全国住宅法

全国住宅法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1934年に議会で可決され、連邦住宅局(FHA)を設立した全国住宅法。この機関は、銀行、貯蓄貸付組合などに、住宅、中小企業、農場の建物を建てるための融資を行うよう奨励しました。 FHAが計画を承認した場合、FHAはローンに保険をかけます。

1937年、議会はFHAがスラムのクリアランスを管理できるようにする別の全国住宅法を可決しました。地方自治体がアパートの建設を支援するために、低金利で60年間の融資を行った。これらの家の家賃は固定されており、低所得の家族だけが利用できました。 1941年までに、この機関は120,000を超える家族単位の建設を支援しました。


公営住宅の歴史

今年は1949年の住宅法の70周年を迎えます。これにより、公営住宅代理店(PHA)の数が大幅に増加し、今日見られる公営住宅ストックの建設がさらに普及しました。以下は、公営住宅の簡単な歴史です。

公営住宅は国内で最も古く、最近まで最大の住宅補助金プログラムです。 3,000を超える地元の公営住宅機関によって運営されている今日の110万戸の公営住宅は、220万人の住民にサービスを提供しています。他の住宅補助金プログラムと混同しないように、公営住宅はHUDが所有し、地元のPHAが管理する住宅ストックです。

連邦公営住宅プログラムは、1937年の住宅法の一部として開始され、ニューディール中に可決されました。当初は雇用プログラムとスラム街の清掃活動を目的としていましたが、公営住宅は強力な草の根組織の結果でした。アメリカ地域計画協会のキャサリン・バウアーのような社会正義の擁護者は、政府が後援する住宅、すなわち公営住宅の運動に対する大規模な公的支援を動員しました。

彼の本の中で 法の色、 リチャード・ロススタインは、公営住宅の人種差別主義の始まりについて説明しています。連邦政府は、地方自治体が住宅分離政策を実行するのを支援したか、またはそれらを阻止するためにほとんど何もしませんでした。ニューディールの下で国の住宅とインフラストラクチャのニーズに対応するために設立された公共工事局(PWA)は、最初の連邦公営住宅プロジェクトとして1935年にジョージア州アトランタにTechwoodHomesを建設しました。このプロジェクトは、何百もの黒人家族を追い出し、604ユニットの白人のみの近隣を作りました。その同じ年、最高裁判所は、連邦政府には土地収用を通じて財産を差し押さえる権限がないと裁定しましたが、地方のPHAにはこの権限があり、公営住宅の配置に関して適切な監視なしに行動することができました。

分離された公営住宅を作成するという連邦政府の慣行は、1900年代の後半を通して続いた。連邦政府が1949年の住宅法に基づいて公営住宅プログラムを拡大した直後の1954年、最高裁判所は「分離すれども平等」の公教育を無効にする画期的な判決を下しました。住宅金融庁(HHFA)の弁護士Berchmans Fitzpatrickは、この決定は住宅には適用されないと述べた。そして1年後、アイゼンハワー政権は、黒人と白人のコミュニティが同等の質の住宅を受け取るべきであるという政策を終了しました。

戦後、公営住宅の生産は増加したが、60年代から70年代にかけて、分離された公営住宅の建設が続き、全国の深く分離された公営住宅が固められた。 1984年、 ダラスモーニングニュース 47の大都市圏を訪問し、それらの地域のほぼすべての公営住宅テナントが人種によって分離されていることを発見し、白い住宅プロジェクトはより良い設備を備えていました。

1968年の公正住宅法の成立後、公営住宅はもはや人種差別を推進するためのツールではなくなりました。わずか6年後、連邦政府は1974年のニクソン大統領の住宅支出のモラトリアムを皮切りに、公営住宅への支援の着実な撤回を開始しました。それ以来、連邦住宅補助金が住宅バウチャーに移行したため、公営住宅の大幅な拡大はありませんでした。

ホープVI

老朽化した犯罪に満ちた塔の建物の公営住宅やメディアの描写を弱体化させる一貫した試みにもかかわらず、このプログラムは住民の間で人気があり続けています。アレックスF.シュワルツは彼の本の中で次のように述べています。 住宅政策と米国: 「公営住宅は、そこに住む人々と入居を待っている人々を除いて、誰にとっても人気がありません。」確かに、非常に多くの人々が公営住宅に住みたいと思っているので、順番待ちリストはほとんどの場合何年もかかります。

80年代のレーガン大統領の下での着実な資金不足と緊縮財政の削減は、公営住宅の質の低下につながりました。 1989年、議会は、国の公営住宅の状態を調査するために、ひどく苦しんでいる公営住宅に関する全国委員会を設立しました。委員会は、「ひどく苦しんでいる」のはごくわずかな割合、6%であると判断しました。それにもかかわらず、議会は6億ドルをHOPE VIプログラムに割り当てました。このプログラムは、困窮したユニットを取り壊し、混合所得の住宅に置き換える「都市再開発」の取り組みとして公表されました。

プログラムは、より多くの資金とより良い管理を本当に必要とするプログラムの過剰修正をもたらしました。 50,000世帯以上が「一時的に」移転すると言われましたが、修理された家に戻ることができる世帯は半数未満であり、新しい混合所得住宅を購入できる世帯はさらに少数でした。最終的に、HOPE VIは数万人の公営住宅賃貸人を避難させ、公営住宅の在庫を大幅に減らしました。 HOPE VIは、今日の「再配置」の取り組みの前身でもありました。


全国住宅法(1934)

フランクリン・ルーズベルト大統領は、1934年6月27日に全国住宅法に署名しました。この法律の目的は、「住宅の基準と条件の改善を奨励し、相互抵当保険のシステムを提供すること、およびその他の目的」でした。この法律は、連邦住宅局(FHA)と連邦貯蓄貸付保険公社(FSLIC)を創設しました[1]。

