]

The Lowndes County Freedom Organization (LCFO) convention was a memorable event for the black community, which had not hosted such a gathering since Reconstruction. It was equally important to SNCC’s Alabama organizers, who had worked tirelessly to create a grassroots third party to provide an alternative to the Democratic Party. The significance of the LCFO convention, however, transcended its local meaning. The selection of seven African Americans to run against white Democrats in November 1966 was a triumph for democracy. Although there was nothing particularly radical about the candidate selection format, the process of political education that African Americans underwent leading up to the convention cut completely against the grain of American politics.

After the 1965 Voting Rights Act became law, SNCC organizers developed a unique political education program for Lowndes County residents that used workshops, mass meetings, and primers to increase general knowledge of local government and democratize political behavior. As a direct result of this effort, the emerging black electorate rejected the undemocratic traditions that defined American politics. Rather than promote the interests of the socio-economic elite, draw candidates exclusively from the ranks of the propertied and the privileged, or limit decision making to a select few individuals, they adopted a freedom rights platform, selected candidates from the poor and working class, and practiced democratic decision making. In this way, the political education process gave rise to freedom politics。 This new kind of political engagement coupled the movement’s egalitarian organizing methods with the people’s freedom rights agenda. The embrace of freedom politics by third-party supporters made the LCFO convention the high point of the Lowndes movement. [From Bloody Lowndes: Civil Rights and Black Power in Alabama’s Black Belt, page 145.]

Talk by Hasan Kwame Jeffries About Bloody Lowndes

関連記事

Hasan Kwame Jeffries is associate professor of history at the Ohio State University, where he holds a joint appointment at the Kirwan Institute for the Study of Race and Ethnicity.


Voting Rights for African Americans

A terrible and bloody Civil War freed enslaved Americans. The Fourteenth Amendment to the Constitution (1868) granted African Americans the rights of citizenship. However, this did not always translate into the ability to vote. Black voters were systematically turned away from state polling places. To combat this problem, Congress passed the Fifteenth Amendment in 1870. It says:

The right of citizens of the United States to vote shall not be denied or abridged by the United States or by any state on account of race, color, or previous condition of servitude.

Yet states still found ways to circumvent the Constitution and prevent blacks from voting. Poll taxes, literacy tests, fraud and intimidation all turned African Americans away from the polls. Until the Supreme Court struck it down in 1915, many states used the "grandfather clause " to keep descendents of slaves out of elections. The clause said you could not vote unless your grandfather had voted -- an impossibility for most people whose ancestors were slaves.

This unfair treatment was debated on the street, in the Congress and in the press. A full fifty years after the Fifteenth Amendment passed, black Americans still found it difficult to vote, especially in the South." What a Colored Man Should Do to Vote", lists many of the barriers African American voters faced.

The fight for African American suffrage raged on for decades. In the 1930s one Georgia man described the situation this way: "Do you know I've never voted in my life, never been able to exercise my right as a citizen because of the poll tax? . I can't pay a poll tax, can't have a voice in my own government."

Many brave and impassioned Americans protested, marched, were arrested and even died working toward voting equality. In 1963 and 1964, Dr. Martin Luther King Jr. brought hundreds of black people to the courthouse in Selma, Alabama to register. When they were turned away, Dr. King organized and led protests that finally turned the tide of American political opinion. In 1964 the Twenty-fourth Amendment prohibited the use of poll taxes. In 1965, the Voting Rights Act directed the Attorney General to enforce the right to vote for African Americans.

The 1965 Voting Rights Act created a significant change in the status of African Americans throughout the South. The Voting Rights Act prohibited the states from using literacy tests and other methods of excluding African Americans from voting. Prior to this, only an estimated twenty-three percent of voting-age blacks were registered nationally, but by 1969 the number had jumped to sixty-one percent.


Emancipation Proclamation: The 13th Amendment

Joint Resolution Proposing the Thirteenth Amendment to the United States Constitution, 01/31/1865–01/31/1865 Enrolled Acts and Resolutions of Congress, 1789–2008 General Records of the United States Government, 1778–2006, Record Group 11 National Archives (National Archives Identifier: 1408764)

The news of the Emancipation Proclamation was greeted with joy, even though it did not free all the slaves. Because of the limitations of the proclamation, and because it depended on a Union military victory, President Lincoln recognized that the Emancipation Proclamation would have to be followed by a constitutional amendment in order to abolish slavery.

After the Senate passed a bill for an amendment in April 1864, but the House of Representatives did not, Lincoln suggested that the bill be taken up by the Republican Party in its 1864 platform for the upcoming Presidential elections.

His efforts met with success when the House passed the bill in January 1865. On February 1, 1865, President Abraham Lincoln approved the Joint Resolution of Congress submitting the proposed amendment to the state legislatures. The necessary number of states ratified it by December 6, 1865.

The 13th Amendment to the United States Constitution formally abolished slavery in the United States. It provides that ”Neither slavery nor involuntary servitude, except as a punishment for crime whereof the party shall have been duly convicted, shall exist within the United States, or any place subject to their jurisdiction.”

The struggle for complete freedom was far from finished even with the 13th Amendment. Two more amendments were added to the Constitution. Ratified in 1868, the 14th Amendment increased the liberties and rights granted by the Bill of Rights to former slaves. Two years later the 15th Amendment was ratified, giving African American men the right to vote. The Emancipation Proclamation helped make these rights and liberties available for newly freed people, as it was one of the first steps towards freedom for former slaves.

The 13th Amendment and its history are featured in the online exhibit “Our Documents.”

The story of the creation of the 13th Amendment is featured in “The Meaning and Making of Emancipation,” a free eBook created by the National Archives. You can read it on your iPad, iPhone, Nook, or other electronic device.


ビデオを見る: בין השורות דמוקרטיה - חופש הפרט