1920年代の住宅バブルの崩壊は、大恐慌の発生の主な原因でした。 「1932年の夏までに、毎日1,000件もの住宅ローンのデフォルトが記録されていました…そして1933年の初めまでに、国の住宅ローンの約半分がデフォルトになりました…」[2]。何百万人ものアメリカ人が家を失い、さらに何百万人もの人々が家を失う危険にさらされていました。建設業界は停止し、建築業は特に大きな打撃を受けました。

FHAは、住宅建設、住宅購入、住宅改良のための住宅ローンの貸付を復活させるために、連邦基準に準拠した銀行や貯蓄貸付組合などの住宅ローン発行者に返済の連邦保証を提供しました。 FHA規制は、30年の低金利住宅ローンの標準化に責任がありました。住宅への資本の流れをさらに促進するために、FHAは住宅ローンを投資家に販売できる流通市場の開発を奨励しました[3]。

全国住宅法は2つの主要な方法で成功しました。第一に、それは建設業の復活と建築業における労働者の再雇用を刺激するのに役立ちました。 FHAが1934年の終わりまでに報告したように、「60の都市では、より良い住宅プログラムの結果として、失業者である請負業者や建築業者はいないと報告されています」[4]。第二に、1930年代の終わりまでに、「1200万人が、[新しい住宅購入と]国家住宅法の近代化と修理の規定を含む、FHAプログラムの下で住宅の基準と条件を改善できるようになった」と指摘されました。何年にもわたる経済不況の後、より多くのアメリカ人が「これまで以上に計画され、ベッターが建てられ、資金が豊富な家」を買う余裕ができました[5]。

国家住宅法の第207条はまた、「低コストの住宅プロジェクト…適切な水準の衛生、安全、快適さの住宅の大規模生産への民間資金の投資を奨励するため、および収入の少ない家族」[6]。 River Oaks Gardens(テキサス州ヒューストン)、Brentwood Village(ワシントンDC)、およびGreen Tree Manor(ケンタッキー州ルイビル)は、FHAが支援する大規模な住宅ローンによって可能になった多くの低コストの賃貸住宅プロジェクトの一部でした[7]。

全国住宅法とFHAは、戦後の住宅と郊外化の大ブームを支援することに大成功を収めました。このブームでは、全国の持ち家率が50%未満から70%近くに跳ね上がりました。一方、FHAは、住宅の貸付と人種差別における人種差別の既存のパターンを確認する規則を採用しました。「…1950年代後半までに、FHA保険の助けを借りて戦後に建てられた住宅の2%未満がマイノリティに売却されました。マイノリティの細分化で建てられたのはわずか1パーセントでした…当初はすべての市民にとってより質の高い避難所を想定していたニューディール住宅プログラムは、人種や階級に沿って分かれて行き詰まりました…」[8]。

1938年、全国住宅法の改正により、連邦住宅抵当公庫(Fannie Mae)が設立され、「民間貸し手からのFHA保証ローン」を購入し、「住宅ローン市場の流動性」を生み出し、「貸し手に新しい資金を調達するための現金を提供しました。住宅ローン」[9]。 FHAは、その機能と義務が新しく設立された住宅都市開発省によって引き継がれた1965年まで続きました[10]。ファニーメイはまだ存在しており、2000年代の住宅ローンバブルと危機の主要なプレーヤーでした。


参考文献

ウィキペディアの寄稿者(2018a)。地域社会再投資法。ウィキペディアの寄稿者(2018b)。レッドライニング。

Authority、F。H.、1936。引受マニュアル:全国住宅法のタイトルIIに基づく引受および評価手続き。

ボナスティア、C。(2015)。ぶら下がっている果物:住宅と学校の分離の貧しい歴史、30:549-570。

議会、2018年。経済成長、規制緩和、および消費者保護法、秒。 104.米国議会、ワシントンDC。

Encyclopedia.com(2018)。都市再開発。

Frey、W。H.(2015)ブルッキングス研究所の人口調査では、白黒の人種差別がわずかに減少していることが示されています。ブルッキングスのウェブサイトhttps://www.brookings.edu/blog/the-avenue/2015/12/08/census-shows-modest-declines-in-black-white-segregationから取得

Fry、R。およびTaylor、P。(2012)。収入による居住者隔離の台頭、ワシントンDC:ピュー研究所:26。

グレーターボストンのフェアハウジングセンター(2018)。マサチューセッツ州東部の住宅分離に影響を与える明示的政策から暗黙的政策への歴史的転換。

Hernandez、J。(2009)。レッドライニングの再検討:サクラメント1930&#82112004の住宅ローンの貸付パターン、International Journal of Urban and Regional Research 33:291-313。

アイスランド、J。およびワインバーグ、D。H.、2002年。1980年から2000年の米国における人種および民族の居住地の分離。国勢調査局、ワシントンDC。


全国住宅法-歴史

寄付

国家住宅法はHUDの資金調達を提供します

1959年に、国家住宅法は、高齢者向けの手頃な価格の住宅に対して、HUDが資金を提供する低利のローンを提供しました。 NBAは、限られたリソースで、ホームの高齢化する人々により多くの医療を提供するために懸命に取り組んできました。既存の「ライフケア契約」は通常、居住者が公的支援を受けることを妨げていました。これらの増大するニーズに対するNBAの対応は、&#8220より多くの住宅を建設または取得することでした。&#8221NBAは、インディアナ州マーティンズビルのケネディメモリアルホームなどの&#8220有料タイプの&#8221住宅の導入を開始しました。居住者は彼らの完全な世話、&#8221、そして建てたり購入したりする余裕のある人々のためのコテージ/アパートの自立生活にお金を払った。 (多くのp109-110、113。)

&#8220 1950年の最初の高齢化問題に関する全国会議のずっと前に、NBAの出版物は、生活の質が高齢のアメリカ人の主要な関心事になりつつあることを認識していました。 8220Aチャーチホームは、快適に死ぬために行く場所ではなく、創造的に生きるために行く場所です。&#8221 (Inasmuch、p112。)

全国の地元の教会は、「会衆や近所の高齢者に住宅を提供する方法」を尋ね始めました。NBA理事会は、HUDが資金提供する施設の追求に反対していましたが、カリフォルニアクリスチャンホームと北カリフォルニアのクリスチャン教会地域は可能性を追求し始めました。北カリフォルニアのクリスチャンチャーチホームズ(CCHNC)は、不動産の所有権を保持し、HUD融資の申請を行うために作成されました。これは、NBA理事会によって「しぶしぶ」承認されました。 CCHNCの最初のHUD資金によるローン申請が承認され、カリフォルニア州サンタクルーズのガーフィールドパークビレッジが1964年5月に献堂されました。ウェストレイククリスチャンテラスイーストは1968年6月に続きました。 (Inasmuch、p116。)

ニクソン大統領は1973年にHUDが資金提供した住宅にモラトリアムを設置しましたが、NBAの指導者とスタッフはその返還に備えました。 1977年にモラトリアムが解除された後、&#8220NBAは他のどのスポンサーよりも多くのHUDプロジェクトを受け取り、&#8221地元の会衆と協力してコミュニティを共同スポンサーしました。 (119、125のように)。


1934年:連邦住宅局が設立されました

レッドライニングとは何ですか?

レッドライニングは、人種的および民族的構成に基づいて、近隣の住宅ローンの返済を拒否する慣行です。

FHAに含まれるFHAの厳格な貸付基準 引受ハンドブック、 住宅ローンを承認するプロパティの種類を決定しました。 FHAは、物理的な品質基準に加えて、その場所、および物件が存在する近隣の人種的および民族的構成に基づいて決定を下しました。たとえば、1934年にFHA 引受ハンドブック 「住宅担保マップ」を基準に組み込んで、住宅ローンを発行できる場所と発行できない場所を決定しました。 2

住宅所有者のローン連合によって開発されたこれらは、239のアメリカの都市での不動産投資のセキュリティレベルを示す色分けされた地図でした。マップは、さまざまな世帯が貸付基準を満たす能力ではなく、コミュニティに関する仮定に基づいていました。

近隣分類

HOLCの鑑定士は、鑑定士の主観性を排除するために、住民の職業、収入、民族性などのカテゴリで近隣を分類しました。

  • A(緑) 良い時も悪い時も住宅地として需要があった、新しく均質な地域(「アメリカのビジネスとプロの男性」)でした。
  • B(青) 「ピークに達した」が、長年安定していると予想された「依然として望ましい」領域でした。
  • C(黄色) 「間違いなく衰退している」地域でした。一般的に人口の少ないフリンジエリアで、通常はすべての黒人の近隣に隣接していました。
  • D(赤) (したがって、用語 「レッドライニング」)は、「3で起こっていることがすでに起こっていた」領域でした。黒人と低所得の地域は、貸し出しにとって最悪であると考えられていました。

主に人種によって近隣を分離したこれらの地図は、貸付における分離と差別への道を開いた。多くの人が、人種差別の最初の先例を設定し、それが制度的慣行であることを可能にしたのはHOLCマップであったと主張します。

連邦住宅局(FHA)の起源

アメリカ人は以前、住宅への政府の介入に反対していましたが、1929年の大恐慌の間にひどく傷ついた住宅市場の活性化を支援するために連邦政府の支援を求め始めました。新しい家を購入できる人はほとんどいませんでした。強制販売と差し押さえのためにそれら。政府は住宅所有権を高めるために多くの試みをしました。

連邦住宅局(FHA)は、1934年の全国住宅法によって設立された政府機関であり、1930年代の銀行危機後の金利と住宅ローンの条件を規制しています。新しく作成されたFHAを通じて、連邦政府は適格な貸し手によって発行された住宅ローンに保険をかけ始め、住宅ローンの貸し手にデフォルトからの保護を提供しました。借り手が支払いを怠った場合、FHAは未払いの残高をカバーする必要がありました。政府が保証する住宅ローンは、住宅市場に安定性をもたらし、住宅建設と購入のための資金調達の利用可能性を高めました。

FHAは、住宅ローンの最大許容額を増やすなど、住宅金融システムのいくつかの側面を調整しました。これにより、多くのアメリカ人が所有権を広く利用できるようになりました。しかし、住宅ローンを取得するために、FHAは住宅ローン、不動産、借り手が特定の要件を満たすことを要求し、その一部は人種差別と都市の投資撤退の永続化につながりました(レッドライニングを参照)。

今日、FHAは住宅の基準と条件を改善し、住宅ローンを通じて適切な住宅融資を提供し、住宅ローン市場を安定させるために努力を続けています。 FHAは住宅都市開発省の一部であり、完全に自己資金で運営されている唯一の政府機関です。


全国住宅法-歴史

アンクルサムは手を貸します

政府は住宅と富を人種化したのですか?

白人家族がアメリカンドリームを達成するのを助けた連邦政府の政策とプログラムは、マイノリティが家を購入して富を蓄積することを困難にしました。


1935年:社会保障が作成されました
議会が1935年に社会保障を創設したとき、それは何百万人もの労働者にセーフティネットを提供し、彼らに退職後の収入を保証しました。しかし、この法律の規定は、主にアフリカ系アメリカ人、メキシコ人、およびアジア人であった農業労働者と家事使用人を除外しました。低所得労働者として、マイノリティは貯蓄の機会が最も少なく、年金を受け取る可能性が最も低く、景気後退に対して最も脆弱でしたが、ほとんどのアメリカ人に与えられた保護と利益から体系的に除外されました。

1935年:ワーグナー法が団体交渉と労働組織化を合法化
社会保障のように、ワーグナー法は重要な新しい権利を確立するのを助けました-団結すること。この法律の元のバージョンは人種差別を禁止していましたが、アメリカ労働総同盟はそれと戦い、最終バージョンは組合が非白人を排除することを許可しました。その結果、非白人は高給の仕事から締め出されただけでなく、医療、完全雇用、雇用保障などの組合の保護と福利厚生も拒否されました。さらに、彼らは彼らの排除に異議を唱えることを法的に禁じられました。法律は1950年代後半に変更されましたが、多くのクラフト・ユニオンは1970年代まで真っ白なままでした。

1930年代から1940年代:連邦住宅プログラムが郊外の成長に拍車をかける
1930年代から1940年代にかけて、連邦政府は低コストのローンを助成するプログラムを作成し、数百万人の平均的なアメリカ人に初めて持ち家を開放しました。同時に、政府の引受会社は、国の鑑定制度を導入し、資産価値とローンの適格性を人種に結び付けました。その結果、真っ白なコミュニティは最高の評価を受け、低コストの政府支援ローンの恩恵を受けましたが、マイノリティと混合地域は最低の評価を受け、これらのローンを拒否されました。 1934年から1962年の間に政府によって助成された1200億ドル相当の新しい住宅のうち、2パーセント未満が白人以外の家族に行きました。ほとんどの白人アメリカ人がようやく入ってきたように、非白人は持ち家から締め出されました。

1948年:制限条項が非合法化 シェリー対クレーマー
住宅所有者が彼らの家を非白人に売却またはリースすることを禁じた制限条項は、米国中の多くの地域で一般的でした。彼らはこの最高裁判所の判決によって非合法化されましたが、除外は続きました。民間の開発者は依然として非白人への住宅販売を拒否する可能性があり、不動産業者は非白人の将来の住宅購入者を白人の近所から遠ざけました。政府のガイドラインに従い、貸し手は引き続き人種に基づいて不動産の評価を行い、白人以外のコミュニティへの融資を拒否するか、「リスク」をカバーするためにより高い手数料と金利を主張しました。白人以外の地域や住宅購入者を体系的に切り下げることにより、連邦政府の介入は人種差別を偽装するのに役立ち、結果として生じる人種差別は「市場主導」であると多くの人が主張できるようになりました。

1949年:国家住宅法が都市再開発を承認
ほとんどの非白人が利用できる住宅市場は賃貸であり、後には隔離された都市中心部の公営住宅でした。政府が後援する都市再開発プログラムは、彼らが建てたよりも多くの住宅を破壊しました。都市再開発によって破壊されたすべての住宅の90%は取り替えられず、避難した住宅の3分の2は黒人またはラテン系アメリカ人でした。都市再開発プロジェクトが課税対象資産を破壊したため、社会福祉を維持するための負担はますます少数の居住者に移されました-ホワイトフライトを奨励し、貧しい人々をより貧しくしました。

1950〜1960年代:経済と住宅ブーム
1950年代から1960年代にかけて、ますます多くの白人住宅所有者が郊外に移住しました。連邦および州の税金は、郊外向けの地方自治体のサービスの建設と開発に助成金を支給し、商業投資を促進しました。主要都市の高速道路は、白人の郊外と中央ビジネス地区を接続していましたが、多くの場合、黒人居住地の中核地域を通じて建設されました。その結果、多くの都市部の黒人地域は近隣のショッピング地区と成功した中小企業を失いました。 1960年代までに、多くの企業が都市から郊外に仕事を移し始め、富と必要な税金を都市部からさらに集中させました。

1960年代:公正住宅法が可決
1960年代に、政府は住宅差別を終わらせるためにいくつかの努力をしました。特に、ケネディの1962年の大統領命令と1968年の公正住宅法です。これらは重要でしたが、実際的な影響はほとんどありませんでした。鑑定士は引き続き人種を評価に織り込み、人種的操業や略奪的貸付などのいくつかの慣行は今日まで続いています。公正な住宅法がその範囲を拡大し、重要な執行規定を含むように改正されたのは1988年になってからでした。 1970年代、80年代、90年代には、住宅価格が劇的に上昇し、差別的な連邦政策の恩恵を受けた白人の住宅所有者は、大きな利益を上げて住宅を売却することができました。一方、連邦政府の支援を拒否されたマイノリティグループは、住宅の価値がはるかに低いか、住宅市場への参入コストがさらに高くなっています。


結論

居住者の分離は偶然ではありませんでした。米国連邦政府は、資源と機会を白人に向け、非白人から遠ざけるために多くの措置を講じました。その結果、今日も続く莫大な富のギャップが生じています。

1993年には、郊外の白人の86%が、黒人人口が1%未満の場所に住んでいました。 2000年の国勢調査では、白人は他のどのグループよりも依然として隔離されている可能性が高いことが示されました。今日、アフリカ系アメリカ人の44%と比較して、白人の71%が自分の家を所有しています。黒人とラテン系の住宅ローンの申請者は、白人よりも60%多くローンを断られる可能性があります。

住宅がより高価になり、富が世代から世代へと受け継がれるにつれて、過去の差別の遺産が存続し、白人と非白人に大きく異なる人生のチャンスを与えています。


連邦住宅局[FHA]の記録

設立: 1934年6月27日、国家住宅法(48Stat。1246)による独立機関として。

転送: 1939年7月1日発効の1939年再編計画第1号により連邦ローン庁に、1942年2月24日EO9070により国家住宅庁に1947年7月27日発効の再編計画第3号により住宅および住宅金融庁に、1947年。

関数: 住宅ローンの損失に対して保険をかけた民間貸付機関。高齢者、軍人、老人ホーム向けの非都市および被災地の住宅、特にスラム街や荒廃した地域の住宅基準の改善のための保険付きの進歩。

廃止: 1965年11月9日、住宅都市開発省法(79Stat。667)により、1965年9月9日に発効。

後継機関: 住宅都市開発省。

援助を見つける: キャスリーンE.ライリーとシャーロットM.アシュビー、comps。、「連邦住宅局の記録の予備目録」、NC 111(1965)。

関連レコード: RG287の連邦住宅局の出版物のコピーを記録します。
米国政府の出版物。
公営住宅管理の記録、RG196。
住宅都市開発省の一般記録、RG207。

31.2連邦住宅局の記録
1930-70

31.2.1一般的な記録

テキスト記録: フランクリンルーズベルト大統領、FHA管理者、州知事の間の、1934-35年のFHA立法に関連する通信。マルチユニット住宅開発のプロジェクトファイル。1936-46年の12の代表的なプロジェクトのサンプルドシエで構成されています。 FHA地域事務所によって保険がかけられた典型的な住宅の計画と仕様のサンプルケースファイル、1934-38。アラスカ州フェアバンクス、オハイオ州シンシナティ、テキサス州ダラスでのデフォルトの多世帯住宅プロジェクトのサンプルマスターファイル。1958年から65年にかけてFHAの取得と再販の手順が文書化されています。監査および財務報告、1935-54。組織図と手順書、1958年。

31.2.2研究統計部門の記録

テキスト記録: 住宅需要と住宅ローンの価値を予測するために使用されるレポート、表、およびグラフの都市データファイル、1930〜45年。住宅市場レポート、1937-63。 1934-41年に編集された都市住宅市場に関するデータ(1920-40)。都市住宅データを含むその他の管理およびプログラム記録、1934-65。

マップ(3,857アイテム): AL、AZ、AR、CA、CO、CT、DE、DC、FL、GA、ID、IL、IN、IA、KS、KY、LA、ME、 MD、MA、MI、MN、MS、MO、MT、NE、NV、NH、NJ、NM、NY、NC、ND、OH、OK、OR、PA、RI、SC、SD、TN、TX、UT、 VT、VA、WA、WV、WI、およびWY、1934-40(3,657アイテム)。選択された都市の住宅市場分析、1935-42(200項目)。 31.3も参照してください。

関連レコード: 研究統計部門の追加記録については、207.2を参照してください。

31.2.3ジョージア州アトランタ、フィールドオフィスの記録

テキスト記録(アトランタ): 1950年から1960年から70年にかけて、アトランタの現地事務所が保険をかけた42の集合住宅プロジェクトの建設に関する建物の仕様。

建築およびエンジニアリング計画(7628項目、アトランタ): 1960〜65年にジョージア州で行われた42のFHA集合住宅プロジェクトに関する図面、計画、および建設変更のマスターセット。ジョージア州の65のFHA集合住宅プロジェクトに関する図面、計画、および建設変更のマスターセット、1960〜70年。ジョージア州のFHA賃貸プロジェクトの図面、計画、および仕様、1950年。

31.3テキストレコード(一般レコード)
1938-58

コミッショナーの通信と件名ファイル、1938-58。オペレーションプログラム通信のためのアシスタントコミッショナー、1936-56。

31.4地図作成記録(一般)
1934-43

マップ(116アイテム): 第二次世界大戦の防衛地域として指定された郡、1942年(1項目)。保険事務所の地域、州、地区の事務所、現地事務所、および連邦準備銀行の管轄区域を示す白地図、1936年から46年(15項目)。 FHA地域の取引センター、n.d。 (12項目)。 FHA保険付き住宅ローンに関するデータを示す白地図、1935-42(20項目)。都市部と農村部の人口マップ、1930〜40年(4項目)。米国の都市の賃貸エリア、n.d。 (2項目)。米国の11都市(2項目)の成長パターン、1763年から1934年を示す地図。都市特性のグラフ、1900-38(15項目)。差し押さえ、1935-40(25項目)および住宅ローン、1935-40(16項目)のFHAデータを要約したグラフ。製油所のリン酸塩センターの石炭、石油、天然ガスの場所と農地の価値に関する米国の経済地図、1939年から40年(4項目)。

建築計画(443項目): 1938年から43年にかけて、さまざまな場所でFHAが保証するマルチユニットアパートプロジェクトを選択しました。

31.2.2の下の地図を参照してください。
31.2.3に基づく建築およびエンジニアリング計画を参照してください。

援助を見つける: Charlotte Munchmeyer、comp。、連邦住宅局の地図作成記録の予備目録、PI 45(1952)。

31.5映画(一般)
1935-36

FHA、1935-36(5リール)に基づく住宅、農場の建物、および商業用不動産の建設、改修、および近代化。低コストの住宅建設、1935-36(2リール)。ホームハザードとその救済策、1935-36(2リール)。建築産業に対するFHAの影響、1935-36(1リール)。

31.6録音物(一般)
1934

FHAの運用と利点を説明するラジオ番組、1934年。

書誌事項:米国国立公文書館の連邦記録ガイドに基づくWebバージョン。ロバートB.マッチェットらによって編集されました。ワシントンDC:国立公文書記録管理局、1995年。
3巻、2428ページ。

このWebバージョンは、1995年以降に処理されたレコードを含むように随時更新されます。


米国政府がアメリカをどのように隔離したかについての「忘れられた歴史」

大恐慌後に作成された連邦住宅政策は、アフリカ系アメリカ人や他の有色人種が新しい郊外のコミュニティから除外され、代わりにデトロイトのブリュースター-ダグラスタワーなどの都市住宅プロジェクトに押し込まれたことを保証しました。 ポールサンシア/ AP キャプションを隠す

大恐慌後に作成された連邦住宅政策は、アフリカ系アメリカ人や他の有色人種が新しい郊外のコミュニティから除外され、代わりにデトロイトのブリュースター-ダグラスタワーなどの都市住宅プロジェクトに押し込まれたことを保証しました。

1933年、住宅不足に直面して、連邦政府は、アメリカの住宅ストックを増やし、分離するように明示的に設計されたプログラムを開始しました。著者のリチャード・ロススタインは、ニューディールの下で開始された住宅プログラムは「国が後援する人種差別制度」に等しいと述べています。

歴史家は、私たちの政府がゲットーをどのように作成したかを「消毒」しないと言います

政府の取り組みは、「主に白人、中産階級、下位中産階級の家族に住宅を提供することを目的としています」と彼は言います。アフリカ系アメリカ人やその他の有色人種は、新しい郊外のコミュニティから除外され、代わりに都市の住宅プロジェクトに押し込まれました。

ロススタインの新しい本、 法の色、 人種差別を義務付けた地方、州、および連邦の住宅政策を調査します。彼は、1934年に設立された連邦住宅局が、アフリカ系アメリカ人の近隣地域およびその近郊での住宅ローンの保険を拒否することにより、人種差別の取り組みを促進したと述べています。これは「レッドライニング」として知られる政策です。同時に、FHAは、白人の区画全体を大量生産している建設業者に助成金を支給していました。その要件は、アフリカ系アメリカ人に住宅を売却しないことです。

コードスイッチ

研究によると、誰もが分離のために多額の代償を払っている

ロススタインは、これらの数十年前の住宅政策がアメリカ社会に永続的な影響を及ぼしてきたと言います。 「今日の私たちの大都市圏の分離は、不平等の停滞につながります。なぜなら、機会のない隔離された地域に住んでいる家族は、上向きに移動することがはるかに少ないからです」と彼は言います。 「私たちがこの社会でより大きな平等を望むなら、警察と若いアフリカ系アメリカ人男性の間の敵意を下げることを望むなら、私たちは人種差別を解消するための措置を講じる必要があります。」

インタビューのハイライト

連邦住宅局が差別を正当化した方法について

私たちの政府がアメリカをどのように隔離したかについての忘れられた歴史

注目の本を購入する

あなたの購入はNPRプログラミングをサポートするのに役立ちます。どのように?

連邦住宅局の正当化は、アフリカ系アメリカ人がこれらの郊外で家を購入した場合、またはこれらの郊外の近くで家を購入したとしても、彼らが保険をかけている家、彼らが保険をかけている白い家の資産価値は下がるだろうというものでした。したがって、彼らのローンは危険にさらされるでしょう。

There was no basis for this claim on the part of the Federal Housing Administration. In fact, when African-Americans tried to buy homes in all-white neighborhoods or in mostly white neighborhoods, property values rose because African-Americans were more willing to pay more for properties than whites were, simply because their housing supply was so restricted and they had so many fewer choices. So the rationale that the Federal Housing Administration used was never based on any kind of study. It was never based on any reality.

On how federal agencies used redlining to segregate African-Americans

The term "redlining" . comes from the development by the New Deal, by the federal government of maps of every metropolitan area in the country. And those maps were color-coded by first the Home Owners Loan Corp. and then the Federal Housing Administration and then adopted by the Veterans Administration, and these color codes were designed to indicate where it was safe to insure mortgages. And anywhere where African-Americans lived, anywhere where African-Americans lived nearby were colored red to indicate to appraisers that these neighborhoods were too risky to insure mortgages.

On the FHA manual that explicitly laid out segregationist policies

双方向

Interactive Redlining Map Zooms In On America's History Of Discrimination

It was in something called the Underwriting Manual of the Federal Housing Administration, which said that "incompatible racial groups should not be permitted to live in the same communities." Meaning that loans to African-Americans could not be insured.

In one development . in Detroit . the FHA would not go ahead, during World War II, with this development unless the developer built a 6-foot-high wall, cement wall, separating his development from a nearby African-American neighborhood to make sure that no African-Americans could even walk into that neighborhood.

NS Underwriting Manual of the Federal Housing Administration recommended that highways be a good way to separate African-American from white neighborhoods. So this was not a matter of law, it was a matter of government regulation, but it also wasn't hidden, so it can't be claimed that this was some kind of "de facto" situation. Regulations that are written in law and published .の中に Underwriting Manual are as much a de jure unconstitutional expression of government policy as something written in law.

On the long-term effects of African-Americans being prohibited from buying homes in suburbs and building equity

Today African-American incomes on average are about 60 percent of average white incomes. But African-American wealth is about 5 percent of white wealth. Most middle-class families in this country gain their wealth from the equity they have in their homes. So this enormous difference between a 60 percent income ratio and a 5 percent wealth ratio is almost entirely attributable to federal housing policy implemented through the 20th century.

African-American families that were prohibited from buying homes in the suburbs in the 1940s and '50s and even into the '60s, by the Federal Housing Administration, gained none of the equity appreciation that whites gained. So . the Daly City development south of San Francisco or Levittown or any of the others in between across the country, those homes in the late 1940s and 1950s sold for about twice national median income. They were affordable to working-class families with an FHA or VA mortgage. African-Americans were equally able to afford those homes as whites but were prohibited from buying them. Today those homes sell for $300,000 [or] $400,000 at the minimum, six, eight times national median income. 。

So in 1968 we passed the Fair Housing Act that said, in effect, "OK, African-Americans, you're now free to buy homes in Daly City or Levittown" . but it's an empty promise because those homes are no longer affordable to the families that could've afforded them when whites were buying into those suburbs and gaining the equity and the wealth that followed from that.

NPR Ed

How The Systemic Segregation Of Schools Is Maintained By 'Individual Choices'

The white families sent their children to college with their home equities they were able to take care of their parents in old age and not depend on their children. They're able to bequeath wealth to their children. None of those advantages accrued to African-Americans, who for the most part were prohibited from buying homes in those suburbs.

On how housing projects went from being for white middle- and lower-middle-class families to being predominantly black and poor

Public housing began in this country for civilians during the New Deal and it was an attempt to address a housing shortage it wasn't a welfare program for poor people. During the Depression, no housing construction was going on. Middle-class families, working-class families were losing their homes during the Depression when they became unemployed and so there were many unemployed middle-class, working-class white families and this was the constituency that the federal government was most interested in. And so the federal government began a program of building public housing for whites only in cities across the country. The liberal instinct of some Roosevelt administration officials led them to build some projects for African-Americans as well, but they were always separate projects they were not integrated. 。

The white projects had large numbers of vacancies black projects had long waiting lists. Eventually it became so conspicuous that the public housing authorities in the federal government opened up the white-designated projects to African-Americans, and they filled with African-Americans. At the same time, industry was leaving the cities, African-Americans were becoming poorer in those areas, the projects became projects for poor people, not for working-class people. They became subsidized, they hadn't been subsidized before. 。 And so they became vertical slums that we came to associate with public housing. 。

The vacancies in the white projects were created primarily by the Federal Housing Administration program to suburbanize America, and the Federal Housing Administration subsidized mass production builders to create subdivisions that were "white-only" and they subsidized the families who were living in the white housing projects as well as whites who were living elsewhere in the central city to move out of the central cities and into these white-only suburbs. So it was the Federal Housing Administration that depopulated public housing of white families, while the public housing authorities were charged with the responsibility of housing African-Americans who were increasingly too poor to pay the full cost of their rent.

Radio producers Sam Briger and Thea Chaloner and Web producers Bridget Bentz and Molly Seavy-Nesper contributed to this story.


The United States’ History of Segregated Housing Continues to Limit Affordable Housing

Few human decisions are more important to household and community stability than a family’s choice of where to live. 1 For those with the requisite resources, staking out a preferred neighborhood selecting an appealing house or apartment and, perhaps most challengingly, paying off a mortgage or monthly rent may be a source of pride. At its core, homeownership is a building block of civic life. 2

But that has not always been the case for every American, especially African Americans and Latinos, who have faced a history of housing segregation. To be sure, owning a home is all but an impossible dream for an increasing number of poor families. More likely, finding safe and affordable housing is an existential aspiration—a costly struggle of making daily ends meet rather than a joyous reflection of belonging to a community.

This issue brief examines the nexus of racial discrimination and housing disparity in the United States. It also offers a two-pronged set of policy recommendations that would increase the availability of affordable housing. The recommendations serve dual purposes. First, they would allow increased mobility for low-income families to secure housing options in more affluent communities—a proven strategy for promoting better health, increased employment, and earnings and educational attainment for low-income residents. 3 Second, the proposals would promote vigorous revitalization of high-poverty communities, thus empowering residents through improved lives and employment. This would reduce the imperative that people move away from communal ties to existing and familiar supports in search of secure, affordable housing.

The historic roots of housing discrimination

Matthew Desmond, an assistant professor of sociology and social studies at Harvard University and affiliate of the Institute for Research on Poverty, recently outlined the severity of the housing challenge that poor Americans face. He noted that rising housing costs, stagnant or falling incomes among the poor, and a shortfall of federal housing assistance means that the poorest households now spend more than half of their income on housing. 4 Specifically, he wrote:

Between 1991 and 2013, the percentage of renter households in America dedicating under 30 percent of their income to housing costs fell from 54 percent to 43 percent. During that same time, the percentage of renter households paying at least half of their income to housing costs rose from 21 percent to 30 percent. African American and Hispanic American families, the majority of whom rent their housing, were disproportionately affected by these trends. In 2013, 23 percent of black renting families and 25 percent of Hispanic renting families spent at least half of their income on housing.

In the past, studies of housing discrimination tended not to include information on Latinos. In fact, some earlier research seemed to suggest that Latinos faced less housing discrimination than African Americans. 5 As more studies began to examine housing discrimination against Latinos, however, research found that in many housing markets, Latino and black Americans have similar experiences.

In one of its initial studies on housing discrimination in 1979, the U.S. Department of Housing and Urban Development found that a “dark-skinned Mexican-American had a 96 percent likelihood of experiencing at least one instance of discrimination.” And a “light-skinned Mexican-American” had a 65 percent chance of experiencing an instance of discrimination. 6 Furthermore, the study found that “dark-skinned Mexican-Americans” were two times more likely to experience discrimination than black Americans or “light-skinned Mexican-Americans.” Furthermore, “dark-skinned Mexican-Americans” had a higher likelihood of receiving worse lease terms and conditions than black Americans or “light-skinned Mexican-Americans.”

In 1989, the department funded a national fair housing study. This survey found that Hispanic homebuyers had a discrimination rate of 56 percent and that Hispanic renters had a discrimination rate of 50 percent. 7

These problems still persist today. In fact, a recent study from Stanford University found that black and Latino families need to earn more than white families to be able to live in certain neighborhoods. 8 When attempting to purchase a home, black and Latino borrowers continue to be victims of discriminatory lending practices, often paying higher interest rates than whites with similar incomes. 9

The roots of housing discrimination, particularly as it affects black Americans, extend deep into the nation’s history. 10 Slavery shaped the early housing options for blacks who were brought to a new world for plantation labor. Over time, as slavery was replaced by institutional and economic forces that limited African American participation in civic and community life, their housing choices followed a pattern of inequality in keeping with their status in the nation. Well into the middle of the 20th century, write Douglas Massey and Nancy Denton in their seminal 1993 book American Apartheid: Segregation and the Making of the Underclass, residential segregation of black Americans was “an almost permanent feature of housing patterns in the United States.” 11

It is worth noting that the melting pot theory of immigrant assimilation failed to blend African Americans into a homogenized nation. Meanwhile, successive waves of ethnic newcomers—particularly from Europe—tended to migrate into enclaves or ghettoes during the early part of the 20th century. No other ethnic group in U.S. history has endured the persistent residential isolation forced upon black Americans. 12 In the period spanning the middle of the 20th century, roughly from 1930 to 1960, housing discrimination was a feature of local, state, and federal policy as blacks migrated from the rural South and crowded into urban communities in the North. Such policies produced federal housing programs that lumped African Americans into highly segregated ghettoes.

Lenders, with the encouragement of the federal government, employed underwriting rules that preferred and sought to maintain racially white neighborhoods, a now discredited practice called redlining. 13 Federal agencies financed nearly half of all suburban homes in the 1950s and 1960s, boom years in the creation of middle-class America, boosting homeownership rates from nearly 30 percent of the population to more than 60 percent by 1960. 14 Of course, black applicants were left out. By one analysis, 98 percent of the loans approved by the federal government between 1934 and 1968 went to white applicants. 15 Intentionally discriminatory housing and lending practices are unquestionably at the core of the hypersegregation of black Americans in urban communities. 16

Efforts to change this—the 1968 Fair Housing Act, the 1974 Equal Credit Opportunity Act, and the 1977 Community Reinvestment Act—have been palliative, piecemeal, and not thoroughly effective. 17 This has left large swathes of American communities with the perception, real or not, of intractable poverty, high crime, and ineffective schools. Massey, for example, found in 2015 that while hypersegregation is on the decline—from 40 cities in 1970 to 21 in 2010—it has yet to disappear from the American urban landscape. 18 Worse, Massey noted the degree of segregation within the remaining hypersegregated cities has changed very little. 19

Despite the passage of the Fair Housing Act in 1968, which outlawed housing discrimination, subsequent decades of local, state, and federal public policies continued to support de facto segregation. These policies included redlining, the government’s explicit refusal to insure mortgages for people of color, and local zoning rules that still obstruct affordable housing and promote segregation today. 20

A 2-prong approach to reduce residential segregation and increase affordable housing

Given the connection between place and opportunity — through good schools and high-quality public health and recreational services — full compliance with the Fair Housing Act would help ease racial inequities, reduce segregation, and strengthen many American communities. To achieve this goal, an effort to combat housing segregation must be waged on two simultaneous fronts: 1) expansion of tax incentives that encourage low-income housing in affluent areas and 2) low-income community revitalization policies that encourage residential and commercial development in poor and primarily communities of color. Both of these approaches have the ultimate goal of producing an increase in the supply of affordable housing for low-income households.

CAP argued for these ideas in a 2015 report, “An Opportunity Agenda for Renters.” In particular, the report called for an expansion of the Low-Income Housing Tax Credit, or LIHTC, program, which would be especially beneficial to producing incentives for an expansion of affordable housing in wealthier neighborhoods. Such housing is scarce in these neighborhoods and faces enormous community opposition. 21 The LIHTC began in 1986 and is responsible for funding about 20 percent of federally supported, multifamily developments. Federal, state, and local governments spend more than $97 billion annually on housing assistance, including the LIHTC, to provide developers incentives to construct affordable housing. 22

Specifically, the report makes a compelling argument in support of federal efforts to beef up LIHTC funds and do so in a manner that allows for increased mobility to assist low-income households:

[A]ny additional LIHTCs generated through an expansion should be allocated proportionally to states based on their demonstrated shortage of affordable and available units for very low-income households.

Beyond its expansion, the LIHTC program should be targeted so that it better serves low-income households, enables more households to live in high opportunity neighborhoods, and supports the revitalization of distressed communities. 23

Similarly, the second prong calls for targeted attention to allow residents to retain occupancy in their existing homes. In addition, the Obama administration has offered to provide communities with federal funding support aimed at affordable housing in order to encourage local officials to develop comprehensive community revitalization plans. 24 Such plans would then address the manifold concerns that low-income residents face, including poor transportation, limited education opportunities, access to healthcare, diminished economic activity, and exaggerated rates of crime.

Affirmatively furthering fair housing

On July 16, 2015, the U.S. Department of Housing and Urban Development, or HUD, announced the rule known as Affirmatively Furthering Fair Housing. This rule, issued under the authority of the Fair Housing Act, provides flexibility for state and local governments and public housing agencies to reduce segregation through the encouragement of fair housing.

The implementation of this rule will “provide publicly open data for grantees” of HUD funding, allowing them to more clearly analyze the status of fair housing within their area. It will also allow for local decision makers to determine priorities and goals based on community needs. 25

Given the correlation between a child’s ZIP code and their likelihood of success later in life, it is important that policymakers take these steps to ensure that communities offer affordable housing that allows for the expansion of children’s opportunities.

A growing library of research affirms that communities are not adversely affected in terms of price or resale in surrounding neighborhoods by the inclusion of affordable housing. 26 In Montgomery County, Maryland, for example, local officials have done just this, insisting private developers build affordable housing in any new projects and moving resources to schools that have the greatest need. The net effect has been to increase affordable housing in affluent areas while simultaneously spreading community resources in a targeted effort to improve lower-income communities and make them more attractive to students and families at all income levels. As the Montgomery County projects attest, creative and well-considered local, state, and federal policy approaches can work to make affordable housing a reality for all Americans.

Additionally, U.S. Housing and Urban Development Secretary Julian Castro has proposed that the federal government act to reduce residential segregation under a plan known as Small-Area Fair Market Rents, or SAFMR. This would allow a more granular approach to building low-income housing, making it easier to establish fair market voucher rates in smaller, presumably more expensive neighborhoods within metropolitan areas. At the same time, HUD officials say that they want to reduce subsidies for low-income communities so voucher recipients have incentives to move to more affluent communities. “We want to use our housing-choice vouchers to ensure that we don’t have a concentration of poverty and the aggregation of racial minorities in one part of town, the poor part of town,” said Secretary Castro, according to the ニューヨークポスト. 27

結論

The legacy of economic and racial discrimination in housing is not accidental. A long history of private practices and public policies produced a system of segregated housing patterns, which today gives way to vast discrepancies in access to housing for low-income households. Past efforts to resolve the disparities have proven ineffective, at best, and counterproductive, at worst.

As described here, CAP suggests that serious and tough-minded enforcement of the Fair Housing Act would provide assurance of the national will to provide affordable housing for all. But more work is needed. Local and federal officials must employ a two-pronged approach to promote access to more affluent communities for low-income households as well as the revitalization of neglected communities where a majority of poor Americans live.

The policies encouraged in this brief promise benefits that go beyond mere bricks and mortar. Indeed, a house is a building, but having a safe and secure home to call one’s own is a fundamental component of building a prosperous community and nation.

Sam Fulwood III is a Senior Fellow at the Center for American Progress. Jamal Hagler, Research Assistant on the Progress 2050 team at the Center, contributed to the text box in this brief.


ビデオを見る: 中国房地产泡沫要破了房子贬值买的房子净亏几十万普通人一辈子的积蓄缩了水都已经共同富裕了为什么房子却不值钱了